Code no.245  射手座5度 木の高いところにいる老いたフクロウ


code.No 245

射手座5度  「木の高いところにいる老いたフクロウ」

An old owl up in a tree.


叡智と広い視野で真実を見抜く・森を見る人
🌟Keyword・エネルギー

「正常な状態」「見張る」「追求」「情報収集」「闇を透かす視野」「叡智」

img_3421

🌟5度 (柔軟宮)

*刺激を求め冒険する度数。

射手座は「知識の炎」を燃やして、この世界に関わっていく火のサイン。

自分を動かすバッテリー(充電池)なるものがあるとして

そこに火のエネルギーを満タンにさせて動いていくのですが

射手座のスタートである1度では

「火のエネルギー」を一気に噴出させ、バッテリーを満タンにしました。

IMG_2826

2度においては、満タンになったエネルギーを定着させるかのように

さらなる「火のエネルギー」を注ぎ込み、

3度においては、フルになったエネルギーを使用して行動を開始し、

次の4度では、「火のエネルギー」という燃料で動く行動力を

安定させる作業が始まり

行動力が安定しことで、その力をもっと新しいことに使用できないかと

刺激を求めて冒険的にチャレンジしていきます。

🌟ドデカテモリー

・山羊座

山羊座の「成果主義」を利用して射手座の広い視野を活用していく。

🌟射手座5度の可能性のある日付け

11月26日、27日、28日

🌟目指す方向性

・360度を見渡すような広い視野で物事を眺めて洞察していくこと。

・物事が正常運転かどうか?厳しく監視していくこと。

・幅広い視野で得た情報で、真実を追求していく目を養うこと。

・物事の裏事情や、人々が抱える心の闇、事件の真実や陰謀や策略などを見抜いて真実に到達すること。

・人の心に働きかけるような言葉を選んで相手を動かしてみる。

・人間の心理的な構造を学ぶこと。

・自分にメリットをもたらす情報を常に収集していくこと。

🌟この度数の人の特徴

・深い叡智を持った人。

・幅広く見渡せる広い視野で真実を追求できる。

・権力を握れるような力を持つ。

・裏事情や陰謀論に詳しい傾向。正義感が強い。

・人間心理の裏側や、相手が隠している本心などを見抜く鋭さを持つ。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・とりつかれたように真実を求めて事件の裏事情を調べている敏腕ジャーナリスト。

・治安の乱れがないかどうか監視する夜のパトロール隊の方々。

・高みの見物で世界を見渡している時。

🌟シンボル考察

*プロメテウスの火

生まれた時から

電気のある生活をしている私たちは

暗闇に包まれる夜の脅威を感じることなく過ごしています。

人類がまだ

「火」を手にしてなかった時代。

夜は、命の危険が増す時間帯。

敵や夜行性の肉食動物が

いつどこから襲ってくるのか?

毎晩、

そんなことに神経を張り巡らせていたはずです。

射手座の「火のエネルギー」とは

人類が、工夫と知恵によって手に入れた「火」のことです。

ギリシャ神話によると

「プロメテウスが人類に火をもたらした」と言われていて

物事の始まりを意味する「プロローグ」という単語は

このプロメテウス神の名前からつけられているんですけど、

「火」を手にした人類は

そこから急激に進化し始めました。

文明の幕が開いたんです。

「火」がもたらされたことで

食文化も発達し、それによって脳が進化し

また、

暗い夜を明るく照らす「火」のおかげで

火に弱い動物たちを遠ざけ、

真っ暗な闇の向こうを照らすことが出来るようになったんです。

射手座1度〜5度の体験領域は

この文明をもたらす火を着火させて

火力を安定させるまでの様子が描かれています。

摩擦すること(火打石)で散る火花を火種とし

大きな炎を手に入れるんです。

大きな炎を手に入れた射手座5度は

暗闇の向こう側を見れるようになります。

夜行性の目を持つフクロウのように、

高い木の上から

夜の森を眺めているのです。

*森を見る

よく射手座は、

「森を見て木を見ず」的で

細かいことにこだわらずに

全体像を見渡す広い視野を持っていると言われますが

このシンボルのフクロウも

森全体が見渡せるような高い木の上に止まっています。

物事の一部分や細部に気を取られて、全体を見失うことを

ことわざで、「木を見て森を見ず」と言いますが

細かな、どうでもいいことばかりが気にかかり、

組織全体や、

今後の方向について洞察できない場合に使用されたりします。

夜行動するフクロウの目的の一つは

餌を食べること。

一本の木にターゲットを絞り、集中して見張るのではなく

森全体を見渡し、生き物の気配を察知してハンティングします。

しかもフクロウの視野の範囲って広い。

人間と同じように正面を見据える目を持ってはいるんですが、

首がくるくる270度回るそうですからね。

自分の周囲を

グルリと見ることのできる視野を持っているんです。

高い木の上に止まっていれば

動かずとも

森の全体の様子が視覚情報として入ってくるんです。

射手座5度は

このようなフクロウの視野を手に入れます。

「木を見て森を見ず」にならず

森全体を見渡して

高い視野で物事を洞察することができるんです。

夜の暗い森であっても

全体を見渡せるフクロウのように

人間の心理面や無意識的な領域、

先行きが予測できないようなよく判らない状況を

まずは全体像から眺めてみる。

そうすることで

物事の本質を掴もうとするのです。

*真実を求める

このシンボルのフクロウのように、

森の様子全体を見渡すことができれば

自分に利益をもたらす情報を集めることが出来ます。

上空から襲ってくる天敵も

地上から襲ってくる天敵もすぐに判断できるし、

必要な餌も探すことができる。

「高い場所」という特等席に座り、

闇の中を見透かす視野で、森を制しているんです。

「フクロウ」はシンボル的には

「知恵」を示す生き物。

昼の情報も夜の情報も

全てを見渡すことが出来るから博識で、

その知識を生かして上手に生き延びていきます。

つまりは

この度数も、そんな広い視野で

情報を集めることが出来ます。

暗くて不鮮明な闇の部分でさえ

知ることが出来る力を持っているんです。

例えば

人が心に抱えている闇。

社会の闇や裏事情。

時事ニュースの裏に隠された、真の意味や

数々の陰謀。

表面的なことで判断するのではなく

裏面的なことも考慮に入れて物事を考え

正しい答えを探そうとするんです。

射手座は「真実」を求めますからね。

「隠された真実」を見極めるために

高い木の上にとまっているフクロウのように

事件の全体像を眺め

「この事件の背後では誰が得するのか?」

「お金の流れはどうなっているのか?」

「関与している組織は?」

なんて情報を見極めて

真実を探そうとするのです。

*夜のパトロール

また、

この度数の木の上にとまっているフクロウは

愛する森を守るために目を光らせているとも言えます。

いつも通りの正常な状態なのかを監視しているんです。

それと同じようにこの度数も

自分の周囲にある

不正や虚偽や危険を監視する目を持っています。

いつも通りの平和な状態か?

不審な動きはないか?

そんなものを感じ取れる敏感さを持っているんです。

自分や自分の身内に近づいてくるあらゆる脅威や

世の中の不正や虚偽をいち早く察知し

賢く立ち回ることが出来るんです。

つまりは

警官のような働きをする度数とも言えて

夜のパトロールなんてまさにこの度数的。

社会の発展や豊かさを求める射手座は

世の中が平和的に動いているかどうかを確認できる視野が必要なんです。

裏社会の暗躍で

平和な世界が壊されたら困りますからね。

正義感を発揮して、

世の中の不正を暴いていく力を持つのです。

ロゴ