「すたくろ」

スター・クロック・ワーク

〜サビアン占星術&西洋占星術〜

img_2719-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

学ぶ

*サビアンシンボルと西洋占星術についての情報を発信していきます。

占星術を学ぶことは、人生を知ること。人間を知ること。

また、サビアンシンボルが示す「360個の教え」は普遍的な自然の法則です。

占星術を学ぶことで、「この世界の秘密」に少し近づくことが出来るのです。

知る

*自分の天体のサビアンシンボルを知ることで、人生の方向性を探る。

私たちは誰もが10枚のカードを持っています。

恋愛なら「金星」のカードを。 人生の方向性に迷ったら「太陽」のカードを。

やる気がなくなったら「火星」のカードを。

切り札として「天王星」のカードを使用することもあるし、

底力として「冥王星」のカードを使用することもある。

占星術で使用する基本的な10個の天体を、臨機応変に使用していくことで

自分に与えられた能力を最大限に発揮することが出来ます。

サビアン占星術は「人生を切り開くためのカード」を知るための道具なのです。

*ホロスコープを読むことで、自分のことを知る。

ホロスコープは、生まれた時に私たちに与えられた「星の時計」。

その「星の時計」は生まれた瞬間にカチカチと動き出し、私たちの人生が始まります。

「星の時計」は各個人、全く違う時計を持っていて、

そこには、生まれてくる前に自分で計画した「人生の予定」が刻み込まれています。

「こんな人生を過ごしたい!だから、〜な性格を身につけて、〜なふうにしたい!」

という願いを込めた文字盤がホロスコープ。

ホロスコープを知ることは、自分の人生の予定を知ること。

「自分を知る」ための客観的な最高のツールとなんです。

楽しむ

*毎日の星の動きを知り、取り入れることで、新鮮な気持ちで過ごす。

例えば、毎日の太陽の動きを追うことで

今日という日がどのようなエネルギーを帯びた1日なのかを知ることができます。

それを、「太陽からのクエスト」ということにして、

太陽のエネルギーと同調するために意識を向けていけば、

ルーティンな日常も少しは違ったものになるし、ちょっとした楽しみを見出せます。

また、365日、1年通して行えば、

360個のゾディアック・エネルギーを全部体験できます。

全部体験出来ると、「いろんな考え方がある、いろんな体験がある」ということに気づき、

自分の丸い器が少しずつ大きくなっていきます。

器の大きな人間性を掴めるのです。

*四季を感じる。

また、太陽の動きは、四季を作り出します。

日本の旧暦には二十四節気という優れた暦がありますが

それと同じように、サビアンシンボルの示す360のエネルギーは

四季を形成していくエネルギーです。

「太陽の暦」として、取り入れることで、自然の法則、自然の潮流を

敏感にキャッチできるようになります。

四季を感じることで、1年を、実り豊かなものに出来るのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする