Code no.199 天秤座19度 隠れている泥棒集団


code.No199

天秤座19度  「隠れている泥棒集団」

A gang of robbers in hiding.


自分の欲求や意思を大事にする・私を守る人

🌟Keyword・エネルギー

「逸脱」「分岐」「相違」「意見の不一致」「発散」「自覚」「守る」

IMG_2096

🌟19度 (活動宮)

*新しい視野のダウンロード完了度数

それまで、天秤座が封印してきた価値観と対面し、それを受け入れ

自分の中に新しい視野をもたらすのが16度からの体験でした。

19度においては

その新しい価値観が、ダウンロードされて使用できるようになるかのように

新しい視野がもたらされます。

🌟ドデカテモリー

・牡牛座

牡牛座の「守りの力」を利用して、天秤座に新しい視野をもたらす。

🌟天秤座19度の可能性のある日付け

10月11日、12日、13日

🌟目指す方向性

・世の中の一歩先をいく先見の明で、新しいムーブメントを起こすこと。

・新しいアイデアを仲間と繰り広げていくことでメジャーなものにしていくこと。

・自分の本心の声を大事にすること。

・人間の持つ本能的側面を理解すること。

・射程圏内からターゲットを定めること。

・芸術や文化的な活動で社会に新しい風をもたらすこと。

・同じ趣味を持つ仲間と積極的に活動していく。

・本当の自分の考えを大事に守ること。

🌟この度数の人の特徴

・マイノリティ、マニアックタイプ。

・自分独自の考え方。人と違う価値観。

・革命家タイプ。

・先見の明を持っている。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・新しいことを広めようとしている時。

・本当の自分を守るために様子をうかがっている時。

・マイノリティな意見に共感している時。

🌟シンボル考察

私は私

19度は無意識をアップデートするかのように

新しい反応パターンを獲得する度数。

つまりは、

今までの天秤座になかった価値観や視野を手に入れて、

次なるステージへ向かうことになります。

天秤座が19度で手に入れた新しい価値観とは、

「自分軸をしっかり持つ」ということ。

15度以前の天秤座では、

自分の心をおざなりにして、人の気持ちや場の空気というものを優先してきました。

そうすることで

「客観的な視野」というものを育てていたのですが

それの度が過ぎると

「人から見た自分」というものでしか

自分のことを判断できなくなってしまいます。

自意識過剰になってしまい、人の視線に支配されてしまうんです。

それを防ぐための処方箋が16度から20度までの体験。

本当の自分を取り戻す。

自分軸をしっかりと確立する。

自分をしっかりと持つことが出来れば、心のバランスも取れるし

人の視線に支配されることもなくなります。

人がどう思おうが、「私は私」。

このような強い自信を身につけることで

人の視線の脅威が軽減されていくんです。

「私は私」という視野を取り入れることで

天秤座が目指す真のパートナーシップを築くことが出来るんです。

15度までの天秤座は

場の調和を築くのに精一杯で、

「みんながいいなら、私もそれでいいよ」

「人が見ているからちゃんとしなきゃ」

「私がこの場を調和的に回していかなきゃ」

と、自分の本心を隠した、上部だけの社交術、協調性を発揮していました。

これは、その場では有効なテクニックだけども

応急処置のようなもので、根本的に調和を保つためのスキルではありません。

本当に調和の取れた人間関係というものは、

自立した個人と個人が

上下関係ではなく横の関係としてお互いを尊重しながら

協力してシナジー効果を生み出すことです。

なので16度からの天秤座は、自分の心と向き合うことに。

自分の心の欲求にも耳を貸し、

自分の心のバランスを保っていくことの重要性を知るのです。

*本能的自分

例えば

人間関係に疲れはてた人が

カウンセリングに行ったとしたら

まずは「休養することが大事です」と言われるはずです。

そして、

「自分の心の声、自分の内なる欲求の声に耳を貸してみましょう。

自分が何をしたいのか、どうしたいのか。素直な気持ちを知りましょう。

自分ともっと向き合いましょう。自分を大事にしましょう。」

的なプログラムを受けるはずです。

この流れは全て

天秤座16度から19度までの流れと同じです。

16度で休養をとって心の声に耳を貸し

17度で自分のことを客観的に分析し

18度で実際に、自分がやりたいことをやってみる。

そんな体験ときちんと向き合うことで

自分というものが段々判ってきます。

19度は、徐々に鮮明になってきた自分を守る。

大事にする。

そのために、このシンボルの盗賊団は隠れているんです。

だいたい

本当の自分というものは

誰もが似たようなところがあって

ワガママで、自己中心的で、利己的で、闘争的で、愛が欲しくって、

そのままの自分で社会に打って出たら、

つまはじき者として制裁されるかもしれないほどの

どうしようもない面を持っています。

本当の自分の欲求って言うのは

人間の本能的側面から湧き出てくるので

「生きる!」という目的をプログラミングされてる私たちは

自己中心的に出来ています。

死にそうにな場面に出くわしたら

自分よりも彼女を助けるなんていう美談はとても素敵で憧れますけども

実際は

とっさに自分の身を守ってしまうのが人間の持っている本能です。

つまりは利己的な性質なので

利他的なものを大切にする人との関わりにおいては

理性でコントロールしていくことになるわけですが、

19度においては、

本当の自分というもの、本能的な自分の声というものを守る。

それをしっかりと理性で受け止めて

そんな自分がいるということを認めるんです。

認めた上で、しょうがないと開き直るのではなく

反社会的な一面を隠し持つ。

それをわかった上で

社会に参加していくことで、物事の本質が判るようになります。

誰もが、

自己中心的に出来ているけれども

それを公に出さないようにしながら

協調性を持って付き合っていくのがこの社会だとするなら

自分の中に自己中心的な面があって当然なわけだし

むしろそれは「生きる」ために必要な自分の力だし

それこそが他の誰でもない「私」なんだって。

社会的には不適合だから公にはしないけど

自分の欲求の声も大事にしていく。

本当の自分も大事にする。

天秤座は19度でそんな視野を手に入れるのです。

*タイミングを待つ

法律に反することや、世の中の秩序を乱すことをしたら捕まる。

これは当たり前のことですが、

18度「逮捕された二人の男」で捕まってしまった体験があるからでしょうか。

19度では「隠れる」という方法を取って、

不自由な身にならないよう自分を守っています。

様子を伺いながら隠れていれば、

秩序を乱したとしても捕まることはありません。

身を守るために地下に潜伏して息を潜めているのです。

仲間たちと共に連携しながら、

自分たちが地上に上がるタイミングを見計らっているんです。

天秤座は

社会を構成する大勢の人々との上手な付き合い方、

調和の取れた関係性を保つための方法を学ぶ領域ですが、

自分の意見を曖昧にして相手に合わせるという方法から

「人と違うことをやりたい時にはどうしたらいいのか」

「自分のやりたい事を続けるにはどうしたらいいのか」

ということを、ここで学びます。

この社会は、マジョリティー(多数派)の意見で出来上がっていますが、

自分の意見や自分の本心、自分のやりたいことがマイノリティ(少数派)だった場合。

この度数はそんな時の

バランスを取る方法としても読み取ることができます。

例えば

「芸能人とか人の噂話とか興味ないけど、みんなと話を合わせる。」

なんてことよくあるかと思いますが

「本当は、自分の好きなスピリチュアル系の話がしたいなー」なんて思ったところで

興味を持っていない友達に

そんな話を出来るはずもなく。

ガンガンいける獅子座とかなら

「相手が興味ないから。。」なんて考える間もなく

自分の好きな話題を自由自在、話せるかもしれないけど

天秤座としては、相手が楽しめない話題は提供できない。

ということであったら

地下活動するしかないですよね。

ひっそりと、自分の興味のあることを続けていく。

スピリチュアル系なんて、

それこそ昔は「精神世界」なんて言って

興味を持っている人も売っている本も少なかったけど

今は、当たり前のようにパワーストーンにパワースポット。

神社やお寺にヨガにチャクラ。

女子の会話として出してもおかしくない話題です。

ひっそりと地道にそれを追求していた天秤座は

時代がやっと追いついたってことで

溜め込んできた知識を、みんなに伝えて喜んでもらうこともできるんです。

自分のやりたいことが、多数派でなかった場合、

日の目を浴びるまで、地道に裏で活動する。

そうすることで、自分の欲求と、社会のバランスが取れることもあるのです。

ロゴ