Code no.70 双子座10度 落下する飛行機


code.No70

双子座10度  「落下する飛行機 」

An airplane falling.


危機的状況の中で実力を発揮する・勝負師

🌟Keyword・エネルギー

「常識を打ち破る」「クライシス」「応用的な知性」「勝負」「二元性」「エンターティナー」

img_7872

🌟10度 (柔軟宮)

*双子座メンタルの土台が完成する度数

「どんな状況でも打破できる自分で考える力」

という双子座の下地が出来上がり

それを積極的に試していくことで、さらなる自信を磨きます。

🌟ドデカテモリー

*乙女座

乙女座の「賢さ」を利用して人々を湧き立たせる。

🌟双子座10度の可能性のある日付け

5月30日、31日、6月1日

🌟目指す方向性

・人生はギャンブル。勝負師の生き様を見せてやる!

・危機的状況に自分を追い込み、そこから巻き返しを図ることに充実感を覚える。

・批判など気にせずに本音で生きること。

・危機的状況をどう回避するのかということに楽しみを見出していく。

・緊張するような状況を作り出し場を盛り上げていく。

・常識を打ち破り、無理と思われるようなことにも挑戦していくこと。

・チャレンジ精神を発揮していくこと。

・日々、勝負のつもりで生きていく。

・場を盛り上げるために演出していくこと。エンターティナー。

・一発逆転の奇跡を人々に示すこと。起死回生!

・みんなを沸かすような知性を発揮していくこと。

・勝つか負けるか、成功か失敗か。中間などという甘っちょろいものには興味がいかない。

・鋭い知性を見せつけていくこと。

🌟この度数の人の特徴

・勝つか負けるかの勝負の世界で生きている人。

・チャレンジ精神旺盛。

・痛烈で衝撃的な言葉を発することも。

・頭の回転が速く言葉も巧み。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・「人生はオセロみたいなものでずっと黒が続いていたとしても最後に白を置いて全ての黒を全部ひっくり返す」なんてことを本気で思ってるとき。

・みんなを湧かすような演出をしている時。

・底辺から一発逆転、ビジネス的に成功して富を収めたとき。

・危機的状況で這い上がるのが楽しくて、わざと自分を厳しい状況に追いやってるとき。

🌟シンボル考察

*クライシス

落下する飛行機なんて、最悪の状態ですよ。

自分が乗っている飛行機が墜落の危機にあうなんて

想像しただけでも恐ろしくなりますが、

双子座10度は、そんな恐ろしい状況でこそ

生き生きと活力がみなぎってくる度数。

何らかの手を打たなければ破局に至るような、

極めて不安定な状態でこそ、

自分の力を最大限に生かすことが出来るって思ってるんです。

双子座9度において

自分の頭で考えることが出来る「地頭力」が完成して、無敵になりましたからね。

「どんどん新しい難題こいやー!」って感じで

危機的状況をゲーム感覚で楽しめる余裕があるんです。

確かに私たちはそんなところがあって

例えばオセロとか、

身近な範囲で自分が一番強かったら、

さらなる猛者に挑みたくなるじゃないですか。

難しい方程式が解けたら

じゃあ次はもっと難しいやつって

どんどん難題にチャレンジしたくなるじゃないですか。

パイロットとしての腕前を磨いた人が

自分の運転の技術を試したいと思ったら

アクロバット飛行とかに興味を向けるじゃないですか。

別に1番になりたいとかじゃなくて

「自分の力を試したい」っていうチャレンジ精神で挑んでいくわけですが、

結果的に1位になる実力を持っているのが双子座10度。

難題に果敢にチャレンジして乗り越えていくことで

大きく上昇することが出来るのです。

それは例えば、

「危ない!墜落する!」ってなくらい地面スレスレのところまで落ちてから

急上昇する感じ。

人生でいうなら、

落ちるとこまで落ちてからの急旋回で急上昇みたいな

ドラマチックな展開がこの度数のエネルギーなんです。

つまりは腕がある。

落下する飛行機を冷静に操り、

この手がダメなら次の手でと、最後の最後まで諦めない心を持ち、

高度やエンジンの調子や外気や風など

自分を取り巻く全ての状況を一瞬で読みながら

絶好のタイミングを逃さない鋭いカンと認識力と判断力を持つ。

そんな凄腕パイロットのような資質を兼ね備えた度数なのです。

*人生はギャンブル

9度までの体験において、

双子座の基本的な視野が完成したのですが、

それは、

物事をあらゆる角度から眺めることができる多角的な視野です。

なにか問題に遭遇した時、

一つの視点からではなく、

色々な方向から考え、問題を解決する糸口を探す力がついたのです。

また、固定観念を捨て、

頭を柔軟にすることで、様々なアイディアを生み出すことができます。

柔軟で明晰な頭脳で、

問題解決のためのアイデアをいくらでも見出すことができるようになった双子座は

自分の実力を試すかのように

次々と難題にチャレンジしていくんです。

なので、

無意識的に、

わざと自分を危機的立場に追いやる傾向があったりします。

「一か八か」というスリルを味わえる状況の中で、

自分の実力や運を試し、

「生きている」っていう実感を味わうんです。

それは、

例えばギャンブルなんてそうですよね。

人生の重大局面を味わうために

賭けるなら大きく賭ける。

この危機的状況の中で

自分の読みは当たるのか?

実力を発揮できるのか?

そんな状況を自ら望むのがこの度数なんです。

また、

場を盛り上げるために

わざと緊張が走るような言葉を投下するのもそう。

それを言うことによって

炎上するかもしれないけど

場が爆発的に盛り上がって

みんなが楽しくなって

湧かすことになるような言葉ってありすよね。

放送コードギリギリの言葉や

相手が怒るかもしれない言葉を言ったらどうなるのか?

子供とかって

よく

親が眉をひそめるような言葉を使用して反応を楽しんだりしますけど

そんな感じで

周囲が湧くような反応を楽しんでいくんです。

また、

「人生はギャンブルだ!」的な思想ってありますよね。

自分の好きなものに囲まれた

居心地の良い安定した暮らしを望む牡牛座には

理解できないかもしれないけど、

双子座は、この世界で、

知性という武器を使用して自分の実力を試していくサイン。

受験や就職も結婚なども

自分の人生をかけたギャンブルともいえるし、

そもそも、

毎日の生活や仕事が勝負そのものという人たちもいます。

双子座10度は、

そういう心構えで、この世界と関わっていくんです。

「勝負師」にもいろんなタイプがいるかと思いますが、

双子座の場合は、

魂削ったり身を削ったりした勝負をするタイプではなくって

あくまでも冷静に状況判断をして勝負するタイプです。

人生の時間を懸けた勝負師の

強いハートと頭脳を持っているのです。

*二元性

飛行機が地面に墜落するのか?

それとも急旋回して上昇できるのか?

そんなところから

この度数は、極限の二元性を示しています。

「一か八か」に始まり

「勝ち負け」や、「成功と失敗」。

知性で勝負するということは、

そういう極端なものを生み出すことでもあるんです。

勉強をして挑む受験だって「合格か不合格」だし、

結果を残さなければならない仕事だって「成功か失敗」だし、

みんな仲良くゴールしましょう!

なんていう平和的な考えもあるけれど、

知性で捉えれば、この世界は勝ち負けの世界。

自然界を見てみたって弱肉強食で

強いものが弱いものを制していくわけだし、

人間社会だって、

結局は、頭のいい人が勝ち組となり、

良い暮らしを手に入れることができるわけだし、

そんなことを双子座は

多角的な視野で見抜いているので、

綺麗事じゃない勝負の世界を重視するんです。

なので生き方も言動も、大胆で痛烈。

人々が驚くような本音を平気で口に出来るので、

不快に感じる人ももちろんいるけども、

ハッキリと自分の意見を口にできる姿勢に共感する人もいて

カリスマ的な支持を得ることもあります。

常々思ってるけども言えないことを、

なんのてらいもなく普通に発言してくれる人って

頼もしく見えるし、見ているこっちもスッキリしますもんね。

嫌な気分で落ちていたところを

グーンと上げてくれるような

人々の本音の代弁者として

大胆な言葉を操っていくパイロットとなるのです。

ロゴ