Code.no 142 獅子座22度  伝書鳩


code.No 142

獅子座22度  「伝書鳩 」

A carrier pigeon.


「気づき」のメッセージを受け取り伝えていく・啓発の人

🌟Keyword・エネルギー

「啓示」「啓発」「奉仕」「貢献」「努力」「忍耐」「メッセージ」「愛と平和」

🌟22度 (固定宮)

*受動的に引き寄せる度数

20度で、何事にもブレない獅子座の軸が出来あがったのですが

その軸を利用して欲しいものを取りに行くのが21度〜25度の体験領域。

21度においては積極的に行動していくことで。

22度においては、

自分の能力を光らせて、欲しいものを引き寄せることができるようになります。

🌟ドデカテモリー

・牡羊座

牡羊座の「本能的側面」を利用して、獅子座を啓発する。

🌟獅子座22度の可能性のある日付け

8月13日 14日 15日  16日

🌟目指す方向性

・自分を信じて自分を愛し堂々と過ごすこと。

・人に対する思いやりを発揮していくこと。

・心に余裕を持つことで周りにある自分を成長させるメッセージに気付く。

・暖かく周囲を照らす「太陽」のような存在になること。

・みんなが幸せそうな自分の世界を創造していくこと。

・人に対して愛を与え建設的に成長させるような光を投げかけること。

・自分の能力を人のために役立てていくこと。

・人の話に耳を傾けて素直に受け入れていくこと。

・損得勘定抜きで人に貢献、奉仕、癒しを与えていくこと。

・思いやりを発揮することで暖かな世界を創っていくこと。

・目標のために惜しみない努力や忍耐をしていくこと。

・愛と平和のバイブレーションを放つ自分になること。

・精神的な教えを人々に伝えていくこと。

🌟この度数の人の特徴

・善意に溢れた人。

・建設的な人。

・目標に向かって邁進できる人。

・損得勘定抜きで人のために貢献する道を選べる優しい人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・自己啓発的な教えや教訓を人々に伝えているとき。

・洗脳された人を現実に連れ戻す力を発揮しているとき。

・自分の時間を犠牲にして人々に協力しているとき。

🌟シンボル考察

*自分を愛する

22度は

21度で噴出させたサインの力を安定させる度数。

21度がサインの力を押し出したとしたら

22度は引く力で、安定を取り戻していきます。

21度が積極的に取りに行くのであれば

22度は受容的な姿勢で目的を引き寄せる感じ。

獅子座が引き寄せたいものとは、

「自分であること」です。

誰のものでもない

「自分の人生」を生きるために

人生の主役となって

自分の人生を創造していくのが獅子座。

授かったこの命や肉体を使用して

堂々と自信を持って生きていく。

「自信を持って自分を表現していきましょうよ」

って教えてくれるのが獅子座なんです。

例えば

私たちって

ルックスがイケてないと

自信を持てないところがあって

なるべく目立たないようにと

引込み思案になったり

大人しく控え目になったりしがちだけど

ルックスなんて気にせずに

自分のことを思い切り堂々と表現している人っているじゃないですか。

そういう人っていうのは

自己受容度が高いんですよね。

要は

自分を

ちゃんと愛することが出来る人なわけですが

そういう人は

授かった命や肉体を

卑下することなく受け入れて

限りのある人生の時間を

有意義に楽しく生きていくことができるメンタルを持っています。

人の目を気にせずに

自分が「どう思うか」ということを選ぶことで

自分を大事にしていくので

それは

自分を愛することに繋がり

絶対的な自信へと繋がっていくんです。

しかも

そういう人って

「笑った自分の顔が人の目にどう映るか?」

なんてことも気にせず

心から大笑いしたりもできるので

それはビッグスマイルとなり

生命力が放つ輝きを

周囲の人たちに分け与えていくことが出来ます。

自分を信じているので

自己主張もちゃんと出来るし

そうやって

自分の理想の人生を創造していくのが獅子座なのです。

そんな

ありのままの自分で

理想通りの人生を生きるために

無理だと思われるようなことであっても

頑張って羽を広げて

情熱と意欲で

チャレンジしていくのが21度だったとしたら

22度は

リラックスして

受け身の姿勢で待っていることで

理想の状況を引き寄せる。

感受性をあげて

自分を信じ

どーんと構えて

運ばれてくるメッセージを受け取る。

ドデカテモリーで言えば

21度と22度は

「本能的衝動を利用して世界に割り込む」牡羊座の資質が混ざる度数。

21度では

今は失ってしまったけど

もともと

自分の中に持っている「飛ぶ」という本能を利用して

理想を掴み

22度では

元いた場所に戻ってくるという

「帰巣本能」的なものを利用して

自分の理想を手元に引き寄せる。

つまりは

自分の内なるパワーを強く信じることで

理想的状況を

創造していく力を発揮するのです。

*本来の自分に戻る

かつての通信手段として

使用されたいたのが伝書鳩。

なんでも伝書鳩は

メソポタミア文明の頃から

使用されていたという記述があるそうです。

1000Kも離れた遠くの場所で放しても

自分が住んでいる場所へと

飛んで戻ってくる鳩の習性を利用して

情報を伝達してたんですよね。

「帰巣」とは

見知らぬ場所から

自分のテリトリーや生まれ故郷に戻る行動のことで

生まれ持っての

本能的なナビゲーションシステムのようなもの。

犬や猫もそうだし

多くの動物が

この帰巣本能を備えていると考えられているそうです。

「もといた場所へ戻る」

つまり

それは

本来の自分に戻ることを意味してたりもして

自分を愛し

自分を信じることで

もとから持っていた

子供のように純粋な

本来の自分に戻ることを示していたりもします。

自分という存在に萎縮することなく

自分を信じ

気楽に構えることで

常識やルールや社会に染まった自分じゃなくて

「一つの生命」としての自分に戻っていく。

そうすることで

自分を取り巻いていた鎖のようなものが

少しずつ剥がれ

身動きが取れるようになり

物事を自分らしく受け取れる感受性や

自由な発想力を取り戻し

本来の自分の姿へと戻っていくことが出来るんです。

本来の自分の姿は

純粋で

生きる喜びに溢れた「命」です。

喜びに溢れた「命」として過ごすことで

至る所に用意されていた

自分に必要なメッセージや情報に

気づくようになり

理想的な状況を創造していくことができるようになるのです。

*愛と平和の使者

私たちの「魂」というのは

基本的に

「善」でできています。

それは

良心の塊のようなものなので

ピュアな魂で生きる人は

人を思いやる優しさや

人を助ける勇気を持っているものです。

「自分の気持ちを優先していくことで

自分の理想通りの世界を創造する」

という獅子座の示す事柄は、

エゴに支配された

幼い精神状態のままだと

ただの自己中心的な考え方となり

人のことを思いやれない

ワガママな行動として現れてしまいますが

22度の獅子座は成熟してますからね。

「自分の喜びにのみ集中する」

という視野から

「人の喜びが自分の幸せ」

という視野も手に入れたので

みんなが幸せになるような世界が

自分の理想の世界としての

脚本を描くことができるようになったんです。

本来の

良心の塊のようなピュアな魂に戻ったことで

人のためになるようなものを世界にもたらし

幸せな王国に暮らす自分の人生を

思い描けるようになったんです。

私たちは

誰もが

自分王国の「王様」ですからね。

自分の意志次第で

自分の国の方針や方向性を決める

権限を持っているわけだけど

「オレが、オレが」

って

自分の欲求ばかりを押し通す

ワンマンな王様の元に暮らす国民は

きっと幸せじゃないはずです。

やっぱり理想的な王国って言ったら

おとぎ話に出てきそうな

優しく頼り甲斐のある

王様に見守られて

国民全員が伸びやかに幸せに暮らしている国。

お城から街の様子を伺ったとき、

国民たちが

暗い顔をして辛そうに暮らしている様子を見るよりも

幸せそうに暮らしている様子が見れる方がいいですよね。

自分の王国に住まう人達にも責任を持って

みんなの幸せが

自分の幸せとばかりに

獅子座22度は

幸せオーラの漂う

自分の王国を築く力を持っています。

人生の主役は自分で

他の人は脇役という視点で

人生を創造していく獅子座ですが

脇役だからと

ぞんざいに扱うのではなく

脇役の人達が

笑顔で幸せそうに暮らせるような世界を創造していくんです。

伝書鳩は

大事なメッセージを運ぶ

「愛と平和の使者」です。

伝書鳩が

遠くにいる人に

ラブレターを運ぶかのように

獅子座22度も

自分の周囲にいる人達に

愛と平和のエネルギーを送る。

伝書鳩が

長い距離を頑張って飛ぶように

獅子座22度も

思いやりを発揮して

みんなの役に立つようにって

頑張って貢献する。

みんなが「何を望んでいるのか?」

ということを察知して

そっと手を差し伸べることで

その思いやりは

相手の優しさを引き出し

自分にとって

理想的な状況を作り上げていくことが出来るようになります。

幸福度の高い王国にするために

国民の声に耳を貸し

不満を解消していく。

そうすることで

獅子座が望む

理想的な環境の人生の舞台が出来上がっていくのです。

*啓発

この度数のキーワードは

「Enlightenment(啓発)」。

啓発とは

「人が気づかずにいるところを教え示し

より高い認識・理解に導くこと」。

それは

伝書鳩が

新しい気づきのメッセージを運んでくれるかのように

どこからか

新しい気づきがもたらされるという意味でもあるし

また、

人々に

新しい気づきを与えるという意味でもあります。

自分を信じ堂々としていることで

心に余裕が生まれ

いろんなことに気づき

自分の頭で思考して

答えを導き出せたり

また、

みんなに自分の意見を堂々と話すことで

「なるほど〜」という視点を与え

「じゃあ、〜なんだね」と

自発的に気づかせる。

一段上にランクアップした理解を

相手に気づかせるきっかけを作り

相手の成長の手助けをする。

獅子座の支配星は「太陽」ですからね。

「太陽」は

ご存知の通り

地上にいる生命を育む力を持っています。

「太陽」は

「太陽系の天体」の中心で動かずに

王者のように

堂々と燃え盛っていますけど

獅子座が最終的に目指すのは

「太陽」のような存在になること。

自分の世界に属する人達にも

万遍なく愛情の光を投げかけて

その成長を促すかのような

器の大きな太陽になる。

太陽の光を浴びることで

私たちは

意欲やヤル気が上がりますが

それと同じように

「自分らしく」生きていくことで

他の人達にも啓発を与えるような

そんな存在になる。

獅子座22度は

あらゆるところから届くメッセージで

自分を啓発し

また

周囲にいる人達に

意欲やヤル気を与えるような存在になっていくことで

自分の王国を

豊かに発展させていくことができるのです。