Code no.225 蠍座15度 5つの砂山のまわりで遊ぶ子供たち


code.No225

蠍座15度  「5つの砂山のまわりで遊ぶ子供たち」

Children playing around five mounds of sand.


無邪気な支配欲・力(フォース)を発揮する人
🌟Keyword・エネルギー

「純真」「素朴」「無邪気さ」「純真な行為」「帝王学」「操る」「リーダーシップ」

「根回し」「裏工作」

img_2772

🌟15度 (固定宮)

*蠍座の力が満ちる度数

十五夜の夜は、ぽっかりと丸い満月が空に浮かびます。

その姿は私たちの目を奪い、また、暗い夜を明るく照らしてくれます。

15度は、そんな感じで、各サインの力が満ちる度数。

「蠍座の資質」を獲得するという目標が叶うピークのときです。

1度で思い描いていた目標が15度で完成するのです。

🌟ドデカテモリー

・牡羊座

牡羊座の「本能の力」を利用して、蠍座に力を与える。

🌟蠍座15度の可能性のある日付け

11月6日、7日、8日

🌟目指す方向性

・自分の中にある、子供のような無邪気さや素朴さを大事にすること。

・上昇するために本能的欲求を使用していくこと。

・人を束ねて頂点を目指すこと。リーダーシップを発揮すること。

・起業、自営業を目指してみる。(力を発揮できる)

・組織や会社を大きく育てること。

・優れたマネジメント能力を発揮すること。帝王学を会得すること。

・負けん気を発揮してトップを目指すこと。

🌟この度数の人の特徴

・自己中心的で強いリーダーシップを発揮する人。

・明晰な頭脳と豊かな才能を持つ。

・負けず嫌い。

・場を仕切ったりと、場の中心になる人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・「頭脳戦」「心理戦」「駆け引き」要素の遊び、ゲームをしている時。

・ただ、無邪気に振舞っていたつもりだったのに、結果的に彼を支配している時。

・「自分が1番!」ってことで、ホクホクしている時。

・負けん気を発揮して頂点を狙っている時。

🌟シンボル考察

*無邪気な支配力

15度は30度のちょうど真ん中。

1度から緩やかにエネルギーが盛り15度でピークを迎え、

30度に向かってエネルギーが鎮まっていく。

ちょうど山形をしたエネルギーの頂点となるのが15度です。

そのためサインの力を最も強く外に押し出して、

周囲を巻き込んでいく度数になります。

最も強く外に押し出していく蠍座の力とは、

「無邪気な支配力」。

その力はとても強大なのだけれども

その力の強大さに気づかずに

子供のように遊びながら使用しているイメージ。

蠍座は15度までの体験で、

強靭な精神力を発揮しながら、

人間心理というものを把握して、

それを操ることで人を動かせることを知りました。

自分に必要な要素を人から取り入れることができる。

人に心理的に影響を与えることで、

自らの力に変えることができることを知ったのです。

それはフォースの力。

「力」には

人からエネルギーを補充する「フォース」と

人を強くする「パワー」という二種類の力があるそうです。

蠍座が15度までに獲得したのは

人からエネルギーを補充して強くなるフォースの力。

現代社会は、このフォースの力で出来ています。

フォースの力が絶大だと

お山のてっぺんに立てるのです。

*本能的欲求

このフォースの力は

本能的な欲求でもあります。

「他者を圧倒したい」とか

「他者よりも抜きん出たい」と思うのは

生存本能の働きとも言えます。

この世界で生き残るために

「少しでもいい条件の中で生活して、

強い遺伝子を持つ配偶者を見つけて安全な場所で子育てしたい」

という欲求を、どの生き物も基本的に持っていますが

蠍座15度は、この本能的な欲求を利用して

自分の力を発揮していくんです。

このシンボルに出てくるのは「子供」ですからね。

子供なんて、理性よりも本能で生きているようなもんですから

砂山を5つも作ることで

権力欲や支配欲みたいなものを満たしているのかもしれません。

「お山の大将」気分で遊んでいるのです。

*人を束ねる心理戦

この社会においては、

どの商品を売るにしてもマーケティングで消費者心理を把握することが大事です。

購買意欲をそそるための「色」や「言葉」。

宣伝方法やブランドイメージ。

いろんな方法で、人々の心理に働きかけて商品を知ってもらい、購入してもらう。

つまりは人の心理の波が経済を動かしているとも言えるわけですが、

人の心理の働きを熟知した蠍座は、

心理戦を使用してお山の大将になれます。

また、それだけじゃなく

「人材をどう動かしていけば有効なのか?」

「気持ちよく動いてもらうにはどのようなことが効果的か?」

ということまで考えて実践出来るので、社会的に優秀な人になれます。

人を束ねて頂点に立つ手腕を発揮することに、生き甲斐を見出すのです。

*5つの砂山

「5」という数字は冒険的な創造性を示しています。

私たちの持っている感覚機能である五感とか、

手足の指も5本ずつ。

さらに両手両足を広げて立つと、

頭を起点に五角形が出来上がります。

東洋思想の陰陽五行説というものもありますし、

キリスト教だと

4大元素の第5番目のものとして「神の息吹」を象徴する数字だったりして、

いろんな時代にいろんな場所で意味付けされてきた数字です。

つまり「5」は

自然界の中で安定しているが故に、

安心して遊び心を発揮して、

創造性を発展させていけるという意味合いを持つ数字。

五本の指で砂を操り、五感を使用して

五つの砂山を作っているんです。

また、15度というのは

11度から始まった「フォースの力を発揮する領域」の5番目の度数。

14度で安定したフォースの力を

15度では冒険的に楽しみながら使用しているんです。

策略を練って、それを実行して、

うまくいってる様子を陰ながら眺めるのって

きっと楽しいはずです。

「デスノート」のエルとライトの頭脳戦みたいに、

罠を張り、それに相手が見事引っかかったとしたら

「よし!策略通り!」と満足して

自分には出来ないことはないと力を誇示していきたくなるってもんです。

こんなふうに

楽しみながら、周囲を動かしていくことが出来るのがこの度数。

策略通り、狙い通りに物事を動かすことに

楽しみを見出しているのです。

蠍座の創造性は、

「心理面を操って何かを創造していくこと」。

子供の純粋で無邪気な遊びのように、心理ゲームを楽しむ。

例えば

「あれ、取ってきてもいいよ」みたいな言葉で、相手にものを取ってきてもらう。

「あれ、取ってきてよ」と言う指令の言葉だと、

相手の心に反発心を生み出しますが、

「あれ、取ってきてもいいよ」という承諾系の言葉に変えることで、

相手を尊重したような錯覚に陥らせるという心理をついた作戦です。

自分の言葉や態度一つで、

人が思いとおりに動いてくれるということに面白みを見出し、

無邪気に試していくのです。

結果、支配力を周囲に発揮していくことになります。

これが蠍座の力のピーク。

しかしまだまだ幼い力です。

16度からは、この力を熟成させて強化させていくことになります。

ロゴ