遺伝的資質の開花  2017.4/21~4/25


2017年4月21日〜4月25日

   牡牛座第1章(1度〜5度)

 〜肉体意識の目覚め〜

*太陽の暦(サビアンシンボル)   日の出時間*東京
日の出時間 ディグリー サビアンシンボル
21日 5:01 牡牛座1度 清らかな山の小川
22日 5:00 牡牛座2度 電気的な嵐
23日 4:59 牡牛座3度 クローバーが咲いている芝地に足を踏み入れる
24日 4:57 牡牛座4度 虹のたもとの金の壷
25日 4:56 牡牛座5度 開いた墓の前にいる未亡人

*宿命を開くエネルギー

牡牛座1度から5度に位置する太陽は

生き物たちの肉体を一斉に目覚めさせるような光を放っています。

牡牛座という

「春の盛り」の季節が訪れたことで

肉体が緩み

肉体の成長機能が動き始めるような。

そんな光を投げかける太陽の位置になります。

*キーワード

・宿命。

・遺伝的資質。

・肉体開花。

・グラウンディング。

・健康。

・物質世界。

・五感を研ぎ澄ませる。

*大地に根を張る

牡牛座の季節到来です。

寒い暑いを繰り返す

春を形成するエネルギー(牡羊座)が安定して

春の陽気が維持される

心地いい季節を提供してくれる期間が牡牛座。

牡羊座第6章(26度〜30度)においては

私という肉体にしっかり搭乗して

「私としての人生」を始める準備をしましたからね。

牡羊座は

本能全快の魂寄りの視点で動いていたのですが

牡牛座に移動するにあたり

肉体の中にある「魂の座」に戻って

肉体の自分として動いていく準備をしたのが牡羊座30度。

牡牛座1度は

牡羊座で使用していた魂寄りの視点が

スーッと溶けてなくなり

自分の二つの目がピカっと光り、

肉体の五感が機能しだした

みたいに始まります。

まるで

五感を持つロボット(そんなものがあるとして)

の電源が入って動き出したかのように

牡牛座1度の太陽という電源が入ったことで

肉体が目覚めて動き出すんです。

牡牛座の季節は

そんなふうに動き出した肉体で感じるこの世界を

堪能する領域。

五感を目覚めさせ

自分を取り巻く世界から得られる情報を

堪能していく季節なのです。

*日にち別エネルギー

・4月21日 牡牛座1度
清らかな山の小川

*肉体に目を向ける

牡牛座の始まりは

持って生まれた肉体の資質が

勢いよく開花するような度数になってます。

私たちの肉体は

約60兆個の細胞から出来上がっていて

その肉体の設計図であるDNAは

全ての細胞の中に組み込まれています。

肉体を駆け巡る

清らかな小川のような血流の中にも

白血球や赤血球という細胞が存在していて

その中にもDNAは入ってます。

牡牛座1度は

「才能開花」という

キーワードが当てはめられてるんですが

牡牛座の「才能」とは

遺伝的資質が開花するということ。

遺伝的に受け継いだ能力は

自分が

「ご先祖様から頂いた能力=個人的な才能」ですからね。

遺伝的資質が

イマイチ気に入らないものだとしても

よくよく考えてみれば

はるか昔から現代に至るまで

度重なる歴史の騒乱や天災をくぐり抜けて

生き延びてきた

強い人たちの遺伝子を受け継いでるわけですよ。

顔も骨格も肉体も

脳の傾向も髪質も。

全てが

命のバトンによって受け継がれてきた

現代の最高傑作。

今日は

そんな思いで

自分の肉体を慈しんでみましょう。

身体を労るのもいいし

身体にいい習慣を取り入れるのもいい。

血流サラサラを意識した食習慣を心がけたり

新陳代謝をあげるように運動したり

健康で若々しい細胞を作り上げる。

自分が受け継いできた遺伝子の強みを考えて

それを活かすよう工夫したりと

受け継いできた肉体的資質を

嫌がるのではなく

感謝してコンプレックスさえも強みに変えていくのです。

「私は〜一族の最高傑作!」と思って

誇りに思っていきましょう。

かづさDNA研究所

こちらのHPでは

イラストでわかりやすDNAの説明が載ってます。

お時間があったらどうぞ。

自分の肉体のことをよく知っときましょう。

・4月22日 牡牛座2度
電気的な嵐

*神経系統を整える。

自分の肉体は

ご先祖さまらからのギフトだということに

気づけると

肉体も嬉しくなるんですよ。

するとね。

身体中を

電気的な嵐のようなものが走って

身体機能が活性化されるというのです。

イメージとしては

五感搭載ロボットに乗り込んで

電源を入れて

ウイーンって起動し始めたのが1度だったら

2度は

ロボットの手足の細部にまで電気が流れ始める感じ。

動きだす準備が整うってわけです。

脳の指令が

一瞬で神経系統を伝わり

肉体の細部にまで届き

手先や足が動くわけですからね。

動いていくにあたって

この神経系統の正常な働きは大事。

ということで

今日は

身体の神経系統を一気に覚醒させるかのような

エネルギーが

太陽から注がれてきます。

ストレッチしたり

手足を振る運動をしてみたり

指を開いたり結んだりして手指や足の指を動かしたり

自律神経系統を整えるために

規則正しい生活を意識したりする。

脳と身体を結ぶ

神経系統の流れを良くするために

肉体を動かしていきましょう。

・4月23日  牡牛座3度
クローバーが咲いている芝地に足を踏み入れる

*大地に根をはる。

4月中旬頃から

クローバーの群生が目に留まるようになりました。

大地を覆う緑の絨毯であるクローバーは

私たちを楽しませてくれる身近な植物です。

その白い花で首飾りを作ったり

しゃがみこんで

幸福をあたえてくれる四つ葉を探したりと

割と誰もが

気楽に花や葉を摘んでしまいがちですが

その根っこは頑丈で

大地の中で複雑に絡まりあい

すっかり除草するのは難しいんだそうですよ。

つまりは

しっかりと大地に根を這わせているのがクローバー。

肉体という物質を身にまとい

物質で出来ているこの現実世界を生きていくためには

私たちも

しっかりと

この現実という大地に根を張る必要があります。

抜かれても

しおれても

根っこがしっかりしてれば再生するんです。

牡牛座の領域は

与えられた「肉体」という資源で

この現実世界に割り込んでいく領域です。

肉体で捉えることのできる情報は

「今ここ」の周囲の情報ですよね。

遠い国のニュースをテレビでやっていたとしても

その情報を聞いているのは

「今ここ」にいる自分の視覚や聴覚。

「今ここ」を

豊かに感じていくために

今いる場所にしっかりグラウディングしていくのです。

・4月24日 牡牛座4度

虹のたもとの金の壷

*宿命を信じる。

この地球は

物質で出来ている世界で

物質で出来ている世界で生きていくには

自分も物質となる必要があって

じゃあ

「物質として動ける乗り物をあげるよ」ってことで

与えられるのが

DNAという肉体の設計図。

ご先祖さまから頂いた

肉体の設計図をもとに

肉体がどんどん形成され

物質的な世界を楽しんでいけるようになるわけですが

つまりは

ゲーム内で

自分のキャラの容姿や肉体を決定するのと似てますよね。

ゲームの世界で遊ぶためには

ゲーム内で自分の分身として動けるキャラが必要ですもんね。

ゲームの場合は

自分好みの顔や性別や体型やらを選べるけど

現実世界のゲームにおいては

まずは

受け継がれてきたものを使用しなければならないわけで

自分好みのスタイルを

選べなかったりするわけだけど

それは

言ってみれば「宿命」です。

「宿命」は

生まれながらに定められた

変えることのできない資質・条件のこと。

どの時代の

どの国に生まれるか。性別は?

どんな家族で、どんな容姿か。

つまり

受け継いだ肉体は宿命です。

今日はこの

宿命の力を信じてみる日。

スピリチュアルカウンセラーの江原さんの見解によると

「人は、生まれてくるとき、

自分自身のたましいの課題にぴったり合う容姿を選んできます。

持って生まれた容姿にも、意味と価値があるのです。」

と宿命を受け入れるように説いてます。

「えー、でも

こんな容姿は望んでないし不公平だわ」と

思うのも当たり前ではありますが、

それは

牡牛座の中盤くらいで

好みの容姿に近づく努力をする。

つまりは

運を切り開く力を手にすることになるので大丈夫。

運命を自らの手で切り開いていく前に

まずは

自分の宿命というものを

謙虚に受けいれておくことが大事なんです。

受け継いだこの肉体は

全ての資本ですからね。

肉体があるからこそ

この現実世界があたえてくれる

美味しいものや美しいものを楽しめるわけだし

それらを楽しむために

働いて

お金を稼ぐことができます。

まずは

自分に与えられた宿命。

この肉体を

心から信頼し

感謝を注いでいきましょう。

・4月25日 牡牛座5度
開いた墓の前にいる未亡人

*自分の資質を全て掘り起こす。

お父さんとお母さんの

遺伝子が

かけ合わさって私が生まれる。

お父さんの家系とお母さんの家系の遺伝子が

かけ合わさるのは始めてでしょうから

どんなのができるのか判らないけど

私がそうだし

兄弟もそう。

今日は

両親から受け継いだ

自分の強味や弱味というものを

徹底的に掘り下げてみましょう。

こうやって考えてみると

私たちは

生まれながらにして

唯一無二の存在なんですよね。

お父さんが違かったら

また違う肉体が生まれるわけだし

両親が結ばれなければ

自分は生まれなかったわけだし。

あの二人が作り上げたのが私。

二人の

いいところも

悪いところも受け継いだのが私。

でも

これが

唯一無二の完全オリジナリティを持った自分だけの肉体。

自分の資質を知り

現状を把握するのは大事です。

そうしないと

運命を切り開いていけないからです。

強味を生かして

弱味をカバーしたり

コンプレックスを長所にしていくには

自分で運を切り開く力が必要です。

自分のありのままの現状や姿を知らないと

変えるべきところも

わからないですからね。

受け継いできた自分の肉体を嘆くのではなく

それが宿命をしっかり受け入れることで

運を変える力が目覚めるのです。