強く生き抜く力 2017.11/13~11/17


2017年11月13日〜11月17日

   蠍座第5章(21度〜25度)

*太陽の暦(サビアンシンボル) 日の出時間*東京
日の出時間 ディグリー サビアンシンボル
11月13日 6:14 蠍座21度 職務放棄兵士
14日 6:15 蠍座22度 アヒルに向かって進みでるハンター
15日 6:16 蠍座23度 妖精に変容するウサギ
16日 6:17 蠍座24度 1人の男の話を聞くために山から下りてきた群衆
17日 6:18 蠍座25度 エックス線

*生命力を揺さぶるエネルギー

蠍座21度から25度に位置する太陽は

信念と決意を引き出すようなエネルギーを放っています。

今までとは違う

強い自分に生まれ変わって

新しい方向へ向かう力を発揮していくのです。

*キーワード

・信念を貫く

・射程圏内

・一点集中

・自信と誇り

・洞察力

*生き抜くための賢さ

20度までの体験において

「フォース」と「パワー」を手にした蠍座は

両方の力を駆使しながら

荒波の人生を

力強く超えていくことができるようになりました。

蠍座の支配星は

新しいものを生み出すために破壊をもたらす「冥王星」と

本能的な生命力を指し示す「火星」ですけども

「冥王星」が

壊しては作り直すフォースの力だとするなら

「火星」は

内から湧き出でるパワーの力。

冥王星と

火星を味方に付けた

21度から25度においては

蠍座の快進撃が始まります。

「信念は、持つものではなく貫くものだ。」

なんていう素敵な言葉がありますが

21度からの蠍座は

信念を貫くための行動力を発揮することになります。

冥王星と火星を味方にし

まっすぐに信念を貫いていくんです。

ブレることのない

まっすぐな信念は

あらゆる障害を突破する力となります。

まっすぐな信念は

自分の理想とする人生を形成していく武器になるのです。

蠍座は情熱的なサインだと言われますが

それは信念を持って

自分の思いを貫く強さがあるから。

そうそう。

「信念を貫く」って

誰もができることじゃなくって

やっぱり精神的な強さを秘めた人にしか出来ないんですよね。

「私は信念を貫いてやる!」

なんて強く思ったところで

「まーいっかー」なんて思いが湧いてきて

結局、何も出来ないなんてこと

たくさんあります。

努力も才能のうちだと言われますが

信念を貫く強さっていうのも才能なのかもしれません。

でも

私たちは誰もが

潜在的に「信念を貫く強さ」を持っている。

ここぞという時に引き出して使用できるのならば

理想を叶えるための

最強のツールになります。

21度から25度の領域は

信念を貫く強さを発揮することで

結果的に

「洞察力」という賢さが身につきます。

人生の道には

様々なトラップが仕掛けられてますが

洞察力があれば

その罠を巧妙に避けて歩くことも出来るし

上からねじ伏せて破壊することも出来ます。

荒波の人生を

賢く生き抜くための力が身につくのです。

*日にち別エネルギー

・11月13日 蠍座21度
職務放棄兵士

*信念に沿う選択をする

自分の任務を放棄して

職場から飛び出した兵士は

「破壊と再生の力=冥王星の力」を

飛び出る力にしたんでしょうね。

「このまま

ここで働き続けるのは自分の心に反する」。

いくら仕事とはいえ

敵をやっつける兵士という仕事。

新しい方向へ向かうためには

今まで持っていたものや今までの環境を手放す必要があります。

そこに至るまでには

様々な葛藤があったはずだけども

もう人を殺めるのは嫌だという

自分の心の声。

内側から湧き上がる

「もうダメだ。もう嫌だ。

このままここにいたら

自分が人としてダメになる。」

そんな思いがドバーッと湧き上がってきたのであれば

それは「火星の持つ本能的な力」。

自分の心身を破壊するものを

守るための生命力、生き残りをかけた本能的な力で

闘争じゃなく

逃走することで自分を守る。

この一連の行動力を発揮するには

自分が信じる道である

「信念」が必要です。

自分が今、行っていることが

自分の確固たる信念に沿っているかどうか?

反しているだろうか?

それが

自分の行動を決定づける価値基準になるからです。

21度までの体験において

蠍座は

自分なりの信念と自信を身につけましたからね。

自分の信念に沿ってるのなら

とことんやる。

信念に反しているのなら

闘争したり

反抗したり

逃走してでも

自分の信じる道を守る。

つまりは

頑なで頑固な面が出てくるんだけども

これがないと

人のいいなりになってしまい

自分を守れないし

自分の思った道を進めなくなってしまいますからね。

人の反対意見になど負けない

自分の信念をしっかりと携えた蠍座は

強い人格を発揮していくのです。

そんな本日の太陽のクエストは

「自分の信念に従った行動を!」

していきましょう。

日々、選択の連続なわけですが

自分の信念に沿った選択を

なるべくしていく。

ちょっと気をぬくと

いつも通りの楽な選択をしがちになりますが

そこを

よく考えて

自分の信念に沿った選択かどうかを考えてみるんです。

自分の信じる方向へ

まっすぐに進むためには

正しい道を選んでいく強い意志力が必要。

そんな強さを発揮してみるのです。

・11月14日  蠍座22度
アヒルに向かって進みでるハンター

*射程圏内

「信念は持つものではなくて貫くもの」。

ということで

信念を貫くためには

積極的に行動に移すという21度の方法と

受容的に貫くという22度の方法があります。

獲物に狙いを定めて引き金を引くハンターのように

その時が来るまで

辛抱強く待つ。

射程圏内に入るまで

地道に努力を重ねていく。

小さな蠍が

大きな獲物を仕留めるために

ここぞというタイミングで毒針を一刺しするように

集中力を発揮して

最高のタイミングに全てを賭ける。

その時が訪れるまで

「絶対にやれる」という信念を貫く。

確かに

諦めてしまったら

そこで終わりですもんね。

自分の信念を貫くには

諦めない強い意志力が必要です。

諦めなければ

いつの日か

そこに辿り着く日がやってくるわけで

その時を見失わないように

ハンターのような鋭敏な感覚を研ぎ澄まして

最高の瞬間を迎えるのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「射程を定める」。

力を貯めて

集中力を発揮して

一気に力を放出するという大技を

体験してみてはいかがでしょうか。

要は

ハンターやサソリになったつもりで

力を発揮するタイミングを見計らい

一点集中でやり遂げてみるんです。

「ここぞ!」という時に力を発揮すれば

無駄がないし効果的。

「すごく努力しているのに、なかなかうまくいかないんです」

という人は

努力の方向性が間違っているということも多々あって

例えば

試験勉強する時に

時間をすごくかけているのにも関わらず

結果があまりよくない人に限って

ノートを奇麗に書くことで勉強した気になってしまうということがありますが

そういう場合、

目的が

「ノートを奇麗に書くこと」になってるんですよね。

本当は

「試験に出そうな事柄を覚えること」なのに。。

そうなってくると

目的を違う設定にしてしまってるから

時間をかけてもいい点数が取れないということが起こるわけで

つまりは

目的が間違ってないかを見極めることも大事。

射程に入れるターゲットを

間違えてしまったら

望み通りの獲物を捕らえることはできないですからね。

まずは

目的(ターゲット)を明確にする。

自分がやってることが

目的を達成するために理に叶っているのか確認する。

こんなことを

時々、確認しながら進めるのなら

効果的に達成することができるはず。

射程圏内に入ったら

集中力を発揮して一気に攻め込む。

蠍座的な人生の創造の方法は

そんな力強さ。

蠍座の人じゃなくても

誰もが持っている潜在的な能力なのです。

・11月15日  蠍座23度

妖精に変容するウサギ

*変身物語

ギリシャ神話の

変容の物語を集めた

「変身物語」という本があります。

ギリシャ神話には

鳥や獣や星とか

いろんなものに変身する話が数多くありますよね。

蠍座の由来となったサソリも

女神ヘラが

英雄であるはずのオリオンを殺すために遣わしたサソリで

その功績を称えられて星になったというストーリーがあります。

仕事を終えたサソリは

星になって永遠の存在になったんです。

23度は

そんな蠍の神話のように

一点集中でとどめを刺し

目標を達成して

星という永遠の存在になるかのような度数。

星は

いつ見上げてもそこにある普遍的な存在ですけど

それと同じように

普遍的な強さを持つ自分に生まれかわるんです。

どんなことが起きたって

どんな状況に陥ったって

決して変わらない軸を持つ私。

そんな自分になれたのなら

どんなに辛いことが待ち受けていようが

力強く乗り越えていけそうですよね。

私はまだまだ

強い自分に変容できない未熟者ですが

信念を貫く強さを持てたのなら

いつの日か

強い精神力を持つ自分に変容できるのかもしれません。

強い精神力を持った人は

自分の望むような世界を創造していくことが出来ます。

牡牛座と獅子座と

蠍座と水瓶座は

固定宮にカテゴライズされてますが

この固定宮のサインはどれも

「自分の世界を創造し維持していく力」を示しています。

牡牛座は五感を使用して

自分の好きなもので世界を満たし

獅子座は

燃え上がる情熱を利用して

自分が楽しめる世界を創り

水瓶座は

未来も現在も過去も見渡せる広い視野で世界を眺め

地球全体にとって

より良い世界を創っていくことに力を注ぎます。

そして

蠍座は

不屈の精神力を発揮して

世知辛い人生を渡り歩ける強い自分を創っていく。

どんなことがあっても

自分の信念を貫き

理想とする人生を歩む強さを身につけていくのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「メタモルフォーシス(変容物語)」。

強い自分に生まれ変わった自分を感じてみましょう。

太陽の移動と共に

蠍座が示すことを意識してきたこの23日間。

自分の中に

変容の核(コア)が芽生えているはずです。

変容の核は

堅い「信念」で出来ています。

「私は〜する」

「私は〜思う」という強い意志力が

強い自分に生まれ変わる力となるのです。

星になったサソリのように

永遠の強さが保証されるのです。

・11月16日  蠍座24度

1人の男の話を聞くために山から下りてきた群衆

*賢者の教え

人に会いに行くよりも

会いに来られるような自分になるのがこの度数。

蠍座11度や12度においては

人に頼って

自分を高めたりもしましたけど

24度にもなると

人が頼ってくるような自分に変容します。

なんてたって

一皮剥けた強い自分に成長したわけですからね。

山の上に住んでいる人たちが

わざわざ下山してまでも

「話を聞きにいきたい!」って思う人物になるんです。

「困ったなー。

こんな時はどうしたらいいだろか。。

そうだ!

山の麓に住むあの方に聞きにいこう。」

みたいな感じで

相談するために人が訪れるくらいの

見識が身についたんです。

数々のクエストをこなすことで

レベルアップする勇者のように

数々の修羅場を乗り越えてきた人は

やっぱり強い。

例えば

困難や試練を乗り越えてきた人の体験談は

そのことで悩んでいる人にとって

希望や道標になりますよね。

信頼していた人の裏切りで

どん底の思いをしている人は

同じような体験を経て

今は元気に前を向いて生きている人の姿は励みになるものです。

辛い思いを乗り越えてきた数だけ

優しくなれるのなら

その優しさは

誰かの役に立つはず。

試練を乗り越えてきた人にしか

醸し出せない自信と

自分に対しての誇りに満ちた雰囲気で

周囲の人を引き寄せていく魅力を放っていくのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「強くなった自分に誇りを持とう!」

この24日の間、

蠍座のテーマに意識を向けてきたのであれば

自分の中の

「強さ」が刺激されたはず。

たとえ修羅場とは縁遠い

のほほんとした毎日であったとしても

修羅場を乗り越えて帰還した勇者のように

堂々とした誇りに満ちたオーラを放っていきましょう。

私たちは

「今ここに生きている」ってことだけで

十分、強いはずなんです。

生なんて

死と隣り合わせで

ほんと、

いつ死んでもおかしくない状況の中で生きているっていうのに

今、

ここで生きている私たちは

それだけで強い存在なはずなんです。

時には心が折れ

自信を失い

もうダメだって思うこともあるけど

それでも

なんとかここまで生きてきたってことは

運も持ってるし

守られてるし

誰もが勇者に値するくらいの人生を生きてるんです。

去年と

なんら変わらない自分であったとしても

少しずつ

内面は成長を遂げています。

そんな自分に誇りを持って過ごしていきましょう。

また、

悩んでいることがあったら

誰かに相談したりしてもいいかもしれませんね。

修羅場を超えてきた人生の先輩が

きっと希望を指し示してくれるはずです。

・11月17日 蠍座25度
エックス線

*洞察力

サビアンシンボルって

本当によくできているので

この360個の項目は

普遍的な真実が描かれてるんじゃないのかって思うわけですが

サビアンシンボルの教えによると

いくつもの試練を重ね

乗り越えていくと

X線のように

見透かせる視野が身につくそうですよ。

例えば

社会人になったばかりで

疑うことを知らない純粋だった頃。

街で素敵な女性に声をかけられて

「エステの無料モニターをやってるので協力お願いします」

と言われついて行ったら

そこで高額な契約を交わされてしまった

とか

友達に誘われてセミナーに言ったら

高額商品を契約させられた

とか

人生には

数多くのトラップが待ち受けていたりするんですが

「なんか騙された。。」という

残念な体験をすることで

本物を見極める視野が身についてきます。

若い頃には見えなかった

社会のカラクリや

心理を巧妙に操って儲けるビジネスモデルなんてものも見えてきたりして

簡単には騙されない自分になったりもします。

異性を見る目も養われてくるから

見た目がいくらカッコよくたって

相手の本心や

真の目的なんてものを見抜いてからじゃないと

安心して心を開けないなんてこともあるし

要は

「疑い深い自分」になっていくわけですが

疑い深くなることで

磨かれるのは洞察力。

洞察力とは

物事の性質や原因を

見極めたり推察するスキルのことですが

洞察力が磨かれると

まるでエックス線のフィルムを見ているかのように

物事の隅々までよくわかるようになります。

近づいてくる相手の本心や真の目的を

見極めれるのであれば

簡単に騙されることがなくなりますよね。

蠍座は

「強い自分」になりましたからね。

見透かすことで

騙そうと近づいてくる相手よりも上になって

強さを発揮できるんです。

また

この「X-RAY・EYES」で物事を見透かすことができるのであれば

本当に信頼できる人を見抜くこともできるし

安全で的確な道を選び取ることもできるようになります。

物事の本質を見抜いて

有利な選択をできるようになります。

wikipedia~信念〜より引用

なんでも

信念と真実の重なった部分が

「知識となる」という考えがあるそすですが、

20度から

自分の信念に基づいて行動してきた蠍座は

現実的な事実と

自分の信念の狭間にある「知識」を見出す力がついたとも言えます。

秋の3つのサイン(天秤座、蠍座、射手座)っていうのは

人生を

力強く生き抜いていくための

知恵や知識やモチベーションを身につける領域ですからね。

自分の直感的な考えや

自分の信じる事柄と

現実的なありのままの事実を擦り合わせて

そこに共通するものを見出すことで

正しい答えを選び取る洞察力が芽生えたのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「X-RAY・ EYESを磨く!」

物事の本質を見透かすレンズを目にくっつけて

洞察力を発揮していきましょう。

常識的に正しいと言われていることが

もしかしたら正しくはないのかもしれない。

今まで闇雲に信じてきたけど

もしかしたら騙されてるのかもしれない。

そんな視野を発揮して

改めて冷静に見直しみるだけでも

新しい発想が生まれて

物事を多角的に見れるようになるはずです。

また

「この人の本心はどんなだろう」とか

「このニュースの本質は何だろう」とか

「この事件で得をするのは誰だろう」とか

そんなことを

注意深く観察しながら推察することでも

蠍座的な鋭い洞察力が磨かれます。

洞察して得た答えは

自分を強くするための知恵となり

賢く世渡りしていく材料となるのです。