Code no.193 天秤座13度 しゃぼん玉をふくらませている子供たち


code.No193

天秤座13度  「しゃぼん玉をふくらませている子供たち 」

Children blowing soap bubbles.


人を楽しませたいという欲求を満たしていく・魅力的な人

🌟Keyword・エネルギー

「魅力」「空気を操る魔法」「支配」「アイデア」「楽しさ」「和む」

IMG_1909

🌟13度 (活動宮)

*パワー全開度数

周囲も圧倒するほどのカリスマ的な力を発揮して場を支配するのが13度。

11度で「理想の状態を形にする実行力」

12度で「理想の状態を形にする本能の力」を発揮した天秤座は

13度でその実行力と本能の力を発揮して、人を惹きつける磁力を強めていきます。

🌟ドデカテモリー

・水瓶座/魚座

水瓶座の「改革精神」と魚座の「共感力」を利用して天秤座の欲求を満たしていく。

🌟天秤座13度の可能性のある日付け

10月5日、6日、7日

🌟目指す方向性

・空気を操って調和的な環境をもたらすように意識すること。

・調和的な環境をもたらすために機敏にいろんな工夫をしていくこと。

・場の空気を浄化させて純粋なものに変容させること。

・手腕を発揮して不均衡なバランスに調和をもたらすこと。

・子供の心を忘れずにアイデアや想像力を膨らませていくこと。

・場の空気を楽しく豊かなものにするためのアイデアや発想力を意識すること。

・魅力的な自分を目指すこと。

🌟この度数の人の特徴

・子供のように無邪気で純粋。パワーを発揮していたとしても悪気はない。

・機転のきく人。

・発想力豊か。

・察しがいい人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・調和的な集まりにしようとあれこれ気を回している時。

・場の空気を美しいものにするために工夫している時。

・場を浄化しようとセージの葉を焚いている時。

・空気入れ替えのために窓を開けたりアロマを焚いたり色々工夫している時。

🌟シンボル考察

*天秤座のカリスマ力

13度は今まで築いてきた天秤座の特質を大げさなくらい使用して

場を支配していくかのような度数。

ゆえに、カリスマ的な力を発揮すると言われている度数です。

その天秤座的なカリスマ的な資質とは

「卓越した社交術」。

風のサインは場の空気の中の気配を読むのが得意なのですが、

そのテクニックを大いに発揮して

場を支配していくかのような力を見せつけるんです。

この天秤座13度は、

水瓶座的な頭の回転の速さや博愛精神や変革。

魚座的な優しさや共感力、想像力などが混ざっています。

しゃぼん玉の液体が「魚座的」ならば

膨らませて飛ばして楽しむという行為は「水瓶座的」。

想像力や直感の源流からイメージを持ち出して(魚座領域)、

それを斬新なアイデアとしてポンポン提示して、場の空気を支配する(水瓶座領域)。

そのような力を使用して天秤座特有の社交の力を発揮していくのです。

天秤座は社会の中で上手に人と付き合っていくという目的があるので

「調和的な状態を保つ」ことを大事にします。

そこにいる人たち全員に不公平がないように。

そこにいる人たち全員が楽しめるように。

まるでテレビ番組のMCのように気を配り、

バランスよく話を振れる才腕を見せる。

そうすることで自分が落ち着く。

心から満足できるのです。

一人でもつまらなそうな人がいたり、

不満を抱えていそうな人がいると気になってしまい、

その人も楽しめるようにとその人に合わせた楽しみ方を察して気遣っていきます。

お陰で自分が楽しむことを忘れ

気を使いすぎて疲れてしまったりもするのですが、

だからといって気遣いを疎かにしてしまうと後で

「もっとちゃんと気回しすればよかった。。」なんて後悔の念に駆られたりします。

なので、結果的に、調和的な場になるように気をつかっている方がラク。

天性の社交術を使用して

人々を魅了していくのです。

*しゃぼん玉の魔法

例えば、

私たちの能力を魔法と捉えるならば、天秤座は風属性の魔法使い。

気配を察し、風を操り、空気を動かし、

その場のムードを調和的に保つという魔法のスペシャリストです。

場の空気の微妙な変化を察しながら

ちょうどいい具合に保つための魔法の道具「しゃぼん玉」を操るんです。

例えばデートしているとして

相手の表情や声のトーン、仕草などから相手の思っていることを察し、

相手の欲求に叶った発言をしたり気遣いをしたりする。

そんなことを私たちは当たり前のように出来るんですけども

よくよく考えてみれば

言葉で意志を伝えたわけでもないのに、

相手の気持ちを察して、気遣いできるなんて

本当に魔法みたい。

言いづらいようなことも、「相手の気持ちを察する」ことで

なんとなく理解できたりと

その場の雰囲気によって、相手の気持ちを知ることが出来る能力を持っているんです。

「あなたと私は違う人間なんだからはっきり言ってくれなきゃ判らない!」

っていう時もあるけれど

基本的に天秤座は、はっきり言われなくても、察することで知ることが出来る。

また、自分が出来るもんだから

彼氏に「私の気持ちも察してよ」なんて思ってしまったり。

男性よりも女性の方が

「察する力」を得意とするわけですけども

天秤座は、それを利用して

「調和的で居心地のいい場を作りたい」という欲求を叶えていくのです。

*しゃぼん玉効果

子供たちがしゃぼん玉をふくらませて遊んでいる風景は、大人たちも和むものです。

光によって色がキラキラ変わるしゃぼん玉。

しゃぼん玉は場の空気を和ませてくれる道具です。

もし喧嘩の最中に、

どこからかしゃぼん玉が飛んできたとしたら目を奪われ、

険悪だったムードの風向きが少し変化するはずです。

それと同じような感じで

「しゃぼん玉効果」が期待できるような言葉や雰囲気を

私たちは編み出すことができます。

みんなが童心に戻って楽しい気分になるようなアイデアや発想力。

そんなものを活用して人付き合いの場を楽しいものにしていく。

調和的なものにしていく。

その力を大いに発揮するのがこの度数。

また、アイデアや斬新な発想は、豊かな想像力から生まれてきます。

子供のように自由で純粋な想像力。

その想像力を知的に活用して

次から次へと新しいアイデアをふくらませるんです。

それはとりとめもなく噴出するアイデアだから

すぐに割れて消えてしまうかもしれませんが

そのアイデアの中に現状を打開するものがあるかもしれません。

なのでとりあえずはたくさんのアイデアを生み出してみる。

また、魚座的色合いを帯びているこの度数は「優しさ」も秘めています。

悲しい出来事があって泣いている人がいたら、

そっと黙って横に座り、しゃぼん玉をふいて元気づけてあげるような優しさ。

泣いている人も、

フワフワ浮いて儚く消える美しいしゃぼん玉に

なにかメッセージを読み取り元気になるかもしれません。

そんなふうに人を励ましたり、元気にしたりする道具をこの度数の人は持っているのです。

*支配する

また、天秤座がその場のムードを操っているとも言えます。

いかようにも空気を動かして、自分の思うように出来るってわけです。

なのでその場を支配しているのは天秤座ということが出来ます。

公平で平等な精神を持っているのに

その裏には「自分の思い通りにしたい」という欲求が秘められてます。

なので

それを敏感に察する人がその場にいたとしたら

「利己的な人だな。」「裏で操ってるな。」

と受け取られることもあるかもしれません。

それくらいの強烈な力を発揮するのが13度のパワーなのです。