Code no.187  天秤座7度 ヒヨコに餌をやり、鷹から守る女


code.No187

天秤座7度  「ヒヨコに餌をやり、鷹から守る女」

A woman feeding chickens and protecting them from the hawks.


理想の環境を壊すものを排除する・守りの人
🌟Keyword・エネルギー

「賢さ」「鋭さ」「保守的」「利口」「気配に気をくばる」「養育」「保護」「先読み」

img_3010

🌟7度 (活動宮)

*現実の仕組みに目を向ける度数

7度は対極にある物事の差を知る度数。

6度では、居心地のいい環境を生み出すことに成功しました。

7度では生み出した居心地のいい環境を乱すものから

その場の雰囲気を守るための知恵を働かせていくことになります。

🌟ドデカテモリー

・射手座

射手座の「正義感・道徳観」を利用して天秤座の価値観を形成していく。

🌟天秤座7度の可能性のある日付け

9月29日、30日、10月1日

🌟目指す方向性

・先手を打つような先読み能力と機敏さを発揮すること。

・周囲の状況を素早く察してどんなことにも対処できる空気を読める力を磨く。

・理想を壊すあらゆるものから自分の理想を守ること。

・空気を読み、誰も気づかない問題に気付くこと。

・先読みしてうまく立ち回る術、世渡り術を身につけること。

・パワーバランスの調整を図ること。

🌟この度数の人の特徴

・頭の回転が早い人。気を回せる人。

・メインMCのような気遣い力。

・慎重で用心深く抜け目がない。

・先回りして空気を読める人。鋭い人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・場の空気を乱す誰かの発言を、とっさに笑いに変えた時。

・「無理かも」なんていう否定的な心の声に打ち勝った時。

・ホスト役(おもてなし)で張り切っている時。

・心の平和を脅かす、誰かの発言や態度をうまくかわせた時。

🌟シンボル考察

*ホストの役割

6度から10度は、天秤座の視野を磨いていく体験領域。

天秤座特有の「空気を読むメガネ」を形成するために

空気を回す技を身につけていくんです。

その手始めの6度では

理想とする居心地のいい環境を作り出しました。

それは例えば

自分の家でホームパーティをすることになり

家をきれいに掃除して

みんなが喜ぶような料理を用意して

お友達が次々に集まってきた感じ。

「準備完了!理想通りになったわ。

あとはみんなで楽しいひと時を過ごしましょう。」

そんな状態が6度だとしたら

7度では

始まったパーティを最後まで楽しいものにするために

細かいところまで気を使うようなエネルギーになっています。

気の合う仲間だと言ってもみんなそれぞれ性格が違うし

その日のメンタルや体調の調子によっても、いつもと違うこともあるし

せっかく作り上げた理想的な環境も、

唐突に場の空気が悪くなることもあるわけで。

パーティのホストの役割として

場の空気が悪くなるものから、環境を守る。

それがこの度数の意味するところ。

ヒヨコのように、従順で素直で可愛らしいみんなの雰囲気を壊さないように。

タカは突然やってきて

ヒヨコ達をかっさらってしまいますからね。

パーティを壊すタカが来ないように

調和的な環境を守っているのです。

パーティを壊すタカとなる脅威は色々あります。

それは例えば

お料理がまずかったとか、お酒を切らしていたとか、

片付けるのを忘れて見られたくないものを見られたとか、自分の落ち度で起こることに始まり

誰かが失言を言って一触即発ムードになったとか

誰かが自己中心的な行為をして空気が悪くなったとか

誰かが予期せぬ怪我をして、みんなのテンションが下がったとか。

いつだって

どんなことも起こり得るわけですが

どんなことが起こっても

その場の調和を守っていくために頭を働かせる。

誰かの失言で気まずい雰囲気になったとしても

それを笑いに変えて場の空気を明るくしたりと

賢さや利口さを発揮していくんです。

*循環する風

天秤座は「風のサイン」。

風を操る「風使い」なのですが

どんな風を操るのかというと

循環する風を得意とします。

その場の空気を回すことで、

調和とバランスをもたらすんです。

よく名物司会者は

場を回すのが上手と言いますが、まさしくそれ。

有能なMCの人は、みんなに話をふるのが上手いし

イマイチ盛り上がりに欠ける話であったとしても

気の利くコメントを放ち、数倍面白いものにすることも出来るし、

そんなことをしながらも全体をよく観察し

発言が少ない人に対して、気を配って質問を投げかけたり、

輪に入れるような材料を放り投げたりと、

かなり頭を使う仕事なわけですが、

もし、その場の空気が見えるのであれば

MCが巻き起こす風が、

スタジオの中をものすごい勢いで、循環して渦巻いているのが見えるのかもしれません。

個性の違う人たちが集まる場において

理想とする調和的な環境を守りたいのであれば

自分が循環する風を巻き起こすことで、守ることができるのです。

循環する風が吹いていると、風に煽られて

タカの入る隙がないのです。

理想とする状態の均衡が崩れないように

常にパワーバランスの調整を図るのです。

*理想の種を守る

また、この度数のヒヨコは

自分が生んだ「理想」という捉え方も出来ます。

ヒヨコはニワトリになり

ニワトリは卵を産み、卵はまたヒヨコになり。

実りの循環を絶やさないように守っているんです。

このヒヨコは、自分の「理想の結晶」。

「将来こんなふうになりたい」という理想を

具体的に映像がはっきりと浮かぶくらいイメージ化したものを

6度では結晶と呼んだのですが、この結晶を守り抜く。

将来の理想を否定したり馬鹿にする誰かの辛辣な意見。

「そんなことやっぱり無理かな」なんて思うもう一人の自分の声。

夢をいとも簡単に諦めてしまう数々の妨害から、

イメージ化した結晶を守っているのです。

ヒヨコは生産的で「これから豊かさを与えてくれるもの」を。

タカは試練を与えることで「成長させてくれるもの」と捉えることも出来ます。

知恵を結集して

自分にとって大事なものを守っていくのです。