覚醒 2018.2/9~2/13


2018年2月9日〜2月13日

   水瓶座第5章(21度〜25度)

*太陽の暦(サビアンシンボル) 日の出時間*東京
日の出時間 ディグリー サビアンシンボル
2月9日 6:34 水瓶座21度 絶望し幻滅した女
10日 6:33 水瓶座22度 子供たちが遊ぶために床にひかれた布
11日 6:32 水瓶座23度 座ってすべての手足を振っている大きな熊
12日 6:31 水瓶座24度 情熱にまかせ背を向け自分の経験により教えている男
13日 6:30 水瓶座25度 右の羽がより完全に形成されている蝶

*覚醒エネルギー

水瓶座21度から25度に位置する太陽は

私たちに「覚醒」をもたらしてくれます。

真冬の盛りの終わりを目の前にして

去年の今頃の私たちよりも

一段階成長した刻印が押されるのです。

*キーワード

・心を整える

・環境を整える

・理性が主人

・主体性

・進化

*自分を統合する

冬の盛りの水瓶座と

夏の盛りの獅子座は

「自分を統合する」サイン。

獅子座が

自分の心の欲求と

行動を一致させて

自分を統合していくのに対して

水瓶座は

心の欲求に合わせるのではなく

自分の目標を達成するために必要な行動を

自らの意志で選択していくことで

自分を統合していきます。

つまりは

獅子座が

自分のワクワクすることを

素直に行動に移していくのに対して

水瓶座は

自分の理念や理想を一番に掲げて

その理想が遠のくような

心のワガママな欲求を

コントロールしたり利用したりするということ。

獅子座が

自分の心のワクワクに主導権を持たせるのであれば

水瓶座は

自分の理性に主導権を持たせる。

自分の人生を

自分の望むような世界に創造していくには

獅子座の自己統合がとても効果的だけど

自分が生きてきたこの世界全体を

もっとより良いものへと改革していくには

水瓶座の自己統合が効果的。

抗い難い

様々な心の欲求や本能的な衝動。

そのようなものを

自分の意志力で従えていくんです。

本能的な衝動なんて

まー本能的な働きなわけですから

なかなか自分の言うことを聞いてくれなかったりするんだけど

その衝動が

自分の理念や理想を台無しにするかどうかを

一瞬のうちに見極め

台無しにするようであれば

理性で制し

まー大丈夫だろうということであれば

衝動の声を優先させてあげるというふうに

自在に操れるようになるんです。

つまり

感情や本能の力に振り回されない。

自分の中にある

感情のザワザワや怒り喜び、

衝動的な熱い思いなども

データに変換し情報として捉え

メリットデメリットを考えて行動に移していく。

そうすることで

肉体に囚われた人間の

様々な葛藤を統合していくのが水瓶座です。

獅子座が

ハートにセンタリングするのであれば

水瓶座は

頭頂部を中心にするみたいな感じ。

肉体のセンターにあるハートを中心に据えると

内側からジワーっと

体の隅々まで影響を与えていく力が生まれますが

頭頂部を中心に据えると

頭のてっぺんから

肉体全体に指令を出して自分を統合していくことができます。

頭のてっぺんに意識があると

見晴らしがいいもんですから

自分の本能的な欲求や

感情のざわつきがなぜに起こるのか?

なんてことも全てよく見えるので

正体をよく理解した上で

対策を練ることができるようになるんです。

地球上で

知性を獲得した人間が

進化の上位にいるのであれば

人間よりも賢い人工知能は

さらに上位になってしまう可能性を秘めてるわけで

これからの未来

どんなふうに変わっていくのかは判りませんが

なぜに人工知能が凄いのかといえば

主観や感情的な判断を混ぜることなく

客観的なデータのみで答えを導き出せるから。

だからこそ

人工知能が導き出す答えを

人々は「正しい意見」として参考にすることができるわけですが

水瓶座は

その人工知能的な脳の働きを

自らの意志力で手に入れるサインと言えます。

感情や主観的な判断で

本質を見失わないようにと

知性や理性で統合していくのです。

つまりは

人間の最も進化した状態の脳を

手に入れるとも言えますよね。

サビアンシンボルの教えによれば

人間の最終的な成長段階はそこ。

肉体の働きを制する理性を身につけることで

完璧な成長を遂げることができるのです。

*日にち別エネルギー

・2月9日 水瓶座21度
絶望し幻滅した女

*心を整える

絶望し幻滅した女という

あまり喜ばしくないタイトルになってるシンボルですが

21度はどのサインも

成熟した手腕を発揮して

積極的に目標を掴み取りに行く度数。

鏡のサインの獅子座の21度は

「興奮した鶏」のシンボルで

意欲を半端なく燃やして積極的に勝ち取りにいくのに対して

水瓶座21度は

冷静に静かにターゲットを狙って

確実に勝ち取りに行きます。

その姿は

まるで「進撃の巨人」のヒロイン、ミカサのよう。

ミカサの目的は

主人公エレンを守ること。

目的がハッキリしているので

行動にブレがなく

エレンを守るために「今、自分ができる役割」を

自ら考え

自らの意志で選び取り行動することができます。

「守る」のが目的なので

恋愛関係に持っていくような策略を練るわけでもなく

自分の中の女性性を封じ込め

エレンを背後から守る戦士になるのです。

目的がハッキリしていると

今、自分が何をすべきかを

明確に導きやすくなります。

つまりは

心が整っている。

やるべきことが整理されている。

確かに

やるべきことが整理されていないと

不測の事態が起こった時

パニックになって

どうしたらいいか判らなくなったりしますが

やるべきことが整理されてれば

不測の事態が起こったとしても

目的に適うことを選んでいけばいいわけですから

慌てることなく

冷静に物事を判断することができます。

水瓶座は

頭を使用して物事を達成していきますから

頭の回転を素早く維持するためにも

冷静さが必要。

冷静さを保つためには

心を整理し

目的を明確にしていくことが大事。

目的という

はるか遠くにある一点を視野に入れて

そこまでに至る有効な道筋を描き

「ちょっとパンケーキでも食べてからにしよう」

なんて寄り道をするんじゃなく

まっすぐに

素早く移動していくのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「心を整理する!」

心を整理するために

とりあえずは

「自分の目的」を明確にしてみましょう。

ミカサが「エレンを守るのが私の役割」という

シンプルな目的を持っているように

できるだけシンプルで判りやすい目的を導き出すんです。

「家族を守るのが私の役割」という人もいるでしょうし

「豊かな未来を作るのが私の役割」という人もいるでしょう。

自分が何をするべきか?という役割が明確なら

それを軸にして

自分の行動を選択していけばいいわけで

余計なものが排除されて

心がスッキリ整理されますよね。

目的や役割なんて

なかなか思いつかなくて

考え出すのに手間がかかるかもしれないけど

はじめに明確にしておくことで

スピーディに事が運びます。

それは例えば

「今日の目的」という形で行う事も出来て

「今日は〜まで完成させるのが私の目的」と設定したのなら

あとは

その役割に集中して達成すればいいだけで

水瓶座は

いたってシンプルに物事を達成していく事ができるんです。

「まだ終わってないけど、もう辞めてゆっくりしよう!」

なんていう

自分の心の欲求の声を

理性でデーター化して

消滅させる事ができるようになった水瓶座21度は

無理と思われるような目標も

どんどん達成していくことができるようになるのです。

・2月10日  水瓶座22度
子供たちが遊ぶために床にひかれた布

*環境を整える

例えば

ロボットに自我が芽生え

感情やら主観やらがあるとしたら

指示したとしても

「今日はそんな気分じゃない」とか言って

思うように動いてくれなくなるかもしれません。

水瓶座は

この「今日はそんな気分じゃない」とかいう

感情や気分に支配されやすい人間の性質を

よく理解していて

それが「良い悪い」じゃなく

人間だから当たり前だとも思っていて

そんな思いが湧いてきたとしたら

「人間の持つ快楽欲求が顔を出したな」

自分の心の欲求の正体を暴くことで

それを大人しくさせることができます。

21度においては

そんなやり方で

自分の中にある

感情や気分に支配されやすい子供っぽい欲求を消滅させたのですが

22度では

違うやり方で

心の声を手懐ける。

21度では

心を整え目標に集中しましたが

22度では

環境を整え目標に集中する。

快適な環境の中で

仕事をすることで

心の子供達を安心させるんです。

例えば

家で仕事がはかどらないからと

カフェで仕事をするなんて行為は

この度数的。

家にいたら

心の欲求に負けて

ダラダラしてしまいそうなところ

カフェに行けば

寝転がりたくても出来ないし

とりあえずは椅子に座って仕事モードに入ることができます。

途中でお腹が空いたら

美味しいスイーツでも頼めばいいし

心の子供達も満足しますよね。

ノマドワーカーの人たちは

カフェやらコワーキングオフィスで仕事をする方が多いけど

動機としては

家でやるよりも

気分が変わって集中できるというのが大きいようです。

ノマドワーカーという新しい働き方は

水瓶座的ですからね。

個人で仕事をしているのであれば

完全に自己責任の世界なので

自分を管理していかなきゃなりません。

ラクや快適さを求める心の声に従ってばかりいたんじゃ

仕事にならず生活できなくなってしまいます。

21度の方法で

自分を律することもできるけど

22度の方法は

快適さを求める心の声を聞き入れつつ

仕事をしていく環境を自ら作る。

そうすることで

満足度の高い日々を送ることができるのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「環境を整える!」

カフェで仕事する機会がないとしても

家の中や

いろんな書類や文具など

スッキリ明確に整理することで

仕事や勉強をしやすい環境を作ることができます。

家で仕事や勉強をする機会がないとしても

どこに何があるのかすぐに判る

スッキリ整理された環境を維持できるのなら

家事や雑用をするにしても

スピーディにこなしていくことができます。

だいたい

どこに何があるか判らない状態だと

探しているうちに嫌になっちゃって

「もう面倒くさい。

そんなの後回しにしてダラダラしよう」

というような

快楽を求める心の欲求が騒ぎ出すんだけども

すぐに探せるのであれば

そんな欲求の声が付け入る隙がなくなります。

環境を整えて

物事を明確な状態にしておけば

心の子供達も快適で

ワガママを言うこともない。

安心して

心の自分の居場所で

遊んでいてくれるようになるのです。

・2月11日  水瓶座23度

座ってすべての手足を振っている大きな熊

*いざ「本能の間」へ

そんなこんなで

自分の心の欲求の声を

完璧に手懐けれるようになるのが水瓶座23度。

「手足を全てブラブラ振ってごらんなさい」

という

いささか無茶な要望を聞き入れてくれるほど

本能のクマは

ご主人様に懐きました。

つまりは

主体性を持つ

主人公である自分の言うことを

心の声達が聞いてくれるようになった。

主人公である自分と

本能的欲求や子供っぽい感情の間に

主従関係が出来上がったんです。

23度は

21度の「心を整える方法」と

22度の「環境を整える方法」の二つを

臨機応変に使用することができるので

抜かりなく自分を統合することができます。

どんな状況においても

本能的な欲求や

わがままな感情を

理性の力で鎮めることができるようになったんです。

私たちの本能的な欲求っていうのは

「生きていきたい!この世界に在りたい!」という

生存欲求からくるもので

それは、動物達も持っているわけですが

そんな肉体に備わった機能を

自分の意志力で管理していくなんて

とても難しいことなんだけれども

俯瞰的な視野で物事を捉えるのが当たり前の

水瓶座の視点を持てば

それは不可能なことではなくて

「理性」という人間だけが持ち得る力で鎮めることができるというんです。

そのようなことが出来る人っていうのは

自分の感情や本能的な衝動にうろたえることなく

冷静にデータ化し

それを取り入れることで

将来的に起こり得ることを脳内で素早く検索し

自分に取ってメリットがあるようなら取り入れるし

デメリットがあるのなら鎮めていくという

感情や本能的衝動すら利用して

人生を創造していく力を発揮することができます。

大きくて強いクマは

心の欲求のラスボスみたいなもんで

そのラスボスさえも

理性の力でイチコロにする力を発揮するのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「ラスボスとご対面」。

自分の心の中に住む

ラスボスが住む「本能的欲求の間」の扉を開けてみましょう。

扉を開ける鍵がないと

開かないかもしれないけど

水瓶座の領域を体験してきたのならきっと鍵は持っているはず。

そのラスボスには12種類のラスボスがいて

どのラスボスなのかは人それぞれ違うんだけど

ラスボスの種類は

自分のホロスコープの火星のサインが教えてくれます。

(火星のサイン)

牡羊座=牡羊、猪、犬

牡牛座=牡牛、リス

双子座=インコ、小鳥

蟹座=蟹、アルマジロ

獅子座=ライオン

乙女座=猿、ゴリラ

天秤座=渡り鳥

蠍座=蠍、ワニ、蛇

射手座=馬、狼

山羊座=山羊、象

水瓶座=猛禽類

魚座=ホイミスライム

これらの動物の姿をしたラスボスが

自分の中にいるとイメージするのなら

脳内でご対面しやすいのではないかな。

魚座だけ

ドラクエのモンスターの名前になってしまいましたが

あくまでもイメージということで消化してくださるとありがたい。

私の場合だと

火星は天秤座なので

巨大なカモが「本能の間」に住んでいるってことになりますね。

重い扉を開け

「本能の間」に住んでいる巨大カモさんに

私があなたの主人ですよと告げる。

主人として

なでなでして可愛がってあげたり

一緒に遊んであげたりしてもいい。

きっと

ひっくり返って喜んでくれるはずです。

ラスボスと思っていた強大な敵は

実はとても可愛いペットだった。

そんなふうに思えるのであれば

もう二人は仲良し。

本能的な衝動を

可愛いペットの声としてデータ化し

利用していくことができるようになるのです。

・2月12日  水瓶座24度
情熱にまかせ背を向け自分の経験により教えている男

*真の主体性

本能のラスボスと

すっかり仲良くなった人には

穏やかな空気が心に訪れます。

「もう、ありのままの自分でいても大丈夫なんだ」

という思いが安心感をもたらし

全てを達観したような

静謐な静けさの中に包まれるんです。

私たちは

意欲や情熱を燃やしたり

感情を揺さぶったりすることで

行動していくエネルギーを生産していくのですが

水瓶座24度の場合は

そのようなものをエネルギー源にしなくても

自分の理性と意志力のみで

行動に繋がるエネルギーを生産できるようになりました。

情熱や感情の力を借りて

行動力にするというのは

肉体の本能的な機能に支配権を譲っているようなものなので

水瓶座は

その支配権を

人生の主人公である自分が手に入れるために

自分の意志力と理性で行動できるように訓練し

24度でその力が完成したのです。

要するに

とてもクールでかっこいい。

熱くなることなく

物事をスイスイとあっという間に達成してしまう。

感情的で熱い議論が飛び交う場に参加することになっても

その熱に感化されることなく

達観した穏やかな表情で

的確な意見をただ淡々と冷静に告げていく。

白熱した議論の場にそういう人がいると

「やる気が足りない」

みたいに受け取られこともあるけど

冷静に穏やかに的確な鋭い意見を述べるのであれば

周囲の熱くなってる人がその姿勢に感化され

冷静さを取り戻し

建設的に話を進めていくことができるようにもなります。

水瓶座24度は

そんなふうに

冷静で穏やかな姿勢をありのままの自分とし

どんな状況においても

その姿勢を崩さないことで

他者に影響を与えることができます。

その冷静な姿勢は

他者の感情を逆なですることもあるけど

それでも自分の姿勢を崩さないことで

相手もだんだんと冷静さを取り戻し

感情じゃなく理論的に会話をするというモードにさせることができます。

炎じゃなくて

冷静な理性で

他者に影響を与えていくのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「主体性を発揮する!」

「主体性」とは

自分の頭で考え

自分で適切な答えを選び取り実行していくことです。

「主体性を持って行動する」ということは

自分で状況を判断して

自らの責任で最も効果的な行動をとるということです。

主体性のある人は

まず「目的」を明確にして

「目的」から逆算して

「今」必要なことを考え出すことができます。

それは

ゼロから1を創り上げる力でもあって

そんな思考力を

「デザイン思考」なんて呼ぶみたいですが

このような思考力を使用していくことで

主体性が発揮され

自分の人生を

目的から逆算してデザインしていけるようになります。

つまりは

自分の人生をデザインするクリエイターになれる。

水瓶座の鏡のサインの獅子座も

自分の人生のクリエイターとして生きていきますが

獅子座の場合は

情熱や意欲という

内的な炎をエネルギー源にしています。

炎が燃え盛っているので視野は狭くなりますが

そうすることで

「今、自分がワクワクすること」に集中し

それを積み重ねていくことで

自分が「素晴らしい」と思えるような

主観的なものを創造することができます。

反対に水瓶座の場合は

冷たい風を利用して

頭を冷静に維持し

視野を広くすることで目的を見極めてから

逆算して

「今必要なこと」を選び取り

無駄なく順序立てて組み上げていくことで

自分の理想を創造していきます。

視野を曇らす炎がないので

主観的にならず

他者や国家、地球など

物事の全体を踏まえて

より良い未来を創造していく力を持っているんです。

獅子座的主人公が

生命力の力で意志力を発揮するのなら

水瓶座的主人公は

理性の力で意志力を発揮する。

そうすることで

理想的な世界を

自らの意志で創造していけるようになるのです。

・2月13日 水瓶座25度
右の羽がより完全に形成されている蝶

*進化

人間も所詮動物だから

感情や本能的な働きはとっても大事なんだけど

水瓶座は

物事に「進化」を呼び込むサイン。

人間が他の動物と違うのは

「知性」をもたらす大脳新皮質が発達したからなんだけど

水瓶座25度においては

新しい神経回路が繋がって

さらに進化した脳に発達した様子が示されています。

見方によっては「蝶」って

脳の形と似ていますよね。

脳も

蝶の羽と同じように

右脳と左脳という二つの羽を持っています。

スポーツジムで

毎日トレーニングすることで

筋肉が盛り上がってくるように

水瓶座も

普段から俯瞰的な視野で主体性を発揮することで

脳が盛り上がってきたみたいなイメージ。

人間の進化が

脳の発達のお陰なのなら

脳を活用して

新たな領域が開発されたのなら

それは

それまでの脳よりも「進化」したということ。

パソコン機能や人工知能に

新しい性能が加わって

さらに賢くなるように

私たちの脳も

水瓶座的な思考回路を使用していると

アップグレードしていくと言えるし

冬の盛りの

頭が冴え渡るこの季節に

毎年

アップグレードされているとも言えたりします。

そうやって

私たちはどんどん進化することができるのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「脳の進化!」

つまり

今日は、脳がアップグレードする日です。

暑さをもたらす真夏の太陽と違って

真冬の太陽は

私たちに暖かさや安らぎをもたらしてくれますが

その太陽の光を身体中に浴びて

「今年も無事、進化することができました。ありがとう!」

みたいなことをつぶやき

感謝していきましょう。

進化してるかどうかは

実際のところ判らないけど

進化したテイで感謝するなら

きっと脳がそれに反応して勝手に

自動アップグレードしてくれるはず。

グレゴリオ暦的には

まだ新年が始まり間もない2月ですが

占星術の暦的には

春分のニューイヤーに向かって

着々と準備を進めていく季節です。

去年の春分の日から創り上げてきた世界を終わらせるために

去年の今頃よりも

一段階、進化した土壌を形成し

次の春に生まれてくる生命の役に立つのです。

自然界がそうなら

人間も同じこと。

次の世代のために

新しく進化したものを置き土産にして

自分の世界を終わらせる。

そうやって

生き物は

次世代のためにと

新しい土壌を用意して世界を受け渡していく。

完璧に調和の取れた

循環型のサイクルの中で生きていくのです。