知性を応用する 2017.6/17~6/21


2017年6月17日〜6月21日

   双子座第6章(26度〜30度)

 〜視野を変容させていく〜

*太陽の暦(サビアンシンボル)   日の出時間*東京
日の出時間 ディグリー サビアンシンボル
6月17日 4:25 双子座26度 森の中の冬霜
18日 4:25 双子座27度 森から出てくるジプシー
19日 4:25 双子座28度 破産宣告された男
20日 4:25 双子座29度 春の最初の百舌鳥
21日 4:25 双子座30度 海水浴をする美女たち

*仕上げるエネルギー

双子座26度から30度に位置する太陽は

私たちの「脳」の成長を仕上げて

違う方向へと関心を向けていくかのような光を投げかけてきています。

次のサインである

蟹座に向かうために

知性をスッキリと仕上げて

感情の領域へと降りていくのです。

*キーワード

・頭脳明晰さ

・直感

・リセット

・脳のクリーニング

・多芸多才

・能力や特技の発揮

・魅力

*森から抜け出して海を目指す

双子座は

春のエネルギーを攪拌して

春を終わらせるサインです。

双子座26度から30度の領域っていうのは、

夏至の日から始まる蟹座の領域を目の前にした領域。

約5日かけて

夏の扉に至る道のりを歩いていくんです。

双子座の季節が

私たちの「知性」の働きを活性化させる陽気だったとしたら

夏の始まりを司る「蟹座」の季節の約1カ月の間は

私たちの「感情」を豊かに育む陽気の季節。

つまり

夏の扉の向こう側は

「感情」という深い深い心の海が開かれているんです。

双子座の目的は

自分の知性を発達させることでしたらからね。

立派に成長した知性を携えて

今度は

豊かな感情を育むために

心の領域へと降りていくんです。

26度から30度は

そんな

心の広大な海が広がる

夏の扉へと降りていく道のりが描かれています。

鬱蒼とした知性の森から抜け出して

開けた青い海を目指すんです。

双子座は

外部の刺激に対して

「思考する」という反応を繰り返すことで

知性を発達させてきました。

例えば

「人から失礼なことを言われた。」

という外部からの刺激があったとしたら

イライラ、ムカムカと

不快な感情を感じつつ

思考を働かせ

隙のない論理的な意見で

相手を言い負かすみたいな方法をとってきたんです。

イライラ、ムカムカは

怒りが伴い

脳に熱をもたらしますからね。

脳に熱がもたらされたら

脳の働きが鈍くなって

酷い場合にはフリーズして

記憶をなくすくらいの怒りに支配されてしまうこともありますしね。

パソコンも熱を持つと

作業動作が悪くなったり

フリーズしてしまうことがあるから、

ファンを回して冷やしたりしますけど

感情がもたらす脳の熱を冷ますのにも

ファンのような

熱を冷ます風が必要で

それが

私たちの「知性」。

双子座は「風のエレメント」ですからね。

「思考」というファンを回して

脳の熱を冷まし

脳の働きを維持するんです。

でも

そうやって

風を吹かせて感情面をおろそかにしていると

冷静になりすぎてしまって

まるで人工知能のロボットと変わりのない人間が出来上がります。

人間の機能は

「思考」だけじゃないですからね。

人に対する思いやりや

共感力を身につけるには

「感情」を豊かに育んで行く必要があります。

つまりは

人との繋がりの中で、

愛情や友情を育み

優しさを身につけていくのも大事なんです。

双子座も

コミュニケーションっていうことで

人と繋がっていくサインだけど

それは

蟹座みたいに

心の安定感を図るために

「仲間の一員になりたい!」という欲求で繋がるんじゃなくて

「いろんな人と楽しくおしゃべりしたい」とか

「いろんな情報を知りたい、教えてあげたい」とか

「自分の頭の良さを確認したいから、いろんな人に議論をふっかけたい」とか

そういう欲求で繋がっていくので

双子座も蟹座も

人と交流していくけど

根本的な目的が違うんですよね。

双子座26度から30度の領域は

蟹座的な

「人と繋がりたい」という視野に近づくために

少しずつ

「知性で楽しみたい」という視野から離れていくような体験が描かれています。

「自分を取り巻く周囲の人たち」という集団の中で

協調していくような落ち着きを取り戻していくのです。

*日にち別エネルギー

・6月17日 双子座26度
森の中の冬霜

*頭脳明晰さを発揮する

25度では

ヤシの木を剪定したんですが

26度では

冬の木のように

スッキリした木が出来上がります。

余分な葉が落ちて

先鋭的な形に仕上がった木には冬霜が積もっているんです。

どうですか?

この写真を眺めているだけで

なんだか冷え冷えしてきて

脳がスッキリした気分になりませんか!?

双子座は1度からの体験において

「知性」を司る脳を発達させてきましたからね。

26度においては

この冬の木のように立派な脳が出来上がったんです。

木の枝の広がりは

脳の神経回路の姿と似てますよね。

つまりは

「明晰な鋭い頭脳」が

完成した様子を示しているのがこのシンボル。

ということで

本日の太陽のテーマは

「頭脳明晰さを発揮すること」。

「頭脳明晰」な人は

問題が起こっても冷静にクールに対処することができます。

頭脳明晰な人は

スマートで仕事ができて

会話力もあります。

口が達者で魅力的で

筋道の通った意見を述べたり

的確な判断力を発揮することができます。

今日は

頭をキンキンに冷やして

自分の頭脳明晰さを試していきましょう。

双子座で鍛え上げた

自分の脳の力を信じるのです。

・6月18日 双子座27度
森から出てくるジプシー

*「無駄かも。。」と思えるようなことに労力を使う

双子座の季節に

私たちが遊んでいたのは

「知性の森」。

ぐんぐん枝を伸ばす樹木達が集う森の中で

自分の脳の回路を伸ばしてきたのですが

27度では

その森から抜け出します。

26度で

完璧な頭脳明晰さを手に入れたわけですからね。

もう、

これ以上

森の中で「知性を発達」させる必要がなくなり

次なるステージである「海」に行くために

開けた場所へと出てきたジプシーの少女が

今日の自分ですね。

そんなイメージを思い浮かべてみると

なかなかスッキリした気分になりませんか?

双子座は

27度において

今までのやり方を手放し

新しいやり方を試していくことになります。

筋道の通った

論理的な思考を優先してきた双子座が

直感的に思ったことを試していくことになるんです。

それは

今までの双子座からしたら

非合理的で非生産的で

明らかに「時間の無駄だ!」

と思えるような事柄かもしれないけど

あえて

それをやってみる。

要領の良さや

効率の良さなんかにこだわることなく

ただ

「やりたい!」って気持ちを素直に行動に表していく。

双子座27度は

ドデカテモリーで言えば

牡羊座の資質が混ざるのですが

牡羊座って言えば

「やりたい!」って思ったら

考える間もなく

身体が動き出してしまう猪突猛進さを持っているわけですが

双子座27度も

うちから湧き上がる衝動を

思考で遮断することなく

そのまま素直に表現することで

今まで自分を育ててくれた

「知性の森」から抜け出す力にするんです。

そんな本日の太陽のテーマは

「衝動的な思いを行動に移してみる」。

「どうしても〜のパンケーキが食べたい!」って思いが湧いてきたとして

「でもなー、遠いしなー。時間の無駄だよなー。」

なんて思考して

その衝動を打ち消すのではなく

「食べたい!」と

思ったと同時にその店に

足が向かってるかのような行動力を発揮していく。

論理とか筋道とか要領良くとか

そんなものを一切、除外して

直感的に動いていくことで

新しい方向へと向かうことができるのです。

・6月19日  双子座28度
破産宣告された男

*「脳」のクリーニング

シンボルのタイトルは

世知辛い感じになってますけど

だからと言って

破産宣告されるわけではなく

心機一転、

まっさらな新しいスタートを意味しているのがこの度数。

例えば

「このままじゃ、破産してしまうのではないだろか?」とか

「体調が悪いけど、何かの病気なのだろうか?」

っていう心配事は

先行きが見えないからこそ不安になるのであって

「破産しましたよ」とか

「病気ですよ」って

宣告されることで

現状を認識することができて

先行きの見えない不安は解消されるはず。

病名が判ったのであれば

それを治すために治療を始めていけばいいわけだし

破産宣告されたのであれば

前向きになって

一からやり直せばいいんです。

「知性の森」という

双子座のホームから抜け出したのが27度で

28度は

新しいステージでの

全く新しい始まりを示している度数。

27度は

勢いで飛び出てくるので

まだ先行き見えない不安なんてものが

どこかついて回ったりももするんだけど

28度は

そんな不安も取れて

スッキリと顔を上げて

前を向いている状態なんです。

ドデカテモリーで言えば

この度数は

堅実に一歩一歩、

進んでいく牡牛座の資質も混ざりますからね。

また

最初から

地道に進んでいけば取り戻せることを知っているんです。

そんな本日の太陽のテーマは

「気分一新、リセットする!」

「思考」を優先してきた自分をリセットして

ただただ

あるがままの自分に戻る。

理屈や論理なんてこねなくていいから

「雨の音っていいなー」とか

「お腹が空いたなー」とかって

自分の感覚に戻る。

仏教も

気持ちをリセットしてクリーンにする時は

自分の感覚のみに集中して

思考を消すそうですよ。

瞑想もそうですよね。

思考している時って

今、その場にいながらも

頭の中は違うところを漂ってるわけじゃないですか。

それを

きちんと「今」に戻るためには

「今」を感じる自分の肉体に集中することで

思考やら雑念を打ち消すことができるそうなんです。

しかも

そうすることで

脳のクリーニングが出来ると言います。

つまりは言ってみれば

この度数は

脳のクリーニング的要素が強い度数。

脳を綺麗にクリアにして

次の蟹座へ向かう準備をするのです。

・6月20日  双子座29度

春の最初のモッキンバード

*特技を披露する

「モッキンバード」って響がいいですよね。

モッキンバードのオスは

メスを引き寄せるために

モノマネを練習するんですってよ。

上手にモノマネをすることで

「才能のある殿方がいるわ!」って

メスが探しにくるんでしょうね。

自分の能力を表現することで

新しい家族を引き寄せているんです。

家族って言えば

次のサインは

「家族」や「仲間」と繋がっていく蟹座ですからね。

29度では

双子座的な「自分の能力や技能」を使用して

蟹座的な「家族、仲間」と繋がっていこうとしているんです。

ということで

本日の太陽のテーマは

「自分の技能や才能を表現する」。

双子座は頭の回転が早いので

ある程度のことは

すぐに出来る器用さを持っています。

「多芸多才」って言われたりしてるんですけど

マルチな才能を発揮できるサインなんですよね。

「私、これができるよ!」って

堂々と披露する人って

面白いじゃないですか。

「今から〜先生のモノマネをしまーす」なんて

器用に真似する生徒さんの周りには

人が集まってきて

笑いに包まれたりするじゃないですか。

今日は

できれば

そんな特技のようなものを

自発的に表現して、周囲の人を喜ばせてみる。

家族に対して

「今からブルゾンちえみのモノマネしまーす」なんて言って

唐突に「35億のネタ」をやってみたりでもいいんです。

勇気を出して

自分の特技を披露してみましょう。

モノマネをして

人と笑いを共有すれば

そこには

少しかもしれないけど

心と心の繋がりが生まれます。

そうやって

双子座は

次の蟹座へ向けて

心と心で繋がるきっかけを掴んでいくのです。

・6月21日 双子座30度

海水浴をする美女たち


双子座最後の度数にやってきました。

30度っていうのは

どれも

派手にやらかして

そのサインの資質を全部使い切る度数。

双子座30度も例外なく派手なようで

ビーチの花形、

水着のキレイなお姉さん達が登場します。

脳の成長に集中するために

「知性の森」に住んでいた双子座が

その森を抜け出し

夏の扉が待ち受ける

「海」に到着したんです。

つまり

占星術的に言えば

今日は「春の最後の日」であると同時に

「夏の始まりの日」。

今日の13:24分に

太陽は蟹座入りして

2017年の夏がやってきます。

早いですねー。

まだまだ

今年は始まったばかりと思っていたのに

もう気付けば

半年も過ぎてるー。

ボサボサしていたら

あっという間に半年経って

なんの進展もないまま

大晦日になっていた

なんてことになりかねませんからね。

今年、やりたいことを

年内中にやるためにも

計画を見直して

スケジューリングしていきたいところです。

というわけで

本日の太陽のテーマは

「自分の魅力を振りまく!」

自分の持ってる魅力を

謙遜することなく

臆することなく

堂々と表現していきましょう。

やっぱりビーチで注目されるのは

スタイル抜群の美女達ですよね。

下着と構造が変わらないビキニを

白昼堂々と着て歩いてるわけですからね。

そりゃ目立つし

なかなか見れるもんでもないから

チラチラ盗み見してしまいますよね。

つまりは

目立つし

人を惹きつける魅力がある。

春の終わりの夏の始まりの

今日という夏至の日を

目一杯着飾って

一番美しい自分で迎えるのです。

夏至っていうのは

「陽極まって陰に転じる日」。

それを証明するかのように

東京の日の出時間に限って言えば

21日までは4時25分だったのに

22日からは

4時26分になり

その後は

少しずつ日が短くなっていきます。

一年の中で

一番、日が長い夏至の日を

自分の魅力を発揮して

人を惹きつける磁力を高めていくのです。