2020年8月19日  獅子座27度の新月のサビアンメッセージ(動画解説)


2020年 8月19日

獅子座27度の新月

・新しい生活様式

前回の蟹座29度の新月は

2020年の夏の盛りの成長の方向性を司りましたが

獅子座27度の新月は

今年の夏の終わりの成長の方向性を司ります。

次の新月は9月17日。乙女座26度。

それまでの約1ヶ月の時間創造を行う際に

獅子座27度的なモチベーションで始める

ということですね。

つまりは

「新しい世界を創ってやる!」という意欲満々な感じで

この1ヶ月が始まるわけです。

牡羊座25度の火星と120度というのもあって

もう、ヤル気満々、勢い満タン。

まっすぐに、行動に移していくような力強さを持っています。

しかしながら

山羊座にいる冥王星と土星が、

そんな意欲満タンな太陽、月と火星を

厳しい目で見ているような星の配置になっています。

例えば、起業して理想に燃えて突っ走っているところ

国税庁から横槍が入り

現実を突きつけられて、思ったように上手く進まない。

的な試練が与えられるんですね。

なんか、「現実問題をちゃんとクリアしないとならない」みたいな感じで

面倒な思いをするんだけども

「現実的になんの問題もない」という状態で

理想に突っ走っていけるのなら

安心だから、さらに伸び伸びと実力を発揮することができます。

だから、大変だとしても最初にクリアしておいて方がいい。ってこと、

生きてると、割りとたくさんあったりします。

そんな感じの新月になっていて

宇宙時計の太陽と月の針は

「新しい世界を創造する」という箇所(獅子座27度)で

新月の始まりの時を告げるようです。

つまりは

今回の新月は

「新しい世界が創造されていく始まりの合図」のようなもの。

今年の政府は

「新しい生活様式」というワードを国民に広めていますが

国民も腹を括って

「新しい生活様式=新しい世界」を受け入れる時がきたのかもしれませんね。

確かに感染者の数は減らないし

キチンと感染対策をしているのに、知らない間に感染してしまうこともあるようだし

どうしたらいいのか、よくわからない状態になっています。

「感染するのは怖いけど、だからと言って経済を止めることはできないし」

というジレンマの中で

協力的に、今、自分が出来ることをしながら

経済を回す「新しい方法」を生み出していく。

今までの経済システムではなくて

コロナ に対応する

新しい社会、経済システムの在り方を形成していく始まりの時がきたような気がします。

実際、経済学者さん達も

国際政治や世界経済の根本的な構造や秩序が変わるだろう

と予測してるようです。

経済の構造を変えなければ

経済を救えないような状況になる。

資本主義が質的に大きく変換すると予測しているんですよね。

そんな世界創造の始まりの合図の新月。

今も、去年の夏と比べて随分「過ごし方」が変わりましたけど

ここから徐々にゆっくりと

私たちの世界の「構造自体」が変化していくのかもしれませんね。

・新しい舞台が創造される

獅子座27度「夜明け」は

創世記というキーワードが当てはめられていて

「新しい世界」をクリエイトする力を示しているのですが

理想とする世界を

簡単に創造できる人もいれば

時間がかかる人もいる。

また、理想とする世界をクリエイトしたとしても

その中でトラブルに見舞われて、世界があっという間に崩れることもある。

「王子様とお姫様は幸せに暮らしましたとさ」

という御伽話のように

私たちの人生は、ずーっと幸せが続くわけもなく

ずーっと理想的な世界で生きていれるわけもなく

浮き沈みを繰り返す体験の中で

いろんな感情を味わい

いろんな思想を手に入れ

内面から成長していくようにできているようです。

天地創造をした神だって

理想的な世界を創ったはずなのに

地球上では争いが絶えず、様々な問題が次々と発生します。

つまり獅子座27度が創造するのは

神が天地を創造したように

人生の物語が繰り広げられる舞台が創られるようなものです。

今まで主婦物語としての舞台の中で生きてたけど

子供も大きくなって、時間にも余裕ができて

じゃあ、次はどんな舞台に転換しようか?

健康のことも考えて、

そういえば昔、ジャッキーチェン好きだったし

拳法でも習って武人になろうか。

と思いたち

少林寺拳法教室に入会して

楽しくてハマったとしたら

「遅咲き武人としての人生の舞台」が創造されます。

その中では、新しい対人関係の悩みや

技術に関する悩みが出てくるから

好きなことをやっていても

決して、ずーっと幸せという状態にならないかもしれないけど

その新しい舞台の中で、自分を成長させていく。

「自分を成長させる舞台=新しい世界の創造」が行われるんですね。

今、地球全体が

新しい世界の舞台転換の只中にあるのだろうと思います。

今までの山羊座的な社会から、近未来的な水瓶座的な社会への転換。

どんな世界になるのやら。

絶対に生き延びて体験したいものですね!

個人レベルでいえば

自分のネイタルホロスコープの

どのハウスで

今回の新月が起こるのかを見てみると

どんな世界に舞台転換する時なのか

理解するヒントになるはずです。

「獅子座27度がどのハウスに位置しているのか?」

を見ればハウスがわかります。

*新月が起こるハウス

1ハウス=自分の意志をまっすぐに行動に移す世界・元気に飛び回る世界

2ハウス=好きなものに囲まれた物質的に豊かな世界

3ハウス=他者との交流を楽しむ世界・知識や情報をインーアウトする世界

4ハウス=アットホームな世界・充実したステイホームの世界

5ハウス=時代に見合うエンタメやイベントを創造して楽しむ世界

6ハウス=衛生、健康管理に気を配りキチンとした日常を築く世界

7ハウス=調和的で洗練されたパートナーシップや対人関係の世界

8ハウス=特定の他者と深く関わる世界・研究に没頭する世界

9ハウス=人々が幸福に暮らせる方法を探求する世界

10ハウス=社会の発展のために行動する世界

11ハウス=新しい技術や価値観をいち早く取り入れていく世界

12ハウス=非現実的な世界・精神や心の世界

私の場合は、

9ハウスなので

「人々が幸福に暮らせる方法を探求する世界」ということで

確かに、このコロナ の状況の中で

少しでも心が柔らぐものを提供できたらいいなーと思います。

新月のハウスから

自分なりに考察すると楽しいですよ!

それでは良い新月を。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする