Code no.183  天秤座3度 新しい日の夜明け、すべてが変わった


code.No 183

天秤座3度  「新しい日の夜明け、すべてが変わった」

The dawn of a new day, everything changed.


新しい視野〜大人の自我の目覚め〜・イノベーションの人
🌟Keyword・エネルギー

「イノベーション」「革新」「新しい手法」「アイデア」「新しい流れ」

IMG_1635

🌟3度 (活動宮)

*基本的な行動原理が確立する度数

天秤座は「社交術」を使用して、社会に割り込んでいく風のサイン。

自分を動かすバッテリー(充電池)なるものがあるとして

そこに風のエネルギーを満タンにさせて動いていくのですが

天秤座のスタートである1度では

「風のエネルギー」を一気に噴出させ、バッテリーを満タンにし

2度においては、満タンになったエネルギーを定着させるかのように

さらなる「風のエネルギー」を注ぎ込みました。

img_2827

準備のできた3度においては

充電された「風のエネルギー」を使用して行動できるようになります。

風のエネルギーで動くための行動原理が確立するのです。

🌟ドデカテモリー

・天秤座/蠍座

蠍座の「変容する力」を使用して、天秤座の意識を変えていく。

🌟天秤座3度の可能性のある日付け

9月25日、26日、27日

🌟目指す方向性

・新しい潮流をキャッチしてその流れに乗ること。

・「朝ごとに私は生まれている」という気持ちで日々を過ごすこと。

・自分を支えてくれている全てのものに感謝すること。

・古いものに執着しないで新しいものを受け入れていくこと。

・革新を起こすような新しいアイデアや技術を創造していくこと。

🌟この度数の人の特徴

・謙虚で素直な人。

・イノベーション的発想力。

・立ち直る力。

・モチベーションの高い人。意識高い。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・朝、新鮮な気持ちになってモチベーションが上がったとき。

・技術革新の現場に参加しているとき。

・運気のような流れに乗っているとき。

🌟シンボル考察

*新しい世界

子供時代が、牡羊座から乙女座までの体験領域だとしたら

責任感ある大人として社会に参加し、

立派に務めを果たし、良い人生を築き上げていくのが天秤座から魚座までの体験領域。

秋分の日に始まった天秤座は

「大人の自我」に生まれ変わり

大人としての自分でこの世界に参加していく様子が描かれています。

天秤座1度では

大人の世界へと仲間入りするために心を整え、

2度では、今までの世界からおさらばして

「大人世界へと続く扉」をくぐる。

そして3度で

新しい意識をもたらす「新しい世界の夜明け」を体験します。

春分の日の牡羊座から乙女座までの半年は、

生まれてから心身共に立派に成長するまでの発達段階を示していて、

自分の成長のためにエネルギーを内側に向けてきました。

秋分の日の天秤座から始まる新しい意識とは

「自立した一個人として、

他の魂(社会全体)に役立てられるような自分を育てるための外に向かう意識」。

つまりは責任ある大人として、社会貢献していくための知恵や知識、

処世術を身につけていく発達段階になります。

人生の社会的使命を果たすためにエネルギーを外側に向けていくのです。

内側に流れていたエネルギーを

天秤座の風のエネルギーを使用して、外側に流れるように転換したのです。

ゾディアックホイールにおいて、

このような大きな変化は

秋分の日と春分の日の2回だけしかありません。

秋分の日と春分の日は、

エネルギーの転換点ということで

宇宙からのエネルギーも流入しやすいポイントだと言います。

私たちに新しい意識をもたらすために、

宇宙のエネルギーが流れ込んでくるポイントなのです。

そのエネルギー転換が成功し、

新しい世界の夜明けを迎えることができたのを教えてくれるのがこの度数。

紆余曲折あったけど、

今自分がこうして生きているのは、

育ててくれた両親や家族、仲間たちの支えがあったから。

心が挫けた時に励ましてくれたのは

偉人が残してくれた名言や、

一生懸命頑張って夢を叶えようとしている人達の姿。

自分が生まれ住んできた自然環境や、人間を生かしてくれる地球の循環。

「気づかなかったけど、自分はいろんな物事に支えられて生きてこれたんだ」

こんなことに気づくと

自分を支えてきてくれた人達への感謝が溢れ出します。

目の前に新しい光が差し込むような、

新しい気づきが訪れるのです。

それは、新しい意識の覚醒。

新しい視野の獲得。

「自分以外の全ての事柄に感謝しかない。

ありがとう。

これからは、私が支える側になる。」

そんな新しい視点をもたらされるのです。

「生活のために仕事をする」のは当たり前のことですが、

この考え方だと、

「本当はやりたくないけども生きていくために働かなければならない。仕方がない」

という捉え方になりがちです。

しかし、これを新しい意識で捉えると、

「この仕事によって多くの人の役に立っている。私は社会に貢献している」

という誇らしい気持ちになります。

夢に挑戦して挫折しそうになっても、

「他の人に勇気と希望を与えるためにも私は頑張るんだ」

という意識を持てれば

挫けずに果敢にチャレンジしていけます。

*イノベーション・マイワールド!

たまに早起きして

夜明け前に散歩に行くと

なんとも言えない新鮮な気分を味わうことができます。

空気は冷たく新鮮で

鳥たちが朝の歌を歌い

朝露が緑を飾る。

全ての生き物が

「今日という新しい日」をお祝いしている。

そんな気持ちで朝を迎えると

これから訪れる今日という日が

たくさんの可能性に満ちた新しい時間に思えて

いつもだったら、かったるい朝の支度が

急にイキイキとしたものになったりして。

毎日夜明けは訪れますが、

毎日そんなふうに受け取れたのなら、

いつもと同じ日々はどんなに愛しいものになるでしょう。

この世界で自分は生きている。

生かされている。

悲しいことがあったとしても明日は笑顔になれるはず。

希望をもたらす朝の光。

生かされているこの世界に感謝することで

自分がここまで生きてこれたのは両親や友達、仲間たちのおかげだと気づくでしょう。

こんな視点を持てたのならば

いつもと同じ時間軸にいたとしても

全く違う新しい世界に足を踏み入れてるんです。

それはイノベーション。

日々を新鮮な気持ちで過ごすための技術革新です。

新鮮な朝を迎えることができれば

「よーし今日も頑張ろう!」なんて

意気揚々とモチベーション高めに仕事に取り掛かることができます。

イノベーションとは

経済発展のために

新しい技術がもたらされること。

社会人としてハッスルして働くことは

経済発展のために必要不可欠。

前向きに社会に参加できる人材としての目覚めとなるんです。

そんなふうに

人の意識を変える、革新させるエネルギーが

この度数のエネルギー。

「大人の自我」に向かうために

新しい潮流にダイブするのです。