Code no.80 双子座20度 カフェテリア


code.No80

双子座20度  「カフェテリア 」

A cafeteria.


人々のニーズに合わせて知識や情報や物をもたらす・提供する人

🌟Keyword・エネルギー

「必要に応じてものを与えること」「供給」「情報提供」「平均的」「何でもある」

img_8220

🌟20度 (柔軟宮)

*双子座のポリシー度数

20度は双子座の軸が出来上がる度数。

外部からの影響に左右されない双子座の信念が出来上がります。

🌟ドデカテモリー

*山羊座

山羊座の「実用性」を利用して双子座の軸を完成させます。

🌟双子座20度の可能性のある日付け

6月10日、11日、12日

🌟目指す方向性

・どんな会話でも対応できる知識と知性を持つこと。

・いろんなジャンルに精通する知識を磨くこと。

・いろんな情報や知識を提供することができるように好奇心を発揮して情報収集していく。

・身近な範囲だけではなく広い範囲にも目を向けて視野を広げていくこと。

・物や情報を流通させる風になること。

・人からの要求をスマートにこなしていくこと。

・「いろいろあってこそ楽しい」という視点で一つのことにこだわらずに判断していく。

・先見の明を発揮してオリジナルのアイデアで仕事や人生を切り開いていくこと。

・好きだから嫌いだからという主観的な見方ではなく、相手のニーズを満たすことに集中。

🌟この度数の人の特徴

・いろんなことを知ってる博識な人。平均的にどんなジャンルの会話もできる。

・優れた判断力と洗練された知性。工夫できる応用力。

・さらりとしたセンスの人。

・公平で中立なスタンス。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・日本では手に入りづらいけど人気のある商品を海外から輸入して、それを消費者に提供するような輸入ビジネスなどの、あらゆる流通業。

・いろんなジャンルの情報を扱っている雑誌やテレビ番組やネットのサイト。

・博識で聞けば何でも答えてくれるような人。

🌟シンボル考察

*どんな会話も楽しめる知性

12サインの中でもカフェ好きなのは

双子座と射手座なんて定説がありますけれど

双子座と射手座は鏡のサイン。

どっちのサインも「学ぶ、知る」ことが大好きなんですが、

カフェって

一人で行くのならば本を読んだり

スケジュールを考えたり、日記を書いたり勉強したりと

ゆっくりと思索するのに最適だし

人間ウオッチングをして楽しむこともできます。

友達と行くのであれば

落ち着いてゆっくりと会話したい時に行きますよね。

お互いの近況を報告しあったり

いろんな情報交換をしたり。

一つの心地良い空間の中に流れるオシャレなカフェミュージックに

溢れる人々の言葉。

恋愛話に花を咲かせている人もいれば

新しい店の情報交換で盛り上がってる人もいるし

英会話の個人レッスンをしている人もいれば

ビジネスの取引で利用している人もいる。

コーヒーの香りと共に

いろんな情報が静かに飛び交う店内のエネルギーを可視化するのであれば、

まるでツイッターのタイムラインのように

たくさんの言葉と情報がたくさん浮かんでは消えていく様が見えるのかもしれません。

双子座20度は

双子座のブレない軸が出来上がる度数です。

いろんなジャンルの情報が飛び交うカフェの店内のように

「いろんなジャンルの知識を扱える知性」という軸が出来上がったんです。

何か一つに偏ることなく

平均的に何でも知っている博識さがあれば

誰とでも楽しく交流することができます。

双子座は、

「コミュニケーション」を通して

知性を高めるサインですからね。

会話って頭の回転を鍛えるのに最適なんです。

例えば

「頭の回転を鍛える方法」として

「人とのコミュニケーション」を増やすという方法があります。

話すということは

「その人に情報を伝える」こと。

情報を伝えるのであれば

判りやすい言葉で話すのが大事だし、

判りやすい言葉を瞬時に構築するセンスや表現力も必要なので

頭の回転を鍛えることができまです。

また、

「相手の言葉を聞く」という行為は

聴覚だけで話を理解することなので、

話を脳内でイメージできるような想像力も養えます。

双子座は

コミュニケーションで知性を磨いてきたので頭の回転が早い。

あー言えばこう言える感じの反射的でテンポの早い会話が出来るのですが、

15度以前の双子座においては

質より量という感じで情報収集していたので

中身のある会話にまでは至りませんでした。

そこの弱点を埋めるために

16度からの体験においては、

中身を知る姿勢が出来上がり、情報の質を上げて

どんな会話であっても、即座に対応できる力が身についたんです。

どんな会話でも対応できるのであれば

いろんな人とコミュニケーションを楽しむことが出来ます。

いろんな人とコミュニケーションすることができれば

ますます頭の回転の速さが鍛えられます。

「知性を磨く」という双子座の目的を

どんな状況であっても叶えていくことができるようになったのです。

*いろんな情報や知識を提供する

このシンボルのタイトルは

「カフェ」ではなくて「カフェテリア」ですけども、

「カフェテリア」って

スペイン語で

セルフサービスの食堂のことを言うそうですね。

あらかじめ並んでいる料理を

客が選んでレジに持って行ってお会計するシステムのお店。

フードコートも含め

その形態のお店全般をカフェテリアと呼ぶそうです。

つまりは

ひとつのお店に

いろんな商品が陳列されているお店のこと。

カフェで人々がいろんな話をしているのと同じように

いろんな商品が並んでいるのがカフェテリアなんです。

つまりは

双子座の脳の中に「カフェテリア」が完成した。

いろんな商品をお客様に提供するのが売りのカフェテリアのように

いろんな情報や知識を提供することができる知性が出来上がったんです。

双子座16度からは

双子座の弱点を補うために

鏡のサインである射手座の資質を取り入れたのですが

そうすることで双子座の視野が広がり、

「もっと知りたい」という

好奇心と探求心を発揮した結果、情報の質が高まり、

情報の質が高まったことで、

信頼のおける情報を提供できるようになったのが20度です。

占星術において

双子座は国内旅行。射手座は海外旅行。

と分類されていますが、

国内旅行に関心を向ける双子座が

射手座的資質を取り入れたことで

海外の情報にも目を向けるようになり

世界各国の情報も、国内の情報と同じように提供できるようになったみたいな。

邦楽しか知らなかったけど洋楽も聞き出したみたいな。

そんな感じで好奇心を働かせる対象の広がりや

それに伴う知識の広がりをこの度数は示しているんです。

広がった知識は

たくさんの有益な情報をもたらしてくれます。

その有益な情報を

必要としている人に提供していく土台が出来上がったのです。

*情報を流通させる

双子座は「風」のサイン。

双子座の「風」は

脳内の神経回路を、瞬時に流れる電気信号でもあるし

また、

物や情報が流通するときのエネルギーでもあります。

言葉って目に見えないけども

風に乗って運ばれるイメージじゃないですか。

そんな感じで、

情報が飛び交うときに

情報を飛ばす風を吹かすのが双子座の「風」。

双子座20度は双子座の軸が出来上がる度数ですからね。

物事や情報を流通させる「風」のエネルギーを

上手に操れるようになるんです。

必要に応じて何でも与えることが出来る情報屋や

本から家電まで、いろんなものを提供してくれるamazonのように、

思いのままに良質なものをお届けできるようになるんです。

いろんなものを扱うのであれば

それに対して質問されても答えられるような知識が必要です。

知識が必要だけど

いろんなものを扱っているので

どれがどれだか、なにがなんだか判らなくなりそうでもありますが、

そこらへんをキチンと管理する能力もあるし、

必要なソース(情報源)をすぐに探し出す力もあります。

なので

ブレるはずもない。

どんな状況であっても

どんな人であっても

柔軟に対応していける能力が完成したのです。

ロゴ