サビアンシンボルダイアリー始動開始


春分の日=牡羊座1度を迎えまして

サビアンシンボルダイアリーを使用し始めました。

今思えば

小学生から20代前半くらいまでは、日記をつけてたんですが

それ以降はめっきりつけなくなって

「面倒くさい」が先走り

やろうと思っても続かなかったんですが

今年からは習慣化して、日々を記していこうと思います。

スケジュール帳と、サビアン日記帳の二重使い。

スケジュール帳には

風のエレメント的な情報やタスク。

土のエレメント的な現実的な予定。

サビアンダイアリーには

水のエレメント的な、心や感情の揺れ。

火のエレメント的な情熱や目標を書き記すよう使い分けています。

*自分の惑星に対して180度の度数

3月24日は牡羊座4度だったんですが

牡羊座4度は

私のネイタルホロスコープの天王星、天秤座4度の180度の度数です。

天秤座4度は「キャンプファイヤーを囲むグループ」

というサビアンで

キャンプファイヤーを囲むくらいの人数の人と

分け隔てなく談笑し

親密な関係性を築いていく度数なんですけども

それが行きすぎると

気を使いすぎて疲れるし、

誰にでもいい顔をして結果、八方美人的にもなってしまったりもするし

そんなところが行きすぎてて上手くいかないときに参考になるのが

牡羊座4度の度数。

牡羊座4度は「隔離された歩道を歩く二人の恋人」

というサビアンで

天秤座4度が、気の合うグループで楽しむのであれば

牡羊座4度は、特定の人に愛着していく度数になります。

つまりは、天秤座4度が行きすぎてると感じたのであれば

牡羊座4度のエネルギーを取り入れてバランスを図ることができます。

グループで遊ぶのをちょっと離れて

一緒にいて一番居心地のいい特定の人と遊ぶ時間を多く作る。

天王星ということを考慮して捉えるのであれば

何かを改革していくとき

基本的に、グループ活動が向いているんだけど(天秤座4度)

それで上手くいかないときは

牡羊座4度的に信頼できる特定の人と

ペアを組んでやってみるといいよという捉え方ができたりします。

グループだと

意見が割れたりして、物事がスムーズに進まないことがあるけど

少数だと意見の擦り合わせもラクなので、

スムーズに流れたりしますもんね。

という感じで

サビアンに示されている教えって、割と当たり前のことが書かれているんですが

でも、この「当たり前のことが大事」だっていうこと。

そんなことに気づけるので助かっています。

つまり何が言いたいのかというと

私の場合、ネイタルの惑星に牡羊座4度はないけれど

牡羊座4度の日というのは、私の天王星にバランスを与えてくれる日

という捉え方ができるので

それを知らないと、なんでもない1日ですが

知ってることでスペシャルな日になります。

ダイアリーの動画では他に90度の度数も説明しましたが

自分の惑星と120度の度数は

その惑星に、さらなる勢いをつけてくれる度数になるし

150度の度数は

その惑星にとって、居心地悪い度数になるしってことで

いろんなアスペクトを駆使して関連度数を見出すと面白いですよ!

ちなみに私の太陽は射手座23度なので

牡羊座23度は、私の太陽に力添えをしてくれる度数になります。

今年の牡羊座23度の日は4月12日。

なのでこの日は

私の太陽を前面に出して勝負するのに向いてる日ということになります。

*ドラゴンヘッドDAY

そしてですね。

私のドラゴンヘッドは牡羊座5度なんですが

今年の3月25日が牡羊座5度。

つまりは「マイ・ドラゴンヘッド・デイ」ということになりますね。

どういう捉え方かと言いますと

私のドラゴンヘッドと同じエネルギーが流れている日ということですね。

ドラゴンヘッドは

開運の扉へと導いてくれるドラゴンの頭です。

つまり私のドラゴンの頭は

ソメイヨシノの桜が咲く季節のようなエネルギーを持ってるということ。

季節でそのエネルギーを体感しながら

自分の惑星を理解していくと、よりイメージが湧きますよ。

ということで本日のドラゴンヘッドデーは

スペシャルな予定を立てていて

牡羊座5度ということで情熱の羽を背中につけて

身軽に飛んでこようと思います。

「太陽デイ」は誕生日ですが

ホロスコープには、自分を構成する惑星や感受点がたくさんありますので

皆さんもぜひ

自分の「ドラゴンヘッドデイ」とか「ムーンデイ」とか

「ビーナスデイ」とか「アセンダントデイ」とか

そんな感じで日付を見出して

スペシャルな日にしてみてくださいね。

自分だけのイベントが増えて楽しくなりますよ!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする