Code no84 双子座24度 氷の上でスケートをする子供たち


code.No84

双子座24度  「氷の上でスケートをする子供たち 」

Children skating on ice.


頭の回転のスピードを上げていく・頭寒の人

🌟Keyword・エネルギー

「楽しみ」「面白み」「熱を冷ます」「冴えた頭」「アイデア」「逆境をプラスに」

img_9379

🌟24度 (柔軟宮)

*有能に機能する度数

双子座の「知性」を使用して、

この世界の恩恵を受けるための能力が完成する度数。

🌟ドデカテモリー

*魚座

魚座の「境界を超える」資質を利用して、双子座の限界を超える力とする。

🌟双子座24度の可能性のある日付け

6月14日、15日、16日

🌟目指す方向性

・頭の回転のスピードを保つことを、意識していくこと。

・脳を定期的に冷やしてクールダウンさせること。

・タスク管理でやるべきことを明確にして頭の中を整理しておくこと。

・脳のオーバーヒートを防ぐ工夫をすること。

・無駄なことをきっぱり辞めて、一番大事なことに集中して楽しむこと。

・困難な状況から脱するために、アイデアや工夫で乗り切ること。

・作業スピードを上げるために、要領良く工夫していくこと。

・暑い夏や寒い冬など、過酷な環境を乗り切るための知識や知恵を増やしていくこと。

・人からの非難や攻撃などに対しムキにならずに、逆手に取って楽しむこと。

・逆境の中で、脳が冴え渡る。

・寒い冬の氷の上を渡る冷たい風のように聡明で、脳を覚醒させるかのような状態を意識する

🌟この度数の人の特徴

・いつでも頭が冴えている人。

・冷静で聡明な知性を持つ。

・子供のように無邪気にいろんなことを楽しめる人。

・のびのびと実力を発揮する。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・ボケーっとした脳に喝を入れるために外の新鮮な空気を吸いに行った時。

・サウナからの水風呂で身も心もシャッキリ。

・夏の暑さを乗り切るための新しいアイデアを生み出して楽しんでいる時。

🌟シンボル考察

*双子座の季節

双子座の領域を

1年間の季節に照らし合わせるのであれば、

春から夏へと移り変わる季節。(5月21日〜6月21日の間)

毎年、

夏の始まりを告げる「夏至の日」のポイントは、

蟹座1度になるのですが、

夏の始まりの季節が蟹座で

夏の盛りの季節が獅子座ってことで、

双子座の季節は

来たるべき夏を目の前にした季節になります。

夏って

「夏休み」のお陰で

解放的な気分になれるし、楽しいイベントが目白押しですけども

そもそも

なんで「夏休み」があるのかって言ったら

いろんな建前上的な理由があるみたいですけども

根本的な理由は「暑いから」。

気温が30度を越す真夏日に、

冷房のない教室で授業をやったところで

先生も生徒も頭が回らずに、ダレてしまうのは目に見えています。

最悪の場合は熱中症になる危険もあるわけだし

暑い場所は「脳」にとって打撃となるんです。

つまり、

暑い夏は脳の働きが鈍る季節。

今は冷房のお陰で

暑い夏も快適に過ごせるようになりましたけども

そもそも夏は、生き物にとっては過酷な季節なはず。

暑すぎる太陽の日差しが

サバンナの水を枯らし

多くの動物たちが朦朧としながら命をかけて

水を求めて移動するような、

そんな過酷な季節を乗り越えるために必要なのは

知識や知性。

打ち水をしたり

うちわを扇いだり

日陰で暑さをしのいだりと、

人間は知恵を使って乗り越えてきたわけですが、

その知恵の土台となる頭の良さを磨くのが双子座の領域。

夏を乗り切る知恵を働かせるために、

知性の土台を築くのが双子座なんです。

双子座20度において

どんな状況においても

脳の回転をフル稼働できる双子座の軸が出来上がりましたからね。

脳にとって天敵である

ボケーっとしやすくなる真夏でも

知恵を発揮すれば

その状況を回避することが出来ます。

「頭寒足熱」という言葉があるように、

外は真夏でも

頭の中は

スケートリンク並みの涼しさを保つように意識する。

そうすれば、

スケートする子供たちのスピード並みに、

脳の処理スピードの速さを

保つことができるようになるのです。

*脳のオーバーヒートを防ぐ

つまりこの度数は、

どんな状況においても

脳の処理スピードが早いってこと。

21度と22度の体験において

いくつものタスクをテキパキとこなせる有能さを身につけたのですが、

23度においては、タスクそのものを

「絶対にやるべきもの」

「どちらでもいいもの」

「今月中にやるべきもの」みたいな感じで振り分けて整理することで

無駄を省き

作業効率を上げることができるようになりました。

つまりは「タスク管理力」がアップしたので

やるべきこと、必要ではないことがスッキリ整理され

脳も整理されたんです。

例えば

待ち時間や空いた時間で、つい開いてしまうスマホのゲームなんかは

別にやらなくてもいいことなのに、ちょこちょこやってしまったりして、

結果的に「1日でトータルしてみたら2時間はプレイしている」

なんてことがあったりします。

2時間もゲームに費やすのであれば、

「やるべきこと」を、集中してこなせば

大事な「やるべきこと」を前進させることが出来ます。

双子座23度は

「やるべきこと」と「やらなくてもいいこと」を明確にしたことで

思考がソリッドになったんです。

やることが明確じゃなくて、

「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」って焦っている時って

頭がオーバーヒートを起こしたりしますけど、

やることが明確で

タスク管理されていると、

シンプルに整理されているから

脳のオーバーヒートを防ぐことが出来るんです。

なので、熱くならない。

焦ることなく

目の前のやるべきタスクに集中することが出来るんです。

私たち人間の脳は、よくコンピュータ(CPU)に例えられますが

コンピューターの性能の違いによって

作業効率って大きく変わってきますよね。

容量が少ない機種だと、情報を保存するのに限界があるし

何かにつけフリーズして動かなくなってしまい

再起動に時間がかかるなんてことも多々あります。

それに比べて

最新機能搭載のパソコンなら

動作も早くフリーズなんてまずしないだろうし、

作業スピードも早いし

記憶するメモリー機能に、保存するストレージも容量が大きいし

ってことで

ストレスを感じることなく作業出来ますよね。

双子座の体験領域とは、

自分の脳の性能をどんどんバージョンアップして

最新機能搭載のパソコンレベルに育てていく領域。

今までの体験において、

記憶するメモリーや保存するストレージの容量が増え、

情報処理力や情報管理力が出来上がり、

並行して複数の作業をこなせる「マルチタスク能力」も身につきました。

双子座23度で、

タスクを管理することで

脳内がスッキリ整理、分類されたので

24度においては

脳のオーバーヒートを防げるようになったんです。

パソコンも、脳と同じように「熱」に弱い機械です。

夏は、パソコンが熱くなりやすいので

熱対策のために「冷却ファン」をつけたりもしますよね。

パソコンの脳の部分であるCPUも

人間の脳も、

熱に弱いんです。

だからこそ、涼しく保つ必要があるんです。

双子座は「風」のエレメントのサインですからね。

パソコンを冷やす「冷却ファン」のように

頭を冷やす「ファン」となる風を吹かせることもできる。

知性の風を吹かせて

脳を涼しく保つ工夫をすることも出来るのです。

*工夫能力

つまり

双子座24度においては

脳のオーバーヒートを防ぐための工夫能力が身についたと言えます。

ボケーっとした脳を回復させるための方法を

双子座の情報サーチ能力で見つけ、

いろんな方法で対策できるようになったんです。

「頭の回転を速くするには?」

で検索すれば

たくさんの情報が出てきますが、

その中から自分に見合う有効な方法を使用して

いつでも脳の回転スピードを速くすることができますよね。

頭を冴えさせる様々なアイデアを取り入れていくことで

脳の働きを維持するのです。

そんな工夫能力は、

いろんなことに応用できる力にもなります。

スケートリンクって

寒く厳しい冬を楽しむために

工夫して生み出された遊びですが

それと同じように

厳しい状況であっても

工夫することで楽しく乗り切ることが出来るということを知るんです。

冴えた頭脳を持ってますからね。

困難な状況を

どうやったら利用価値のあるものに変換することができるのか?

そんなことの答えを見出して

人々に提示することができるようになるんです。

子供たちが

寒い冬を忘れるくらい

楽しく外で遊べるような。

暮らしに

そんなアイデアを持ち込むことが出来る度数なのです。

ロゴ