サビアンシンボル講座 第一弾 〜魚座編〜


2019年

〜サビアンシンボル講座スタート〜

(普遍的な人生の書)

魚座編

(命の種としての成長段階・地上とは違う次元で生きていた頃の私)

〜信じる力で御魂磨きをする季節〜

キャンセル待ちです

サビアンシンボル講座〜概要〜

1年を通して1ヶ月に一度。

サビアンシンボル講座を始めます。

講座の始まりは魚座から。

2時間半かけて「魚座」と呼ばれる事柄の本質を学んでいきます。

毎年、2月19日頃から3月21日頃までが「魚座の季節」で

空を進む太陽が、魚座の30度の領域を1日に約1度ずつ移動していく時期。

つまりは約30日かけて

魚座のエネルギーを地上に投げかけて

魚座的な成長を促していく時期です。

牡羊座1度から始まる春分の日は占星術の新年で

そこから講座をスタートしようと思っていたのですが

牡羊座1度のスタートを勢い良く始めるためには

魚座のドラマティックな流れを知っておくとより楽しめる。

ということで

魚座の季節に入る前に「サビアンシンボル講座〜魚座編〜」を始めることにしました。

なんてたって「魚座」の領域っていうのは

生まれる前の成長段階を示したものですからね。

命の種として土の中や子宮の中でゆっくり成長して

新しい世界に次元上昇するかのように飛び出てくるまでが魚座の成長ストーリー。

私達が子宮の中で過ごしていた頃に使用していたエネルギーを魚座と呼び

その頃に使用していたエネルギーを

大人になった現在でも多用していくのが魚座に惑星がある人達で

魚座に惑星がない人であっても

ハウスを通して、魚座のエネルギーを使用していくことになります。

つまりは誰もが持っている「魚座のエネルギー」を

魚座のエネルギーが降り注ぐ魚座の季節の時期に体感していく。

そうすることで

自分の中の「魚座のエネルギー」を活性化させていくことができます。

また、

毎日約1度ずつ移動する太陽の光を通して

春めいてくる自然のリズムや自然界の成長を感じていくことで

この新しい1年を、新鮮な目で捉えることもできます。

自然の成長と共に自分の内面も成長させていく。

その始まりは魚座から。

魚座の最後を締める26度から30度は

地上に生まれるカウントダウンの度数ですからね。

つまりは太陽が魚座26度から30度の位置になる

3月15日〜3月21日の期間っていうのは

自然界は新しい誕生のカウントダウンムードで彩られた時期ということになります。

そして

3月21日の春分の日に新しい次元上昇を果たし

新しい成長のサイクルが始まります。

そんな

新しい成長のサイクルを

自然のリズムと共に体験できるのがデイリーサビアンシンボルだし

それを深めていくことで

占星術のリーディングにも役立ちます。

また、二十四節気や七十二候との関連性についても

お話しようと思っています。

ちなみに上の二十四節気の図で言えば

魚座1度の「雨水」、魚座16度で「啓蟄」

そして、牡羊座1度で「春分」になる日までが魚座ということになりますね。

これにさらに七十二候も当てはめることができるので

日本の暦についても一緒に学べることができます。

このサビアンシンボル講座のために

新しい教材もご用意しました。

32ページのA4サイズの「魚座サビアンブック」になっております。

なかなか見やすくて可愛い資料になっておりまして

魚座の季節の暦として、一生、使用することもできるし

また、

魚座領域の占星術リーディングにも役立つはずです。

占星術で使用する12サインを

サビアンシンボルで読んでいくと

そこには壮大な成長の物語を読み取ることができます。

そこに示されている内容は

占星術という枠組みを超えて

「普遍的な人生の書」というべきようなものが描かれています。

このゾディアックホイールが示す「人生の書」は

あらゆる側面を網羅しているのでとても面白いですよ。

というわけで

「人生の書」の解読のスタートは魚座から。

こちらの「魚座サビアンブック」を材料にして

魚座の本質を学んでいきましょう。

2019年2月13日

(水曜日)

13:15~15:45

(2時間30分)

参加費

6000円 (テキスト代込み・当日)

 定員:18名

キャンセル待ち状態です

資料参加有り(詳しくはせさみずさんにお問い合わせください)

場所:銀座アントレサロン・セミナールーム

お申し込みは

こちらからお願いします。

・「おーぷん・ざ・せさみず」お問い合わせフォーム

ご質問等は

すたくろのサイトでお受付しますね。

・すたくろ・お問い合わせページ

本年もよろしくお願いします!

素敵な1年にしていきましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする