自己肯定感 2017.8/18~8/23


2017年8月18日〜8月23日

   獅子座第6章(26度〜30度)

*太陽の暦(サビアンシンボル) 日の出時間*東京
日の出時間 ディグリー サビアンシンボル
8月18日 5:02 獅子座26度
19日 5:03 獅子座27度 夜明け
20日,21日 5:04 獅子座28度 大きな木の枝にとまるたくさんの小鳥
22日 5:05 獅子座29度 人魚
23日 5:06 獅子座30度 封をされていない手紙

*エネルギー

獅子座26度から30度に位置する太陽は

体と心にこもった熱を取り除き

少し冷静さを取り戻すかのようなエネルギーを放っています。

真夏の暑さが少し和らぎ

憑かれていたような熱が取れ

今の自分の現状や現実が目に入ってくるかのような、

熱が徐々に去りゆき目の前の視界が開けてくるかのような。

そんな作用をもたらす太陽の位置の時期になります。

*キーワード

・兆候、サイン

・創世記

・現実的な視野

・心と現実的な視野の回路を繋げる

・オープンマインド

*夏休みの終わりの心境

もう獅子座の領域の最終章。

「夏の盛り」のクライマックス到来です。

普段ならできない大胆なこともできるのは

全部「夏のせい」。

でも、あと数日もすれば

「夏のせい」なんかにしてらんない「乙女座の季節」がやってきます。

夏を終わらせて秋に向かう乙女座は

夏を終わらせるために

冷やかな冷静さをもたらす役割があります。

浮かれ気分を冷ますために

容赦なく現実に戻させる。

そうすることで

嫌でも熱を冷まさせるんです。

獅子座26度から30度の領域は

そんな乙女座の領域へ移動するのに備えての準備が始まります。

この領域は

例えば

夏休みがあと5日で終わるっていう段階になった時と似ています。

もうじき訪れる新学期のことを考えて

やってない宿題のことを考えて憂鬱になったり

でも、友達と会えるのは楽しみだったり

休みが終わるのがとても寂しくなったり

楽しかった夏休みを思い出してセンチになったりと

なんとも複雑な気分になるものですが

楽しかった夏休みと

迫り来る現実という物凄いギャップに対応していかなきゃならない。

「今日は何して遊ぼう」って

自由に時間を使用していたのに

また毎朝、決まった時間に起きて

決まった時間に学校に行ってって

枠組みに縛られた生活が始まるんです。

でも大丈夫。

枠組みに縛られた生活が始まったとしても

獅子座の季節に培われた「自分の世界を自分で創造する力」は

楽しかった記憶として記憶細胞に蓄えられ

それは無意識的な感情の反応パターンとして定着し

私たちの目指したい方向を

感情の高鳴りと共に指し示してくれます。

つまりは

いつだって

現実の日常の中であっても

自己創造の力を呼び起こせるということ。

獅子座の最終章は

そんな作業をしつつ

視野を広げて現実を見据える領域。

主観的な視野で見ていた世界から

広く見渡す視野にシフトチェンジして

現実を見据えていくのです。

*日にち別エネルギー

・8月18日 獅子座26度

*虹のサインを探す

今年は

雨の多い夏になってますが

どうせ雨ばかりなら

雨上がりに美しい虹が架かればいいのに。

したら

雨で潰れた1日も

「あーこれを見れたからいいかー」なんて思えるのに。

それって

人生全般にも言えることですよね。

トラブル続きの日々だったとしても

終わりよければ全てよし。

最後に

パッと明るくなるような出来事があれば

今までの苦労も

「結果的に良かったなー。」って思えるものです。

25度では

過酷な砂漠を越えるラクダになりましたからね。

耐え忍んで歩み続けた先にあるのは虹のゴール。

サビアンシンボルによると

「自己実現のために、ひたすら向き合って努力すれば、報われる日が来る」

ということを教えてくれているようです。

確かに、これも当たり前っちゃあ当たり前。

砂漠という過酷な道のりを

乗り越えるための耐久力と強い目的意識を持って

毎日、少しでも前進していけば

いつの日か

約束の場所へ辿りつくことができるんです。

ただ

こんな当たり前のことが難しいのは

それを乗り越えるだけの強い目的意識と耐久力がないからで

その精神性を培うのが獅子座という領域のお役目。

自己実現を果たすために一番大事なのは、

自分の内から湧き上がる意欲。

意欲が燃え続けないことには

やり続けることが出来ず

最後まで達成することが出来ません。

太陽の光を浴びれば

元気が出て、ヤル気が出るといいますが、

それは太陽の炎が、心の意欲に火種を分けてくれるから。

もらった火種を燃やし続けて

ゴールを見据えて動いていくことで

私たちは自己実現を果たすことが出来ます。

そんな本日の太陽のテーマは

「虹のサインを探す」。

虹は

ゴールを告げる天からのメッセージ。

黙々と自己実現の旅路を歩んでいたとしても

ゴールのサインを見過ごしてしまうのであれば

いつまでたっても辿りつくことが出来なくなります。

虹のアーチというゴールをくぐることで

約束の場所へ辿りつくのであれば

虹のアーチというゴールをしっかりと見据える視野が必要。

ドデカテモリーで言えば

視野の広い知性の双子座の資質が混ざりますからね。

冷静さを取り戻し

頭をすっきりさせて

自分の居場所や自分の状況を客観的に眺める視野と

どこかにあるゴールを告げる標識を見逃さないために

広い視野を取り入れていかなきゃならない。

虹のサインに気づくために必要なのは

客観的で広い視野と知性。

広い空を見渡し

行くべき方角を示す兆候を探せる視野と

兆候らしきものを見つけて

それの意味や重要性を探る思考力が必要なんです。

その兆候に意味や重要性を見出すことで

確信になりますからね。

顔を上げて

自分の世界をぐるーっと見渡し

ゴールの方角を示す虹のサインとなるようなものを見つけて

意味付けして

それが重要なサインなのか判断する。

約束の場所が示されている方角を読める力を身につけるのです。

・8月19日 獅子座27度
夜明け

*自分の心の王国の創造神になる

旧約聖書の最初の書は

「創世記」。

天地創造から始まって

この世界が創られたってところから始まるやつですね。

獅子座27度の基本的なエネルギーは

この「創世記」と似たエネルギー。

つまり今日は

新しいものを最初から創造するエネルギーが流れる日です。

自分の町や農場を作る育成ゲームを始めるかのように

まっさらな大地から

すべてを自分好みに創り上げていくような

新しい始まりを告げる夜明けが訪れるんです。

26度でゴールに辿り着きましたからね。

だからと言って終わりじゃない。

ゴールという

終わりの始まりの場所に立っただけ。

また

新しいミッションが始まるんです。

ゴールに辿りついたことで満足してしまったら

燃え尽き症候群のようになってしまって

その後の人生でヤル気を失ってしまいますからね。

一つのゴールに辿りついたら

また一から自由に

新しい自分の世界を創り上げていける喜びを感じることで

意欲が燃えて

新しいことにチャレンジしていくことができるんです。

私に与えられた

この真っ白な世界を

どんな色で彩っていこうか!

真っ白いキャンパスに何色を塗ろうか考えながら

絵の具や材料を用意するように

理想的な世界を創造するために

またあれこれと思いを巡らす。

そうすることで

与えられた人生という時間を豊かに創り上げていくことができるんです。

そんな本日の太陽のテーマは

「今日という1日を自分の色に創造する」

出来るなら

「今日はこんな日にしよう」という理想的な1日を明確にして

それを実行してみましょう。

本来は毎朝、

私たちは新たな創世記を迎えているんですよね。

真っ白な時間に

自分のカラーを塗りたくっていくことで出来上がる1日。

寝る時には

1日を凝縮させた1枚の写真のようなプリントが出来上がって

記憶倉庫に保管されていく。

その積み重なったプリントが

人生の記録を示す聖書のようなものだとすれば

新しいページとなる新しい1日を意義あるものにしたいものです。

誰かの人生じゃなくて

自分の人生を生きて行く。

誰かのせいで嫌な思いをしても

何かのせいで損をしたとしても

それをどう受け取って消化していくのかは自分が決める事。

自分の人生の物語のページを作るのは自分の在り方。

そんな事を意識して

どんな1日にしたいのか。

毎朝、全ては一から始まる創世記。

そんなふうな気分で過ごせたのなら

毎日、張り切って過ごせそうですよね。

そんなテンション、

毎日続けるのは無理かもしれないけど

せめて今日くらいは

「私は私の世界を創る創造神だ」ぐらいの気分で過ごしていきましょう。

きっと

自分の心の王国の住人達が

頼もしい神降臨で喜ぶはずです。

心の王国の住人達のためにも

豊かな王国を創り上げることを約束するのです。

・8月20日、21日  獅子座28度

大きな木の枝にとまるたくさんの小鳥

*やらなきゃならないことをピックアップ

「夏休みの終わりがあと3日」って心境なのがこの度数。

なかなか複雑な気分を味わう頃ですよね。

いよいよ現実味を帯びてくる新学期を

嫌でも意識しなければならない。

新学期までに必要な準備を

そろそろ本気でやらなきゃなんないし

夏休みの最終日くらいは

最後の打ち上げ花火みたいにパッーと解放的に過ごすために

終わらせてない宿題をやっておこう。

そんな現実的に先を見据えた行動を考え出すのが

獅子座28度。

「鳥」の視野で

広く世界を見渡しているんです。

しかも

大雑把に全体像を見渡すのではなく

細かく細分化して考えを整理している。

木の枝が細かく枝分かれしているように

思考を細かく辿って

やるべきことを整理したり

要領よくこなす方法を考えているんです。

26度からの体験で

徐々に熱が冷やされ

冷静に思考できる知性が働き出しましたからね。

やるべきことを明確にして終わらせるために

物事を整理して考えているんです。

そんな本日の太陽のテーマは

「やらなきゃいけないことをピックアップ」。

今までの獅子座は

「自分がやりたいこと」をピックアップしてきましたが

現実的な雑務をこなす乙女座にむかうために

少しずつ現実的な視点を取り戻さなきゃならない。

この地球の世界は

「やりたこと」だけをやってればいいという世界ではなく

「やりたくないけど、やらなきゃならないこと」とも

向き合っていかなければならない世界で

「やりたいこと」をやるのは大事だけど

それと同じように

「やらなきゃならないこと」をやるのも大事。

子供的な意識で捉えるのであれば

「やりたいことだけをやりたい」になるけど

大人的な意識で捉えるのであれば

「やりたくないこともやらなきゃならない」になる。

「なぜなら、世の中とはそういうものだから」

と多くの大人達は子供達に説くのでしょうが

実際その通りで

多くの人が暮らすこの世界において

好む好まずに関わらず

与えられた役割を各々が責任を持って果たしていくのであれば

豊かな社会が築かれ、

自分も安心して暮らせるようになります。

大勢の人と共存して生きて行く私達は

自分のやりたいことだけをやってるだけじゃダメ。

やりたくないとしても果たすべく義務ってものがあって

その役割をきちんこなすことで

社会的にも信頼され

結果的に

自分の「やりたい」という自己表現も

社会に受け入れられ応援されるようにもなるのです。

全てが相互作用で繋がっているのであれば

「やりたいこと」をやるのも

「やらなきゃならないこと」をやるのもコインの裏と表。

両方があって

この世界は成り立っていると受け入れるのであれば

「やらなきゃならないこと」すらも

肯定的に捉えることができるはず。

ということで

今日は現実的に現状を把握して

やらなきゃならないことをピックアップ。

私の場合だと

面倒くさかったり

気が重くなったりして避けていた地味な作業がたくさん残っています。

そういうのも

「たくさん」という曖昧な捉え方をしているからダメなんですよね。

ちゃんと、整理するためにも

明確に紙に落とし込んで

「やらなきゃならない作業」をピックアップ。

考えるだけで気が重くなるけど

やってみようかと思います。

・8月22日  獅子座29度

人魚

*内的世界を表現する

本当は

遊んでいるだけの毎日の方が楽しくていいんですけどね。

今でも

「永遠の夏休み」みたいな生活に憧れます。

でも、

現実社会で生きていると

そうもいかないんですよ。

税金も払わなくちゃならないし

公共料金だって発生するし

各種手続きもやらなきゃならないし

大勢の人が暮らす社会っていうのは

そうやって出来てるんです。

と言っても

やっぱり

自分のやりたいことしかしたくない。

でも

やりたくないこともしなきゃならないのが国民の義務。

そんな延々と続く葛藤のようなものが

獅子座29度。

このまま夏の王国にいたい。

でも現実の生活が待っている陸地に行かなきゃならない。

人魚は

下半身が水の世界に適応したヒレを持っていて

上半身が人間。

下半身は夢の国に繋がってるけど

頭は、人間の国にいるんです。

つまりは

イマジネーションの夢の世界と

リアルの世界の狭間にいるような度数。

どちらにも行ったり来たりできるんです。

夢の世界に潜り込むこともできるし

リアルの世界でちゃんと考えることもできる。

両方楽しめるという利点がある一方で

両方楽しめるが故の葛藤というものもあって

陸地に上がりたいと切望したところで

足がないから上がれず

かと言って

「海の世界で落ち着くか」と思っても

まだ見ぬ陸地に対する憧れが消えることなく

葛藤するというモヤモヤを抱えることになります。

なんか抽象的で

判りづらいモヤっとした説明になってしまいましたが

簡単にいえば

新学期まであと二日って日の心境と似ています。

「泣いても騒いでも今日で最後」っていう最終日にもなると

開き直って

「最後の日を楽しもう」なんて思えたりもしますが

この2日前っていうのは

まだ開き直ることも出来ず

夏休みに未練タラタラで

一番モヤっとする時。

開き直って

現実に直面するために

心のモードを切り替えていかなくてはなりません。

そんな本日の太陽のテーマは

「アーティストになりきる」。

面倒くさくて後回しにしていた宿題の絵日記を

必死で埋めている子供のように

思い出や

心の風景や心の欲求、

豊かな直感やイマジネーションの世界を

絵や詩や音楽や文章、ハンドメイドの創作物として

表現してみてはいかがでしょうか。

言ってみれば今日は

直感と思考の神経回路の繋がりが活性化される日。

直感やイメージを

思考で落とし込んで

現実的に取り上げることができる日なんです。

芸術や表現活動って

心のモヤモヤを解消するのに役立ちますよね。

芸術や創作物に昇華することで

「モヤモヤ」を「成果」に変換することができます。

「具体的な成果」は

二本の足を授けてくれる魔法となり

否が応でも海の世界に後戻りできない。

陸の世界に行くしかない状況を生み出します。

こうして

獅子座は

笑ってばかりの夏の夢の王国から抜け出す。

陸地を踏みしめる二本の足を取り戻し

時計が支配する「現実の王国」へと戻っていくのです。

・8月23日 獅子座30度
封をされていない手紙

*心の欲求にオープンに過ごす

ということで

夏休みの最終日的なエネルギーを持つのがこの度数。

もうね、

どんなに駄々をこねたところで

明日から学校なんです。

開き直るしかないんです。

ってことで

封をされていない手紙。

封をされていないってことは

オープンなんですよね。

普通

手紙って他の人に読まれたら嫌なものなので

自分の机にしまったりと管理しますが

食卓に封を開けたままの手紙が置いてあったのなら

それはもう

「誰が読んでも構わない手紙だよ」っていう意思表示とも思えるわけで

とにかく

隠すことなくオープンなんです。

30度は

どのサインも

そのサインの資質を派手にやりきって

次のサインに向かう度数と言われています。

自分を動かす充電池に

火のエネルギーを充電して動いていた獅子座が終わるということは

その充電池の火のエネルギーを全部使い切って

乙女座に引き継ぐ必要があるので

残っている火のエネルギーを全部

一気に使用しなきゃならないんです。

そんな本日の太陽のテーマは

「思い切り開放的な気分で過ごす」。

辞書的には

「あけっぴろげで自由な様」を

開放的と呼ぶらしい。

今日は

自分の自由意志と自由な時間を優先して

物事を選んで楽しんでいきましょう。

明日からは

枠組みや秩序の中で

自分の役割を果たす資質を磨く乙女座が始まりますからね。

獅子座は自分の「やりたい!」を大事にしましたが

乙女座は人から言われた「やりなさい!」を大事にするサイン。

「やりなさい。」と言われたことを

きちんとこなすことに喜びを見出すサインです。

つまりは

自分の「やりたい」より「やりなさい」を優先することになるわけで

それは

獅子座からしたら窮屈な状態なんだけど

「やりなさい」が出来るようになるということは

「有能さ」が磨かれるということで

社会を生きていくにあたって

有利な性質を身につけることができるようになります。

つまりは

今日は、

自分の有能さを育てるレッスンが始まる前日。

ここで思い切り、やりたいことを自由にやって

羽を伸ばしておくことで

明日へと向かう決意が固まるのです。

オープンマインドで過ごすことで

自分の心の欲求をすくい上げ

その欲求を叶えてあげるつもりで過ごしていきましょう。

自分の心のワガママを聞いてあげることで

心の欲求に納得してもらって、

明日からの乙女座のレッスンに向かう手を打つのです。


コメント

  1. 射手座のR3 より:

    うわーーー夏休みラスト2日(ラス2)のモヤモヤ感、分かるーーーーーー!!!
    潔く出来ないんですよね…( ̄▽ ̄)もそっとダラダラさせてくれぃ→あかんあかんシャキッとせい→まだ2日あるやん…→もう2日じゃ!お前アホか!→これがえんえんと自分の中で繰り返されます。一人ボケツッコミ。しかしいくらボケてもツッコんでも2日なんです。変わらない。変わらないことを学びなさい。あっ乙女座先生。宿題出しなさい。やったけど家に置いて来たんです…。じゃあ今から取りに行っておいで。囧rzアウトーーーーーー

    夏休みってほんとに楽しいですね、この記憶があるから大人になっても生きて行けるんだなぁ〜(*´-`)

    • yura より:

      本当だわ。
      夏休みの記憶があるから大人になっても生きていけるんだわ。
      「生きてると楽しいんだよ。またあの頃のような夏を体験できるかもしれない」なんて思うことで希望にもなるし、自分の中の太陽の意欲が湧くんだわ。
      実際、私も永遠の夏休みをいつも探しているような気がする。
      ここ最近、ずっと涼しくて夏の浮かれポンチ気分が低下しておりますが、そうは言ってもまだ夏。
      せっかくの獅子座の季節だからアホ全開丸出しで楽しもうと思います!

  2. 射手座のR3 より:

    忘れていた記憶が目を覚ましました(大袈裟な)
    夏休み終盤になると必ず親と大ゲンカしてましたね。親は早く学校行って欲しい、子は遊んでたい、この葛藤はどこの家にもあるだろう。もう売り言葉に買い言葉ってこの事くらい罵倒の応酬。出て行け!出て行ったるわい!みたいなww
    ガラ悪いけど本当のことなんですよね…
    この時期、ちょっと学生さんたちが心配になりますが私も親になったので親の気持ちを察する側に回ったのでしょう。

    • yura より:

      すごい!夏の終わりの記憶が蘇ったなんて。
      記憶細胞にファイルされて放ってあった記憶が、現在に蘇る!
      私はアホな子だったから、親が「夏休みを早く終わって欲しい」と思ってるなんて微塵も思ってませんでしたわ。親からしたら本当、夏休みって大変ですよね。
      でも学校が始まれば弁当作んなきゃなんないしって、どっちにしても大変じゃんみたいな。

  3. 射手座のR3 より:

    わはは、子どもに一日中家に居られるとストレス…という親の思いがあったでしょうねぇ( ̄∇ ̄)子どもはそんなん知らんがなって感じで♬
    いやー夏の終わりに記憶を取り戻してスッキリしました!!ひっくるめて思い出という名にして、夏を終えるんですね。西日本はまだ晴れて暑いんですが今年は雨が多かった印象ありますね。秋の到来を待ちながら今は名残の夏を味わっています♩

    • yura より:

      西日本なんですねーー!
      地域によって天気も時間も違いますもんね。
      こっちは雨ばかりでしたよ。でも涼しいから割と気持ち良く過ごせてます!