知性の広がり 2017.6/6~6/10


2017年6月6日〜6月10日

   双子座第4章(16度〜20度)

 〜視野を広くする・啓蒙する〜

*太陽の暦(サビアンシンボル)   日の出時間*東京
日の出時間 ディグリー サビアンシンボル
6月6日 4:25 双子座16度 熱弁する婦人参政運動家
7日 4:25 双子座17度 知力の頭に溶けていった健康の頭
8日 4:25 双子座18度 中国語を話す二人の中国人
9日 4:25 双子座19度 大きな古典書物
10日 4:25 双子座20度 カフェテリア

*広がるエネルギー

双子座16度から20度に位置する太陽は

私たちの「好奇心」を刺激して

身近で手の届く範囲の知識より

もっともっと「広くて遠い世界」にある知識に目を向けるかのような

エネルギーを投げかけてきています。

さらに視野を広げて

知識の材料を増やしていくのです。

*キーワード

・熱弁

・情報の質を上げる

・WHY思考

・啓蒙

・歩く辞書的知性

*情熱を取り入れる

双子座15度までの体験において

基本的な双子座の姿勢を打ち出してきました。

15度以降の双子座は

さらに

その資質を成熟させるために進化させていくことになります。

言ってみれば

15度までの双子座は

兄弟姉妹や

同じクラスの子供達と

仲良く話せるようになった子供の段階のようなもので

身近にいる人たちと

会話することで知性を発達させてきたんですが

さらなる知性の発達を目指すには

身近な人だけじゃなくって

あまり親しくない人や

知らない人たちにも

自分の考えや主張を伝えるという経験が必要になってきます。

また

子供の場合だと

仕入れることができる知識なんて

ローカルなものであったりと

身近な手の届く範囲のものしかなかったりしますよね。

つまりは

もっと視野を広げて

新しい言葉や言い回しを仕入れたり

興味の及ばなかった情報や

海外の話題なんかに目を向けることによって

どんな人とでも

話を出来る会話能力が出来上がります。

昔からよく言われていることだけど

銀座のホステスさんは

「新聞」を呼んで会話の幅を広げておくって言いますよね。

どんなお客様に対しても

知的な会話を提供し、

またそれに花を咲かせるように

努力しているんです。

16度においては

双子座の鏡のサインである

射手座の資質が流れ込んできますからね。

双子座も射手座も

どちらも「好奇心旺盛」なサインですけど

双子座は身近な範囲に好奇心を働かせ

射手座は

未だ見知らぬ叡智を求めて

地平線の果てであっても、好奇心の赴くまま探求していくという違いがあります。

16度〜20度の双子座は

この射手座の「広い視野」を利用して

目新しい情報を探しにいく「情熱」を換気させるんです。

「情熱」も射手座の意味するところですからね。

双子座は「風」のサインですから

割とクールなわけだけど

「火」のサインの射手座の「熱」を利用して

進化した双子座になるきっかけを掴むのです。

情熱を持って

新しい知識を求め

情熱を持って

自分の意見や見解を

身近な人だけじゃなく

不特定多数の人達に向けて

発信していくことになるのです。

*日にち別エネルギー

・6月6日 双子座16度
熱弁する婦人参政運動家

*収集する情報の質を高める

テレビとかでも

芸能ニュースなんかは

割とイージーに

頭を使わずに見れるから気楽ですけど

専門用語が飛び交うような

学術や政治のニュースなんて

最初は「真剣に聴こう!」

なんて思っていたとしても

すぐに飽きてしまったりすることもありますが

15度までの双子座だったら

難しい話題は適当にサクッと流し

面白そうな芸能ニュースなんかに食いついてたはずだけど

16度の双子座はちょっと違う。

「国会答弁でも見てみるかー」

なんて

自分の意見を主張している議員さんの様子を見ている感じ。

面倒くさいからと

中身を読まずに

雑誌やネットニュースの見出し記事だけ見て

内容をざっと把握していた人が

それじゃ

情報の質が薄いからと

中身の記事もちゃんと読むみたいな感じとも似ていて

つまりは

言葉は悪いですけど

表面的な薄い情報を集めていた双子座が

集める情報の質を上げていくことにするんです。

ということで

本日の太陽のテーマは

「情報の質を高める」こと。

「全部読むの面倒くさい」

とか言わずに

ちゃんと中身の記事も読んでみる。

ネットで簡単に情報取集できるようになったわけだけど

あまりにも長い記事だと

読むのが億劫になって

「あとで読もう」なんて感じで

結果的に流し読みしかしてないなんてことありますよね。

「いつでも読めるからいいや」

なんて思ってしまうからこそなんでしょうけど

でも

結果的に

いつまでたっても読んでない記事なんてたくさんあります。

今日は

そのようなことを意識して

収集する情報の質を上げていくんです。

また、

この度数には

もう一つの大事な意味があって

簡単に言えば

「熱弁する」ってことですよね。

いろんな憤りを感じている女性政治家が

感情的に自分の意見を主張して

人々の賛同や共感を得ようとしているかのように

自分の気持ちを熱弁して

多くの人の賛同を得られるかどうか?

そんなことを試してみるのもオススメです。

人の気持ちを動かすことができる話し方を

練習するのです。

・6月7日 双子座17度
知力の頭に溶けていった健康の頭

*「なぜ〜なんだろう?」

「そもそも何故?」

「何のために?」

「なぜこうなってるんだろう?」

このような疑問を起点にして

本質を考えていくことをWHY思考というそうです。

普段からこれを意識して行うことで

自分の頭で考える習慣が身につくそうですが

確かに

「なんで空は青いんだろう?」とか

「なんで夏は暑いんだろう?」とか

そうやって疑問に思って

自分で考えたり、調べたりすることで

新しい知識が身につくかどうかは別にして

新しい情報を知ることができますよね。

15度までの双子座においては

「どうしたら〜」というHow思考で物事を考えていたのですが

16度以降の双子座は

自分で自分なりの答えを導き出すWhy思考を覚えていきます。

こちらのサイトによりますと

マイナビ〜問題解決のための脱HOW思考〜

例えば

ダイエットをする時に

「なんで私は痩せたいんだろう?」ということを考えた時

「夏に水着を着たいから!」

という理由が判れば

目的意識が明確になりますが

その目的意識を明確にしないまま

「どうやったら痩せるだろう?」だけに集中してしまうと

ダイエットを続けるモチベーションが保てなくなるそうです。

「なんで痩せたいんだろう?」はWHY思考で

「どうやったら痩せるだろう?」はHOW思考ですよね。

「なんで〜なんだろう?」っていうことの答えを導き出すには

それなりの探究心や

それを知りたい!っていう情熱が必要だけど

今日は

WHY思考で物事を考えてみる練習の日。

知性を成長させるために

自分の頭を働かせていくのです。

・6月8日  双子座18度
中国語を話す二人の中国人

*専門的な会話に夢中になる

WHY思考が習慣化すると

物事の本質を知ることができるようになります。

つまりは

深く探求することができるわけですが

そうすると

専門的な知識を身につけることも出来ますよね。

そうやって

探っていくと

必然的に

自分の得意分野の人と会話をしたくなるってもんです。

他の人が聞いてたら

なんの話をしているのか

全く判らないような会話で盛り上がったりできますよね。

日本を旅行中の

中国の人達が

何を会話しているのか判らないように

自分たちだけに判る言葉で

話をしている様子が描かれているのがこの度数。

それは

「次の総選挙で僕は〜ちゃん推しなんだよ」

「えーーそうなんだ。僕は〜ちゃんだよ」

みたいに

AKBグループの話題を話すファンの人たちの会話のようでもあり

「私は月が天秤座だから〜なんだよねー」

「判るわー。私は太陽が天秤座だから〜なんだよー」

みたいな話で盛り上がっている

占星術オタクの会話のようでもあるんです。

ということで

本日の太陽のテーマは

「専門的な話で盛り上がる!」

16度からの体験において

双子座は

情報の質を上げて

自分で考える力を身につけましたからね。

得る情報に深みが出来て

専門的な会話に夢中になれるようになったんです。

身近に専門的な会話ができる人がいない場合もありますが

今やネット時代。

いくらでも

専門的な会話に参加することができるはず。

積極的に参加して

情報の質を高めていくのです。

・6月9日  双子座19度

大きな古典書物

*難解な本に挑戦!

16度からの体験で

自分には少し難しかったり

面倒くさいなーって感じたりする文章や言葉を

理解するための脳の回路が繋がりました。

ということで

本日の太陽のテーマは

「難解な本に挑戦する!」。

このシンボルに出てくるのは

大きな古典書物。

分厚くて

難解な本なんですよ。

そんな

普段なら読む気のしないものも

ざっと読めるようになる。

何を書いているのか理解できるようになるんです。

若い頃に読んで判らなかった本の内容も

少し年齢を重ねて

再び読むと

理解できるようになったりしますが

そんな時は随分成長したもんだなって嬉しくなりますよね。

今日は昔読んで

理解できなかった本をカバンに入れて

読書をしてみるなんていかがでしょうか。

新しい発見を見出せるかもしれません。

もしくは

情報のソースをしっかりと押さえるなんてのも

本日の度数の意味するところ。

発信する時は

責任を持って

ちゃんとしたソースを確かめてから発信する。

ネットで気軽に発信できる現代だからこそ

そんな習慣を身につけておきたいものですよね。

信頼の置ける情報を流せるようにするのです。

・6月10日 双子座20度
カフェテリア

*必要なものを供給する

16度からの流れにおいて

確実な信頼の置ける情報を流せるようになった双子座は

20度で

誰に対しても

必要な情報を供給できるようになります。

そこに行けば

和食や中華、

アジア料理に洋食のお店が並んでいる

フードコートの綺麗な飲食スペースのように

あらゆる情報を

人々に供給することができるようになるんです。

つまりは

どんな会話でもついていける。

「どっかいい店ないかなー」

「あっ、だったら、あそこの店がオススメだよー」

みたいに

即座に答えられるようになるんです。

つまりは情報通になるみたいな感じでしょうかね。

今日は

いろんな人のニーズに応える練習だと思って

人から与えられた疑問や質問に

テンポよく答えてみましょう。

注文が入ったら

即座に作り出す料理人のように

頭の回転を速くして

即座に答えられるように構えておく。

19度で

歩く辞書的な資質を身につけましたからね。

「なんでも聞いてちょうだい!」

とばかりに

自分の知識と頭の回転の速さを鍛え上げていくんです。

これで双子座が示す

知性の広がりが完成します。

21度からは

頭の回転の速さを生かして

マルチタスクをこなせるようになる練習が待ってますからね。

仕事や勉強の効率を上げるためにも

双子座のレッスンを仕上げていきましょう。


コメント

  1. 射手座のR3 より:

    \(◎o◎)/うぉーーーーー
    yuraさんしびれるゥ!!
    いつも的確な事を書いて下さるけれどこの双子座の時期は切れ味が3割〜4割増しになってますね!!!頭脳がキレキレしてますよ。
    これから梅雨でじめじめ→真夏のカンカン照りで頭もぼやーっとしがちですから今のうちに難解な書物を呼んで、ニュースを細かく観察して、他人と広く深い会話を楽しんでおきたいですね!
    そう、キューピッドが引き寄せられるのは人の無意識が詰まったような時代おくれの井戸なんです。その井戸にはあらゆるものがつまってて、フタをあけたら飲み込まれるような大量の感情や情報。
    善いも悪いもない原始の状態ですから、ただ呆然と見るしかできません。射手座7度の真裏に位置する双子座7度、イド。

    • yura より:

      今年の双子座の季節は、たまたま、論理的思考を働かせて物事を組み立てる作業をしなきゃならない羽目になってしまい、双子座のレッスンを意識することで少しは役に立ってるような気がします。
      会話も適当に雑だったから、ちゃんと組み立てて話すことを意識してるけど難しい。先走って話す傾向があるから、もっと判りやすく話すようにせねば。
      私の水星ってば、キロンと冥王星の影響で壊滅的な面があるんですよねー。残念ですけどこれも運命。弱味を強味に変えるために頑張るぞー。

      • 射手座のR3 より:

        yuraさん…双子座は我々射手座の味方のようですよ。射手座は熱が入りすぎて技術が伴ってなかったりアンバランスで困りものですが、そこに奴らを活用しまひょう。
        友人にAmwayビジネスを勧められましたwwwひぃーー腹が。
        なんで〜だろう?を考える良いヒントをくれましたよ。一瞬悲しくなったけどバランス取って考えて、彼女の幸福がどこにあるのか探しました。彼女はお金持ちになりたいのです。何故でしょうか。しっかり考えてみたいです。

        • yura より:

          そうなんですよー!熱が入りすぎてアンバランスすぎてもう!双子座パワーに味方してもらわねば。
          私も何度か勧められたことがありますが、微妙な空気になりますよね。
          でも、そうやって「考えるヒント」って捉えて考えれば「お金持ちになりたい」ってのが理解できて、それは冷静さと新しい視点をもたらしてくれますよね。
          そいえば、以前勧めてきた友人が「時間もお金も余裕のある暮らしができるよ」っていうのを聞いて、彼女はそこを目指したいんだなーって思いました。
          確かに、それって理想的な生活スタイルだし、私もそんな暮らしがしたい!
          でも、その理想的な生活スタイルをするために、どうするのか?っていう方法は沢山あるわけで、自分の道徳観に見合うものを選んでいきたいもんです。