月から太陽の成長物語〜WACKの物語〜


WACKの合宿生中継

皆様はWACKという芸能事務所をご存知でしょうか?

最近はWACK所属の

自称、女性アイドルグループ「BISH」の露出が増えてきたので

ご存知の方も多いかもしれません。

このWACKは

社長の渡辺淳之介氏の考えが反映された世界を持つアイドルを輩出しているんですけど

今活躍中のファーストサマーウイカさんが以前、所属していたBISというアイドルグループが

渡辺氏の挑戦物語のプロローグになります。

その「旧BIS」にサブカル感を感じて興味を惹かれたのがきっかけで

それを仕掛けている渡辺氏のファンなのですが

WACKは、ここ最近毎年この時期に

「6泊7日の合宿を全部生放送で見せます」という

ニコ生中継WACKオーデションを行なっていて

私も、いい歳こいて

毎年、このオーデを楽しみにしています。

書類審査に通って合宿にやってきた若い女の子達の

ひたむきさやがむしゃらさが胸に刺さって感動するんですよね。

あと面白いのが

渡辺氏率いる男性スタッフ陣の夜の飲み会生中継。

赤裸々な悪い大人の男性トークが面白いんです。

つまりは、オーデションを受ける女の子達側の視点と

運営の大人側の視点を両方体験できるから面白いんです。

合宿は

基本的に、歌と踊りの練習ー発表ー審査ー脱落者を決めるという流れで

マラソンをやったりデスソース食べたりと

まーいろんな過酷なことをやるんですけど

別名、自己啓発セミナー合宿と言われたりもしています。

渡辺氏は

ルックスや歌唱力、ダンス力を評価対象にしていないようで

「オーデションに受かるためにどれだけ真剣にぶつかってこれるか」というところで

選別しているんですよね。

で、どうやらそれはガムシャラに「自分をアピールする」とか「目立とうとする」とか

「気に入られるような自分を演じる」

とかいうのとは違って

「みっともなくても、ダサくてもいいから

這いつくばってでも、なりたい自分を目指す姿を見せろ!」

ということみたいなんです。

つまり、占星術的に言えば

ありのままの自分(月)から理想的な自分(太陽)へと成長する姿を見せろ!

ということを言ってるんです。

普通、アイドルって言ったら

可愛くてモテるタイプの子が選ばれるイメージがありますけど

wackの場合、誰が見ても可愛いと思う子は大抵

渡辺氏との面談において

「お前は嘘くさい。取り繕っている」と言われたりするんですよねーー。

普通のアイドルだったら

ファンに愛されるように

「可愛い自分を演じろ」ということを求められるでしょうが

wackの場合は

「他の誰でもない、お前が輝け!」

ということを求めらるんです。

なりたい自分になるために必死に頑張る。

その姿がファンの心を打つんだ。

そういう考えなんですね。

なので、髪型も化粧もファッションも

その子の好みに文句をつけることなく自由にやらせるせいか

赤、緑、青とカラフルな髪をした子がたくさんいます。

この合宿の面白い点は

「ありのままの自分では合格できない。

だから、私は、自分の殻を破って新しい自分に成長したい!」

とか

「今までのウジウジした自分を変えたい!」

と、落ち込んだり泣いたりしながら

ひたむきに頑張ることしかできない状況の中で頑張っていく姿を

目の当たりにすることができることです。

ありのままの自分(月)から

理想的な自分(太陽)に成長するのは

人によってはスムーズにできるし

(占星術の場合、太陽と月がソフトアスペクトを持っているとそう読める)

人によっては

いつまでも理想的な自分が判らなくて迷い続けたり

挫折して諦めてしまったり、妨害が入ったりと

(占星術の場合、太陽と月がハードアスペクトだったり、太陽に他惑星のハードアスがあるとそう読める)

時間がかかるものなんだけど

wackでは

6泊7日の極限状態の中で集中して

自分を成長させていく必要があるんです。

そんなの無理でしょーって思うけど

極限状態の中で女の子たちは、

内から湧き上がるパワーで少しずつ輝きを増していく。

自分の中の太陽の光が輝き出すんです。

ちなみに、月から太陽の自分に劇的に変容するために必要なのが

「感情」というパワー。

つまりは「変容」を司る蠍座的なエッセンスが

成長していくためには必要なんですが

合宿の中では、むき出しの感情に揺さぶられて

内面から変容する姿を見ることができます。

だとしても合格する子は限られているんですが

女の子達は、確実に頼もしく成長して去っていくんですよね。

月と太陽がソフトアスペクトだと

幼い頃に身につけた「月」の自分と

理想とする「太陽」の自分が似ているから

割とスムーズに移動できるんですけど

月と太陽がハードだと

幼い頃に身につけた「月」の自分と

理想とする「太陽」の自分が乖離しているから

太陽の自分に至るのが難しいんですよね。

でも、スムーズに成長するってことは

気づかない間に成長できているってことで

あまり、有り難みを感じないんですけど

紆余曲折しながら成長した方が

挫折や苦悩が経験となり

より強靭な太陽の自分に成長することができます。

レベル1の幼い勇者が

フィールドで戦いながら

レベル100の立派な勇者に成長していくように

私たちも

ありのままの自分から

理想とする自分を目指していく。

太陽が示す勇者を目指すことで

人生の舞台の主役となり輝いていくんです。

WACK合宿も無事、終わり

ただいま、合宿ロス中ですが

あそこにいた女の子達が「太陽の自分」になるために頑張っていたように

私も頑張ろうと思えた春でした。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする