Code no.82 双子座22度 バーン・ダンス


code.No82

双子座22度  「バーン・ダンス 」

A barn dance.


リラックスできる環境の中でも情報処理能力や情報管理力を発揮していく・充実した人

🌟Keyword・エネルギー

「社交的」「人付き合いのいい」「充実」「達成」「自然のリズム」「自然派・肉体派」

img_9364

🌟22度 (柔軟宮)

*受動的に引き寄せる度数

20度で、何事にもブレない双子座の軸が出来あがったのですが

その軸を利用して欲しいものを取りに行くのが21度〜25度の体験領域。

21度においては積極的に行動していくことで。

22度においては、

自分の能力を光らせて、欲しいものを引き寄せることができるようになります。

🌟ドデカテモリー

*水瓶座

水瓶座の「俯瞰的視野」を利用して双子座の応用力を生かしていく。

🌟双子座22度の可能性のある日付け

6月13日、14日、15日

🌟目指す方向性

・俯瞰的な視野で人生を眺め、何をしたいのか考えて今を過ごしていくこと。

・先々の休日や余暇のスケジュールの予定を早めに立てていくこと。

・休みの日も無駄にすることなく、やりたいことをこなして充実させる。

・拘束された後の解放。仕事と休み。緊張と弛緩などのメリハリを大事にする。

・様々なプレッシャーや緊張を、身体を動かしたり自然の中で過ごすことで解放していく。

・肉体と精神を整えていくことで忍耐強さとバランスの良さが身につく。

・自律神経(交感神経と副交感神経)の働きを整えていくこと。

・人生を有意義なものに作り替えていくこと。

・自然の法則、自然のサイクルを日常生活に取り入れていくこと。

・共通する部分がある目的を持つ仲間との付き合いを大事にすること。

・余暇を楽しむための産業(文化、スポーツ、観光、娯楽、イベント)など。

・余暇に意義を求めていくこと。

🌟この度数の人の特徴

・人生を楽しむ人。

・時間を無駄にせず休日もアクティブに過ごす。

・将来を見据えて今を努力できる人。

・社交的な人。会話上手。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・休みの日もダラダラせずに予定を入れて充実している時。

・フェスで自然の中でアクティブに楽しんでいる時。

・日の出とともに目覚め、軽くランニングし、野菜多めのランチを食べてヨガをして〜日の入りに瞑想し、早い時間に就寝。みたいな感じで自然のリズムに沿った生活を実践してる時。

・休日に友達とたくさんおしゃべりしてリフレッシュした時。

🌟シンボル考察

*マルチタスクな視野

22度は、21度で噴出させたサインの力を安定させる度数。

21度がサインの力を押し出したとしたら

22度は引く力で、安定を取り戻していきます。

つまりは、押しても(21度)

引いても(22度)

双子座の欲求を叶えていけるようになるんです。

また、21度が交感神経全快で挑んだから、

22度では

それを鎮めるために副交感神経を優勢に使用してバランスをはかる感じ。

無理をせず、

受容的な姿勢でサインの力を発揮していきます。

20度においては

どんな状況になってもぶれることのない双子座の軸が出来上がったのですが、

その軸とは

卓越した情報処理能力と情報管理力。

欲しい情報をすぐに引き出せることが出来るので博識になり、

どんなジャンルにおける会話も卒なくこなし、

どんな情報も即座に提供できるような資質を身につけました。

双子座っていうのは

自分の脳の機能を、

どんどんバージョンアップしていくんですが、

20度で最先端の賢いパソコンのようになったんです。

賢く新しいパソコンは

作動も早くフリーズなんてまずしないだろうし、

処理能力を高めるCPUも最先端のものを搭載しているから作業スピードも早いし

記憶するメモリー機能に、保存するストレージも容量が大きいし

ってことで

ストレスを感じることなく作業出来るものですが、

双子座の脳の機能もそれと同じように

記憶するメモリー、保存するストレージ、

そして情報処理能力が最先端のものに成長したんです。

パソコン用語に「マルチタスク」という言葉がありますが、

これは、複数の作業を同時にこなすパソコンの機能を指しています。

最先端の脳にバーションアップした双子座は

複数の作業を並行してこなすマルチタスク能力を大いに発揮して、

時間を無駄にすることなく

作業効率のスピードを上げて

たくさんのタスク(仕事)をこなしていくことが21度で出来るようになったんです。

22度は

その脳の性能の良さを使用して

遊びや余暇を楽しむことになります。

21度では仕事で。

22度はリラックスした余暇の中で。

脳の性能の良さを生かしながら、

仕事も遊びも全力で取り組んでいくのです。

*充実した余暇

バーン・ダンスの「バーン」って農家の納屋のことなんですが、

納屋で開催されるダンスパーティのことで

1920年代のアメリカで流行ったそうですよ。

なんと

「バーンダンス」っていうタイトルのディズニー短編映画もあって

YouTubeでも見れるんですが白黒のミッキーとミニーがコミカルに踊っていました。

2016年の2月には

ディズニークラシック商品として

「バーン・ダンス」のミニブックも発売されたとか。

1456282730076

ディズニー・ショッピング

味わい深い絵柄のミッキーとミニーも

納屋のダンパを楽しんでいた模様です。

休日に、村人が集まってカントリーミュージックに合わせて踊るんでしょうね。

明るい音楽と笑い声。

夜になれば満点の星空の下でチークダンス。

食べたり笑ったり踊ったり恋したり。

休みの日は

何もせずにのんびりと過ごしたい。できればたくさん寝たい。

というタイプの人もいますが

双子座22度は

休みの日もアクティブにたくさんの充実した遊びのタスクをこなしていくタイプ。

限られた休日の時間も無駄にすることなく

朝からスケジュール帳とにらめっこして

何をするか、何がしたいのか目的を明確にしてタスクを作り

それを順々にこなしていくんです。

仕事の日には、時間が足りないから出来ないことって

たくさんありますもんね。

自分の時間を自由に使える休みの日だからこそ、

自分のやりたいことをタスクに組み込み、それをこなして充実させる。

心の緊張が溶けてホッとする休みの日。

仕事の日よりも

のびのびとした気分で、楽しみながらタスクをこなしていくんです。

美味しいものを食べたい。

スポーツで汗を流したい。

身体を鍛えたい。

家族サービスしたい。

自然の中でリフレッシュしたい。etc…

多くの人は、

このうちのどれか一つをメインにして

ゆったりと時間を過ごしていくのかもしれませんが、

双子座22度はこれを全部やる。

処理能力と管理能力を発揮して、

ぱっぱと要領よくこなしていくことができるんです。

つまりは、のんびりと過ごすのが好きな人よりも

同じ時間の単位の中で

何倍もの体験をしていくことができる。

誰もが同じ時間というソースを持っているのに

使い方次第で、体験できることが違うわけですが、

双子座は「お得」なものが好きですからね。

たくさんいろいろとやることで「お得感」を味わい

さらには「充実感」も味わうことができる。

そんな時間の使い方を大事にしていくんです。

ディズニーのバーンダンスのストーリーも、

読んでないから詳しくは知りませんが、

きっといろんな事件があって、いろんな体験をするんでしょう。

ラストは

みんなでコミカルに楽しく踊って最高ハッピーみたいな感じなのかな。

濃い充実した1日を過ごすために。

性能の良い脳を仕様して

たくさんのタスクを達成させていくのです。

*将来を思い描く

また

この度数は21度と同様、

ドデカテモリーで言えば「俯瞰的視野」の水瓶座の資質が混ざります。

なので

物事全体を見渡すような広い視野を持っているので、

先のことを見据えて

今現在の予定を立てていくことが出来ます。

例えば

理想とする将来図があるのなら、

それを叶えるために余暇の時間も組み立てていくみたいな感じ。

スポーツ選手を目指しているなら、

休みの日も無駄にすることなく

自主的に筋トレしたり、身体にいいものを食べたり、

眠りの質にこだわったり、瞑想したり

いつの日か海外で活躍する日を夢見て外国語を学んだり。

そんな中、ストレスを解放させる効果があるからと

仲間との集いにも参加したりと、

多方面に向けて

理想の自分になるためのプログラムを組み込んで

それを全部こなすことに快感を覚えていくんです。

いろんなタスクをこなせた達成感は

脳内で快感をもたらす神経伝達物質(ドーパミンなど)となり、

大きな快感や喜びを感じることができるので

努力を努力と感じることなく

楽しんでこなせていけるみたいな循環に乗ることができます。

俯瞰的な視野で将来を明確にし、

「それに近づくために何をするべきか?」

ということから考えるので

無駄がないし効率的なんです。

無駄があると、

作業効率が悪くなって

かからなくてもいい時間をかけてしまいますからね。

俯瞰的な視野で人生を眺めてみれば

生きてる時間は限られているわけですから、

貴重な時間を無駄にすることなんて出来ない。

ってことで

休みの日も、

自分を高めるための行動を怠らず、

しかも楽しみながら行える姿勢が身についていくのです。

*余暇の意義

サビアンシンボルが考案されたのが1925年なので、

当時のアメリカにおいて

バーンダンスは、

最先端のオシャレなパーティだったのかもしれませんね。

都会で働いている人が

自然の中のパーティに出かけてリフレッシュみたいな、

ライブ会場が納屋ってだけで

今でいうフェスに行く感じだったのかも。

フェスの醍醐味は

やはり青い空に新鮮な空気!

大自然の中で、

大好きなバンドが奏でる音の振動を身体に浴びて

子供の頃に戻ったかのように無邪気に踊る。

アメトークでも「フェス芸人」なんてのをやってましたけども、

一度、あの空間を知ってしまうと

いつまでも心に焼きついて最高の思い出になったりします。

タイ飯屋やケバブ屋やら、いろんな国の飲食屋台が現れるし、

可愛い洋服雑貨の店が並ぶし、マッサージ屋台に占い屋台。

私たちが楽しめるお店がたくさん出店します。

夜は夜で、味わい深いキャンドルやランタンの灯で

幻想的な雰囲気になるし

それはまるで

山の中に期間限定で現れた一つの村。

音楽と自然が好きな民族たちが集う村が出来上がるんです。

似たような価値観の人が集まっているから

知らない人同士でもハイタッチしてその場を楽しんだりするような

フレンドリーな雰囲気が漂っていて

新しい友達が出来たり、

その出会いが恋愛に発展したり。

いつの時代も人が考えていることなんて大体一緒。

仕事で疲れた自分にご褒美。

楽しい時間を求めて。

好きな音楽と自然に浸りたい。

そんな動機で

都会から多くの人がバーンダンスに足を運んだはずです。

都会のクラブで踊っていれば

移動も大したことないからラクなのに、

わざわざ、遠くまで時間をかけて移動して

テントを張って自然の中で過ごすことを選ぶ。

つまりは

休みの日もアクティブに過ごしていくんです。

ダラダラとした状態で家にいて

休みの日を終えるのではなく

最高の瞬間を求めて。

最高の思い出を手に入れるために。

風や音楽。

自然の風景や草の匂い。

五感全てが刺激されるような環境の中で全身で楽しむのが

双子座流リラックス方法。

五感とともに感じる体験は

いつまでも脳に焼きつきますからね。

脳に焼きついた記憶は、

双子座の思考や知識の材料になるんです。

知識の材料が増えた双子座は

「余暇の意義」なるものを考えることができるようになります。

余暇をどう過ごすのか?

余暇をどうデザインしていくのか?

私たちの休日をもっと有意義なものにできないだろうか?

それは、

「休みの日」の時間の使い方について

新しい提案を生み出す力になります。

イベントを開催したり文化的活動を行ったり

スポーツやボランティア活動を通して地域の人と交流したり。

誰にも平等に与えられている「余暇」の時間を、

双子座の知性を使用して意義あるものに変えていけるのです。

ロゴ