遊ぶ 2017.8/3~8/7


2017年8月3日〜8月7日

   獅子座第3章(11度〜15度)

*太陽の暦(サビアンシンボル)   日の出時間*東京
日の出時間 ディグリー サビアンシンボル
8月3日 4:50 獅子座11度 大きな樫の木の下にあるブランコに乗る子供たち
4日 4:51 獅子座12度 宵の芝パーティー
5日 4:52 獅子座13度 揺れている年をとった船長
6日 4:53 獅子座14度 表現の機会を待つ人間の魂
7日 4:53 獅子座15度 山車

*スマイル・エネルギー

獅子座11度から15度に位置する太陽は

私たちの遊び心を刺激するような光を投げかけてきています。

夏の暑さは

私たちに大量の汗をもたらしますが

それは

メイクという仮面を剥ぎ取って素顔の自分に戻るため。

この時期は

まるでヒマワリのような

子供のような剥き出しの笑顔という

大輪の花を咲かす季節なのです。

*キーワード

・喜び

・交友・親交

・明るく照らす

・純粋・無邪気

・主人公

*夏物語

早いものでもう8月。

8月に入ると

いよいよ夏本番気分が盛り上がってきますよね。

私の住んでいる場所では

8月初旬

花火大会が目白押し。

花火の音が響き渡るだけで

夏気分が盛り上がってくるってもんです。

子供たちも

あと丸々1ヶ月も休みがあるってことで

テンションが高い時期だし

それとリンクするかのように

獅子座11度から15度の領域っていうのは

「遊び」がテーマの領域になっています。

夏休み後半だと

差し迫る新学期や宿題のことを思って

憂鬱な気分にもなったりしますが

8月前半はそんな心配をすることもなく

まだまだ心に余裕があります。

夏休みを楽しむことに集中できるんです。

獅子座6度から10度の体験においては

自由な時間を自分の望み通りに創り上げていく

獅子座の視野を磨きましたからね。

自分が楽しいと思うことをする。

自分が好きなことをする。

それを思うとワクワクして

駆け出してしまいたいような気持ちを

そのまま素直に形にする。

宿題の「絵日記」は

自分が主人公の夏物語です。

毎日を楽しい物語で埋め尽くすかのように

新しい1ページを自らの手で創り上げていくのです。

*日にち別エネルギー

・8月3日 獅子座11度
大きな樫の木の下にあるブランコに乗る子供たち

*遊びの日

「私たちはこの世界を楽しむために生まれてきた!」

そんなことを示しているのが

獅子座11度のエネルギー。

夏の子供のように

「今」を楽しみ、「今」に夢中になる。

そういう時って

時間が長く感じたり、短く感じたりと

時間軸さえもが自在に変化していくものですけど

それこそが本来の時間軸。

楽しんでいると

自在に伸縮する本来の時間軸に入りこむことが出来ます。

それは心の世界が作り上げる時間。

時計盤が刻む時間じゃなくって

自分だけの時計の針が動き出すんです。

樫の木の下で揺れるブランコは

まるで

自分だけの時間を生み出す時計の振り子のよう。

普遍的な叡智を示す樫の木の加護のもと

自分だけの時を刻んでいるんです。

この「地球」という遊び場で

大きな存在に守られながら

安心して遊んでいるのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「夏の子供になる!」

自分の中の子供を解放させて

夏物語の楽しい思い出を作ってみましょう。

夢中になれるもの、

好きなもの、

楽しいことを

心おきなくやってみるんです。

「海の日」「山の日」「子供の日」。

現在の日本には

いろんな祝日がありますが

サビアンシンボル的に言えば

今日という日を「遊びの日」って祝日にして欲しいくらい。

犬も猫も鳥も

動物達は遊ぶのが大好きだけど

私たち人間も遊ぶのが大好き。

「遊ぶ」「笑う」っていう行為は

身心の回復を図り、免疫力を高める効果があるって言いますもんね。

オープンマインドで

素の自分をさらけ出して

飾り気のない自分で。

そういう姿勢を取り戻すと

すぐにいろんな人と楽しく交流できるようになります。

子供なんか見てると

その子の性格にもよるけど

他の子供達とすぐに打ち解けて一緒に遊んだりしますよね。

アメトークの「夏フェス芸人」の回でも

フェスだとオープンマインドになって

いろんな人とすぐに打ち解けて仲良くなるのが楽しいって言ってましたが

自分がオープンマインドでいれば

世界もオープンになって光が広がっていくんです。

オープンにした

自分のマインドから溢れ出すのは「喜び」。

溢れ出した「喜び」のエネルギーは

周囲の人にも影響を与え

みんなが自然に笑顔になる世界が創造されていくのです。

・8月4日 獅子座12度
宵の芝パーティー

*夜遊び計画

11度が

昼間に遊ぶ子供たちだとしたら

12度は

夜に遊ぶ大人たち。

暑さが緩む夜の野外パーティは最高に気持ちいいですよね。

お庭でビールを飲んでバーベキューもいいし

会社帰りにビアガーデンも夏ならでは。

11度が

ギラつく太陽の下、汗流しながら夢中になって遊んでいたのに対し

12度は

快適な夜風の下で

飲んだり食べたり笑ったり。

暑い昼間を乗り切った同志達と

余裕のある大人の雰囲気で

夏の夜を遊ぶのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「夜遊び!」

今日は夜遊び計画を立ててみてはいかがでしょうか。

無理やり飲み会の予定を入れるとかじゃなくって

夜遊びするなら何をしたいのか?

を考えてそれを実行してみる。

一緒に遊びたい仲間がいるのであれば

飲みに誘うのもいいし

一人で映画が見たい

一人でドライブに行きたいでもいい。

暑さから解放されるこの夜に何をして遊ぼうか?

そんなことを実行して

自分を喜ばせてあげるんです。

彼と過ごしたい。

子供達と花火がしたい。

寒い冬は

夜なんて家で過ごしたくなりますが

今は暑い夏。

ベランダで晩酌もいいし

山に星を見に行くのもいい。

真夏の夜の主人公となって

未だ体験したことのないような喜びを味わうのです。

・8月5日  獅子座13度

揺れている年をとった船長

*太陽になる

子供のように無邪気に遊ぶこともできるし

大人のように洒落た遊びも出来る遊びの達人は

家の中でゆったり過ごしていたって

楽しむことができます。

ロッキングチェアーに揺られながら

イマジネーションの世界で楽しむこともできるし

また

訪れた人たちに

楽しい話を提供することも出来ます。

「人生を楽しむ達人」は

盛大なエピソードトークを持っています。

なので

「楽しい物語が聞きたい!」ってことで

椅子に座って動かずとも

人が集まってくるんです。

13度はカリスマ度数。

獅子座のカリスマ性って言ったら

「太陽のような人」ですからね。

太陽のように暖かで明るいっていうのもそうだし

太陽のように

自分は動かずとも

内面から生命力の光を放って

周囲を照らすっていうのもそう。

太陽に照らされた地球に

昼と夜がもたらされ

季節が生まれ

生命が息づくように

獅子座13度も

自分の好きなことを楽しんで行うことで

喜びのエネルギーを放ち

そのエネルギーを受けた人たちが幸せな気持ちになるような力を放っていくのです。

そんな本日の太陽のテーマは

「太陽になる」。

11度、12度の体験で

自分の好きなことを素直に楽しむことができたのであれば

内面から湧き出る喜びのエネルギーに包まれているはず。

今日は穏やかな心で

来る者拒ます去る者追わず。

内面から暖かな愛情を放射させて

周囲の人に元気を与えるような太陽になるのです。

自分が主人公の物語に出てくる他の人たちは

脇役ではなく「共演者」です。

彼らがいてくれるお陰で

自分の人生の物語にコントラストが生まれ

感動的なドラマが創作されていくんです。

自分が明るく喜びにエネルギーに包まれてるのであれば

来る人達も

そのご機嫌のエネルギーを受けて

気分が良くなります。

今日は

周囲の人を明るく照らす太陽気分で

寛大な気持ちで過ごしてみましょう!

・8月6日  獅子座14度

表現の機会を待つ人間の魂

*現実的な道筋を明確にしてチャンスを狙う

この度数の基本的なエネルギーは

子供のような「純粋さ」と「無邪気さ」。

チビッ子達は

気持ちが高ぶってきたら

場所を選ばずに

歌ったり踊ったりしますが

あの衝動を

もっと効果的に使用するために

表現する場所やチャンスを伺っているのがこの度数です。

「これをやりたい!」っていう衝動を

「じゃあどこでどうしよう!?」って

現実的に考えるんです。

ドデカテモリーで言えば

現実的な思考をもたらす「山羊座」が混ざりますからね。

純粋で無邪気なエネルギーを

どう現実に落とし込むのかを考える力を持っているんです。

「あー夏フェスに行って踊りまくりたい!」

っていう衝動を叶えるためには

予定が合うフェスの情報を調べる必要がありますよね。

当たり前っちゃあ当たり前なんですが

そうすることで

自分の純粋な衝動を叶えていくことが出来るんです。

11度から13度の体験において

「純粋な衝動に素直になる」体験を重ねましたからね。

結果、

自分の衝動を叶えるための場所を

自らの意志で探していく

「強い意志力」を身につけることが出来るんです。

そんな本日の太陽のテーマは

「チャンスを狙う!」

自分がどこで最も輝くのか?

自分がやりたいことを表現するにはどうしたらいいのか?

そんなことを

計画的に考えて調べてみましょう。

どうしたらいいのかを

ノートに書いて組み立てて

道筋を明確にしてみるんです。

ハンドメイドの作品を販売していきたいのであれば

どこで売ることができるのか?

ネットショップを作るのか?

「ミンネ」にエントリーする方がいいのか?

それをするにはどうしたらいいのか?

道筋が明確になることで

希望が見えてくるはず。

理想通りの将来を

頭に思い描けるはず。

自分の創りたい人生の物語を描くための

現実的な道筋を描く力を身につけるのです。

・8月7日 獅子座15度
山車

*弾けて楽しむ

夏は

あちこちでお祭りやイベントが開催されているので

楽しい気分になりますよね。

「遊びに行きたいなー」

なんてイベント情報を探しているだけでも楽しいし

実際、今年は

いろんなイベントに参加しているので満足しております。

お祭りに行けば

とても賑やかで

いつもと同じ街なのに屋台が並び

道行く人々は浴衣姿で歩いていて

まるで違う時間軸の街に来たかのよう。

みんな

リラックスした笑顔で楽しそうに笑い

それぞれの夏の思い出が作られていく。

楽しかった夏を思い出す時

誰もが

自分目線の記憶を思い出すはずです。

お祭りの景色も

自分が見た景色だし

その時に感じた感情や感想も

自分が作り上げた自分だけの記憶。

つまりは意識せずとも

私たちは自分だけの世界を常に創造しているわけで

じゃあ

せっかくなら

自分の理想的な世界に創造していきましょうよっていうのが獅子座。

せっかくお祭りに行くんだから

思い切り楽しもう。

「踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆なら踊らにゃ損損!」

と歌って踊る阿波踊りなんて

まさに獅子座的な歌詞ですよね。

踊るのは

恥ずかしかったりするんだけど

その壁を超えて

踊ってしまうと楽しいんですよ。

結局、「恥ずかしい」っていうのは

「踊るのが下手だから」「みっともないから」とかっていう

人の目を気にした考えなんだけど

人の目を気にせずに

「自分が楽しむ」ことを考えることができれば

歌ったり踊ったりすることが楽しいことだって思い出すことができます。

子供の時に

歌い踊ってたあの頃の純粋な自分を取り戻すことが出来るんです。

そんな本日の太陽のテーマは

「弾ける!」

思い切り弾けていきましょう。

テンション高めに

自分が「楽しい」と思うことを表現していく。

せめて

獅子座の季節くらいは

人の視線なんて考えるのはやめましょう。

「みっともない。。」「かっこ悪いかも。。」なんて考えも

ポイって捨てちゃいましょう。

自分の「楽しい」に集中して

心の底から楽しむ。

人生の物語の

「2017年夏の巻」を

思い切り派手に演出するかのように

自分の生命のまま輝く。

山車に乗ってるお祭り男は祭りの主役。

私たちも

主役になって人生の物語を盛り上げていくのです。

16度からは

祭りの熱を冷ますためのチルアウトタイムに入りますからね。

ちゃんと休憩も取れるから大丈夫。

休憩前の最後のダンスと思って

力尽きるんじゃないかっていうくらい踊りまくるのです。


コメント

  1. 射手座のR3 より:

    こんにちはーーー!サビアンの妖精でーーーす( ^^) \!
    嬉しいです、サビアンに興味を持って色々ウロウロしていたらいつの間にか妖精に?!
    そんな風に生きたいです、今日は花火が大きく見えました。花火大会の会場に足を運ばなくとも見えるのは幸せ。ワクワクします。
    遊ぶことは何より大切ですよね。こう言うと責任感の欠如した奴に見られるでしょうが心の赴くままに行動する事を止めると心も死んでしまう。不老不死にならなくても良いから、楽しんで生きたいです♫♫

    • yura より:

      花火が家から見えるなんていいですネーーーー。
      私も昨日、花火を見に行ってきましたよ。夜空のスクリーンが火の粉で彩られ綺麗でした。芝生に寝転んで見れたので贅沢気分でしたよー。
      ほんと、ただただ遊ぶのってやっぱり楽しいし、気分が上がるし、大事ですよね。
      何も考慮することなく遊んで暮らせたらいいのに!!
      「不老不死にならなくても楽しんで生きたい」って本当にそうだわ。それができたら満足して死ねる気がする!