「傷ついたヒーラー」〜キロンが示す魂の傷パート2〜ハウス


 魂の傷が疼く場所 

*「傷ついたヒーラー」〜キロンが示す魂の傷パート1〜はこちらから

パート1では

ホロスコープ上のキロンと

他の感受点とのアスペクトの関係性で

キロンが示す魂や心の傷を分析したわけですが

パート2では

さらに詳しく

キロンのハウス位置を見ていきましょう。

そうそう。

パート1を見ていただいた方は

お判りだと思いますが

私のキロン。

ズタズタに傷ついております。

生まれつき

魂に深い傷を持って生まれ

この人生を歩む途上でも

いくつもの傷を刻みつつ

息も絶え絶え

なんとか

今までやってまいりました。

「かわいそうな自分。

ごめんね自分。

これからはもっと

自分を大事にします。」

こんなことを

素直に思えただけでも

癒しはすでに始まっていると言えるわけですが

今回は

さらに

もっと素直に心の傷を受け入れるためにも

どのような事柄で

傷が疼くのか

どのような事柄で

魂や心に傷がつくのか

見ていきましょう。

 キロンのハウス  

それでは

再びの私のホロスコープ。

IMG_9294

キロンは4ハウスにいますけども

5ハウスのカスプ(♈︎1度)と3度の差。

5度前ルールと言って

カスプ5度前の天体は

次のサインに入ったものとして考えるというのを

適応して

5ハウス・イン。

つまり5ハウスのキロン

ということで捉えていきましょう。

ではここで

キロンのハウス位置の意味を示した表をご覧ください。

キロン
1ハウス  「自分」を示すハウス。 

*自分が想定する自分のイメージに傷やトラウマ。

*ルックスに自信がもてない、活力が湧かない。

*健康や体力に問題がある場合も

2ハウス  「所有物」を示すハウス 

*所有欲が強く執着心からくる心の痛み

*経済的問題で受けたトラウマ

*自分の価値が見出せないことによる心の叫び

*安定感を欲するあまりにバランスが崩れる

3ハウス  「コミュニケーション・知性」を示すハウス 

*自分の言葉を聞いてもらえない、伝わらないもどかしさ

*学生時代に受けた傷

*兄弟姉妹との競争で受けた心の傷

4ハウス  「家庭・家族」を示すハウス 

*感情の欠乏感

*幼い頃の家庭環境で感情の安心感が得られなかった

*心の安らぐ場所を求める魂

5ハウス  「恋愛・娯楽」を示すハウス 

*自信を挫かれるような体験によりついた傷

*自己表現ができない

*「愛する」「愛される」「楽しむ」ことに戸惑い

6ハウス  「仕事」「日々のケア」のハウス 

*潔癖になるようなきっかけとなるような体験で受ける傷

*日常の業務を完璧にこなしたいと脅迫的に思ってしまう出来事

*自分に厳しく自己批判的になる

*精神疾患や神経系統に問題が起きやすい

7ハウス  「リレーションシップ」のハウス 

*パートナーとの関係性においての傷

*異性との関わりを恐るような体験において受けた傷

8ハウス  「変容」のハウス 

*生と死にまつわる経験やトラウマ

*セックスに対して嫌悪感が生まれるような体験

9ハウス  「普遍的な教え」を示すハウス 

*自分の信念を守れなかったことで出来た傷

*現世的で享楽的で利己的な生き方や社会に虚しさを感じる

*大学進学などの受験や、勉強、研究時に受けた傷

10ハウス  「地位」「名誉」を示すハウス 

*社会参加して働くことに対する傷

*上司や権力者から受けた心の傷

*両親の影響で社会参加に対してマイナスイメージを持つ

11ハウス  「理想」「ネットワーク」を示すハウス 

*理想と現実のギャップに対する怒りでうけた傷

*友達に裏切られたことで出来た傷

*「愛されたい」という心の渇き

12ハウス  「目に見えない力で統合する」ハウス 

*大切な目に見えない何かと切り離されたような感覚

*前世で受けた傷を持ち越してきた

*現実感が湧かず、非現実の世界で漂いたい気持ち

皆様のキロンはどのハウスにありますでしょうか。

私のキロンは

5ハウスでしたね。

自分の創造力を伸び伸びと表現することを

幼い頃に抑圧されたと感じたのでしょうか。

自己表現に関することや

「愛すること」「楽しむこと」に

傷の疼きを感じると。

「愛すること」「楽しむこと」「自己表現すること」に

傷がついていて

それを実行すると、傷が痛んで辛いから

慎重になってしまったり

控えてしまったり、押さえてしまったりすると。

あーー、

かわいそうに。私の魂。

ごめんなさい。

としか言えませんが

傷が痛むからって

楽しみを抑圧してしまうなんて

あまりにも不憫でなりません。

確かに

私は娯楽や遊びは大好きですが

セーブしてしまうところがあります。

飲みに行っても

セーブするので、

グダグダに大酔っ払いしたことはないし

出かけても

なるべく早く帰宅したいタイプ。

恋愛に関しても

もちろん恋をする楽しさは大好きなんですが、

素敵だなーと思った人は

意識しすぎて、緊張してしまい

上手に対応することが出来なくって

そんな状況に疲れ果てて

「もういいや」って思うタイプです。

こんな部分も

「自分、めちゃくちゃシャイ」って

思って生きてきたわけですが

それもこれも

魂や心の傷がそうさせているなんて

露知らず。

「単なるシャイ」じゃなくて

「心の傷」が疼くから

慎重になっていた。

ということになりますね。

では

この傷を癒すには

いったい

どうしたらいいっていうのでしょうか。

 キロンの処方箋 ハウス別 

では次に

どういうふうに転換すれば

傷を癒すことができるのか

キロンのハウス位置で

ヒントを探っていきましょう。

キロン
1ハウス *自分の内面の声に耳を傾ける 

*容姿のコンプレックスを個性と受け取り受け入れる

2ハウス *自分の価値を認める(この笑顔に価値があるという発想で笑顔を心がける) 

*心に安定感、安心感をもたらすための自分軸をしっかりと確率する

3ハウス *発声練習 

*はっきりした言葉、聞き取りやすい言葉を心がけて話す

*本心を素直に語るようにする

*ブログなど自分の言葉で文章を書いてみる

4ハウス *ペットを飼う 

*家族と心の触れ合いができるようなイベントを定期的に行う

*感情を切り離して客観的に自分と向き合う時間を作る

5ハウス *「考える」ことより「感じた」ことを優先するように心がける 

*「愛される」よりも「愛する」ことを意識して実践する

6ハウス *自分を肯定する言葉を使用する 

*人のために役立つことを意識して行う

7ハウス *1人でも自立出来る勇気と仕事を持つ 

*その上で対等なリレーションシップを築ける相手を見極めれるようになる

8ハウス *本能的な欲求を否定しない(生物として当たり前のことと捉える) 

*心理学や、生物物理学などを勉強してみる

9ハウス *自分の道徳観をはっきりさせてそれに沿った生活を心がける 

*宗教や哲学などを勉強してみる

*海外旅行でいろんな国の価値観を体感してみる

10ハウス *日々継続して行うことを始めてみる(日記やマラソンなど) 

*責任感を磨くことで自分の中の権威と誇りが復活する

11ハウス *個人的な欲求と社会的なニーズの折り合いをつける 

*博愛精神を発揮して人々と平等に接する

12ハウス *想像力を発揮させて絵を描いたり詩を描いたりしてみる 

*心を痛めている人に寄り添ってあげる

なるほどなるほど。

ということは

5ハウスのキロン持ちの私は

「考えるな、感じるんだ」を合言葉に

行動していくように心がけるといいと。

そして

「愛される」ことを望むよりも

「愛する」ことを学べと。

そういう作業の中で

傷が癒されていくというのです。

確かに

私は

「愛する」ことを怖がって

避けてきたような気がします。

愛した上で裏切られることや

愛したものを

手放さなくてはならない時がきたときの苦しみを思うと

辛すぎて

愛することを放棄してきたのです。

「愛されること」の方が

精神的に安心感を保てるから

ラクだったんです。

「愛する」みたいに

自分の思いを外に押し出すよりも

「愛される」みたいに

相手を受け入れるという状態を続けきてきたから

すっかり全てに対して受け身になってしまい

自分の本当の思いを

表現することができなくなってしまったと。

だからこそ

まずは

「愛する」という

自分の思いを外に押し出すことから

始めること。

そんなことを

日々少しずつ意識して

取り入れていくことで

魂についた傷口が塞がっていくのです。

ホロスコープという道具を使用して

自分の魂や心の傷を探る。

私は思いあたることがありましたが

皆様はいかがでしたでしょうか。

そうそう。

傷って

弱みだから

隠そうとする心理も働きます。

魂や心の傷。

自分にとって弱みと認めたくないという心理が働くと

なかなか

認めることができないかもしれませんね。

もし、

なんかピンとこないという方は

このような心理が働いている可能性があることも

考慮にいれて

読んでみるといいですよ。

心の奥底に隠してしまった

傷を再発見することが出来るかもしれません。

というわけでありまして

キロンが示す魂の傷パート2は

キロンのハウスを分析しました。

次回のパート3では

キロンのサイン(星座)と

キロンの度数のサビアンシンボルを使用して

深く掘り下げていこうと思います。