Code.no 147 獅子座27度  夜明け


code.No 147

獅子座27度  「夜明け 」

Daybreak.


みんなが成長できるような世界を創造していく・創世記の人

🌟Keyword・エネルギー

「創世記」「新しいサイクル」「希望」「バイタリティ」「変革」「上昇」

🌟27度 (固定宮)

*向上心を持って上を目指す度数

26度から30度は次の乙女座へと向かう準備を始める領域。

27度では、次に訪れるサインに近づけるようにと、努力して高みを目指します。

獅子座の「主観的な視野」から

乙女座の「現実的な視野」へとシフトチェンジしていくことになります。

🌟ドデカテモリー

・双子座

双子座の「知性」を利用して、獅子座に影響力を与える。

🌟獅子座27度の可能性のある日付け

8月19日 20日 21日

🌟目指す方向性

・知性を発揮して現実に生かしていくこと。

・新しく豊かな世界を創造していく使命を果たしていくこと。

・人々の役に立つようなものをもたらすこと。

・みんなの魂が成長していくような教えや考えや作品を提示していくこと。

・自分が生き生きと輝くことによって人に影響を与えていくこと。

・理想や信念を持って自主的に行動していくこと。

・意欲、やる気を発揮し、みんなが喜ぶ世界を創造していくこと。

・自分の考えや教えや作品を積極的に表現していくこと。

・自分らしさを貫いていくこと。

・上昇を心がけること。

・失敗しても諦めることなく使命を貫くこと。

・自分のやりたいことを明確にすること。

🌟この度数の人の特徴

・前向きで覇気のある人。

・バイタリティに溢れた行動的な人。

・ありのままの自然体の人。

・信念に基づいて行動する人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・やりたい道に進み、日々、生きてる実感を感じている時。

・みんな幸せそうな人生を謳歌している人たちと一緒にいる時。

・新しい1日の始まり。夜明けの太陽の光。

🌟シンボル考察

*爽やかな光

27度は次のサインの入り口に向かうために、

努力して上昇していく度数。

次のサインに入るためには、

一段高い場所に登る必要があります。

なので、

今まで築き上げてきた獅子座の資質を

今いるところよりももっと上昇させるために

新しい形態に変化させるかのような

そんな努力が始まります。

獅子座が築き上げてきた素晴らしい資質とは

「自分の人生を創造する力」です。

「私は何をしたいのか?」

「私はどうしたいのか?」

という視点で世界を捉え

「私が好きなこと」

「やってて楽しいこと」に夢中になって

自分の人生を創造していく。

人生を自分の好きで満たしていく。

25度までの獅子座は

そんな体験を

重ねてきたのですが

26度からの獅子座は

そのような主観的な自分中心の視野を

現実に落とし込むために

「現実的な視野」を

少しずつ取り入れていくことになります。

次のサインは

現実の枠組みの中で

物事をきっちりこなしていく乙女座ですからね。

火のように燃え上がっていた獅子座は

その炎を少し緩め

地上に近づく必要があります。

夜明けの太陽は

まだ

その日差しは優しく穏やかで

東の地平線から昇ってきますよね。

夜明けの太陽のような光で

地上に近づくんです。

つまりは

自分の好きなことに夢中になっていた獅子座が

その情熱の炎を少し冷まして

現実的なことに目を向けていくことになるんです。

獅子座の季節は

「夏の盛り」ですが

「夏の盛り」の太陽は

とても暑く

昼間なんてぐったりしちゃいますよね。

パソコンが熱を持つと

動かなくなってしまうように

人間の脳も

あまりにも暑いと

思考の働きが鈍くなるわけですが

夜明けの時間帯は

気温もまだ高くないし

空気も澄んでいるから

頭もスッキリする時間帯です。

獅子座27度は

ドデカテモリーで言えば

「知性」の双子座の資質が混ざります。

そして

次のサインである乙女座の「知性」のサイン。

乙女座に向かうにあたり

「知性」を発揮させるために

強すぎる太陽の光を弱めていくんです。

獅子座の「自己創造」は

自分の「好き」とか「楽しい」という

「心の声」を聞くことで

実現させることができるものなので

「心の声」を優先させるために

「思考の声」を取り入れてきませんでした。

「思考の声」を聞き入れると

常識やルールを基準に物事を考えてしまい

自分のやりたいことが出来なくなるからです。

しかし

次のサインの乙女座は

しっかりと現実やルールの中で

自分の役割をこなしていくサイン。

「思考」や「知性」を

少しずつ働かせていくために

獅子座は

その炎を少し弱める。

その意欲の炎を

地平線から昇ってくる太陽のような光に

調整していくのです。

*創世記

いつだって

太陽が昇るのは東の地平線。

占星術においても

「東の地平線」はとても重要なポイントで

ASC(アセンダント)と呼ばれており

そこに位置するサインや天体を重要視します。

なぜなら

ASCは、

私たちが生まれてくる時に

潜ってくる地球のゲート。

地球へと

生まれおちる扉のようなもの。

獅子座の支配星は太陽ですからね。

太陽のように

燃える炎を持っているわけですが

地上へと至る扉が開く

「東の地平線の時間帯=夜明け」を狙って

地上へと降り立つんです。

それは

新しい始まり。

夜明けが

新しい1日を告げるように

獅子座27度も

地上(現実)での新しいサイクルを始めるんです。

獅子座は26度までの体験において

「自己実現する力」を手に入れました。

この人生で

自分がやるべきことに目覚め

使命感を持って

「それを探求していくべし!」

ということを理解したんです。

そして

新しい始まりが訪れる。

自分の使命を果たすために

地上に舞い降りるのです。

魂の目的に目覚め

それを

叶える冒険の物語を始めるために

始まりの場所に立つ。

この度数は

ジョーンズがあげた

キーワードとして

「創世記」という言葉が当てはめられています。

創世記」とは

旧約聖書の最初の書。

天地創造から始まって

この世界が創られたってところから始まるやつですね。

つまりは

獅子座27度は

全く新しい世界を

最初から創造していく力があります。

より良い社会にするために

より良い世界にするために。

この地球に

新しい価値観をもたらすような。

地上で生きている人たちが

みんな幸せになれるような。

獅子座27度は

そんな

新しく豊かな世界を創造していく使命を持って

地上に降り立つのです。

*変革

人々が幸せに暮らせるような

新しい世界を創造するために

獅子座27度は

人の役に立つようなものを

世間にもたらしていきます。

次のサインの乙女座は

「人々の役に立つ」という視野を持ったサインです。

そこに近づくために

獅子座なりのやり方で

「人の役に立つ」行為をしていくんです。

獅子座的な使命感を燃やして

人々にもたらすのは

自己啓発とか宗教とか

「人としてどう生きるべきか?」

みたいなことを伝える教義かもしれないし

自分の「好き」を

素直に表現していく方法だったり

それを仕事にしていくやり方を伝えるのかもしれないし

また

自分の内的世界をアートとして描き出し

人々に感動を与えることかもしれない。

いずれにしても

自分が好きで

「やりたい!」と思って追求してきたことを

人々の役に立てるように提示していくことで

自分の身の回りの仲間とか

地域とか

社会とかを変革して

自分が望む世界を創造していくんです。

社会の人がみんな

「自分の好きな趣味や仕事」をやって

人生の意義を見出し

イキイキと満足しているような世界になるのなら

世界は

もっと良くなるような気がしますよね。

獅子座は「太陽」なんです。

太陽は

その光を

地球に平等に照らし

植物をぐんぐん成長させる力を持ってますよね。

それと同じように

人々が

伸び伸びとぐんぐん成長できるような

光を与えるのが獅子座の役割なんです。

みんなが

自分の魂が喜ぶようなことをやって

自信を持って自分を表現して

伸び伸びと過ごせるような世界にするために

役立つ教えをもたらしたり

「生き様」として提示したり

暖かく見守ったりする。

みんなの魂の成長をはかり

自分の魂の成長もはかっていく。

そうすることで

みんながいつでもニコニコと笑っているような

幸福な自分の王国が出来上がるのです。