牡牛座の季節「2020年・新月(4/23)〜満月(5/7)サビアンシンボル」 動画解説


2020年 牡牛座の季節

新月の課題と満月の教え

動画アップしました

*春が盛る

4月20日からは、春の心地良い気候を維持して

生き物の成長を促す牡牛座の季節がやってきます。

暑くもなく寒くもなくちょうどいい気候の中、花々は咲き世界が色に溢れ

通常ならゴールデンウイークも牡牛座の季節内のイベントなので

観光や娯楽など、楽しいイベントで盛り沢山の季節ですよね。

牡牛座を支配するのは「金星」ですが

「金星」が世界に美や喜び、快楽を振りまいていくような季節になります。

そんな牡牛座の季節の今年の新月は、4月23日の木曜日。

牡牛座4度「虹のたもとの金の壺」というシンボルで起こります。

そこで発芽した種が満ちる満月は

新月から2週間後の5月7日の木曜日。

蠍座18度「豪華な秋色の森」というシンボルで満月になります。

今年の牡牛座の季節の課題(新月)と

牡牛座の季節の教訓(満月)。

牡牛座の季節の新月満月が示す「サビアンの教え」に焦点を定めた動画を作りました。

お時間がありましたら是非どうぞ。

牡牛座の季節

サビアンシンボル新月満月まとめ

牡牛座の新月〜満月までの期間は

自分の物欲を満たしたり

五感で世界を捉えて、美しい春を実感していきましょう!!

行きすぎた牡牛座的な側面は満月の日以降、調整していくことになります。

4月23日 牡牛座4度の新月の課題

「肉体で現実を認識することで、財をなす金の壺を見つけることができる。」

現実認識力を高めるために

五感で世界を捉えていくのが

今年の牡牛座の新月の課題です。

5月7日 蠍座18度の満月の教え

「物やお金で自分を変えることもできるけど

内面にある潜在的なパワーで自分を変える方が

確実に強い自分に生まれ変わることができる。」

牡牛座は、お金や物の力、地道な努力をすることで理想的な自分を手に入れますが、蠍座は、感情で自分の内面を激しく揺すぶって揺すぶって本質から強い自分に生まれ変わるサインです。

牡牛座が行きすぎてしまうと「貪欲、強欲、所有欲の強さ」として現れるので、その行き過ぎを防ぐために蠍座の資質を取り入れて満月の時にバランスを図るのが蠍座の満月です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする