Code.no 145 獅子座25度  砂漠を横切る大きなラクダ


code.No 145

獅子座25度  「砂漠を横切る大きなラクダ 」

A large camel crossing the desert.


独立独歩の姿勢で約束の地を目指す・自己実現の人

🌟Keyword・エネルギー

「妥当」「適正」「自分の能力で勝負」「1つの事を続ける」「耐久力」「自己実現の旅路」

🌟25度 (固定宮)

*獅子座の結晶を取り出す度数

獅子座1度から築き上げてきた獅子座の資質が完成したので

その資質をエッセンスのように凝縮して取り出します。

🌟ドデカテモリー

・牡牛座

牡牛座の「忍耐力」を利用して、獅子座に創造性を与える。

🌟獅子座25度の可能性のある日付け

8月17日 18日 19日

🌟目指す方向性

・自己実現の欲求を叶えていくこと。

・目標を叶える旅が一人旅だとしても粛々と進んでいくこと。

・不屈の精神力と忍耐力と努力する姿勢を身につけること。

・魂レベルの人生の目的を叶えていくこと。

・「私は自己実現する力を充分持っている」と常に自信を持っておくこと。

・自分の能力や可能性を思い切り発揮していくこと。

・目的を叶えるために「信念」や「意志」を強く持って進むこと。

・逆境や困難に陥っても諦めることなく目標を見定めて前進すること。

・「この人生で自分を成長させたい」という意識を持つこと。

・自分の目的をはっきりと自覚していくこと。

・物事を進める上で万全な準備をしていくこと。

・自己実現を果たすための必要な武器や防具や技術を持っているか?備えていくこと。

・成長のために耐久力、持久力を身につけること。

・人を頼らずに自分の力で解決していくこと。

・精神や感情をコントロールして冷静な視野を意識すること。

🌟この度数の人の特徴

・強い意志力と集中力と忍耐力を持つ人。

・知性と情熱を併せ持つ不屈の精神の持ち主。

・用意周到な独立独歩の人。

・どっしり安定感のある人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・目標を達成するために用意周到に準備をしている時。

・前日に旅の準備をしている時。

・サバイバル能力を発揮している時。

🌟シンボル考察

*自分の人生を創造する力

25度は獅子座の結晶を取り出す度数。

今まで培ってきた獅子座の資質を結晶として取り出して、

それを携え次のサイン、乙女座へと向います。

獅子座エッセンスが凝縮した結晶が、

この度数で完成するのです。

その獅子座の結晶とは

「自己実現の力」という結晶。

獅子座を支配す「太陽」が、

「自己実現の力」という結晶を携えて現れます。

この「自己実現の力」は

私たちを約束の地へと導く力です。

魂レベルの

本来の自分で在ることで

「今回の人生の目的地」の地図を手に入れ

そこへ向かう

長い長い冒険の旅路の中で

自分を成長させていく

自己実現の物語。

私たちは

誰もが

自分の人生という物語の主人公。

その

自分だけの物語を

自らの力で紡いでいくのが獅子座です。

例えば

「今回の人生の予定帳」

と言われている

生まれた時のホロスコープは

私は

何を体験しに生まれてきたのか?

その体験を通して

何を成長させていくべきなのか?

というようなことが記されているのですが、

その内容は人それぞれ。

太陽が獅子座の時期に生まれた人の場合は

自分を堂々と表現していくことで

成長を図っていくことになるし

太陽が牡牛座の時期に生まれた人の場合は

身体が資本って感じで

成長を図っていくと読めるし

人それぞれの

「人生の目的」が描かれているのが

ホロスコープで

つまりそれは

生まれる前の

「魂」だった頃に描いた

自分だけの人生の脚本のようなもの。

獅子座24度は

自分の魂が指し示す道を

文句や言い訳をすることなく

ただ粛々と

前を見つめて歩んでいく強さを持っています。

自分の魂が描いた人生のシナリオを感じて

それを達成させるために

覚悟を持って

長い冒険の旅へ赴く

不屈の精神を身につけたのです。

*自己実現の欲求

心理学者のマズローによると

人間は五段階の欲求を持っているといいます。

参考〜自己実現論wiki〜

私たちは

いろんな欲求の声を叶えていくことで

安心感を得たり満足したりするものですが

獅子座の後半度数は

自分の内側から

湧き上がる

「私はこの人生で〜をしたい!」

という欲求を聞き入れて

それを追求していくことになります。

その自分の内側から

湧き上がる欲求は

ただの生理的欲求の場合もあるし

安全欲求や

承認欲求からくることもあるんだけど

21度からの獅子座が掬い上げるべき欲求の声は

「自己実現の欲求」の声です。

「あれが食べたい」とか

「贅沢をしたい」とか

そういうレベルの欲求じゃなくって

「あるべき自分」に

なりたいという欲求の声。

自分の持つ能力や

可能性を最大限に発揮して

「この自分を生きていきたい!」と

湧き上がる欲求の声を叶えていくことになります。

例えば

獅子座の前半度数だと

自己表現をして

「賞賛してほしい」という承認欲求を叶える傾向があったんですが

様々な経験を重ね

承認欲求が満たされた

獅子座25度にもなれば

もう

そんなことどうでもいい。

人の評価に依存して

自分を確認せずとも

自分で自分を認め

自分に対する誇りを持った獅子座25度は

「私がやりたいからその道を進む」という

強い決意と意志力で

自分にとって正しい道へと進んでいくことができるようになります。

自分にとって正しい道とは

「魂が疼く」かのような

心から望むようなこと。

例えば

自分の創りたいものに集中するアーティストは

「自己実現の欲求」によって

行動しているといえます。

損得やお金じゃなくって

賞賛や名誉が欲しいからじゃなくって

ただただ

自分の魂が喜ぶようなことをやっている。

そういう人っていうのは

大抵

いくつになってもイキイキとしていて

魂(生命力)が輝いてるかのように

眩しく感じたりもします。

仲間がいなくたって

「変わっているね」って思われたって

そんなのお構いなしで

自分の道を

夢中になって邁進していく。

獅子座は

25度になって

自分だけの人生を追求していく力を身につけました。

自己実現の欲求の声に従い

失敗しても諦めることなく

コツコツと努力していくこともできるし

辛くても

我慢して耐えることもできるんです。

マズローの下の4個の階層

(生理的欲求〜自我の欲求)は

「欠乏欲求」とも呼ばれていて

これがないと

人は不安を感じたりするそうです。

確かにこの4つの欲求は、

衣食住や

自分の居場所、心の拠り所を求める欲求ですから

これがないと

不安に駆られそうですよね。

それに対して

「成長欲求」とも呼ばれているのが

「自己実現の欲求」。

「自分を成長させたい!」

という思いが

自己実現の欲求へと駆り立てるんです。

私たちは

魂レベルの成長を図って生まれてきたんです。

魂を成長させるために

自分に必要な人生の舞台を用意してきたんです。

自己実現の欲求を果たす旅で

自分を成長させていくのが

獅子座の自己創造の物語なのです。

*独立独歩

ラクダは

砂漠という渇いた厳しい大地に適応した動物です。

そのコブの中に脂肪を蓄え

灼熱の太陽から身を守り

水を飲まずとも

数日間は耐えることができるといいます。

つまりは

厳しい旅だとしても

自分の中に

乗り超えるための力を持っている。

それと同じように

獅子座25度も

人生という冒険の旅路を

乗り超えるための力を

自分の中に蓄えています。

だからこそ

自信を持って

堂々と砂漠を越えていける。

魂を成長させるための

人生の舞台を

堂々と歩んでいくことができるんです。

困難にあっても

それに耐えることができるメンタルの強さ。

道が長くて挫けそうでも

乗り越えていける不屈の精神。

障害を乗り越えていく強い信念に不屈の精神。

自分の内から湧き出る

「意欲」と「強い意志」がエネルギー源。

足を

今いるところよりも一歩でも前へ。

確実に

踏み出す力を授かっているんです。

また

ラクダが

砂漠に適応するために

必要なものを身につけているように

獅子座25度も

目の前のことに対して

「用意周到に準備をする」という意識を持つことにもなります。

万が一

砂漠に旅に出るなんてことになったら

「水や食料」など

命を補償してくれる

必要最低限のものを持っていきますよね。

あとで

自分が困らないようにと

旅に出る前に

何が必要かを冷静に計算し

しっかりと準備をする。

備えがあれば

とりあえずは「安心感」を得られますから

目の前のことに集中して取り掛かることができます。

やるべきことがハッキリしているなら

安心して挑める方が

集中力も高まりますよね。

集中力が高まれば

進むスピードも早くなって

成長のスピードも上がるんです。

また

ラクダが黙々と

自分の力で歩いていくように

獅子座25度も

独立独歩の力を発揮して

物事をこなしていくことができます。

「自分のことは自分でやる」的な

自立した精神性を身につけるんです。

自分のことが自分で出来るようになれば

可能性が広がり

選択肢も増えていきますよね。

人に頼らず

真剣に物事に挑んでいくことで

今の自分を超えて

新しい自分を創造していくのです。