自分を楽しむ  2017.4/10~4/14


2017年4月10日〜4月14日

   牡羊座第5章(21度〜25度)

 〜生命力の源と繋がる〜

*太陽の暦(サビアンシンボル)   日の出時間*東京
日の出時間 ディグリー サビアンシンボル
10日 5:15 牡羊座21度 リングに上がる拳闘士
11日 5:14 牡羊座22度 欲望の庭へ続く門
12日 5:13 牡羊座23度 重く価値があるがベールに隠された荷を運ぶパステルカラーの服を着た女
13日 5:11 牡羊座24度 開いた窓と豊穣の角の形に吹き上げられたカーテン
14日 5:10 牡羊座25度 2重の約束

*覚醒させるエネルギー

牡羊座21度から25度に位置する太陽は

生き物たちの「生の喜び」を促すような光を放っています。

この時期の太陽の光は

私たちが

一人の個人として生を授かったことの喜びを喚起させ

生命力を満タンに満たすかのような

エネルギーを投げかけているのです。

*キーワード

・自分の欲望に素直になって叶えていく。

・子供のような無邪気さとひたむきさ。

・生命力を活性化させる。

・野生のカン=直感を磨く。

・心身ともに元気を取り戻す。

*他の誰でもない私

牡羊座第4章(16度〜20度)においては

「私は私だ!」という「自我」を認識したのですが

第5章(21度〜25度)では

目覚めた「私」という感覚を使用して

積極的に「私」を楽しんでいくことになります。

「自我」とは

自分とまわりとを

はっきり区別させる意味での、自分。

また、自分自身に対する意識です。

他の誰でもない私。

そんな感覚を手に入れ

「自分」という存在として

自分の欲求を叶えていくのがこの度数の領域です。

春の陽気で

たくさんの生き物が目覚めて活動しはじめるように

牡羊座の領域は

赤ちゃんとして生まれて

「生きる!」という生命力を燃やして

この世界に参入していくサインです。

本能的側面を前面に押し出し

生きるための

基本的な

生理的欲求を叶えるのが目的。

それまでは

自分と世界の境界線がよく判ってなくて

泣き叫べば

お腹を満たすミルクが

どこからか与えられるという感覚だったんだけど

「自分は一人の個人だ」と理解してからは

「目の前にいるこの暖かな人(お母さん)に訴えよう」

という試みが行われることになります。

蟹座21度〜25度は

そんなふうに

自分一人の力で欲しいものを手に入れるようになり

度胸と自信が身につき

生命力が活性化され

「元気」な状態を生み出す領域。

生きていくためには

「元気」が必要ですからね。

「元気」な状態に

いつでもなれるように

ここで基盤を作っておくのです。

*日にち別エネルギー

・4月10日 牡羊座21度
リングに上がる拳闘士

*欲望ギラギラで勝ちにいく

大人になると

欲望むき出しで

ギラギラするのを避けるようになりますが

本日は

欲望ギラギラのメラメラで

自分の欲求を叶えることに集中してみてはいかがでしょうか。

リングに上がるボクサーは

「絶対に勝つ!」という強気のオーラを発しているかと思います。

「賞金とベルトを手にする!」と

恥ずかし気もなく

欲望丸出しで戦いに挑むんです。

よくよく考えたら

スポーツ選手って

爽やかに欲望を発揮してますよね。

優勝や名誉や賞金なんかを手にするために

ストイックに練習し

戦いに挑むわけだけど

そんな姿を見て

「金が欲しいからって卑しいわ」なんて思わないですもんね。

「好きなことをストイックに努力して一生懸命やっている」からこそ

周囲の人も応援したくなるし、

努力の代償として

優勝して賞金も掴んで欲しいって思うし

欲望ギラギラがみっともないなんて思わない。

なのに

これが普通の勤め人とかだと

不思議なことに

欲望をギラつかせて仕事をすると叩かれたりするわけですが

きっと

一生懸命さや

ひたむきに取り組む姿勢があれば

それを応援したくなるのかもしれません。

っていうか

牡羊座なので「人の目」なんて気にしないんですけどね。

つまりは

人の目なんて気にせずに

自分の欲求を叶えるために

ひたむきに努力して取り組んでみる。

そんな成功体験を植え付けて

自分に自信を取り戻すのです。

・4月11日 牡羊座22度  満月
欲望の庭へ続く門

*欲望を引き寄せる

22度は

牡羊座流の引き寄せ度数です。

牡羊座流なので

牡羊座が引き寄せるのは

本能的な欲求を満たす物事。

例えば

男性だったら「女」だったり

女性だったら「男」だったり

食事に連れて行ってくれる相手だったり

欲しいものをプレゼントしてくれる人だったりと

自分の欲望を満たしてくれるものを引き寄せるのがこの度数。

そうするために必要なのは

自分の欲望を

恥ずかしがることなくオープンにすること。

本当に素直に

「あれが欲しい」って

子供のように目をキラキラさせて言える人って

「あーじゃあ、私持ってるからあげるよー」

なんて展開になりやすいんですが

この度数の引き寄せはそれ。

計算とかあざとさとか

一切なく

ただただ

子供のような無邪気さで

自分の欲望を丸出しオープンにしておくことで

欲しいものを手に入れてしまうんです。

女子も男子も

素直に甘えてくるような異性に弱いでしょ。

「君と今夜は過ごしたいなー」なんて

子供みたいな邪気の無さで言われたら

「もう、しょうがないなー」なんて

なっちゃうじゃないですか。

ってことは

男子からしたら

「彼女と夜を過ごしたい」という欲望が叶うわけですよ。

素直で可愛げがあると

欲望を叶えやすくなります。

今日はそれを体験してみる日。

自分の欲望の門を開けて

叶えてくれる人を招き入れるのです。

って、

この日は満月ですね。

桜と満月が見たい!!

晴れますように。

・4月12日 牡羊座23度
重く価値があるがベールに隠された荷を運ぶパステルカラーの服を着た女

*肝っ玉を大きくする

21度、22度と

むき出しの欲望で過ごしわけですが

そんなことをしてると

肝(きも)がすわります。

図々しくなるというか

逞しくなるというか

図太くなるんです。

自分の欲求を叶えるために

積極的に取りにいくこともできるし

引き寄せることもできるようになったわけですからね。

肝っ玉が大きくなったんです。

肝がすわると

「図太さ」と「落ち着き」と

「自信」と「度胸」を身につけることができます。

イケジョ通信〜肝が据わっている人の特徴〜

ということで本日は

自分に自信を持って

涼しい顔して

図太く過ごしてみましょう。

不測の事態が起こったとしても

慌てず騒がず落ち着いて。

何が起こっても

どーんと構えていくんです。

上司や目上の人にも気後れすることなく

苦手な事柄も避けることなく

度胸を発揮して

自信を持って堂々とこなしていくんです。

この度数の日の目的は

自分に自信を持つこと。

自分が生まれた時から持っている

秘めたパワーを信じて大丈夫。

そんなことを思い出す日なのです。

また

下腹部の丹田を意識して鍛えるのもいい。

丹田を鍛える方法

丹田体操とか丹田呼吸法とか

ありますから

この機会に

毎日の健康のために取り入れてみてはいかがでしょうか。

丹田は、

エネルギーのボールで

生命エネルギーのコアとなるもの。

生命力を活性化させて

人生を創造する力を引き出すのです。

・4月13日 牡羊座24度

開いた窓と豊穣の角の形に吹き上げられたカーテン

*生命力の源の恩恵を感じる

豊穣の角とは、

望むものが

尽きることなく溢れてくるという

女神アバンダンティアが持つコーヌコピアの角のこと。

昨日の流れから言うと

生命力が

尽きることなく溢れ出てきた状態を示しています。

丹田は

生命力のエネルギーボールで

それが活性化されましたからね。

今日は

活力モリモリ、

溢れてくる生命力エネルギーを感じる日。

生命力は

生命の力。

つまりは生きるための活力です。

生きるための活力って言うのは

「生きてやる〜〜〜」っていう

「本能的な力」によって生み出されます。

牡羊座の季節は

この本能の力で世界に割り込んでいくとき。

この本能の力が活性化されると

野生のカン=直感力

なんてものも冴えてきて

豊かなインスピレーションにも恵まれます。

今日は

本能的な直感の声にも耳を澄まし

野生のカンを

取り戻していきましょう。

・4月14日 牡羊座25度
2重の約束

*元気玉

21度からの体験で

生命力を活性化させて

心身共に元気な自分を取り戻す作業をしてきました。

今日は

自分の中にある「元気玉」を取り出す日です。

元気とは「元の気」。

元通りの気の状態に戻すことが

元気になる(元の気になる)ということです。

私たちは、もともとの自然な状態に戻れば

誰でも元気になるようになっているんです。

その「もともとの状態」というのは

ありのままの自分ってことでもあるし、

また、

牡羊座の示す領域で培ってきた本能の力でもあります。

自分の意志とは無関係に

「生きてやるー」って湧いてくる生命力の力。

春の太陽の光は

私たちの生命力を目覚めさせるエネルギーを放ってるんです。

25度という度数は

そのサインの結晶を取り出す度数ですからね。

牡羊座のエッセンスが凝縮した

「牡羊座の結晶」が完成するんです。

占星術的新年の

春分の日に始まった1年の土台となるのが

この牡羊座の生命力の結晶。

物事に取り組める「元気」がないと

何もやる気が起きませんからね。

まずは

兎にも角にも元気が大事。

元気があれば何でもできるってことで

春のエネルギーを浴びて

元気を取り戻す。

しかも

身体と心、両方の。

運動して健全な肉体を作ることを意識すれば

健全な精神が宿るってことで

身体を動かして

いい汗をかくのもいいし

元気の出る言葉っていうのを

ノートに書いておくのもいい。

元気の出る音楽を聴いたり

元気の出る映画を見たり

自然の中でのんびりリラックスしたりして

自分が元気になる方法を

見つけておきましょう。

NEVERまとめ〜元気が出る言葉、格言〜

MIYAlOG  ~元気が出る方法~