活躍 2018.1/1~1/5


2018年1月1日〜1月5日

   山羊座第3章(11度〜15度)

*太陽の暦(サビアンシンボル) 日の出時間*東京
日の出時間 ディグリー サビアンシンボル
1月1日 6:51 山羊座11度 キジの大きな群
2日 6:51 山羊座12度 講義をする自然の学徒
3日 6:51 山羊座13度 火の崇拝者
4日 6:51 山羊座14度 花崗岩に刻まれた古代の浮き彫り
5日 6:51 山羊座15度 病院の子供病棟にあるたくさんのおもちゃ

*まっすぐなエネルギー

年始を迎える

山羊座11度から15度に位置する太陽は

今年1年の始まりを飾るのにふさわしい

意欲的で積極的なエネルギーが流れてきています。

目標に向かって

まっすぐに向かっていくために

地道な努力を厭わない

忍耐強いエネルギーです。

*キーワード

・リセット

・自然の法則

・善き世界

・礎

・思考力と行動力

*ウェルカム2018!

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします。

ということで

2018年がやってきました。

占星術における新年は

2018年の春分の日になりますが

グレゴリオ暦の新年ってことで

こうやって

新しい気持ちになれる新年システムって

いいですよね。

「よし、今年からちゃんとやろう!」

なんて区切りをつけることができるわけだし

だとしても

毎年、

そう思うのは最初だけで

いつの間にか

その新年テンションもどっかに行ってしまったりするわけですが

今年こそは

新年に立てた誓いを嘘にすることなく

1年を構築していきたいなーなんて

毎年、思ってたりもします。

そんな新年の太陽の位置は

毎年、

山羊座11度から15度という

「社会での活躍」という資質が躍動する領域。

目標に向かって地道に努力する忍耐強さを発揮し

社会の礎を作る

「プロジェクトX」に出てくる人達のような

力強さを持つ度数領域です。

仲間と力を合わせて

大きな建築物とかを作り上げていくとき、

この度数領域のエネルギーを使用していきます。

なので

大きな大聖堂や橋。

ダムや鉄道なんてものが完成したのは

すべてこの度数領域のエネルギーが働いたから。

なんて感じで

大きな建築物を眺めると

山羊座というものの本質が理解できるかもしれません。

私たちは

誰もが「山羊座という力」を利用することができて

それを発揮することで

社会を繁栄させてきたのです。

ところで

初日の出は見に行かれますでしょうか?

もし見に行くのだとしたら

「初日の出として登ってくる太陽の位置」が

地球から見て

「山羊座11度の位置だ」ということになります。

これが

毎日の太陽のサビアンシンボル。

太陽は

いつでも同じ位置にいるわけじゃなく

毎日、1度ずつ移動して

占星術の新年の春分の日になると

牡羊座1度という位置まで移動していくことになります。

牡羊座というのは

「命が芽生える」とき。

赤ちゃんとして生まれてからのスタートが

占星術的な視点でのスタートになりますが

山羊座というのは

「社会の一員として豊かな社会を作る」までに

成長した大人意識を持った大人の段階。

社会を構築して

生きてきた人類にとっては

社会を繁栄させることは大事なことで

そんなエネルギーを反映させる

山羊座の太陽の時に

グレゴリオ暦の新年を迎えることになるのは

理に適っているような気がします。

「よーし今年も頑張るぞー」って

何を頑張るのかって言ったら仕事だったり勉強だったりするわけで

勉強だって

社会で役立たせるためにするもんだし

家事だって

自分の家をきれいにすると共に

地域社会の景観や秩序を維持することになるし

つまりは

「よーし今年も社会で活躍するために頑張るぞー」と

言ってるようなもので

地球上の人が

そんなふうに

新年を迎えるわけだから

地球上が

山羊座的なエネルギーで溢れていると

捉えることができるんです。

責任感や賢明さを引き出して

大人意識を持った自分として

改めて生まれ変わる時なのです。

*日にち別エネルギー

・1月1日 山羊座11度
キジの大きな群

*リセット

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!

ということで

2018年という新しい年の幕開けです。

いつだって

1月は

「今年こそは絶対に〜をしたい!」なんて

希望に燃えていたりするんだけども

2月、3月とあっという間に過ぎ去る時間の中、

いつもの日常のペースに巻き込まれ

結果

通年通り

何も出来ずに季節が流れるなんてことがありますが

とにもかくにも

国家ぐるみの

「年越し」というリセットイベントのお陰で

お正月は誰もが

フレッシュな気持ちになることができます。

「今年の目標」なんてことを

考え掲げるいい機会でもあり、

自己実現のための

モチベーションを高めるのにも最適。

そうやって考えると

お正月っていうのは

なかなか合理的な仕組みになってるもんですね。

今は「平成」で

もうすぐ

新しい元号が発表されると言われてますが

新天皇の即位時に

「新しい元号に変わる」と取り決めされたのは

明治時代以降からで

それまでは

新天皇即位時以外にも、

天災や国家の混乱のようなことが起こった時に

新しい元号に変えるという取り決めがあったそうです。

悪い流れをリセットして

流れを変えるという効果もあるし

「気分も新たに頑張ろう!」って

国民の意欲を高める効果もあったからです。

スポーツを見てても

悪い流れの時間帯ってあるけど

その流れを変えて

良い流れに持っていくことが

勝敗に大きく影響しますよね。

悪い流れから

良い流れに変えるには

ハーフタイムを迎えたとか、1点取ったとか、

なんらかの刺激が必要で

そうすることで

選手の意欲や集中力が戻り

意気揚々とした良い流れに転換できます。

お正月っていうのも

そんな効果を持つ

意図的に作られたリセットポイント。

「去年はあまり良くなかったけど

今年は良い1年になりますように!」

みたいに

運気の流れを良い方向へ持っていくために

初詣で祈り

固くお願いしたりもします。

祈ることで得られるのは

「良い1年にしたい!」という明確な決意。

神様の前で誓ったその言葉を

嘘にしないように

責任を持って

良い1年にするために努力する。

良い1年にするために

覚悟を持って

やれるだけのことは精一杯やる。

現役の神職の方のお話によりますと、

儀式やお祈りは

神任せにするためのものじゃなく

神様に対して誓った言葉を

嘘にしないように覚悟を持って挑むための

誓いの場だとおっしゃってました。

「良い1年になりますように!」

という祈りの言葉は

「良い1年を過ごしたい!」という

自分個人の願いから生まれる言葉で

「良い1年を過ごすために

自分も頑張るから

神様、見守ってくださいね」という意味合いになるので

だとするなら

「自分も頑張る」のが大前提。

神様は

頑張ってるその人を

力づけして手助けしてくれる

「うまくいくように見守る役割」を任されたことになります。

決意表明の場として

祈ることで

意識がアップグレードされて

やる気満々になり

目的を果たすために

意欲的に活動していける自分になれるのです。

山羊座11度は

目的を果たすために

やる気満々で

意欲的に活動していく力を持っているので

エリート的な資質を発揮する度数です。

お正月の誓いで

今年に対する意欲が湧き上がるのと同じように

山羊座11度も

目標に対して意欲を持って挑むことができます。

成果を上げるために

長期的な展望を思い描き

地道な努力をしていくことができるのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「今年の誓いを立てる!」

初詣でお参りして

今年の決意を胸に刻みつけたり

今年の意気込みを

スケジュール帳に書き記したり、

今年1年を有意義に過ごすための目標を立てたり

やりたいことをリストアップして

TO DOリストを作ってみたり。

意欲が湧いてくること間違いなし。

新しいYearに

新しい自分。

気分がリセットされた今なら

なんでもできるような気がするはず。

新しい年に希望を持って

これから訪れる素晴らしい未来を思い描いていくのです。

・1月2日  山羊座12度
講義をする自然の学徒

*自然の恵み

初夢は見れたでしょうか?

1日の夜から2日にかけての夢を

初夢と呼び

その内容で今年の吉凶を占う風習がありますが

昔から

日本人も

占いとか好きだったんですね!

神社のおみくじだって

卜占の占いと同じだし

これらのものは

人生を前向きに生きていく意欲を高める効果があります。

また

お正月は

「縁起がいい」ことを行う風習がありますが

「始まりが肝心」ってことで

一説においては

自然界を観察することで

定着した風習だそうですよ。

栄養たっぷりの土に植えた種に

水と光を与えるように

まだ種の状態の新しい目標を育てるために

縁起がいいとされるエネルギーを

どんどん注ぎ込む。

丈夫な新芽が出てくるように

縁起のいいエネルギーで、土壌に栄養を与えるんです。

私たちが

当たり前のこととして受け入れている風習は

四季がもたらす自然の移り変わりとリンクしていて

その季節に見合うことを行ったりしますよね。

昔から

私たちは自然と共に生き

自然の中に法則を見出し

それを利用してきました。

自然を観察することで

人間にも当てはまることがある。

自然の法則を利用することで

人間の生活に役立つこともある。

例えば

新幹線はフクロウの羽や

カワセミのクチバシの構造を参考にして

作られたといいます。

薬だって

自然界の薬効効果があるものから研究して作られてるし

住居も衣服も紙も

自然界にあるものを利用して作られてますよね。

いろんなものに役立つ石油だって

美しい宝石だって

美味しい食べ物だって

全部、自然界からもたらされるもの。

つまり

人間は遥か昔から今に至るまで

身近にある自然を利用して生きてました。

門松もしめ飾りも鏡餅も

全部、自然界のものを利用して作られていますよね。

いろんな素材を工夫して

実用的な役立つものとして開発したり

自然界の法則を利用して

心理的な効果をもたらすものを生み出してきたです。

そんな本日の太陽のテーマは

「自然の恵みに意識を向ける」。

普段は

なかなかそんな目で

自分の身の回りのものを見たりはしないかと思いますが

今日は

ちょっとでもいいから

自分の身の回りにある

自然界からもたらされたものを意識していきましょう。

お皿やコーヒーカップなどの陶器だって

もとは土です。

プラスチックだって

もとは原油から作られています。

各企業が

一生懸命に

いろんな素材を工夫して

努力して製造してくれたからこそ

今の私たちは豊かに暮らせるんです。

そんなことを

改めて思うだけでも

社会の中で

みんな頑張ってるんだなってことが判りますよね。

また、

自然の恵みに感謝するのも大事。

自然が私たちを生かしてくれていることを

改めて認識し

感謝する心は美しい。

そんな目で自然界を眺めるのならば

自然のものを使用した

新しい実用的なアイデアが浮かんでくるかもしれません。

自然の恵みが

私たちを豊かにしてくれるのです。

・1月3日  山羊座13度

火の崇拝者

*善きものを創造する力

自然を敬いながら

文明を発達させてきた古代国家は

自然を礼拝し

心の拠り所となるような宗教を発達させてきました。

「世界最古の一神教」と呼ばれているのが

拝火教(ゾロアスター教)。

善悪二元論的な宗教で

光(火)を善の象徴として捉え

偶像ではなく

寺院内で燃え盛る「火」を神聖化し礼拝するそうです。

ゾロアスター教の守護霊は「プラヴァシ」と呼ばれていて

この絵に描かれているのが「プラヴァシ」。

「プラヴァシ」は

この世の森羅万象に宿り

あらゆる自然現象を起こす霊的存在で

「善そのもの」として信じられていたとか。

自然災害や

自然がもたらす飢饉なども

結果的には

「善そのもの」のプラヴァシがなんとかしてくれる。

人々に希望を与え

前向きな気持ちにさせてくれるのが

この「善そのもの」の自然霊。

つまり

ゾロアスター教徒は

自然と共にあり

自然を崇拝してきた宗教。

火を崇拝するけど

水、空気、土という自然も

神聖なものとして捉え

敬ってきました。

人生を楽しめ。ゾロアスター教って意外とハッピーな宗教だった〜NEVERまとめ〜

詳しくは

上記のサイトを見ていただくとして

このサイトから抜粋させて頂きますと

ゾロアスター教では

「人生は祝祭だ!」と考えられていて

善神が創った世界には

善神が創った善いものがいっぱい。

人間も善神が創ったから善きもの。

なので

「人生を楽しむべし!」

というのが基本的な教えだそうです。

でもって

ゾロアスター教といえば鳥葬と風葬。

死んだら

地球に恩返しってことで

自然サイクルの循環に肉体を差し出すのが

習わしとなっていました。

そんな

世界最古の宗教と呼ばれるゾロアスター教の神の名前は

アフラ・マズダーですが

この神の名前から社名を考えたのが

自動車メーカーの「マツダ」。

創業者の松田氏が

自分の名前と

アフラ・マズダーの名前を重ね、

自動車文明の光明となることを願ってつけたそうです。

かっこいい社名コンセプトですよね。

山羊座13度は

山羊座の資質がカリスマ的に発揮される度数。

12度で

自然を敬い

自然にあるものを生かせるようになった山羊座は

13度で

自然に対して

畏敬と感謝の念を持ちつつ

「善きもの」を作り上げる力を発揮します。

善神が創った自然界が善きものなら

自然界の素材を利用して作り上げたものも善きもの。

善神が創った人間が善きものら

その善き人間が創ったモノも善きもの。

この地上には

善きものが溢れている。

この善き物質世界を楽しむべし!

地上での人生は

善きものに溢れた祝祭なのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「物質世界を楽しむ!」

自然も家もペットもあなたも私も

みんな物質。

小さな原子の粒が

積み木みたいに

たくさん組み合わさって出来上がったのが私たちで

それは自然界のものも既製品も同じこと。

いつの日か

小さな原子の粒がバラバラになり

地上に散らばっていく日が来るけど

その原子の粒は

また違う原子の粒とくっついて

新しい物質を創り上げる材料になります。

神が創った物質の世界を堪能できるのは

物質である肉体を持っているからで

肉体を失ったら

物質の世界を堪能することができなくなります。

山羊座は

「今、ここ」を生きるサイン。

「今ここ」にある

物質世界を堪能するために

快適で善きものを

創りだす力を発揮することができるのです。

・1月4日  山羊座14度
花崗岩に刻まれた古代の浮き彫り

*礎

こちらのレリーフは

イランの世界遺産「ペルセポリス」に施されている

拝火教の守護霊「プラヴァシ」の像ですね。

今から約2500前に作られたそうですが

未だ、綺麗なレリーフを見れるなんて

素晴らしいことです。

おかげで

日本に住んでいる現代の私にも

古代ペルシア時代の叡智を垣間見ることができるわけで

この建造物を作ってくれた古代の人達に

尊敬と感謝の念を感じてしまいます。

しかも上手。

便利で使いやすい道具が豊富と思われる

現代に住む私ですらも

こんなふうに掘れるはずもなく

古代のシンプルな道具で

このようなレリーフを掘ってきた人達は

もしかして

すごい便利な道具を持っていたのか?

と思ってしまうほど。

こちらのコンパスと定規のマークは

石工職人ギルドの

フリーメーソンのシンボルマークですが

「秘密結社」とか言われているフリーメーソンは

もともとは

職人の組合だったと言われてますよね。

大聖堂や修道院、

宮殿や城など

大きな建築事業を行う職人達は

国境を越えて各国の職人と協力しあうことで

大きな建築物を作ったと言います。

と言われてみれば

今でもそうですよね。

海外の国の

橋や鉄道やダムやらの大きな公共事業を成功させるために

日本の技術を導入し

協力しながら建設したりしてますよね。

職人達が

協力しあうことで

より大きな建築物を完成させることができるんです。

古代のレリーフも

職人達が協力しあって

地道に努力して完成させたものです。

「隣国で大きな神殿を建てるから

友好関係のためにも

我が国の職人を手伝いに行かせよう」

なんてことを

遥か昔からやっていたんです。

長い時代を耐えられるような強固な設計と

長い時代、楽しめるような

深く掘られた美しいレリーフ。

そこには

職人達の

魂のこもった仕事に対する愛情が

深く刻まれているのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「礎を築く」。

今日から

仕事始めの方も多いかと思いますが

仕事始めは

今年の社会生活の

始まりの一歩を形成する礎となる日です。

「始まり」が土台となり

その上に

日々、いろんな体験を積んでいくことで

大きなものを創り上げていくことができるようになります。

「今年の礎を、しっかりと心に築く」

という気持ちで過ごせるのなら

安定した心の土台が出来上がり

意欲的に物事にチャレンジしていくことができるようになります。

また

自分の属する企業や組織に対して

信頼し

友好的に協力していく姿勢も

礎を築くための土台となります。

信頼関係と

協力しあう姿勢が

大きなものを創り上げる礎となるのです。

・1月5日 山羊座15度
病院の子供病棟にあるたくさんのおもちゃ

*思考力

早いものでもう5日。

徐々にお正月ムードが遠のいて

日常が戻ってくる頃です。

こっちの正月気分とは裏腹に

時は急ぎ足で流れて

まるで

時間に尻を叩かれているかのように思えるわけですが

その時間の正体は

占星術でいうところの「土星」。

「土星」が

「ボケボケすんなよー。もう日常が戻ってきてるんだー」

って尻を叩いているってことになりますね。

そうなんです。

社会の中には

私たちがこなさなければならない仕事が

たくさん待っているんです。

来年も

平穏な年越しを迎えるために

社会を維持し繁栄させていかなきゃならないんです。

ボヤボヤしている間に

時間はアッという間に流れてしまうので

有限の時間を無駄にしないためにも

しかりと意識を

「今ここ」に戻して

目の前の仕事をこなしていかなきゃならないんです。

世間を見渡してみれば

まだまだ足りないことが沢山あります。

年越しを

病院のベッドの上で過ごした子供達のことを

考えてもみてください。

ご両親が遊びに来てくれてるとはいえ

暗く静かな病室の中。

ひっそりとお話をして

子供らしく騒ぐことも遊ぶこともできない。

病は気からという面があるように

暗い病院にいると

それだけで、もっと病人になってしまいそう。

なんとかならないものか?

だとしたら

子供病棟に明るいプレイルームを作って

楽しく遊ばせてみてはどうだろう?

そのような考えから、

子供の患者さんのために

プレイルームを用意している病院が沢山ありますが

山羊座15度は

社会のためになるようなことを考え実践していく力を持っています。

少しでも早く

子供達が楽しく遊べるプレイルームを作るために

時間を無駄にすることなく

計画的に実行していくんです。

社会の中には

こんな感じで

まだまだ見直すべき事柄や

発展させるべき事柄が溢れています。

時代が変われば

ニーズも

人々の価値観も変わるので

その時代に見合うように改善していく必要があるんです。

なので

やることが沢山ある。

社会をもっと良くするために

工夫とアイデアで

着手すべきことが山のように待っているのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「社会の中で改善したらいいと思うこと。あったらいいなと思うこと。」

を考えてみましょう。

脳内で一人会議をしてみるんです。

今年も始まりました。

もっと暮らしやすい世の中にするために

今年という1年を無駄にする暇はありません。

こんなものがあったら

もっと暮らしやすいのに。

こんなものがあったら

もっと楽しいのに。

そんなアイデアを

諦めずに最後まで考えてみるんです。

ドデカテモリーで言えば

山羊座15度は

知性や思考の「双子座」の資質が混ざりますからね。

頭を使って

いろんなアイデアを出し

それを実行する力を持っています。

「こんなものがあったらいいな」

「ここをもっと改善した方がいいのに」。

そんなことを考える癖をつけることで

自分の頭で考える力が身につき

ビジネスに活かせる

有効なアイデアを手にすることができるようにもなります。

「社会をもっと善くするため」にという視点で

人々や時代のニーズを読んでそれを実行し

人々の心に働きかけるように伝えていくことで

ビジネス的な成功を収めることができるのです。