code.No 138 獅子座18度 化学の先生


code.No 138

獅子座18度  「化学の先生」

A teacher of chemistry.


理性と愛情を錬金して新しい自分を築いていく・錬金術師

🌟Keyword・エネルギー

「指令」「指導」「インストラクター」「錬金術」「把握力」「研究」「理性と愛情」

🌟18度 (固定宮)

*異なる潮流の中から答えを見つけ出す度数

「嫌い」「苦手」で避けてきたものの中から新しい視野(価値観)をもたらす度数。

🌟ドデカテモリー

・水瓶座/魚座

水瓶座の「冷静さ」と魚座の「優しさ」を利用して、獅子座を再構築する。

🌟獅子座18度の可能性のある日付け

8月9日、10日、11日

🌟目指す方向性

・心をオープンにして視野を広げていくこと。

・日常を新鮮な気持ちで眺めていくこと。

・ヤル気や意欲を上げるための材料を見出していくこと。

・視野を広げて、どんどん新しい発見を見出し高揚感を味わっていくこと。

・理性と愛情を意識して取り込んでいくこと。

・人の気持ちを汲めるような思いやりを身につけること。

・二つ以上のものを組み合わせて、より高度なものを作り上げること。

・洞察力を発揮して物事の研究や探求をしていくこと。

・心の中の葛藤を統合させていくこと。

・集中力を発揮して新しい物質や新しい資質を創りあげること。

・状況を自分の思いのままに創り上げていく賢さを磨くこと。

・自然界にある原理を探求して法則を見出していくこと。自然の法則を取り入れていくこと。

・新しい発見で意欲の火を燃え上がらせるために、研究や探求していくこと。

・自己啓発的な手法でモチベーションをアップしていくこと。

・どんどん新しい自分を見出していくこと。自分を成長させていくこと。

・どんなことにみ意味があると捉えていくこと。

・発見したことを人にシェアしていくこと。

🌟この度数の人の特徴

・把握力の優れた人。

・冷静で洞察力のある人。

・状況を上手に変えていく人生の達人。

・許容範囲の広い人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・化学の実験をしてるとき。

・ヤル気がアップする方法を探すために自己啓発書を読んでいる時。

・いつでも元気な自分でいれる「賢者の石」を錬金で作っている時。

🌟シンボル考察

*「意欲」という火力の研究

1度から15度までの体験において

獅子座は

自分のやりたい事のみに集中し

自由な発想力で自己表現する術を身につけました。

それは例えば

「夏休みの子供」のようなもので

自由に

自分の時間を使用していく事で

自発性や創造力を磨いてきたんです。

夏休みって

特別なイベントだったじゃないですか。

学校に行かなくてもいい日が

約1ヶ月半もあって

毎日

「今日は何して遊ぼう!」って

真夏の太陽に負けないくらいに

キラキラした目で

日々を楽しんでましたよね。

外に遊びに行ったり

家でお絵描きしたり

図鑑を眺めたり

眠くなったら昼寝してと

自分の心のままに

伸び伸びと

贅沢に時間を使用していたあの輝かしい思い出。

あの頃

育成した自由な発想力と

「私はこれがやりたい!」という意欲と

それを実際に行動に移す創造力を

獅子座と呼ぶのです。

母親に

「宿題終わってから遊びに行きなさい」

って言われて

「はーい」なんて答えるけど

「外に遊びに行きたい」という思いが強くなると

すっかりお母さんの言葉を忘れて

遊びに行ったりして。

人の言葉が

入ってこないくらい

自分のやりたい事で

頭が一杯になってしまう。

「自分がやりたい事」や

「自分は何をしたいか」という

心の声を素直に聞き入れて

自分の思うように行動していくから

結果的に

自分が望むような1日を過ごしていくことになり

心から満足することが出来ます。

自分の心の声をチョイスしていくことで

自分の「好き」で溢れた時間、

自分が主役の日々を過ごしていけるようになるんです。

しかし

そのキラキラした日々は

新学期を迎えると同時に終わってしまいます。

別に

行きたいわけじゃない学校に行って

学びたいわけじゃない勉強をする

日常が待っているんです。

獅子座16度から20度の領域は

「夏休み」というイベントが終わって

「日常生活」に戻ったとしても

創造力や意欲を失わないために

日常の中に楽しみを見出していく領域です。

非日常においては

「あれもやりたいこれもやりたい」

という自発的な意欲が湧き上がるものですが

日常になると

自分がやりたいことじゃないのに

やらなければいけないという重荷や

常識やルールで

子供のような遊び心が

押しつぶされるような感じになります。

つまりは

非日常においては

イキイキと意欲の炎を燃やすことが出来るけど

日常においては

意欲の炎が鎮火してしまうわけで

っていうことは、

環境によって

自分の内面の炎の火力が

左右されてしまうことになりますよね。

獅子座は

誇り高き「火のサイン」で

その火は、

太陽系の中心で生命を育む炎を燃やす

「太陽」のような燃え盛る火です。

太陽が

環境に左右されて

その火力が過度に燃え上がったり

鎮火したりしたら困りますよね。

どんな環境においても

安定した炎を提供してくれる健全さや強さを

持ってくれていると

私たちも安心しますよね。

獅子座18度は

環境に左右されない

「意欲」という火力を作り出すために

研究している様子が示されています。

日常においても

非日常とまでは行かずとも

ある程度の意欲の炎を燃やすにはどうしたらいいのか?

創造力や

それを成し遂げるための意志力や

モチベーションをアップさせるにはどうしたらいいのか?

そんなことを

あれこれ掛け合わせて研究しているんです。

自らの炎を

刺激のない日常の中で失わないようにと

自分なりの

ヤル気がアップする方法を見出しているのです。

*愛情深い王様

16度から20度の領域は

環境に左右されない

獅子座の軸を完成させるために

少しずつ

新しい視野を取り入れていく領域です。

それまでの獅子座は

「私がどう感じるのか」という

私中心の

主観的な視野で世界を眺めてきたのですが

主観的視野は

自分を大事にする視野ではあるけれど

自分だけのことしか見えなくなってしまうので

視野が狭くなり

結果的に

自分の世界が狭くなってしまいます。

人を思いやることができずに我を通したり

自己中心的でわがままになってしまったりと

エゴが肥大してしまうんです。

獅子座は「太陽」を支配星に持ってますからね。

「太陽」は

太陽系の王様ですが

ワガママでワンマンな王様が君臨すると

周囲の人たちは

王様の機嫌ばかりを伺ってしまい

伸び伸びと自分の人生を生きていくことができないじゃないですか。

つまりは

国民幸福度が低い王国が出来上がるわけですけども

どうせなら

責任感に溢れた信頼できる

愛情に溢れた王様の方がいいですよね。

獅子座16度からは

そんな獅子座の行き過ぎを防ぐために

国民幸福度が高くなるような

信頼できる王様像を

目指していくことになります。

例えば

ワンマンな王様って言うのは

国民のことなんか気にせずに

自分のやりたい事だけを優先させていくので

主観的な視野で判断するタイプですよね。

それに対して

信頼できる王様っていうのは

国民や国の様子など

全体像をとらえて

方針を決めていく広い視野を持っています。

16度、17度、18度は

獅子座の鏡のサインである

水瓶座の資質が流れ込んでくる度数です。

水瓶座は

「俯瞰的な視野」で全体像を掴み

効率よく合理的に物事を進めていく資質を持っています。

獅子座は

この

「物事を全体的に見る」ことが苦手だったのですが

16度、17度で

水瓶座の資質を取り入れたことで

視野が広がり

周囲の様子を伺えるような姿勢を手に入れることが出来ました。

視野が広がると

自分の周囲にある

いろんな事柄に気がつくようになります。

刺激のない日常の中にも

「楽しい」と思えるようなことがたくさんあることに

気づくんです。

「楽しい」っていう気持ちは

元気と意欲を生み出します。

「次はこれをやってみたい!」

という自発性も生まれます。

それまでの獅子座は

人の話しを聞いて楽しむよりも

自分が話しをすることで楽しんでいましたが

17度では、

人の話しにも耳を傾けて

相手のトークを楽しむこともできるようになりました。

このように

視野が広がると、

自然に

いろんな材料が獅子座にもたらされることになります。

今まで気づかなかったことに気づくことで

新しい素材を手に入れ

どれが

自分に意欲やヤル気をもたらすものか

実験しているんです。

「この映画のこのセリフは心が熱くなるなー」

「この人と一緒にいるとテンションあがるなー」

みたいに

何が

自分に元気をもたらしてくれるのか

自分の心の動きを観察していくのです。

*錬金術

古代では錬金術と呼ばれ

現在では化学と呼ばれるテクニック。

錬金術は

金属や、様々な物質や

人間の肉体や魂をも対象として

それらをより完全な存在に練成させるための

試みのことを言います。

また、

心理学者のユングは

「対立しあう心の結合を目指すこと」を

心の錬金術として説明しています。

獅子座18度は

ドデカテモリーで言えば

水瓶座の他に

魚座の資質も混ざります。

水瓶座の「俯瞰的な視野」と

魚座の「愛情深さ」を

錬金して

獅子座に

新しい視野をもたらそうと試みているんです。

自分の生命の光で

周囲の人達を

暖かく照らす太陽のような自分になるために。

ただ

そこにいるだけで。

イキイキと

意欲的に自分を生きてるだけで

周囲の人が

感化されて元気になるような存在になるために。

周囲を見渡せる広い視野と

周囲の人達に無償の愛情を

平等に注ぐ広い心を手に入れるために

自分の心を錬金して

変容のプロセスを辿っているんです。

理性と愛情を

個人主義的な獅子座に錬金することで

本物の王様へと

変容していくことが出来るのです。