Code no.231 蠍座21度 職務放棄兵士


code.No231

蠍座21度  「職務放棄兵士」

A soldier derelict in duty.


誇りを持って自分の信念で物事を判断する・信念を貫く人
🌟Keyword・エネルギー

「逸脱」「脱線」「反抗心」「信念を貫く」「プライド」「頑固」

img_2984

🌟21度 (固定宮)

*積極的に取りにいく度数。

21度は、自分の能力を最大限に発揮して欲しいものを獲得する度数です。

🌟ドデカテモリー

・蟹座

蟹座の「誠実さ」を利用して、蠍座の信念を貫く。

🌟蠍座21度の可能性のある日付け

11月12日、13日、14日

🌟目指す方向性

・自分の信念と願望を明確にしておくこと。

・信念と願望を定期的に確認していくこと。(人として正しい信念か確認)

・信念に沿った生活を心がけること。

・社会の常識よりも自分の信念に従い、貫くこと。

・しっかりとした自分軸を確立すること。

・「どんな壁も貫いてみせる」という強気のメンタルでいくこと。

・健康な精神は健康な肉体に宿る。

・自分の心が正しいと判断したことを選択していくこと。

🌟この度数の人の特徴

・しっかりと自分を持っている人。ぶれることのない人。

・信念を強く持ち貫いていく。その姿勢は人によっては頑固で融通が利かないように映る。

・反骨精神や反抗心。プライドが高い。

・マイペースで人に合わすのが苦手。

・堂々としている。動じない落ち着いた態度。

・意思が固く絶対に曲げない頑固さ。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・賛成できないことに対して断固として戦っている時。

・反抗期。

・信念を貫いてる自分を誇らしく思っている時。

🌟シンボル考察

*確固たる信念

牡羊座から乙女座までの前半6つのサインは

保護者に守られながら

自分を育てていく、体験領域でしたが

天秤座から魚座までの後半6つのサインは

親から自立して

社会という大きな世界で生きていくために必要な資質を獲得していく体験領域です。

もちろん

子供や青年期の時だって、

大変な思いをたくさんしながら成長するわけですが

大人として社会に出ると

また子供時代とは違った、困難や障害が目の前に立ちはだかるものです。

一般的に、子供時代は

親の管理下にあるので

結果的になんとかなってきたかもしれないけど

大人として自立したら

自分が自分を管理して、

責任を背負って対処していかなければなりません。

どんな障害が立ちはだかろうが

それを乗り越える強い精神力が必要なんです。

その「強靭な精神力」身につけて、一皮も二皮も向けてどんどん成長していく。

新しい自分へとパワーアップしていくのが蠍座の体験なのですが

蠍座は、20度までの体験において、「本物のパワー」を手に入れました。

周囲の影響を受けても、決してぶれることのない

「自分の確固たる信念」や

「自分の心の決断を信じる」という

自分を信頼する心、

つまり、

しっかりした自分軸を手にしたんです。

21度は、その「信念の力」を積極的に使用して、

自分の強さを発揮していく度数。

鋼のように強いメンタルで

この現実世界に飛び込んでいくのです。

*信念を貫く

このシンボルに出てくるのは「職務放棄兵士」。

任務に向かう途中、くるりと踵を返し、

「やっぱやーめた」とばかりに、仕事を放棄します。

仕事よりも、自分の信念を優先させたのです。

彼の信念は

「いかなる理由があったとしても、人として間違ったことはしないこと。」

だったのかも知れません。

「命令だからといって、人を殺すようなことはしたくない!」

自分の信念の声をハッキリと聞き取った彼は

迷うことなく、職務を放棄するのです。

軍法会議にかけられようが、捕まって罰を受けようが、もう知ったこっちゃない。

自分の意志に反するよりは、反抗した事で罰を受ける方がマシ。

とばかりに、自分の意志を行動に移すのです。

確固たる信念を持っている人は

他の人からしてみたら頑固で融通が利かなくて扱いづらいけど

とっても強いパワーを発揮するものです。

自分の信念に反することは絶対に受け付けないし、

そのことで罰を受けたとしても

信念を守ることの方が大事なので、

積極的に戦うこともできるし(蠍座21度)

耐え忍ぶこともできるんです。(蠍座22度)

*信念と願望

自分の信念や意志を優先するということは

「マイルール」で生きている人という言い方も出来ます。

社会の常識やルールよりも

自分の決めたことを絶対的に正しいと信じていくからです。

なので

この度数のエネルギーを持っている人は

自分の信念を定期的に見直した方がいい。

「私はこうなりたい。」

「私はこういう人間を目指すんだ。」

人として正しい道を照らしてくれる信念かどうか、確認する作業が

人格を磨いてくれます。

単なるワガママで子供っぽい信念だと

ただの、はた迷惑な人になってしまいますからね。

「自分は〜なりたい」という

目標と信念が一致した時、

強力なパワーが発揮され望みは実現するんです。

「思考は現実化する」という本を書いた

ナポレオンヒル氏もこう言ってます。

*信念は願望実現の原動力である

揺るぎない信念を持とう。

その信念が、あなたの思考を力に変えるのだ。

信念が願望や目標と結びついたとき、あなたの望みは実現する。

この度数のエネルギーを使用すれば

願望を実現できるほどの圧倒的なパワーを発揮できるのです。

*信念を貫く

また、信念は持つものではなく、貫くものです。

つまりは

「信念」とは、まっすぐに進むエネルギーを持っています。

目の前に高い壁が現れようが

それを勢い良く貫いてしまう力を持つんです。

信念を曲げると、

壁を貫くことは出来ず、

壁の前で立ち往生してしまうことでしょう。

一度決めたら、

最後までやり遂げる強靭な精神力で

信念を貫いていくのです。

*意思の固さ

本来は

確固たる自分の信念に基づき

それを貫いていく誇り高い生き方を目指す度数ですが

自我が子供のままだと

単なるワガママとなり

自分の意思だけを貫くことに集中してしまいます。

なので

きちんとした大人の自我として

信念を確立し、

この度数のエネルギーを活かしてくこと。

それが出来るようになれば

人生の最後まで

満足できるような生き方ができるようになります。

自分に嘘のない生き方で

自分を大切にしていくのです。

ロゴ