普遍性 2017.12/17~12/21


2017年12月17日〜12月21日

   射手座第6章(26度〜30度)

*太陽の暦(サビアンシンボル) 日の出時間*東京
日の出時間 ディグリー サビアンシンボル
12月17日 6:44 射手座26度 旗手
18日 6:45 射手座27度 彫刻家
19日 6:45 射手座28度 美しい流れにかけられた古い橋
20日 6:46 射手座29度 芝を刈る太った少年
21日 6:47 射手座30度 法王

*刻印エネルギー

射手座26度から30度に位置する太陽は

冬の扉を目前にして

しっかりと気合いを入れるかのようなエネルギーを放っています。

寒さを乗り越えるためには

精神的な心構えが大事。

困難に負けず

前向きに生きていくための力が漲ってくるような時期になります。

*キーワード

・道徳、倫理を心に刻む

・普遍的な教えを広める

・正しい選択を心がける

・社会に役立つ

*普遍的な教え

あー寒い。

乾燥した空気と強い風が

紅葉した葉を

ものの見事に全部、払い落とし

木が裸になるこの季節。

いよいよ冬がやってきます。

秋分の日から始まった

秋の季節が終わり

冬至の日からは

冬の季節が始まり

そしてまた春分の日から春になる。

私たちは

そんな自然のサイクルの中で生きているわけですが

季節は

日々の太陽と地球の位置関係によって起こるもの。

秋分の日は

いつだって

地球から見た太陽が

天秤座1度の位置に移動してきた時に訪れ

冬至の日は

太陽が山羊座1度の位置に移動してきた時に訪れる。

12個のサイン(星座)は

空を行く太陽や惑星が

どの位置にいて、

どのような影響を地上にもたらすのかを知るための目安。

それは

地球を取り巻く

巨大な太陽(惑星)の時計の針。

今年も太陽の時計の針は通年通りに進み

あと数日もすれば

冬至(山羊座1度)と書かれた文字盤を指します。

季節ごとの太陽の影響を

植物の中に見いだすのであれば

秋は

春に生まれた命が実をつけ

収穫し、出荷して

多くの人々に行き渡る季節でもあるし

また

葉が紅葉に染まり

落ち葉が舞い

冬の準備をする季節でもあります。

春から夏にかけて

自分の命を成長させてきた植物が

秋になると

自分が住んでいる環境の循環のために

その命を使っていく。

そんな影響を地上の植物に与える太陽の光は

人間という生き物にも

同じような影響を与えていて

自分のことだけじゃなく

他者や社会に対して力になれるような

大人意識を磨いていく。

精神を熟成させていくのが

秋の光の作用です。

秋の始まりの天秤座の季節においては

社会に住まう大勢の他者と

上手に交流し生きて行く知恵を身につけ

秋の盛りの蠍座の季節においては

社会の中で

強い自分に生まれ変わる「パワー」を身につけ

秋の終わりの射手座の季節においては

社会の中で

前向きに生きていくためのポジティブさや

道徳観や倫理観を身につける。

精神的に熟成した個人が

今度は

社会のために協力して働いていくのが

冬の始まりの山羊座の季節が象徴する事柄です。

社会の中で活躍していくには

倫理観や道徳観ってものが大事ですからね。

つい最近、

ケアマネの方が

顧客の遺産を狙って捕まったというニュースがありましたが

ケアマネ協会の方では

緊急に会議を開き

今一度、「自らの倫理観をしっかりと確認して行動するように」と

通達したという記事を読みました。

社会を維持するには

個人の道徳観や倫理観が大事です。

そうしないと

犯罪が増えて安心して暮らせなくなってしまいますからね。

道徳観や倫理観というのは

いつの時代でも

どこの国であっても変わらない

普遍的な教えでできています。

豊かな社会を築くには

道徳観や倫理観というものを

一人一人が

しっかりと心に刻みつけておく必要があるのです。

*日にち別エネルギー

・12月17日 射手座26度
旗手

*旗印

旗手の存在は

希望の証。

旗がなびいていることで

自分の居場所が

「まだある」ということを知ることができるし

自分の向かうべき場所を知ることもできる目印。

25度までの体験において

「本当の幸せ」を実感できるようになった射手座は

「精神的に満足」できるような教えや方法を

世の中に向けて

浸透させるように広めていくことになります。

射手座の次のサインは

大勢の人と協力して

社会を築き上げていく山羊座。

社会の中で活躍するにあたり

健全な精神性や倫理観は必要で

そんなものを培うのが射手座の領域です。

人としてどう生きるべきか?

という問いに対しては

人それぞれ

いろんな答えがありますが

普遍的な答えが掲げられることで

それは

人々の目安となり

正しい道を進むための道標になります。

射手座26度の「旗手」は

そんな道標となるような叡智や方法を掲げる旗手。

多くの人が

人として正しい道を歩めるような

尊い教えを掲げていくのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「正しい自分で過ごす」

人として

正しい自分で過ごしていきましょう。

良識と道徳観で

思いやりを発揮し

他者を尊重し

また、自分も尊重する。

「良い悪いで判断するものではない」という意見がありますが

確かにそういう一面もあって

常識やルールなんてものは

時代や国によって変わるものだし

状況によっては

「悪い」ことが「良い」ことになることもあるし

「良い」ことが「悪い」ことになることもあります。

争いや罰や罪の追求が生まれるのは

行き過ぎた道徳感情の残酷な裏面でもあるし

それだけでは

全てをはかれないかもしれないけど

いつの時代でも

どこの国においても

変わることのない

普遍的な「人としての心得」というものは

確かにあって

それを目安に生きてきたからこそ

人類は繁栄し生き延びてきました。

普遍的な「人として正しい行い」を心がけることで

「自分はちゃんとやってる」という自信を持てるし

その自信は

精神的な満足感をもたらしてくれたりもします。

「人としての正しい行い」のベースになるのは

共感力を持って

他者を思いやることです。

仲間のために先頭に立つ旗手のように

他者のために先陣を切って

良い自分でいる。

潔く良識を基準にして

他者と繋がっていくことができるのなら

社会的な信頼を得ることができます。

大人としての良識で

物事を判断できるのなら

器の大きな自分に成長することができます。

誰にも恥じることのない

人生を生きていくことができるのです。

・12月13日  射手座27度
彫刻家

*刻印

はるか昔の古文書や教典は

当時の識者が見出した

貴重な知の遺産として現代に受け継がれています。

世界中に残っている遺跡には

美しいレリーフが描かれていて

当時の文化の様子を垣間見ることができます。

石に刻みつけられた彫像や碑文も

繁栄した文明が存在した証。

紙などに記されたものは

燃えたり劣化したりする恐れがあるけど

石に刻みつけられたものは

時代を超え

後世まで残る可能性が高まります。

射手座27度は

掴み取った叡智や教えを

後世にまで残すかのように

しっかりと伝えていく度数。

人が

人として生きていくために

大事な教えを

世の中に刻印していくのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「心に信念を刻み込む」。

これだけは守っていきたい。

こんなふうに生きていきたい。

そんな

自分なりの信念を

新しいスケジュール帳に記してみてはいかがでしょうか。

人として

どういう自分で生きていきたいのか?

偉人が残した名言や

宗教書や哲学書の中から探し出してもいいし

もちろん

自分で考えだしてもいい。

「これだけは守る」というような

自分の法律のようなものを掲げ

心に刻みけるのです。

・12月19日  射手座28度

美しい流れにかけられた古い橋

*普遍的な道徳観

刻印された教えを

後世にまで伝わるように

大事に維持していくのがこの度数。

美しい澄んだ川を汚さないように

みんなで管理して

生活に役立つ古い橋を

マメに手入れして

大事に使用していく。

刻印された大事なものを

雑に扱って失うことになったら

大きな損失になりますからね。

人々の暮らしに

当たり前のように浸透させていく必要があります。

仙台の宮古市においては

大津波記念碑という石碑があって

そこには

「ここより下に家を建てるな」という内容の

教訓が彫られていました。

その石碑の教えを守り続けた住民は

東日本大震災の

津波の被害に遭わずにすんだそうですが

石碑に刻印された先人の思いを

蔑ろにせずに

心に留めてきたからこそ

大難を小難に変えることが出来たと言います。

それと同じように

はるか昔から受け継がれてきている

「普遍的な教えや叡智」は

私たちが大事に受け継いでいくべきものです。

射手座の支配星である「木星」は

私たちの道徳感情を支配しているのですが

人間に道徳観や倫理観というものがあることで

社会が繁栄し文化が栄えてきました。

集団で暮らす人間の暮らしにおいては

他者に対する共感力や協調性が大事で

みんなで力を合わせて協力することで

安全で豊かな社会を築いていくことができます。

その中で

規律を破る者や、秩序を乱す者の存在は

人々の

「こうするべき!」という

道徳感情を刺激する材料となり

公平に裁くための法律のような規律が確立したと言われてますが

射手座を示すキーワードに

「法律」という言葉があるように

道徳感情から生まれる事柄が

射手座や木星が支配することになっています。

「人として〜するべき!」は

争いや裁きを生み出す残酷な面があるわけですが

でも

そうしないと

秩序だった社会を形成できないし

秩序だった社会を形成できないとなると

混沌とした社会になって発展を望めず

安全な生活も豊かな文化も遠のいてしまいます。

「経済成長のためには、汚水を川に流しても問題ないでしょ!」ってことで

環境や健康に対する配慮がなかった時代には

美しかった川の流れが淀み

生き物がほとんど住めないような川がたくさん増えました。

「これじゃいかん」ってことで

地道に川を生きかえらせる活動をした方々のお陰で

美しい川が蘇ってきていますが

「美しい川を後世に残そう。いや残すべきだ!」

という道徳感情から生まれる思いが

行動へと駆り立てたはずです。

経済優先にしたい企業からしたら

そんな理想論を言う団体なんて邪魔でしかないかもしれないけど

地球全体で見たら

どう考えても

美しい川の流れを取り戻した方がいいと思うのが

人間に備わった道徳的な規範で

その普遍的な「良い」と思われる行為を

実行し維持していくのは大事なこと。

そうじゃないと

後世に腐敗した世界しか残せなくなってしまいますからね。

私たちはちゃんと

何が良いことで

何が悪いことが知っているんです。

そして

良いことを維持し守っていくということの大事さも知ってるはずなんです。

そんな本日の太陽のテーマは

「普遍的な道徳観を発揮する」。

はるか昔から受け継がれてきている

大事な教えや教訓などを

今一度

自分の心に留めていきましょう。

今の子供たちが大きくなっても

豊かな社会で暮らせるように。

自分の頭で考えて正しい選択をしていくのです。

・12月20日  射手座29度
芝を刈る太った少年

*社会の発展に貢献する

射手座のサビアンシンボルに

ぽっちゃりボーイが登場するのはこれで2度目。

25度では

ぽっちゃりボーイが

おもちゃの馬にまたがって遊んでましたけど

29度になると

地域のために役立つような活動を始めることになります。

地域ぐるみで行われる

環境整備作業に参加するんです。

射手座の支配星である「木星」は

なんでもかんでも拡大していく力を持っているので

「太っている」というのは

「満たされている」という状態を示しています。

精神的に満たされた少年が

今度は

地域社会の豊かさを満たすために

外に出て実際に働き出すんです。

29度は

次に訪れる山羊座を目前に控え

山羊座的な事柄が射手座の射程圏内に入ってくる度数。

山羊座っていうのは

地域社会を発展させるために協力する様子が示されていますからね。

射手座の視野のまま

山羊座的な体験をしているんです。

そんな本日の太陽のテーマは

「社会を豊かにすることを考えてみる」。

射手座の精神性で持って

どうしたら

今の社会がもっと良くなるのか

思索の旅に出てみてはいかがでしょうか。

社会が安定していて豊かであるからこそ

私たちは

勝手気ままに自由に

自分の楽しみに没頭できるんです。

もし

社会が不安定で、国全体で食糧不足なんていう状況だとしたら

あちこちで不満が爆発し

暴動が起きたりもするでしょうし

盗みや横領なんてものも

もっと増えるかもしれないし

食欲や安心欲求を満たせない状況なのなら

その先にある

「私はこれをやりたい!」という

自由な自己実現欲求を満たすことは難しくなります。

個人的な幸せも

もちろん大事だけど

社会という土台の上で生きている私たちには

社会の発展や豊かさも必要で

社会が安定していることで

個人的な幸せが育まれていくんです。

自分の住んでいる地域が

殺伐としていて

治安が悪くて

街自体もゴミがたくさん落ちているような場所になったら

いやですよね。

誰もが安心して暮らしたいし

美しい環境に住みたいと思うはずです。

ゴミが落ちてたら積極的に拾うことでも

豊かな地域作りの貢献はできます。

自分なりに考えて

自分の住む環境に貢献していく。

そうすることで

結果的に

自分の幸福につながっていくのです。

・12月21日 射手座30度
法王

*道徳的判断力

射手座の最後を飾る30度は

まさに射手座を象徴するかのようなシンボル。

「法王」の登場です。

明日にもなれば

太陽は山羊座1度に移動し

冬至が訪れ

本格的な冬の始まりがやってきます。

秋の最後を飾るのが射手座30度。

覚悟を決めて

冬の扉をくぐる時が来たのです。

射手座の役割は

来るべき厳しい冬に適応できるような叡智を学び

前向きな姿勢を身につけ、

精神的な満足感を手に入れること。

また

他の人々にも明るく元気に乗り越えてもらうために

その前向きな生き方を

広め伝えていくこと。

人生には

厳しい冬のような過酷な運命の時期もあるわけで

それを乗り越えて

幸せに生きて行く力を引き出すのが射手座の役割です。

「法王」は

まさにそんな

「人生とはなんぞや」とか

「どうしたら幸せになれるでしょうか?」という問いに

答えを与えてくれる存在です。

射手座を示すワードには

「宗教」という言葉がありますが

宗教っていうのは

ざっくり言えば

「人としてどう生きたら幸せになれるのだろうか?」ということを

教えてくれる場所です。

人として正しく生きるための指針となる事柄を教えてもらえる場所です。

昔からある伝統的な宗教が

現代にも受け継がれているということは

長い時間をかけて

いろんな時代の人々の心の支えになってきたという事実を物語っています。

時代や国や流行を問わず

人々の心を支えてきた教えは

今もなお

人類の繁栄と幸せのためにと

布教活動として啓蒙しています。

宗教とか

「生きるとはなんぞや」とか

「自己を成長させたい!」とか

今の自分をもっともっと成長させたいという考え方は

なぜか

「意識高い系」と、うざがられたり

「そんなもん、弱い人間がするもんだ!」とかって

バカにされたりすることもありますが

私たちは

大人になっても

自らの意志でいくらでも成長できるのは事実。

自分の成長を望む望まないのは

人それぞれだけど

サビアンシンボルの教えによれば

大人になってからも

向上心を持って

「良い自分」を意識して獲得していくことで

器の大きな自分になることができると言います。

器の大きな人格は

社会や家庭の中で信頼され

自分も、

自分の周囲にいる人たちも

みんなを幸せにするような力を生み出すことができるのです。

中年期以降に

温和になって深い優しさを持つようになる人と

卑屈で頑固になって扱いづらくなる人がいますが

どちらの方が

幸せに生きられるのかと言えば

温和な人の方ですよね。

年齢を重ね、

若さを失い

容姿の健全さが衰えていくのなら

健全な精神を持つ人格者を目指したい。

良識と良心を軸にして

物事を選べる良い人間になりたい。

主観的な感情で物事を判断して騒ぎ立てるのではなく、

道徳的に

人として

ダメなものにはダメとはっきりと諭し、

良いことには、

まるで自分のことのように祝福するような

そんな

良識を持つ大人がたくさん増えるのであれば

社会は豊かに発展し

また

社会が発展することで

個人の生活の満足度も高くなるはずです。

そんな本日の太陽のテーマは

「道徳的な価値観を発揮する」。

自分の道徳的な信条を基準にして

物事を選択し

良いことは良い。

悪いことは悪い。と

物事をはっきりさせていきましょう。

子供を躾るのは大変な作業ですが

自分にとっても子供にとっても

良いことと悪いことを

はっきりと教え込むのは大事なことですよね。

「人としてどうあるべきか?」

と、

自分に問いかけ

正しい選択と行動を選びとれるようになることで

大人としての意識が開花し

満足度の高い人生を築いていけるようになるのです。


コメント

  1. 射手座のR3 より:

    yuraさん☆私の願いは、yuraさんに会いたーい!です。
    叶うだろうか、いや叶うにきまってる、もう叶った!という射手座思考で私はスタートを切る前の状態デス
    わくわく。アメブロの時に見かけて、かわいい絵が印象的で、でもサビアンって何だ??という所から始めましたが今はサビアンについて考えたり星の動き月の満ち欠けにも考えが及びます。元々占星術は好きだったのですがあんまり公言してもマイナーだしと思っていました。今は自分の他にこんなに知識や情報を提供する人たちがいるー!と感動しています
    意見の違いや捉え方の差はあっても、それもみんな好きだからなんだなぁーと思えます。情熱に、射手座は弱いです。だれかの強い情熱が燃え移ります。そうやって火をリレーしてまた誰かに着火する導火線に自分がなっていく。
    普遍性、で思い出すのは小林秀雄。批評の父であり近代文学の祖。時代を超えて名作といわれる作品には普遍性があるのか?誰がそんな怪物を狙ったか?彼らはあくまで自分を見つけただけなのである。しかしその無双の情熱を持った作品の前に、時代の隔たりが消え、波に攫われるように優れた作品の前にこうべを垂れてしまう。あっすみません。私は文芸学部出身なのです。もー射手座丸出しの哲学文学好きでございました。大学も長く行きましたよー。使えたらいいのになと思うけどこれは中々うまくいきません。言葉を紡いで残していくこと、人生って何?ということへの答え。人類の叡智を未来への遺産としたい。私はそんな望みを持っているのです

    • yura より:

      寒くなりましたねーー。ってR3様。
      アメブロ時代のを見てくたことがあるんですねー。感動です。
      今思えば、クオリティの低い恥ずかしい4コマを載せていたので、見返すことすら憚れるホシヲツグですが、あれがあったおかげでスタクロで、情熱を持って360個、まとめて書ききれたと思います。
      まだまだ発展途上のスタクロだけど、もっともっと探求を続けていきたいと思ってます。
      小林秀雄氏の本、読んだことないですが、読みたくなってきました。wikiで見たけど、かっこいいですね!
      批評の父っていうのがまたね。言葉の威力がこれまた凄いですね。
      でもコメントのR3様の言葉の威力も同じくらい凄くて、なんか胸が高まりました。きっと情熱の火が燃え移ったんだ。
      「人類の叡智を未来への遺産としたい。私はそんな望みを持っているのです」って、私もあからさまに今、感化されています!!
      そうだ。そうだ。情熱大事だ。
      来年は、もっと情熱的にサビアン占星術と関わっていこうかと思っています。
      内にむかい、サビアン探求ばかりしていたから、今度はこの現実世界と向き合っていく。
      きっと、どこかでR3さんとも会えるはず!楽しみだな!

  2. 射手座のR3 より:

    お優しい言葉をありがとうございます、yuraさん☆人様のブログコメントに長々と。。。アメブロとっても楽しかったですよ、あの4コマ漫画が良いんです!!太陽くんが旅をする365日を同じように私も旅しました。いろんな場所があり出会いがあり新しい出会いとさよならがある。でもまた戻ってくるんですよね〜(^◇^)それが楽しい。
    はい、お会いできる日はきっと来ますよ!ドアをノックするのはきっと私です

    • yura より:

      ドア、ノックされてるわーもうすでにー。
      キュン死するかと思いますた。
      アメブロはどうしたらいいのかもう、わからなくて放置状態。
      来年こそは、なんとかしなければと思ったりもしています。。
      明日は冬至!星祭っていうのに行ってこようと思います!!