「完全マスター西洋占星術」


     「完全マスター西洋占星術」

          松村潔氏著   

もし

本格的に

占星術の勉強をしたいというのであれば

こちらの本がオススメです。

現在、

数多くの占星術の本が出版されていますが

この本が間違いなく有能だと思います。

とても分厚く(485ページ)

昔ながらの箱入り本。

ずっと大事にしていきたいと思わせる

丁寧な作りになっています。

占星術全体について書かれているので

初級の人も中級の人も上級の人も手放せない内容です。

しかしながら

超初心者の人は

膨大な情報量を目の前にして

「占星術って大変!」って思って

しょっぱなから挫けてしまうかもしれません。

なぜなら、私がそうだったからです。

難解でもあるので

頭がこんがらがってしまい

途中で放り投げたくなります。

しかし

ある程度理解出来るようになると

大事なことがたくさん書かれていることに気付き

何度も何度も読み返せる内容です。

ライトな占星術の本が多いなか

この本は

しっかりと大事なところを網羅した

「占星術の教科書」と言っていいでしょう。

そもそもですね。

占星術って

そう簡単にマスター出来るものではありません。

私もスクールを出れば

占星術師として活躍が出来るくらいになるだろうなんて思ってましたが、ムリムリ。

1年半ほど通ったのに

疑問点はつきませんでした。

たかだか占いと思うかもしれませんが

中世までは、占星術は天文学と同じジャンルの学問だったわけですから、

それなりに難解なのです。

もし「アストロロジー大学」なんてものが日本に出来るのであれば

4年制としてみっちり勉強しないとならないんじゃないかって思うくらいの学問なのです。

そんな「アストロロジー大学」があったのであれば

間違いなくこの本は教科書として取り上げられることでしょう。

プログレスの太陽と月や、トランジットまで、基本的なことはちゃんと抑えてあります。

ある程度占星術が面白くなってきて

なおかつもっと知りたいという方は是非、手元に置いておきたい一冊。

何度読み返しても新しい発見があるので面白いですよ!