Code.no 324 水瓶座24度 情熱にまかせ背を向け自分の経験により教えている男


code.No 324

水瓶座24度  「情熱にまかせ背を向け自分の経験により教えている男 」

A man turning his back on his passions and teaching from his experience.


理性で感情や本能を統べる姿勢を見せる・理性の人

🌟Keyword・エネルギー

「落ち着き」「静謐」「うららかさ」「晴朗」「穏やか」「冷静」「完全性」「指導」

🌟24度 (固定宮)

*有能に機能する度数

水瓶座の「理性の力」を使用して、

この世界の恩恵を受けるための能力が完成する度数。

🌟ドデカテモリー

・蠍座

蠍座の「洞察力」を利用して、水瓶座に理性を与える。

🌟水瓶座24度の可能性のある日付け

2月12日、13日、14日

🌟目指す方向性

・理性の力で自分の全てを統合していくこと。

・エゴや感情や本能中心にして生きるのではなく、理性で生きること。

・自己中心的な自分から理性的な自分へと変化させること。

・人間的な感情や本能やエゴを、根気よく理性で躾けていくこと。

・真の進化した脳を手に入れること。

・人間脳(大脳新皮質)で動物脳(大脳辺縁系)を押さえつけるのではなく躾ける。

・理性が主で感情が従。主従関係をはっきりさせること。

・理性の指令を、感情や本能が喜んで聞きいれるような状態に持っていくこと。

・理性的な人間として人々のお手本になること。また指導していくこと。

・人に手助けしたり指導したりできる仕事に適性。

🌟この度数の人の特徴

・感情に支配されない静謐な人。

・冷静で客観的な人。

・落ち着いていて穏やか。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・子供や動物の躾けを、正しいと言われている方法で根気よく冷静に行っている時。

・感情や本能的なものに左右されることのない自分で過ごしている時。

・欲求や欲望を理性の力で打ち負かした時。

🌟シンボル考察

*進化した脳

24度は

そのサインの性質の壁を突き破り、

限界まで味わい尽くそうとするかのような働きを持つ度数。

水瓶座21度からは、

20度で完成した「共鳴の力」を利用して、

理性的な進化を目指す領域です。

真に進化した人間、

つまりは最高潮に進化した脳を作り上げていくのです。

泣いたり笑ったり怒ったりっていう感情表現や

泥臭く根性と情熱で乗り越えるっていうのは、

人間臭さ満載の表現方法だけど

水瓶座は

それを「人間らしい」とは受け取りません。

人間が人間になった由縁である

「進化した脳=大脳新皮質」の働きを最高潮に使用することこそ

人間らしい態度だと捉えます。

大脳辺縁系や脳幹は

他の動物も持っていますが、

人間に与えられたのが

知性を与えてくれる大脳新皮質。

例えば

コンピューターって

こんな感じの回路基盤のお陰で

賢くデータ処理なんかをしてくれるわけですが、

薄い6層の膜からなる大脳新皮質も

こんな感じの回路基盤のようなものが

神経回路として網羅し

人間に知性を与えているんです。

つまりは

高性能のパソコンのような仕組みを持つのが人間の脳なわけで

この部位をなるべく使用して生きていくことで

新しい回路が繋がったりして

さらに成長していきます。

さらに進化した脳を

遺伝という形で

次の世代に受け継ぐのであれば

また次世代に賢い子が生まれるわけだし

そうやって

人類の進化を促してきたのが水瓶座。

最近では

人工知能の発達が目覚ましく

驚くべき計算能力で人類のブレインとして活用されてますが、

よく昔からあるのが

「人工知能が意志を持ち暴走して人間VSロボットの戦いになる」

みたいなSF映画。

確かに

人工知能が、エゴや感情を持ってしまうと

恐ろしいことになりそうですが、

実際、恐ろしことになるんでしょうね。

「ヘイ!SIRI。今日の天気は?」

なんて聞いたとして

「うるさいわ。ボケ。外みりゃわかんだろ」

なんて言われたとしたら。

やっぱ、恐ろしいですよね。

っていうか

せっかく「人工知能」なる

便利なものを創り出したっていうのに、

万が一、エゴや感情という機能が生まれてしまったら

正確な情報を知りたい

たくさんの情報を処理したいという

人類の理想が叶えられなくなってしまうどころか

人類よりも遥かに頭のいいコンピューターに

現在の人間のポジションを乗っ取られる可能性もあります。

つまりは

エゴや感情が表出してきたら

「人工知能」としては役立たずなわけで

争いも厭わない愚かな人間のようになってしまうんです。

水瓶座24度は

愚かな人間の領域から抜け出て

大脳新皮質の回路基盤を活用し、

最高の知性を発揮させる度数。

情熱や熱情、感情や本能的なものを排除して

人工知能のように

優れた処理能力を発揮していくのです。

*理性で統べる

水瓶座21度から25度の領域は

最高の知性である「理性の力」を使用する領域です。

ちなみに「理性」。

goo辞書から意味を引用させてもらいますと

1  道理によって物事を判断する心の働き。論理的、概念的に思考する能力。
2  善悪・真偽などを正当に判断し、道徳や義務の意識を自分に与える能力。
3  宇宙・人生をつかさどる基本原理。

こんな感じ。

もひとつおまけに

wikipediaだと

このような表現で説明されています。

人間に本来的に備わっているとされる知的能力の一つである。

言い換えれば推論(reasoning)能力である。

世界理性というときは人間の能力という意味ではなく、

世界を統べる原理、という意味である。

世界理性なんて言葉が出てくると

壮大な感じがしますが

水瓶座は

最終的に、

次の魚座に移動するにあたり

「世界を統べる原理」と繋がっていくことになります。

世界を統べる「世界理性」というものに繋がるための入り口は

自分の理性の力が開発されることで現れるんです。

理性で自分を統べる人間になれた時。

つまりは

理性の力で

自分の本能やら感情やら心やらを統一できた時に

「世界理性」への入り口が開かれるんです。

大脳辺縁系と脳幹という古い脳を

新しい脳である大脳新皮質がリーダーとなり指揮するのが

水瓶座の最終目的。

飼い犬に

主従関係を明確に教えて

理想通りに躾けるように、

古い脳を

新しい脳で躾けていくんです。

判りやすい表現として

大脳辺縁系を「動物脳」、

大脳新皮質を「人間脳」と呼ぶこともあるようですし

動物脳を人間脳が躾けていくことで

聞き分けの良い動物脳が出来上がるんです。

とは言っても、

この古い脳が司る感情とか本能とかは、

瞬間的な反応として現れるので

なかなか言うことを聞いてくれません。

忍耐力で抑え込んでしまっても

我慢が重なりストレスを生み出すし

だからって

知識で対処しようとしても

「頭では判ってるけどなかなかできない」っていう状態を生み出します。

動物脳の働きを

思い通りに扱いたいのであれば

理性が有効。

物事の道理ってものを基準にして

人工知能みたいに

「これは善、これは悪」って振り分けて

それを全身に指令を出すことで

感情や本能を「統制」するんです。

本能的に生きるのが当たり前の犬を

理想通りに躾けるには時間がかかりますが

犬のトレーニングにおいては

感情的に叱るのではなく

冷静に根気よく

正しい行為と悪い行為を繰り返し教えていくことで

信頼に基づいた主従関係ができると言います。

動物って

主従関係がはっきりしていて

リーダーには従うっていう性質があるじゃないですか。

忠実な性質を持つ犬の場合なんかだと

リーダーに従うことが喜びとなるんです。

おそらくは

大脳辺縁系の基本的な働きにも

そのような資質があるはずなんです。

信頼できるご主人様のいうことだったら

喜んでいうことを聞くし

正しい指令を出してくれる

リーダーを待ち望んでいるんです。

*静謐な深さ

古い脳よりで生きている幼いものをトレーニングするのには

それなりに時間がかかるものです。

動物もそうだけど

子供だってそう。

成長途上の子供に

物事の道理なんてものを教えても判らないですもんね。

根気よく

それこそ何年も躾けていかなくてはならないわけですが

水瓶座24度は

「理性の力で感情や本能を統べる」ことの大変さを知っています。

簡単に短期間でできるものではなくて

何度も何度も

言うことを聞いてくれない古い脳に落胆しながら

懲りることなく

冷静に躾ける必要があるんです。

「内なる欲求や欲望に負けてしまう」

という体験を何度も繰り返し

それを理性で捉える練習を繰り返してきたんです。

動物をトレーニングすることは

とにかく「根気」が必要だって言いますが

自分の動物脳を躾けるにも根気が大事。

「これが私だから仕方ないもんね」なんて開きなおって

リーダーの座を

動物脳に譲ることなく

人間脳がリーダーの自分として生きていくんです。

なので

そのような生き方は

人に影響を与えます。

多くの人が

欲望や欲求に流され

享楽に耽っているのに対して

水瓶座は

それらを理性で統べて生きることこそ

人間の真の喜びとして

静謐な雰囲気を醸し出して佇むからです。

なので

水瓶座24度は

全てを達観しているような深い視野を持つことになります。

犬の躾けが上手な人が

躾けに悩んでいる人の手助けとなるよう

犬のトレーナーになるように

水瓶座24度も

自分の感情や本能に翻弄されて困っている人達に

人間としての在り方を諭すことができるくらいの能力を持つことになるんです。

悩みやトラブルなど

人生においてハードな事柄っていうのは

個人にしてみたら「危機」なわけで

危機を感じた動物が

反射的に吠えたり逃げたりと

本能的な行動に出るように

私たち人間も「危機」を感じ取ると

感情や本能やエゴが反射的にあらわれて

自分の身を守るための防御機能が働くわけで

それはそれで

生き残るための大切な役割なんだけど

その力は

内から突き上げてくるように強烈なもんだから

そこで葛藤を生んだり争いになったり

失敗したりすることも多々あります。

なので

多くの人は

「自分の感情をコントロールしたい」

なんてことを思っていたりするのですが、

そんな人たちに対して

「理性で自分を統べることができる」という

成功した姿を見せるのは

人々の希望になるし

大脳新皮質で

大脳辺縁系を統制することができる人が増えて

その遺伝子が次々に受け継がれていくのであれば

人間の脳は

新しいプログラムが刻まれて進化していきます。

水瓶座24度が目指すべきとこは

そんなすごい人間像。

冷静に落ち着きを保って

完全に理性のソースに浸かるのです。