大事なものとくっつく 2017.10/24~10/28


2017年10月24日〜10月28日

   蠍座第1章(1度〜5度)

*太陽の暦(サビアンシンボル) 日の出時間*東京
日の出時間 ディグリー サビアンシンボル
10月24日 5:55 蠍座1度 観光バス
25日 5:56 蠍座2度 割れたビンとこぼれた香水
26日 5:57 蠍座3度 棟上げ式
27日 5:58 蠍座4度 火のともったろうそくを運ぶ若者
28日 5:59 蠍座5度 大きな岩場の海岸

*秋の盛りのエネルギー

蠍座1度から5度に位置する太陽は

「秋の盛り」の始まりを告げるエネルギーです。

秋の盛りが自然界にもたらすのは

「冬を乗り越えるための姿に変容する作業」。

木々が葉を落とし

姿を変えていくように

私たちの内面から強くするかのようなエネルギーをもたらすのが

蠍座の季節になります。

*キーワード

・密度の濃い空間、時間

・親密

・感情の共有体験

・一体化

・揺るぎない心、信念

*くっつく

だんだん寒くなってきましたねー。

太陽の日の出時間だって

もうすぐで6時台ですよ。

早起きが辛い季節がやってきたわけですが

秋のサインである天秤座ー蠍座ー射手座の季節は

どんどん昼間が短くなる季節。

北半球は

太陽から遠ざかり

日照時間も少なくなって、冷えるわけですが

寒くなってくると求めてしまうのが暖かなもの。

おでんにお鍋、

こたつにストーブ、

暖かなベッドから出たくない気持ちと戦う朝。

暖かなものを欲する気持ちが

ムクムクと湧き上がってくる季節到来ですが

それは犬も同じようで

寝る時、布団の中に潜り込んできて

体をピッタリと寄り添わせてくるようになりました。

「人肌が恋しい季節が訪れた」なんて言い回しがありますけども

一説によると

「秋」の蠍座の季節がそれに当てはまるそうですよ。

夏が終わり、秋の爽やかな季節も過ぎた頃。

あとはどんどん寒くなっていくわけですが

そんな寒さを乗り越えるために

ぬくもりを欲してしまうんでしょうね。

12月には

恋人たちのロマンチックなイベントのクリスマスも控えてますしね。

寒い冬を

誰かと暖めあって過ごしたい。

せめて

「愛」で心をホットにしたい。

みたいな

無意識的な欲求が働きやすい季節なんです。

辛い季節を乗り越えるなら

一人よりも誰か信頼のできる人と乗り越えた方が心強いですよね。

人生には

様々な試練や困難が起こりますけども

そんなことも

愛する誰かがいれば乗り越える強さとなります。

蠍座の領域は

特定の人や

特定の仕事や趣味に一点集中して

夢中になって「くっつくこと」で強くなり

試練や困難を乗り越えて

一皮むけた

新しい強い自分に生まれ変わる体験を示す領域。

要するに

人生を生き抜くために

強い精神力を磨いて

強い自分に生まれ変わる体験が描かれています。

人って

大人になると

自分を変えることが難しくなってくるわけで

ましてや

誰かに言われたからって

すぐさま自分を変えれるもんじゃない。

「頭では判っていても変えれない」

みたいな状態に陥りやすいものですが

そんな自分を

本当に変えるには

潜在意識と呼ばれる心の奥底から変容していかなきゃ変えれないんですよね。

そして

自発的に

「このままじゃやばい。私は生まれ変わる」くらいの

揺るぎない決意が生まれないと

変わるための行動を起こせないんです。

頭では判っていても、行動に移さなければ

この3次元の世界では結果を出すことが出来ず

変化を受け取ることが出来ません。

「変わりたい!」と

意欲を燃やして行動に移していくには

とても強い「変わりたい!」という思いが必要で

「変わりたい!」という強い思いを生むのは

感情のパワー。

大人になってから

強い自分に生まれ変わっていくには

心の奥底で沸騰する感情のパワーが必要なんです。

感情って爆発力あるでしょ。

天秤座のようなスマートな思考や理性なんて

一瞬で吹っ飛ばされてしまいますよね。

天秤座は「風のサイン」で「風」は知性や思考を示していますが

蠍座は「水のサイン」で、

「水」は感情を示しています。

つまりは

蠍座は「感情」を動力源にして

行動していくサイン。

蠍座1度から5度の領域は

そんな蠍座の動力源である「感情」を

特定の誰かや

特定の趣味や仕事に、「くっつけていく」体験が描かれています。

強い自分に生まれ変わるために。

まずは

感情で誰かと繋がることから始めるのです。

*日にち別エネルギー

・10月24日 蠍座1度
観光バス

*集中する

例えば

1週間くらいの長いツアーに参加すると

他の参加者と仲良くなったりしますよね。

普通に暮らしていたら

絶対に出会わないような

遠くから来た人や、年齢層や仕事の違う人達。

価値観だって合わなそうだし

会話も続かなそうだけど

「同じツアーに参加している」という共通の話題があるから、

これから行く場所や

行ってきた場所についての会話を楽しむことができます。

美しい景色や

素晴らしい建造物や

面白い出来事など

一緒に感動を共有するわけですからね。

いろんな垣根を超えて

仲良くなりやすいシチュエーションです。

蠍座1度から5度の領域は

観光ツアーに参加して

同じ感動を共有して

他者と濃い時間を過ごして

ものすごく仲良くなっていくような体験が示されています。

特定の人や特定の事柄に

どっっぷりはまるまでのステップのようなものが描かれていて

スタートの蠍座1度は

同じバスに乗る。

「あいのり」のラブワゴンのようなものに乗り込むことで

近しい関係性を築ける人を見つけることが出来るんです。

ってことで言えば

合コンに参加するとかもそうだし

趣味の集まりに参加するのもそう。

そういう場に出かけることで

恋愛のチャンスも広がるし

夢中になって取り組める趣味も見つかります。

そんな本日の太陽のテーマは

「感情の共有体験!」

人と感情を「共有」することで得ることができる

垣根が取っ払われたような親近感を体験してみましょう。

合コンとかツアーやイベントの予定が入ってなくても大丈夫。

誰かと好きなドラマの話で盛り上がることでも

感情を共有することができるし

同じプロジェクトに関わっている仲間との仕事だって

喜怒哀楽を共に味わいながら前進していきますよね。

趣味の仲間との会話だって

「好き」っていう気持ちをシェアできる関係性でしょうし

濃密で閉じられた関係性の場所においては

肉体の壁を超えて

感情エネルギーで繋がっていくことができるようになるんです。

また、

勉強や趣味や仕事に一点集中するのもいい。

つまりは

そのものの中に入りこんでしまうくらい集中してみる。

集中することで

ぎゅぎゅっと凝縮されるくらい

密度の濃い時間を過ごしてみる。

そのものと一体化するくらいの集中体験を味わってみる。

蠍座を始めるために

凝縮した時間軸を体験していくのです。

・10月25日  蠍座2度
割れたビンとこぼれた香水

*フェロモン

想像してみてください。

自分の部屋で

香水の瓶を落として

割れてしまったとしたら。

溢れた液体は、絨毯をジワジワと侵食し

香水の香りが

あっという間に部屋中に広がるはず。

シュッシュと

少しつけるならいい香りの香水も

多すぎると

気持ち悪くもなりますが

この度数は

「魅惑の香りにあっというまに包まれる」というニュアンス。

心の殻を割ることで

自分の内側から

フェロモンのようなものが溢れてくる様子が示されています。

例えば

「濃密な空間や時間の中で、感情の共有体験をした人には恋心を抱きやすい」

という定説があるけど

蠍座1度がそれだとしたら

蠍座2度は

恋心を抱いたことで溢れるフェロモン。

フェロモンが出てくる扉の鍵が開いて

知らぬうちに溢れてくるんです。

フェロモンっていうのは

簡単に言えば「情報伝達物質」のこと。

私たちは、それを本能的な働きとして携えていて

言葉とかじゃなく

情報伝達物質を発することで

相手に何かを伝える機能を持っているんです。

フェロモンは無臭だけど

本能で無意識的に感じるもの。

月経の周期が

一緒にいる仲間と同調してくることってありますが

あれもフェロモンで同調するという説もあります。

生き物の最大の目的が

「生殖して子供を産み子孫を残す」ということであれば

相手に「OKサイン」を伝えるフェロモンの働きというのはとても大事。

蠍座を支配するのは「変容の惑星・冥王星」と

あともうひとつ。

本能的な生きる力を示す惑星である「火星」が

蠍座を支配しています。

フェロモンは本能的な火星の力。

自分の遺伝子を継いでいくという目的を果たすには異性が必要。

プラスとマイナスがくっついて

新しいものを生み出すかのように

男と女がくっつくために必要なのはフェロモン。

情報伝達物質で

相手の本能を刺激して惹きつけていくのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「フェロモン解放!」

んなもん今更、出るか!

と憤ってしまう私ではありますが

せっかくそんな機能を体内に持っているんだとしたら

使わなきゃもったいない気もします。

体内で分泌されて、

体内に影響を与えるのは「ホルモン」だけど

体外に分泌し

外界の同じ種類の同族に

影響を与える物質が「フェロモン」。

文章で読むと

まるで超能力のような機能を私たちは持っているんですよ。

「匂いの暗号」のようなもので

それを嗅ぎ分けることができる同じ種類の個体に

情報を伝えることができるんですって。

なので

異性を惹き寄せる「性フェロモン」の他にも

昆虫には

外敵の存在を知らせる「警戒フェロモン」とか

道筋を伝える「道しるべフェロモン」とか

いろんな種類のフェロモンがあるそうですが

生き物って

いろんな機能を携えていて面白いですね。

フェロモンに敏感になるためには

やはり嗅覚が大事ということで

呼吸法で息の通りを良くしたり

アロマでリラックスしたりするのも良さそう。

「恋」をして甘い気持ちになると

フェロモンが溢れてくるそうなんっですが

身近に恋の対象がいないのであれば

「恋をしている私」を演じたり、思い浮かべるだけでも

フェロモンが出てくるみたいですよ。

そういえば昆虫には

交尾や越冬などのために仲間の集合を促す「集合フェロモン」というものがあるそうです。

寒い冬を生き延びるために

仲間を集める本能を持っているんですよね。

おそらくは

人間もそんな本能を持っているんでしょう。

寒い冬を目前に控え

フェロモン情報を発して

一緒に冬を越せる仲間を集めていくのです。

・10月26日  蠍座3度

棟上げ式

*私は始める

「好きです!」

って告白して付き合う。

私からしたら

今更、縁のないような度数が続きますが

とても大事なことですよね。

これがなきゃ

人類、滅びる。

天秤座が

他者と公平なパートナーシップを築いていく体験が示されているのだとしたら

蠍座は

他者と深い関係性になるための体験。

表向きの顔も、洋服も

全てを取っ払ってしまえるような相手と

一体化していく体験が示されています。

そうするには

やはり

信頼できる相手じゃないと嫌だし

自分好みの人じゃなきゃ嫌。

人が恋するのは「本能」の為せる技。

衝動や欲求に急き立てられ

ちょっとしたことで感情は揺さぶられ

それをパワーとして

普通だったら思いつきもしない大胆な行動を取ることもあります。

さすがの理性も

本能的な力には抗えないようにできている。

そうしないと

人類、滅びる。

遥か昔から私たちは

本能的な力を使用して命を継いできたんです。

「棟上げ式」っていうのは

これから一緒に住む家を建てるために行う儀式のようなもの。

二人で作り上げる歴史のスタート地点です。

若い二人なら

付き合うことになった時。

共に生きていこうと誓った二人なら結婚式。

安心して暮らせる新居を探して引っ越しをした時。

夫婦喧嘩が絶えなくて

もうダメかと思ったけど

もう一度、やりなおそうと

関係性を新しく構築していく時。

明るい未来を夢見て

二人の時間をスタートさせるのがこの度数のエネルギー。

共同作業や

同じ時間を過ごしていくことで

互いに

なくてはならない存在になっていくものですからね。

蠍座は

相手に、くっついて一体化するサインと言われてますが

くっつくための接着剤として

外部の相手に情報を伝えるフェロモンを使用する。

つまりは

本能的な力を使用することで

「私はあなた」「あなたは私」くらいに思えるように一体化するんです。

そうすることで

二人で協力して

人生を生きていく力とする。

二人の化学反応で

新しい時間を創造していくんです。

また

これは、「他者」じゃなくても同じことが言えます。

何かの研究に夢中になる時や

何かの趣味に没頭する時も

蠍座1度から5度のエネルギーを使用して

私たちはのめり込んでいきます。

その場合は

1度で、とても気になる研究対象を見つけ

2度で、そのことで頭が一杯になり情報を集め

3度で、研究を始める。

みたいな流れになります。

そんな本日の太陽のテーマは

「始める!」

何かを始めるのには最適な日。

準備なんかできてなくても

いつだって始めることができるんですよね。

「今、この瞬間」から

何だって始めることができるんです。

夫婦仲に悩みがあるなら

「これからスムーズな関係性になれるように私は始める」

と意思決定することも出来るし

目標や夢や理想があるなら

「私はその状態になれるように今から始める」

と自分と誓うことができるんです。

その誓いを破ると言うことは

自分に嘘をつくこと。

自分に嘘をつき続けると

「自分は大事にされていない存在」というのが心に染み付いて

自信を失う原因にもなります。

なので

できれば

「私は〜を始める」という誓いに嘘をつかずに済めばいいんですけども

これがなかなか難しかったりもします。

でも

蠍座の季節のエネルギーっていうのは

「不屈の精神力」を与えてくれるような力を持ってますからね。

この季節のエネルギーに便乗して

強い意志力を磨いていけるのです。

・10月27日  蠍座4度

火のともったろうそくを運ぶ若者

*一体化体験

暗くなった部屋を

キャンドルで灯すと

なんとも言えない暖かな雰囲気になり

ムード満点になりますよね。

天秤座4度は

キャンプファイヤーの周りに

気の合う者同士が集まってくるシンボルでしたが

蠍座4度は

キャンドルの灯り。

キャンプファイヤーは

大きな火なので

大勢の人が周囲を囲うことができるけど

キャンドルの小さな灯りは

もっと親密な関係性の人と囲むためのもの。

闇で覆われた夜を

二人で一緒に過ごしても大丈夫な信頼できる人と

絆を深めるてくれるのが

ゆらゆら揺らめく蝋燭の炎です。

相手と始めて体を合わせる時なんて

こうこうと電気つけっぱなしの状態なんて嫌ですよね。

かといって

消したら真っ暗だし

そんな時にもキャンドルの光がちょうどいい。

一気にロマンチックなムードが盛り上がり

心も肉体もオープンになれるってもの。

蠍座は

そういう性的衝動も司ってますからね。

性的衝動は

自分以外の誰かと溶け合うための本能。

そうやって

生き物は種を継いできたんです。

自分と他者の境界線をなくして溶け合うためには

自分の心や肉体を傷つけない

信頼できる相手に身を任せたいものです。

1度から始まった「大事な人探し」は

ここで相手と一体化することで完成します。

深くて濃い絆が生まれるのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「一体化を体験する!」

ぜひ、

「一体化」というものが

改めてどんなものなのかを体験してみましょう。

もちろん

人と一体化体験をしてみてもいいし

今更そんな。。

ということであれば

自分が夢中になって行える仕事や趣味や研究に対して

のめり込むかのように

集中するのでもいい。

例えば

小説を読んでいて

面白いと夢中になって

その世界に引き込まれてしまうような感じになることがありますが

それくらい

集中して何かに取り組んでみる。

自分の周囲にある現実が目に入らなくなって

自分が今どこにいるか判らなくなるくらい

やっていることに集中する。

そんな時

私たちは誰もが蠍座4度の「一体化」する力を使用しています。

今、目の前にいる

自分の好きな人や

好きな事柄に夢中になることで

時間軸を超えた

アナザーワールドへ入り込むことができる。

自分と、他のものと一体化することで

入り込める世界を体験してみるのです。

・10月28日 蠍座5度
大きな岩場の海岸

*揺るぎない信念

海岸にある大きな岩は

激しい波にさらされても動くことなく

ずっとそこで悠久ともいえるような時を過ごしていきます。

波に削られ

その姿は

少しずつ変わっていくけど

その場所に執着するかのように

頑なに動かず

当たり前の景色としてそこに定着します。

蠍座は

どっしりと固定された不動宮のサイン。

岩のように頑なで

一度、お気に入りを手に入れたら

なかなか手放そうとしないところがあるんですよ。

愛着を持ってそれを大事に思い

執着とも言えるくらいに固執していく。

蠍座は一途だなんて言われてますけど

それは

海岸の岩のような思いを持っているから。

感情の嵐で

激しく心が揺れても

決して変わることのない信念のようなものが出来あがるんです。

1度から4度の体験において見つけた大事なもの。

それを

「一生大切にしていきたい」という思いが生まれたのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「揺るがない心」。

自分の中に

絶対に揺るがない思いがあるか?

確認してみましょう。

それは誰かに対する愛情かもしれないし

夢中になって取り組んでいる仕事や趣味かもしれない。

私の場合は

まずあげれるのは「占星術」ですかね。

一生かけてでも

占星術という体系の本質を知りたいという思いが強いので

ずっと探求していきたい事柄です。

あとは、ワンコに対する愛情ですかね。

何があっても絶対に守り続けたいし

人間よりも寿命の短い犬の一生を

幸せなものにしてあげたいという揺るぎない思いを

今、改めて確認できたところです。

ってことで言えば家族もか。

なんて感じで

自分の中の揺るぎない思いを確認してみましょう。

改めて確認してみると

心の中が何だか暖かくなった気になるかもしれません。

大事なものがあるって

自分を強くするんですよ。

蠍座は

強い自分に変容していくストーリーですからね。

人と深く繋がると

喜びや慈しみや感謝という愛に溢れた感情を味わい

幸福感に浸ることもできるし

憎しみや悲しみ、嫉妬や独占欲という

ディープな感情に支配され

食事も喉に通らないくらいの状況を生み出すこともあります。

何かに真剣に取り組むのもそうですよね。

達成した時の喜びもあれば

ライバルに対する嫉妬や負けた時の悔しさ。

自分の不甲斐なさに落ち込んだりもする。

真剣に向き合えることほど

いい時の喜びは大きいけど

悪い時の落ち込みは酷い。

悪い時の感情の嵐に負けてしまったら

「もういいや」って

手放してしまうかもしれないけど

そうすると

解放されてラクになるけど

乗り越えてこそ成長できるものだから

強い自分に変容するのが目的の蠍座は

諦めちゃダメだし

手放しちゃダメなんです。

なので

蠍座5度では

何があっても揺るぎない心を築き上げる。

「一生大事にする」という決意をするのです。