Code.no 133 獅子座13度  揺れている年をとった船長


code.No 133

獅子座13度  「揺れている年をとった船長」

An old sea captain rocking.


独自の創造性を堂々と表現していく・惹きつける人
🌟Keyword・エネルギー

「追憶」「回顧録」「ナチュラル」「創作能力」「マイペース」「人生哲学」「独創的」

🌟13度 (固定宮)

*パワー全開度数

周囲も圧倒するほどのカリスマ的な力を発揮して場を支配するのが13度。

11度で「日々を創意工夫して喜びを味わう力」、

12度で「人との交流によって日常を楽しんでいく力」を手にいれた獅子座は

13度で

自分から働きかけなくても

どんどん人が集まってくるような

カリスマ力を発揮します。

🌟ドデカテモリー

・射手座/山羊座

射手座の「叡智」と山羊座の「現実感覚」を利用して獅子座の力を満たしていく。

🌟獅子座13度の可能性のある日付け

8月4日 5日 6日

🌟目指す方向性

・自分の人生のクリエイターになること。

・常識から外れているとしても臆することなく堂々と自分の個性を発揮していくこと。

・相手に伝わるように情感を込めて伝えていくこと。

・トークの技を磨くこと。

・自由な時間の中で自由な自分だけの創造性(創作物、絵、音楽etc)を発揮していくこと。

・一般的な社会から逸脱した場所で、自分のペースで過ごしていくこと。

・自分のリズムを大事にすること。

・即断即決するのではなくよく考えて納得してから進むこと。

・自分の体験を冒険として捉えていくこと。身体で覚えるような体験を重ねていく。

・見栄を張らずに自然体で心に余裕を持って過ごしていくこと。

・来るもの拒まず去るもの追わず。

・自分独特の人生哲学を大事にし燻し銀のような魅力を身につけること。

・創意工夫力を発揮してそれを表現していくこと。

・マイペースな時間の中で自分の持つ独特の哲学を創作していくこと。

🌟この度数の人の特徴

・自然体でマイペース、のんびりした雰囲気の人。

・思慮深い人。

・人が寄ってくるような人気者気質。

・創作で実力を発揮出来る人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・自分の人生の舞台のシナリオを創造している時。

・独創的なアイデアで小説を書くような創作能力を発揮している時。

・話をしたり表現しているだけでいつの間にか人が集まってくるようなパフォーマー。

🌟シンボル考察

*惹きつける力

13度は今まで築いてきた獅子座の資質を、

大げさなくらい使用して

場を支配していくかのような度数。

なのでカリスマ的な力を発揮すると言われている度数です。

その獅子座的なカリスマ的な資質とは

「人を惹きつける力」。

獅子座は

「火」のサインの

「固定宮」。

固定っていうだけあって

つまりは

どっしりと動かずとも

ただそこにいるだけで存在感を発揮し

その光につられて

人が集まってくるような

そんな力を持っているのですが

獅子座13度は

その力が

カリスマ的に発揮されます。

「もっと話しを聞かせて!」って

人が集まってくるような魅力を発揮するんです。

このシンボルは

例えば

こんな物語が浮かんできます。

「まだテレビなんてものがなかった時代の

アメリカの片田舎の夏休み。

毎日外で遊んでいた子供達が

「今日は冒険だ!」なんて

まだ行ったことのない森の中を探索しに行ったら

森の奥の方に

小さな家があって

デッキにロッキングチェアに座って

パイプを燻らしながら揺れているおじいさんが一人。

子供達は

人里離れた場所で暮らすおじいさんに

最初は

おっかなびっくりだったけど

話しているうちに

おじいさんが

昔、自分の船を持っていた船長で

世界中を回っていたということ、

また、

そこで起きた数々の

見たことも聞いたこともないような冒険の話しに

すっかり夢中になり

夏休みの日々を

おじいさんのお家に遊びに行って

過ごすようになりました。」

みたいな感じで

この度数は、

子供達が

おじいさんの周りに座り込んで

目をキラキラさせながら

奇想天外なストーリーを聞いて楽しんでいる様子が

浮かんできます。

例えば

普通の生活においても、

いつも

人の輪の中心で話をして

ドカンドカンと盛り上げれる人っているじゃないですか。

芸人さんのように

たくさんの面白いエピソードトークを持っていて

飲みの席でも

いつも話しの中心になってしまうような人。

その人といると楽しいから

自然に人が集まってくるような

つまりは

「人気者」っていますけど

獅子座13度は

その人柄に惹かれて

いろんな人が

入れ替わり立ち代り訪れるような

「人気者」の資質を持っています。

老船長が

家の外のデッキに座ってるのは

誰でもウエルカムだから。

人が来ることに対して

嫌がることなく

快く迎えてくれるのです。

*創造性

船長として

世界中の海を渡り

いろんな国を訪れたことがあるのなら

話題に尽きなさそうですよね。

つまりは

エピソードトークをするネタはたくさんあるわけだし

また、

いろんな体験をしてきたことで

豊かな表現力や

効果的な話し方なんてのも身につきそう。

獅子座13度は

まるで

一人舞台で

スポットライトを浴びているかのように

人を引き込むような表現力で

自分の世界観を発信することが出来ます。

獅子座は

自分を世界の中心に置き

「自分が人生の主人公」という視野を持っていて

人生の舞台の

監督、演出、脚本、主人公を

こなしていくような感覚を持っているのですが

「こうしたら人がどう思うか?」

ではなく

常に

「自分はどうしたいのか?」

という

自分の気持ちに従がっていくので

自分の気持ちを反映させたかのような

日常が形成されていきます。

「自分の人生の舞台は?」

「どんな主人公を目指そうか?」

常識や枠組みに捉われることなく

自分が「良い」と思ったことを

素直に選ぶので、

自分が思い描いた理想の舞台を

演出していくことができるんです。

つまりは

自分の人生を

自分の意志でクリエイティブしていく力があるのですが

獅子座13度は

その豊かなクリエイティビティを発揮して

自分の自由な考えや価値観や思想を

上手に自己表現していくことが出来ます。

個性溢れた

面白い物語を創造したり

トークネタの展開や構成を練ったり

自分の「好き」をいっぱい詰め込んで

音楽や絵を創造したりと

自由に自分を表現していくことができるんです。

それもこれも

自分が

この人生を創造していくんだっていうことを知ってるから。

自分を表現することで

自分の価値観や思いを

現実の世界に反映させていくのです。

*思索

また

獅子座13度は

「人気者」でありながら

一人で思索にふける哲学者のような面も持ち合わせています。

このシンボルの主人公である船長は

老人です。

つまりは

「人生経験豊かな人」を示しているわけですが

ロッキングチェアに揺れながら

いろんな思索に耽っている様子とも受け取れます。

表舞台から引退し

自分の人生を振り返りながら

人生の意味を思索したり

「人生とは?」みたいな

哲学的な事柄を考えているんです。

人生の中で

華やかに活動する時期を終わらせ

自由な時間の中で

今まで培ってきた

自分独自の考えをまとめているんです。

それと同じように

獅子座13度は

表舞台で一通り活躍した後は、

のんびりゆったりと

自分が好きなように暮らせる環境を望みます。

常識や社会のルールなんてものから自由になって

誰かの指示に合わせるのではなく

自由に自分を表現できるものを創造したり

人生の意味を深く思索して

自分に見合う生き方を模索したりと

独特の個性を発揮して

人生を創造していくんです。

忙しく時間に追われる人生よりも

自由に自分を表現できる環境を求めて。

まるで

永遠の夏休みを手に入れるかのような場所へ。

社会から引退すると

社会人としての役割を終えることになるので

社会の枠組みやルールという重荷が

少し外れますよね。

年を取ると

まるで子供みたいに退行するなんて言われてますけど

そういう重荷から外れて

自分の時間を

自分の好きなように

自由に創造していけるようになるから。

残り少なくなった人生を思えば

人から「ワガママ」と言われたとしても

出来れば

自分の思うように

人に気を使うことなく

人にへつらうことなく

リラックスして

ありのままの自分で

自分の人生哲学に基づいて過ごしていきたいですよね。

獅子座13度は

何よりも「自分」の意志を大事にし

「本来の自分」で生きるような強さを持った度数なのです。