Code no.283 山羊座13度 火の崇拝者


code.No 283

山羊座13度  「火の崇拝者 」

A fire worshiper.


「創意は無限なり!」と意欲を燃え上がらせる・ 遂げる人

🌟Keyword・エネルギー

「魔法」「創造力」「知性」「テーマの追求」「集中力」「極限」「意志」

img_4683

🌟13度 (活動宮)

*パワー全開度数

周囲も圧倒するほどのカリスマ的な力を発揮して場を支配するのが13度。

圧倒的な情熱で

物事を創りあげていく実行力を発揮します。

🌟ドデカテモリー

・牡牛座/双子座

牡牛座の「五感」と双子座の「知性」を利用して山羊座の欲求を満たしていく。

🌟山羊座13度の可能性のある日付け

1月2日、3日、4日

🌟目指す方向性

・「絶対にやり遂げる」という強い意志と情熱で物事を創造していくこと。

・目的を達成するための現実的な計画を立て、着実に進めていくこと。

・目的を達成するために、タスク管理をして、わかりやすく整理しておく。

・モチベーションを維持する工夫をしていくこと。

・自分の方向性や意志を明確にすることで実行力を発揮出来る。

・行き詰まったら、全く違う分野の人の話を聞いてみる。

・物事を達成する力を発揮することでいろんなことを手に入れることができる。

・不可能と思えるようなことであっても、壁にぶち当たっても何度でも果敢に挑戦していく情熱と勇気を持つこと。

・社会に光をもたらすような仕事をすること。

・深く自己の中心に意識を合わせることで自分の生きる目的がはっきりと見えてくる

・不安や葛藤と戦いながら前進していくこと。

🌟この度数の人の特徴

・集中力を発揮して物事を達成する人。

・有言実行の信頼できる人。

・実務能力が高い。

・リーダーシップ能力のある人。

・真剣に取り組むので内面が不安定になりやすい。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・「プロジェクトX」や「仕事の流儀」的な男たちの挑戦と戦い。

・「プロジェクトX」の主題歌、「地上の星」を聞いて挑戦意欲が奮い立っている時。

🌟シンボル考察

*山羊座のカリスマ力

13度は

今まで築いてきた山羊座の資質を大げさなくらい使用して

場を支配していくかのような度数。

ゆえに、カリスマ的な力を発揮すると言われている度数です。

その山羊座的なカリスマ的な資質とは

「卓越した意志力と創造力」。

話し合いで決めたアイデアや目的を

創りあげていくパワーを発揮するんです。

せっかく決まった素晴らしいアイデアや方針も

実際にクリエイトしなければ、

ただの机上の空論にになるわけで

目標を達成していくには、

確実に創造していく必要があります。

そもそも

山羊座の目的は

現実社会の中で確実な成果をあげること。

なので

成果をあげるための実行力が必要なんです。

例えば

ある企業の役員会議で

長い話し合いの末、

会社の存続をかけた新商品が決定したのが

山羊座12度だとしたら

「よーし。

俺はやるぞー。絶対に仕上げて見せる!」

って熱く燃えているのが13度。

新商品開発チームのリーダーに任命された人が

ヤル気と責任感が溢れてきちゃって

もう身体の中からカッカと火照ってるみたいな。

そんな流れになっています。

山羊座の目的である

「目に見える確実な成果をあげる」ためには

まずベースとして

「絶対にやり遂げる!」という意志が必要ですよね。

いわゆる

燃え上がるようなモチベーションが必要なわけですが

山羊座は現実的な土のサイン。

燃え上がるようなヤル気とは

縁遠いような気もしますがそうじゃない。

例えば

火のサイン(牡羊座・獅子座・射手座)だったら

燃え上がるヤル気に突き動かされるように

直感で突っ走るみたいな感じになるんだけども

土のサインの山羊座の場合は

燃え上がるヤル気を使用して

現実的に計画を立てたり

やるべきことを整理したりして

焦ることなく着実に土台から仕上げていく感じ。

強い意志力で

目的を叶える努力をするんです。

そのために必要なのは

心の奥底で燃えるヤル気と意志力。

これこそが

山羊座の

「確実に成果をあげる力」を生み出す魔法。

「火の崇拝者」を意味する

ゾロアスター教の神官は「マギ」と呼ばれ

不思議な力を持つことから「マジック」の語源となりました。

その不思議な力とは

現実的に物事を創り上げていく力。

ヤル気と「成し遂げる!」という意志力の土台を

心の奥に据えることで

山羊座の実行力という魔法が発揮されるのです。

*プロジェクトX

「火の崇拝者」って言ったら

ゾロアスター教(拝火教)。

約5000年前の古代ペルシア(現在のイラン)。

ザラスシュトラ(ゾロアスター)が広めた宗教です。

wikiによりますと

光(善)の象徴としての

純粋な「火」(アータル)を尊び

ゾロアスター教の全寺院には、

ザラスシュトラが点火したといわれる火が絶えることなく燃え続けており、

寺院内には偶像はなく、信者は炎に向かって礼拝するんだそうです。

「世界最古の一神教」と呼ばれていて

その最高神は

アフラ・マズダー (Ahura Mazdā)。

「智恵ある神」を意味し、

善と悪とを切り分ける正義と法の神。

叡智・理性・調和を兼ね備えた神様なんです。

ちなみに

日本の自動車会社の「MAZDA(マツダ)」。

事実上の創業者であるの松田重次郎氏の名字と

ゾロアスター教の最高神、

アフラ・マズダーにちなみ、

自動車産業の光明となるよう願って「MAZDA」というスペルにしたそうです。

マツダが自動車産業に進出したのが1931年の戦前。

広島の企業なのですが

原爆投下の被害に遭いながらも

広島の街と共にマツダを復興させて

世界に羽ばたくための礎を地道に築き上げました。

ちなみに

次の度数である山羊座14度は「礎」がキーワード。

「マツダ」の企業成長物語は

山羊座11度から15度の体験を考察するのに参考になります。

自動車産業に注目し

それに着手するための仲間を集めたのが11度なら

集めた先鋭チームで

会議をして方針を決めるのが12度。

そこで決定したことを

「絶対にやり遂げてみせる!」って意志を発揮し

計画を立て地道に努力して自動車を製造するのが13度で

14度で

自動車産業の礎が出来上がるみたいな。

長い時間をかけて

着実に成果を上げて目的を達成する

昭和の技術者達の熱き戦いを描いた

まるで「プロジェクトX」的な感動の物語がそこにはあるんです。

壁にぶち当たっても

諦めることなく情熱的に挑戦し続ける熱き思いが

この度数には詰まっているのです。

*炎の行者

密教の「護摩焚き」や

お盆の火送り(迎え火や送り火を焚)は

ゾロアスター教の影響を受けているという説があります。

西アジアで栄えたゾロアスター教の教義が

中国に渡り、日本へと流れこんで来たのでしょう。

護摩焚きのお坊さんは「炎の行者」なんて呼ばれたりもします。

日本で高明な「炎の行者」は

池口恵観という僧侶で

数多くの政治家がご祈祷に伺うという話もあります。

本当のところは判りませんが

今の総理「阿部晋三氏」も

池口恵観氏に帰依していて、

人生の指南を受け取っているそうです。

詳しくは

こちらのサイト(RAPT)を参照していただくとして

もし

阿部総理や

その他多くの有力者が

「炎の行者」池口僧侶に指南を受け取っているとしたら。

そこに

どのような意味があるのかといえば

今後の自分の方向性や意志を明確にするためでもあるでしょうし、

後押しの一言で、実行力を高めるためでもあるし

政治家にはない僧侶の視野を参考にするためでもあるかもしれません。

いずれにしても

モチベーションと意志力はアップするはず。

池口僧侶のところに行けば

あら不思議。

前向きに仕事をこなせる気分になれる。

そんな魔法が発動するんです。

ゾロアスター教の最高神は

善悪を区別する「法の神」でもありますからね。

政治家とも相性がいいんです。

実際、

山羊座を表すキーワードとして「政治家」というものがあります。

政治家は

自分を犠牲にして

国や地域、社会を良くするために働く人たちです。

現行の悪い制度を見直して改善していく。

つまりは

善悪懲罰の世界にいる人たちです。

その制度は成果主義で、

成果を上げれない政治家は

次の選挙で落とされてしまいます。

なので

一度掲げたマニフェストを遂行するべく

着実に成果を上げていかなくてはなりません。

そんな政治家という職業に必要なのは

やはり山羊座13度の魔法。

確実に成果をあげるための魔法を取り入れた人が、

この社会を創造していくのです。

*頭を使う

この度数は

ドデカテモリーで言えば

牡牛座と双子座の資質が混ざります。

牡牛座の示す「五感」と

双子座の示す「知性」を使用して

山羊座の創造力を発揮するんです。

ものを創り上げていくには

冴えた五感が必要だし知性も必要ですもんね。

ゾロアスター教の最高神は

「知恵の神」で叡智・理性・調和を兼ね備えてますからね。

目的を達成するために

知恵を働かして計画を立て

それを着実にこなしていくんです。

双子座は

いくつもの「タスク」を同時にこなしていくのが得意なんですけど

例えば

自動車企業の「マツダ」が

新しい車を発表するってなったら

それを統括してまとめるリーダーは

いくつものタスクを各部署に割り振って

同時進行で物事を進めていきます。

期限内に間にあわせるために

緻密に計画を立てて

作業状況を確認しながら事業を進めていかなければなりません。

いろんなことに配慮しなければならないので

大変だけども

魔法がかかってるから大丈夫。

新しい自動車の

完璧な姿を目にするまで夢中になって夢を追いかけるのです。

ロゴ