Code.no 124 獅子座4度  正装した男と角を刈られた鹿


code.No 124

獅子座4度  「正装した男と角を刈られた鹿 」

A  man formally dressed and a deer with its horns.


承認の欲求を満たし士気を高める・賞賛の人

🌟Keyword・エネルギー

「賞賛」「やる気」「プライド」「上昇志向」「自慢」「アピール」「志気を高める」

🌟4度 (固定宮)

*行動原理を安定させる度数

獅子座は「情熱の火」の力で、この世界を堪能する火のサイン。

自分を動かすバッテリー(充電池)なるものがあるとして

そこに火のエネルギーを満タンにさせて動いていくのですが

獅子座のスタートである1度では

「火のエネルギー」を一気に噴出させ、バッテリーを満タンにしました。

2度においては、満タンになったエネルギーを定着させるかのように

さらなる「火のエネルギー」を注ぎ込み、

3度においては、フルになったエネルギーを使用して行動を開始しました。

4度では、「火のエネルギー」という燃料で動く「行動力」を安定させ、

自分の中に定着させて浸透させます。

🌟ドデカテモリー

・乙女座

乙女座の「実務能力」を使用して、獅子座の日常を満たす。

🌟獅子座4度の可能性のある日付け

7月26日 27日 28日

🌟目指す方向性

・自分の実力や成果を臆することなく堂々と表現していくこと。

・創造したものをどんどん発信していくこと。

・自信を持って誇り高く生きていくこと。

・社会に堂々とアピールできる能力を持つこと。

・知力も体力もフルに活用して意欲的に行動していくこと。

・すごい人だと思われるようなものを持つこと。

・自信を持って自己主張できるように自分を磨いていくこと。

・自分の力を誇示すること。パワフルに生きていくこと。

・形から入ることでヤル気がアップ。

・笑顔と可愛げを心がけること。

・自我のパワー全開で光輝いてる自分をイメージしていくこと。

・自分のしたいことを徹底的に行っていくこと。したくないことはやらない。

・人からの承認を得られなくても自分で自分を褒め称えてあげること。

🌟この度数の人の特徴

・気張った生き方をする尖った人。

・上昇志向の人。

・正直な人。

・エゴが強く自己中心的。前向きで建設的な人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・褒めて伸びるタイプの子。

・いいスーツを着たり高級腕時計をしたりしてハッタリかましてる時。

・賞賛を得られて、ヤル気の炎がメラメラ燃え上がってる時。

🌟シンボル考察

*アピール力

4度は

1度〜3度で出来上がった運動原理を定着させて安定させる度数。

1度から3度の領域では、

内から湧き上がる爆発的な創造力を引き出し

それを表現していく様子が描かれいたんですが

4度では

自分の創造力を表現して

注目を浴びる。

「俺、すごいだろ〜」って

見てもらう。

「俺、鹿を捕まえて角をゲットしたぜ!」

って

わざわざ正装してアピールする。

そんなふうに

自分の成果を自慢したくなるんです。

かわいいですねー。

なんてったって

正装してきちゃうところが可愛い。

私たちは、

いろいろと知恵がついて大人になると

明らさまに自慢と判るような行動を避けようとするものです。

「そんなことをしたら、人がどう思うか?」

ということを知っているので

自分の成果を

見せびらかしたい気持ちはあったとしても

さり気ない

嫌味のない方法というものを身につけていくものです。

なのに

この度数の男ったら

誰が見ても

「自慢してるよな」って判るようなアピールをしているんです。

つまりは

なんか潔い。

隠すことなく

誇らし気に堂々とアピールされたら

最初はびっくりするかもしれないけど

だんだん、なんか

無邪気だなーなんて思うようになったりしますよね。

なんていうか

子供みたいで可愛らしいんです。

例えば

小さな子供が一生懸命に書いた絵を

「ママ、見て見て!」って持ってくるような感じ。

大抵の子供達の絵は

独創的でオリジナリティに溢れていますけど

一生懸命

描いていたのを知っている両親は

「まあ上手ねー。天才だわ〜。」って褒めちぎる。

自分が夢中になって描いた絵を

褒められることは

心地がいいものですから

また創作意欲が湧いてきますよね。

私たちの成長段階に照らし合わせるのであれば

獅子座の領域は

「創造力を発揮して自分の好きなものを生み出す」段階です。

小さな子供の絵って

物事を正確に書くと言うよりも

自由な発想力で

好きな形や好きな色を使って塗りたくっていきますけど

自分がワクワクするような形や色を選んでるんですよね。

太陽は必ずしも「赤」って決まってるわけじゃなくって

自分が好きな色でいいわけです。

いつしか

太陽を塗るなら「赤でしょ」

ってのが身についてしまうことになるわけですが

獅子座は

そのような枠組みができる前の

自由な発想で生み出される

創造力を育てる領域なんです。

お人形さん遊びや

おままごとを通して

その空間を

自分の思い通りのストーリー展開で創り上げるのもそう。

子供は

そんな遊びを通して

想像力やアイデアや感じる力を磨き

創造力を身につけていくわけですが

獅子座1度から3度において

自由な発想で創造力を発揮してので

4度においては

自分が創造した力を堂々と表現する。

子供が

自分の描いた絵を

お母さんに「見て見て」っていうのが当たり前なように

獅子座4度も

当たり前のように

自分の成果を堂々と主張していくのです。

*承認欲求

バッチリ正装した男性が

鹿の角を持ってたとして

もし、

話す機会があったとしたら

やっぱり

どうしても

褒めてまうことになるかもしれません。

「正装、素敵ですねー」に始まり

「鹿の角、えーー。自分で狩猟して捕ったんですかー。えーー。すごいですー。」

って

言わざるをえないような気がします。

そうなんです。

この男性は

人から注目を浴びるのが好きだし

賞賛されるのも大好きなんです。

誰だって

人から褒められるのは嬉しいものです。

人から認めらると自信がつくし、

その自信は

自分を表現することに対して喜びを与えてくれます。

心理学者のマズローが説いた

欲求五段階説によれば

私たちの欲求は

五層からなっていて

下の階層の欲求が満たされると、

次の階層の欲求を満たしていく傾向があるんだそうです。

例えば

生理的欲求っていうのは牡羊座が示す事柄だし

安全の欲求は牡牛座。

社会的欲求というのは

所属と愛の欲求とも言われていて、

これは蟹座的な事柄です。

そしてその上の階層にあるのは

自我の欲求で

これは承認の欲求のこと。

自分が

人や集団から

価値ある存在と認められ

尊重されることを求める欲求を示すのが獅子座なんです。

次に続く

自己実現の欲求も

獅子座的事柄ですね。

自我の欲求が満たされると

自己実現の欲求が発動され

自分の能力を引き出し創造的活動がしたいという欲求が

湧いてくるんだそうです。

つまりは

ヤル気が湧いてくる。

創造的活動をするには

ヤル気が必要で

そのヤル気っていうのは

人から認められたり褒められたりすると

「よーしやったるぞー」って湧いてくるものなんです。

獅子座は

ヤル気の情熱の炎を燃やし

物事を創造していく領域ですからね。

自己実現を果たすには

承認欲求を満たすことが必要なんです。

承認欲求についての詳細は

wikiで読んでいただくとして

確固たる自我を確立し

他の誰でもない自分の人生を創造していくのが獅子座。

自分に自信を持つために

さらなるヤル気を引き出すために。

人からの賞賛は

獅子座3度の

ハートの炎をさらに激しく燃やしてくれる燃料となるのです。

*ヤル気をあげる

例えば

私たちは

様々なモチベーションアップ法を知ってますけど

形から入るという

モチベーションアップ法は

獅子座3度的です。

狩猟に行くのに

普段着で行くのと

狩りのための正装をバッチリ決めていくのとでは

ヤル気が違ってくるじゃないですか。

私たちは

身につけるものでも

ヤル気を引き出せたりするものですが

獅子座は

情熱の炎を常に燃やしておく必要があるので

形から入るモチベーション法も

上手に取り入れることができるんです。

金回りも良くなりそうだし

大人としての嗜みでもあるしってことで

安い財布を使用するより

高級財布を使用した方が

仕事にも励みが出そうだし

洋服だって

ブランド品を着こなせば

それに見合う自分を演じたくなるものです。

つまりは

「理想とする自分」になるためには

形から入るっていうのは効果的。

仕事ができるいい女風の人生を創造したければ

それふうのファッションや髪型から入れば

その気になれるし

冒険好きの自然派人間としての人生を創造したければ

アウトドアファッションで身を固めれば

その気になって

じゃあ、旅でも行くかー

なんて気になるし

身を固めて

ヤル気を煽るっていうのも獅子座3度的事柄。

より良い効果を望むのであれば

できるだけ高級品を身につけること。

獅子座は

「高級品」や「セレブ」というキーワードが

当てはめられてますからね。

そのようなものを持つことで

ヤル気がアップするし、

また

そのようなものを持つことで

人から褒められたりして

さらにヤル気がアップする。

獅子座は何よりも

「いい気分」で過ごすのが大事。

自分を「いい気分」にさせてくれるものを

無意識的に手元に引き寄せて

自分の火力を維持していくのです。