直感を磨く  2017 3/26~3/30


2017年3月26日〜30日

   牡羊座第2章(6度〜10度)

*太陽の暦(サビアンシンボル)   日の出時間*東京
日の出時間 ディグリー サビアンシンボル
26日 5:36 牡羊座1度 一片が明るく照らされた四角
27日 5:35 牡羊座2度 二つの領域でうまく自己表現している男
28日/

新月

5:34 牡羊座3度 風になびくリボンのついた大きな帽子、東に向いている
29日 5:32 牡羊座4度 水晶を凝視する人
30日 5:31 牡羊座5度 古い象徴に対する新しい形を教える男

*目覚めのエネルギー

牡羊座6度から10度に位置する太陽は

生き物たちを目覚めさせ

この世界を新しく構築させるようなエネルギーを投げかけています。

すべての元素やエレメントが活性化するような

目覚めのエネルギーを投げかけているのです。

*キーワード

・東西南北。四元素(水、火、風、土)

・陰陽。極。

・エネルギーをキャッチするアンテナ。

・水晶玉の直感力。

・感性。象徴。シンボル。

*自分を地球のリズムに合わせていく

*地球という世界を全身で感じ、直感の水晶玉を磨く

自然の成長サイクルで言えば

牡羊座第2章(6度〜10度)は

春分の日に新しく生まれた

新しいこの世界を構造する目に見えない潮流の様なものを

全身で捉えて

しっかりと馴染む段階です。

生まれたての赤ちゃんが

自分のいる部屋の環境に慣れ

今度は

外の世界の温度や風や太陽光や

そんな自然のエネルギーに馴れるために

全身で空気を感じ取って

地球のリズムと体内時計を合わせていく感じ。

赤ちゃんは

脳も身体機能も未発達な状態なので

外部の様子を知るために

生まれた時から持っている「ミラーニューロン」というものを使用して

周囲の真似をして世界に馴れていくそうです。

「鏡の細胞」と言われるだけあって

見えたものや聞こえたことを

その鏡に映し出し

真似して共感していくことで

自分のいる環境と馴染んでいくわけですが

6度から10度になると

この映し出す鏡が

もっともっとピカピカに磨かれて

まるで水晶玉のようになるんです。

映し出す鏡から

イメージが浮かび上がってくる水晶玉へ。

水晶玉のように変化した感度のいいミラーニューロンに

全身で感じ取った世界の映像を

象徴的なイメージとして見出していく

「直感力」「イメージの力」を開花させるのです。

*日にち別エネルギー

・3月26日 牡羊座6度
一片が明るく照らされた四角

*四元素(エレメント)

古代ヨーロッパ界隈の人は、

この世界が4つの元素で出来ていると考えていたそうです。

「火、風、土、水」

という4つのエレメントが

この世界を構成しているってことで

西洋占星術も

この四元素を使用してますよね。

昔のヨーロッパの医師は

四元素を応用して

その人固有の「気質」のタイプを判断し

その気質に合った治療法を提案したりと

何かと重宝されていた「四元素」。

(一応、WIKIの四元素の説明。時間があればどうぞ)

東西南北っていうのも4つだし

春分、秋分、冬至、夏至っていう季節を分けるのも4つ。

今日はこの

「4の原理」っていうものを全身で感じて

世界を創る構造に触れてみましょう。

春の風に、海の青。

人々の熱気に

踏みしめる大地。

四角いサイコロを振るみたいに

「これは水!」「これは火!」

とかって

全身で感じた四元素を感じる遊び。

楽しみながら

世界と馴染んでいくのです。

・3月27日 牡羊座7度
二つの領域でうまく自己表現している男

*極性(ポラリティ)

牡羊座6度では

4つの元素を味わいましたが

7度は

ポラリティという極性を味わう度数です。

陰(➖)と陽(➕)

という極にあるものを

全身で感じ取って

この世界の構造と馴染んでいくんです。

(一応、WIKIの陰陽の説明。時間があればどうぞ)

6度が東西南北という4方向と自分を合わせたとしたら

7度は

南北を貫く地軸と自分を合わせるみたいなイメージ。

「地球の子」としてしっかり生きていくために

こうやって少しずつ

地球を取り巻く潮流や

磁場のようなものと結びついていくんです。

ということで

本日は

「陰陽を感じる遊び」を行ってみましょう。

この世界には二極化したものが沢山あるはずです。

日陰や日向。

男と女。

昼と夜。

ネガティブ、ポジティブ。

善行に悪行。

プライベートに仕事の時間。

そんな二極を

バッサバッサと明確にしていくのです。

また、

地球の磁場を感じてみるっていうのもいいですね。

自分の力じゃ科学的に測ることなんてできないけど

「磁場を感じてやる!」って

自分の感度をあげてその気になれば

なんか、感じ取れるはず。

自分と地球の磁場を調整して合わせていくのです。

・3月28日 牡羊座8度
風になびくリボンのついた大きな帽子、東に向いている

*地球の自転、公転を感じる

この日は11:57分に新月ですね。

太陽と月の引力が引き起こす「起潮力」が最大になって

地球の表面が引っ張られ

「大潮」という現象をもたらす日です。

次の「大潮」は

満月の日。

つまり「大潮」は

新月と満月の時に起こる現象で

地球の表面が引っ張られるなら

私たち人間の体内にある水分なんかも引っ張られている可能性もあるってことで

そんな

地球を引っ張るエネルギーが

今日の度数、牡羊座8度のエネルギーってことになります。

なので今日は

牡羊座8度のエネルギーを

感じることができるのか

試していきましょう。

6度で四元素、

7度で二極や磁場というものを感じとったのですが

8度では

ダイナミックな地球の動きを感じていきます。

自転しながら太陽の周りを公転している

地球の動きと自分を合わせていくんです。

(一応、WIKIの地球の自転と、公転の説明。時間があればどうぞ)

桜の花びらは

秒速5センチメートルで落ちるなんて言われてますが

地球は

秒速465mで自転しながら

秒速28kのスピードで太陽の周りを進んで行く

宇宙船地球号。

数字を並べたところでちょっと実感できないし

普通に生活していると

そんなこと感じることもないけど

とにかくマッハなスピードで動いているという事実。

今日は

そんなものを感じる日。

感度を敏感に上げて

全身で

地球の潮流を感じてみるのです。

・3月29日 牡羊座9度
水晶を凝視する人

*水晶の直感玉

6度から8度の体験で

地球を丸ごと

全身で感じてきたんですが

9度では

「感じて得たイメージ」を移しだす

水晶玉のような直感力が完成します。

脳内にあるミラーニューロンが進化して

水晶玉のようにクリアになり

気温や温度や太陽光や陰陽や

地球が動くことで巻き起こる

自然界の潮流みたいなものを

敏感に感じ取れるようになったんです。

今日は額の第3の目辺りに

水晶玉があると思い込んで

世界をその水晶に写して眺めるみたいなイメージで

過ごしてみましょう。

直感を解放させるのです。

・3月30日 牡羊座10度
古い象徴に対する新しい形を教える男

*自分なりの解釈

4度で「直感力・イメージ力」を手に入れたのですが

5度は

そのイメージに

自分なりの解釈を与える度数です。

昨日に引き続き

直感的に浮かんだイメージや言葉に注目して

それが何を意味しているのか

自分なりに解釈してみましょう。

また

地球の環境がもたらす

自然や空気や気温や時間なんてものを

敏感に感じ取ってみる。

時計を持たずに外出して

時計を見ずとも時間を当ててみたり

天気予報を見ずに

雲行きや空気の変化で

天気の行方を予想してみたり。

文明の利器に頼らずに

周囲の状況を読んでカンを働かせることで、

牡羊座の野生児的な直感力が

どんどん磨かれていくのです。