サビアンシンボル 創始者マーク・エドモンド・ジョーンズ


mej14

こちらの見目麗しい殿方が

サビアンシンボルの考案者

「マークエドワードジョーンズ」氏であります。

1888年10月1日 8:37amに

アメリカのミズーリ州で生まれた天秤座。

シナリオライターとして働く傍ら占星術の研究も始め

1925年に

チャネラーのエリス・フィラーに協力してもらい

360度の1度1度全てに意味づけをしていきました。

星座の名前と

度数を描いたカードを360枚

一枚一枚エリスに渡し

その情報だけで浮かんだイメージを

言葉にしてもらうという実験をしたのです。

この実験は

サンディエゴの観光スポットである

バルボア公園で行われたと言われています。

是非、サビアンシンボルの聖地として

一度は訪れてみたいものですが

この場所選びも

エリスにリラックスした環境を与えるために

ジョーンズが吟味したといいます。

ジョーンズは

90歳過ぎまで生きましたが

最後の最後まで占星術の本の執筆をしたり

研究をしたりしていたそうです。

長年、ライターとしての経験があるわけですから

創作することや書くことが好きだったのかもしれませんね。

彼が書いたサビアンシンボルの本は

Amazonで買うことができます。

私も購入して持っています。

洋書なので英語で書かれているわけですが

支離滅裂な翻訳機能に変換しながら

四苦八苦しつつ参考にさせてもらっています。

全ての度数にキーワードが書かれているのですが

そのキーワードを尊重して

そのシンボルのエネルギー傾向として使用させてもらっております。

今から約100年前の実験なので

サビアンシンボルの散文の内容が

現代においてはなかなかイメージしずらい部分もありますが

チャネラーのエリスがキャッチしたイメージを

これまた尊重して

大事に大事に読み取っていこうと思っています。

長い歴史を持つ占星術のうち

サビアンシンボルは

まだわずか100年たらずと新しい技法で

しかも

きっちり体系化されている占星術に

チャネリングという要素を持ち込んだサビアンシンボルのことを

始めの頃は、軽視していました。

しかし、調べていくうちに、

「あれ?なんか腑に落ちる!」

という思いが拭えなくなり

それからは手に入るサビアンシンボルの本を買い漁り

自分なりの視点での解釈も持つようになりました。

まだまだ研究途上のサビアンシンボル。

これからも、ジョーンズとエリスの意志を継ぎ

大事に向き合っていきたいと思います。