Code no.262 射手座22度 チャイニーズ・ランドリー


code.No262

射手座22度  「チャイニーズ・ランドリー」

A Chinese laundry.


「なんとかなる!」という自信を胸に秘める・自分を信じる人

🌟Keyword・エネルギー

「隠遁」「足元から考える」「臨機応変」「自信」「普遍的な知識」

img_3205

🌟22度 (柔軟宮)

*受動的に引き寄せる度数

20度で、何事にもブレない射手座の軸が出来あがったのですが

その軸を利用して欲しいものを取りに行くのが21度〜25度の体験領域。

21度においては積極的に行動していくことで。

22度においては、

自分の能力を光らせて、欲しいものを引き寄せることができるようになります。

🌟ドデカテモリー

*獅子座

獅子座の「内から湧き出る創造力」を利用して射手座の応用力を生かしていく。

🌟射手座22度の可能性のある日付け

12月13日、14日、15日

🌟目指す方向性

・無理をせずに大きく構えて過ごしていくこと。

・自分が持っている「隠れ潜在力」を信じること。

・どんな状況になっても上手に立ち回っていける自分の力を信じること。

・自分に出来ることで、社会や人々の役に立っていくこと。

・自分がすでに持っている知識や技術を応用を利かせながら活用していくこと。

・自信を持って「なんとかなるさー」を使用していくこと。

・どこに行っても通用する普遍的な知識や技術を身につけること。

・目標達成するために、足元を確認しながら地道に行動していくこと。

・自分の資質や能力を把握しておくこと。

・目立たないような裏方の仕事も楽しんで行うこと。

🌟この度数の人の特徴

・のんびりしてる雰囲気、癒し系。

・素朴で素直な人。

・ガツガツせずに「なんとかなるさー」って考える人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・「なんとかなるでしょ」って怖いもの知らずなとき。

・自分の資質をいかして商売を始める時。

・「知識やお金がないなら身体を使う。体力がないなら頭を使う」みたいな臨機応変さを発揮している時。

🌟シンボル考察

*応用力

22度は、21度で噴出させたサインの力を安定させる度数。

21度がサインの力を押し出したとしたら

22度は引く力で、安定を取り戻していきます。

つまりは、押しても(21度)

引いても(22度)

射手座の欲求を叶えていけるようになります。

また、21度が交感神経全快で挑んだから、

22度では

それを鎮めるために副交感神経を優勢に使用してバランスをはかる感じ。

受容的な姿勢でサインの力を発揮するのです。

20度においては、

射手座の軸が出来がったのですが、

その軸とは

「探求して掴み取った叡智を、人々の幸福のために活用していくこと」。

人々が豊かに暮らせるような思想や発明を

世の中にもたらすことを自分の信念として、

まっすぐに突き進んでいくことになります。

どんな状況に立たされても、

ぶれることのない射手座軸が出来上がり

21度では、

その信念を携えて

「生涯、学び続けよう! 一生、精神性を向上させていこう!」っていう勢いで

「今の自分のレベルよりも高い目標」を掲げて積極的に勝ち取りに行く。

22度では

どんな状況に立たされようと、

「今の自分には何ができるだろうか」ということを考え、

「自分が出来ることを」をチョイスしていくんです。

つまりは「応用力」が発揮される。

たとえ困難な出来事に見舞われたとしても

自分がすでに持っている知識や資質の中から

その状況を乗り越えるものを探し出して

軽々と乗り越えていくことができるようになるんです。

今現在の自分の資質よりも、

無理をしてチャレンジして目標達成を目指すのが21度なら、

22度は、

今現在の自分の強みを考え、

それを使用していくことで、目標を引き寄せよるのです。

*どこに行っても通用する普遍性

サビアンシンボルが出来た1925年頃のアメリカには、

中国からやってきた移民がたくさん住んでいました。

移民でアジア人の彼らに対しては、

白人からの差別もあったでしょうし、ろくな仕事も見つけられなかったと言います。

しかし、そんな状況でもお金を稼いで生活をしていかなければなりません。

そこで中国人の間で流行ったのが、「クリーニング屋」。

今のように洗濯機などない時代、

手で洗う洗濯はハードな仕事でした。

それを安い値段で引き受けるチャイニーズランドリー。

手洗いで洗濯をするのであれば、

高価な初期投資も必要なく、自分の身一つで行えます。

それまで「クリーニング屋」としての経験がなくても、

日常の生活において普段やっていることを、仕事として引き受ければいいのです。

「チャイニーズランドリー」という看板を掲げメニューを作れば商売をスタートできる。

当時は、狭い店舗を借りて、

ひっそりと隠れるように、主に1人で作業をしていたと言います。

手作業の洗濯はかなり重労働ではありましたが、

新天地での成功を夢見て、チャイニーズランドリー屋は、仕事に励むのです。

例えば、

もし今後、日本が混乱して生活できなくなり

移民としてアメリカに受け入れてもらうとしたら?

自ら望んで、留学するのとは違って

急な思いもがけない事なので、

英語だってままならないし、海外に住む準備なんてのもしてないし

その先の生活が全く見えなくて不安になるかもしれません。

どうやって稼いだらいいのか?

ちゃんと馴染めるのだろうか?

きっと差別されるんだろうなー。

なんてことを考えてしまって、希望を持てないかもしれません。

しかし、

射手座22度は違います。

こんな状況に置かれても、

「せっかく受け入れてくれた、この土地の役に立つようなことをしよう!

そして、ここで逞ましく幸せに生きていこう!」

なんて、自分を奮い立たせて立ち上がることが出来るんです。

そんなふうに立ち上がった人が

次に辿り着くのは、

「じゃあ、何をするのか?」という問いの答えを探すこと。

移民ってことで、所持品なんてわずかな洋服と貴重品くらいだし

英語もそんなに話せないしてっていう状況の中、

自分は何ができるのか?

そうだ。

日本的な「お弁当屋」さんでも初めてみたらどうだろう?

弁当なら毎日作っていたし、キャラ弁とかもアメリカ人が喜ぶかも!

とか

掃除、好きじゃないけど、

日本人の丁寧さを売りにしてハウスキーピングをやろう。

ここら辺の家をピカピカにしてやるわ!

みたいに考えることが22度なんです。

かつてブラジルに移民した日本人だって

日本人の勤勉さと生真面目さで頑張って仕事して

人生を切り開いていった人がたくさんいますよね。

戦後の日本においても

混乱している状況の中で、前向きに立ち上がって

自分の出来ることを探して商才を発揮した人もいますよね。

射手座22度は

自分にはそんな能力があるということを

無意識的に知っているので、常にのんびり構えていることが出来ます。

いざというときは

自分がすでに持っている資質を使えばいいから

どんな状況になっても大丈夫。

「なんとかなるさー」って姿勢で

あらゆる状況を乗り越えることが出来るんです。

射手座は、22度までの体験において

どこに行っても、どんな状況になっても対処できる

普遍的な知識を、すでに持っています。

自分の中にある潜在的な力を信じて大きく構えていればいいんです。

どこに行っても通用する普遍性を持っているのです。

*知識が糧となる

物には意味がない。

失えば終わりだ。

それより、どこに行っても通用する知識や技術身につけること。

知識や技術は死なない限り誰からも奪われない。

自分の国を追われ、

世界中に散って暮らすユダヤ人の教えにこのようなものがあります。

知識があれば

自分の国を離れ異国に住むことになっても

生活していくだけの金銭を稼ぐことができるというのです。

それは、何も技術職に限ることではありません。

お金の仕組みや、稼ぐための方法、

人々の購買意欲など、

ビジネスの基本的な仕組みを学ぶことも含まれています。

それがあればどこに行っても、

アイデア次第で金銭を稼ぐことができるというのです。

実際、世界の富豪にユダヤ人が多いのは事実です。

今まで自分が蓄えてきた知識や体験を総動員して、

この状況で何ができるのか。

何を展開していけばいいのか。

そのようなことを考える「応用力」を使用して、

射手座の目的を果たしていくのがこの度数。

自分の内面にある資質を、

引き出すかのように最大限に生かすのです。

「自分の身1つあればどこに行っても勝負できる。」

そんな自信を持つことで、射手座は冒険の旅を続けることができます。

この世界の真実を掴むための冒険を続けるために、

自分に自信を持つことで、

いかなる場面でも臨機応変に対処していくことができるようになるのです。

ロゴ