新型肺炎・サビアン視点(山羊座23度のメッセージ)


「戦争での勇敢さをたたえる2つの賞」

冥王星と土星の0度

1月の中旬に、約35年ぶりとなる

冥王星と土星の0度が、山羊座23度で起こりました。

破壊と再生をもたらす「冥王星」と

制限を与え秩序をもたらす「土星」という二つの天体が

山羊座23度の位置で重なり

山羊座23度的なエネルギーを地上に投げかけていた

ということになりますね。

ちょうど、その頃サビアンシンボル講座で

「何も起きないなといいねーー」なんて話していたんですが

あれよあれよという間に

新型コロナウイルスのニュースが日々流れるようになり

日本でも感染者数が、毎日更新される状況になっています。

なんでも

新型コロナウイルスの報道は去年の大晦日の13時が最初だったそうで

WHOに関する記事は1月8日から活発化したそうです。

占星術を学んでいると

どうしても星の配置と、地上の出来事を重ねて見てしまうのですが

占星術的な観点から、

私なりに今、起こっている出来事を

私っぽくサビアンシンボルで読んでみようかと思います。

最先端技術の活躍

そこで、キーとなるのはやはり山羊座23度。

土星と冥王星という二大巨匠が力を合わせて

山羊座23度のエネルギーを地上に投げかけて

地球の進化や成長を促進しようとしている。

つまりは、山羊座23度のエネルギーで

今までの何かを破壊し更地にして

新しいものを再生しようとしているんですね。

「新しいもの」とは水瓶座的な社会。

その新しい水瓶座的社会を形成する前に

社会の土台・基礎(山羊座)を

新しい時代を支えることができるしっかりとしたものに作り変えていくというイメージです。

2023年3月に冥王星は水瓶座に移動。

逆行して6月には山羊座に戻ってきてしまうけど

今年の3月21日には土星がとりあえず水瓶座に移動します。

つまりは、水瓶座の世界に塗り替えていくために

今までの山羊座的な社会の構造や

人々の幼い意識を塗り替えていく。

そんな作用をもたらす

星の仕掛け時計が発動したのではなかろうか?

と思っているところです。

伝統を重んじ

社会や国の一員として責任を果たし

みんなで協力して豊かな社会を形成していくのが山羊座的な社会の在り方だとするのなら

最先端科学技術で

社会を進化させていくのが水瓶座的な社会の在り方。

なんでも中国の武漢では

ドローンやロボットを大量に導入して

物流や医療、消毒液の散布や清掃に活用しているみたいですね。

これなんて凄くないですか。

3Dプリンターで隔離病室を「印刷」 湖北の病院を支援

今、3Dプリンターで、こんなものが作れるなんて驚きました。

新型コロナの影響でロボットやドローンの無人配送は本格的に普及するか

必要に迫られて

最先端技術を活用していかなければならない状態になっていて

今までは人がやっていたことを「ロボットでも大丈夫じゃん、いけるじゃん」

みたいな感じになって

今まで当たり前のように人がやっていた仕事が

水瓶座的な最先端技術で補うという進化が

加速するきっかけになっているのだろうと思います。

働き方改革

2019年4月から施行された「働き方改革」。

「長時間労働の是正」

「正規・非正規の不合理な処遇差の解消」

「多様な働き方の実現」」

を三本柱として日本人の働き方を変えていくという法案が実施されたわけですが

去年始まったばかりということで

まだ、その法案を感じることがなかったりしますが

この法案自体は山羊座的な事柄です。

政府(山羊座)が、

組織や企業や個人の働き方(山羊座)を見直して

時代に見合う新しい働き方(山羊座)へと導いていくわけで

2008年から山羊座に滞在していた冥王星が

山羊座のエネルギーを地上に投げかけ

今までの社会の在り方をじっくりと時間をかけて変容させていく作業をしていた

と捉えることができます。

あと3年で、冥王星は水瓶座に移動しますからね。

時代に見合うように

社会(山羊座)を

変容(冥王星)

させるための最終仕上げをしているかのように思えるんです。

今回の新型ウイルスのおかげで

子供達は休校になり、

オンラインでの授業体制が注目されています。

働く大人たちの間でも

テレワークを取り入れる企業が増えました。

必要に迫られた変化なので

まだその働き方に慣れずに、居心地が悪かったりするかもしれないけど

「あれ、もしかして、この働き方でも仕事は回るんじゃない?」って

実感する人や企業が増えてくるのでしょう。

今回の新型コロナをきっかけにして

テレワークとかオンライン授業が当たり前になる時代がくる。

そんな時代の変容を促すものだと思うのです。

山羊座23度のメッセージ

「戦争での勇敢さをたたえる2つの賞」

「戦争」という言葉が入っているので

ネガティブなイメージがするかもしれませんが

23度は、成熟した山羊座が活躍する度数です。

成熟した山羊座とは

責任感があり社会のために力を尽くせる大人的な意識です。

自分のホロスコープの惑星に山羊座がある人は

山羊座的なエネルギーをメインにして人生を創造していくことになるのですが

自分のホロスコープの惑星に山羊座がない人だとしても

自分の中には「山羊座=大人意識」というものは確実にあって

それをメインに使用していくわけではないということになります。

私の場合だと、山羊座の惑星は一つもないけれども

ハウスカスプの山羊座や、

プログレスの太陽や月、

トランジットの惑星が山羊座を移動する時には

自分の中の山羊座が刺激されたりするわけで

そんな時は、自分の中の山羊座を成熟させていくチャンスになります。

つまりは

誰でも「山羊座」と呼ばれる側面を持っているんですが

その自分の中の「山羊座」を意識して成長させていくのが

今の個人の課題だと捉えています。

生死に関わる「ウイルスvs人類」の戦いが起こっているわけですが

勝利を収めるためには

一致団結して協力・連携して戦う必要があります。

山羊座23度が手にしている二つの賞は

「勇敢に戦って勝利を収めた賞」と

「責任を持って誠実に使命を果たしたことに対する功労賞」のようなものです。

つまりは

リーダーシップや実行力。

具体的に成果をあげる力や

チームや組織、国のために尽くせる信頼できる人柄で

社会の発展に役立っていく力を持つ度数です。

つまりは

冥王星・土星にロックオンされた山羊座23度的な側面が大事で

それを成熟させるチャンスの時でもあるんだろなーと思っています。

この山羊座23度のメッセージを受け取るのなら

新型ウイルスとの戦いに関しては

政府や行政が示した指針を守り、秩序を大事にして冷静に対処していくのが大事。

反対に

政府決定に反発して足を引っ張ったり

秩序を破る行動をしたり

「自分だけが良ければいい」という利己的な行動に走ることは

山羊座の行為から外れています。

ルールや秩序を守り

粛々と、「今、自分にできること責任を持ってやる」。

そうすることで

星が促す変容のリズムと同調し

今後の地球や社会が望むような

自らの山羊座的な大事な側面を成長させていくことができるのだろうと思います。

グローバル化

「戦争」と言っても

国と国をかけた争いはではなく

「ウイルスと人の戦い」ということで

人が人を殺す国家間の戦争よりはマシだと思うのですが

ウイルスは世界に広がり、

民族や国民性を超えて、人類と未知のウイルスの戦いになっています。

もちろんそんな中でも

差別などの冷静さに欠ける行為も蔓延しているんですけども

山羊座が自国を守り維持するための国家間の戦いだとしたら

水瓶座というのは、

国境を超えていろんな国が一つになり

世界を進化させていく力を持ちます。

地球防衛軍として各国の識者が集い対策していく感じ。

確かにこの時代。

今はウイルスとの戦いがメインですけど

温暖化や地殻変動などの自然災害対策も

世界中の国家が力を合わせて考えていかなければならない状況です。

世界に飛び火している「新型肺炎」という事象に対して

「お前の国のせいだ」と戦いを挑む国があるとしたら

それは、星の配置が欲している姿勢ではなく進化の足を引っ張る行為ですが

「みんなで力を合わせて撲滅しよう」と協力的な姿勢を持てるのなら

今後のグローバルな世界の礎を築いていける。

そんなことが試されているのかもしれません。

春分の日・火星と木星が山羊座23度に

ちなみにですね。こちら。

春分の日なんですが

火星と木星の度数、見て下さい!

共に山羊座23度で重なっています。

どんだけ山羊座23度。

惑星たちに人気あるんだーって感じですけども

「今後一年を占うホロスコープ=春分図」においても

山羊座23度がクローズアップされてくるんですよね。

火星と木星の0度は約2年ごとに起こるのですが

冥王星と土星のように

山羊座23度のエネルギーを協力して投げかけてくるんです。

火星と木星0度だと

「災難(火星)が広がる(木星)」という読み方もありますけど

「災難(火星)が幸福の木星に吸収、飲み込まれる」という読み方もあるし

火星の「行動力と戦う姿勢」が

木星の「加護」を受けて

勇敢に進軍していく武将のような力を発揮することもあります。

なので、戦いの勝利や

計画通りに物事が進むという意味合いもあるのですが

そのような形で収束の方向に向かうといいですね。

その際に必要なのはやはり

山羊座23度のエネルギー。

つまりは利他的で冷静な大人的な姿勢ですね。

そんなものを意識して過ごしていきたいと思います。

ちなみに

春分の日の翌日、3月21日には

土星が水瓶座に移動します。

とは言っても

逆行して6月には山羊座に戻ってきてしまうんですが

一足先に

水瓶座的な社会を偵察に行く感じですかね。

新しい働き方、

新しい最先端技術が飛び交う社会。(5Gにもなるし)

その新しい時代を迎えるにあたって大事なのは

一人一人の中にある

伝統を尊重し重んじれるような。

他者や地域や組織や国家の必要性や大切さを理解し協力できるような。

具体的な成果を上げることも大事だし

責任を持って自分の役割を果たす姿勢も大事だし

より良い社会の発展のために目を向けれるような自分になるのも大事。

堅苦しいことばかりですが

「それって大事なんだよ。」

ってことを今一度見直す時なのかもしれません。

そんな山羊座23度的な成熟した大人意識を徹底して目覚めさせていくのが

今問われているのだと思います。

ということで

また長くなってしまいましたね。

サビアンシンボルダイアリーの特典である

春分図や牡羊座ワークに関する動画は、今制作中です。

ナレーションを入れようかどうか悩んでいるところですが

いずれにしても

わかりやすいものを作るように頑張りますね!!

長々とお付き合いありがとうございました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする