Code.no 107 蟹座17度 知性と生命に成長にする胚芽


code.No 107

蟹座17度  「知性と生命に成長にする胚芽 」

The germ grows into knowledge and life.


いろんな可能性の種を発芽させて成長させる・可能性に溢れた人

🌟Keyword・エネルギー

「話が展開する」「蕾が開く」「成長」「可能性の育成」「心と知性」「成果」

🌟17度 (活動宮)

*対立する要素をプラスに変換する転機となる度数

16度で侵入してきた鏡のサイン「山羊座」の資質である

「現実感覚」という視野が、蟹座の勢いを消しますが

17度ではそれをプラスに使用していくための方法を見出します。

🌟ドデカテモリー

・山羊座

山羊座の「成果主義」を利用して、蟹座に新しい視点を投げかける。

🌟蟹座17度の可能性のある日付け

7月8日、9日、10日

🌟目指す方向性

・積極的にいろんなことに関心を持っていくこと。

・視野を広げていろんな可能性を追求していくこと。

・焦らずに自分の可能性を育てていくこと。

・心の声を知性を活用して具現化いしていくこと。

・心でイメージしていることを実際に行動に移して育てていくこと。

・思ったことにどんどんチャレンジしていくことで自分の適性を見出していく。

・物事を成長させて成果を手にすること。

・自分の心の欲求を優先していくこと。

・自分の能力を社会の中でどんどん試していくこと。

・いろんな価値観を受け入れていくこと。

・自分の中に眠っている可能性を開花させること。

・一つの目標の達成が、また次に繋がるステップとなる。

・自己実現を目指し野心を持って積極的に行動していくこと。

🌟この度数の人の特徴

・チャレンジ精神旺盛な人。

・心の欲求に素直な人。

・野心的に行動していける人。

・未来の可能性を夢見てワクワクする人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・種が発芽して日増しに姿を変えて大きく成長していくとき。

・月が日々変化していくプロセス。

・種を植えて水を与え成長させて花を咲かせるように、自分の目標を大事に育てている時。

🌟シンボル考察

*視野を外に向ける

16度から20度までは、

蟹座の資質を強化するために反対の資質を取り入れる領域。

真反対の資質が入り込んでくることで、

新しい視野を身につけていくことになります。

その手始めの16度では、

真反対の山羊座の資質が流入して、

「プライベート重視」の蟹座のベクトルが

方向転換しました。

蟹座の目的は、

「ちょっとやそっとじゃ壊れない絆を作り、

仲間や家族という安心して過ごせる自分の居場所を維持すること」です。

ちょっとやそっとじゃ壊れない絆を作るには

心をオープンにして

素の自分のままで

付き合っていけるような気のおけない関係性が必要で

心も感情も共有していく

親しい人間関係の中、

豊かな情緒や多彩な感情を形成していくのが蟹座になります。

そのうち

仲間や家族に対する「愛情」なんてのも芽生え

「私がみんなを守る」みたいな母性的な守護の力も発揮され

自分の仲間や家族の繁栄のみに集中するようになったのが

蟹座15度。

みんなが

心身共に満足するような環境を作り上げることに尽力を尽くしたのですが

それが行き過ぎると

「自分たちだけがよければいい」

という排他的な姿勢が強まってしまいます。

自分が属するグループだけが

幸せならば

他のグループのことなんか関係ないし

むしろ

「ここに入り込んできて欲しくない」というような壁を

作ることになってしまうと

壁に囲まれて

蟹座の視野はどんどん狭くなってしまうことに。

この地上の世界は

自分たちだけが住んでいるわけではありません。

いろんな価値観を持っている人が

ルールや法律や常識などを基準にして

なんとかバランスを保ちながら

暮らしている「社会」があります。

家族や仲間という集団の中で

安心して守られ暮らしてきた蟹座は

16度からの体験において

自分たちは

大きな社会を構成する

小さな集団の一部に過ぎないという現実を知る必要があります。

山羊座が持つ「現実的な視野」を利用して

自分が住む大きな集団である

「社会」というものを理解していくのです。

ということで

蟹座16度においては

自分たち以外の外の世界に関心を向けて

視野を広めました。

いつも同じメンツで遊んでいた人が

他の場所で趣味の仲間を作りたいなーなんて思って

自分に合うサークルを探す感じで

視野が外へ向いたんです。

興味があるサークルを見つけて

そこに連絡して参加して新しい繋がりができる。

そこで学んで新しい知識が増える。

視野を広げたことで

新しい関係性が展開して

自己成長へと繋がっていくのです。

*種を蒔く

「知性」は

山羊座がもたらす現実感覚。

「生命」は

蟹座がもたらす本能的な欲求。

蟹座17度は

この二つが

バランスよく育つ「種」を手に入れます。

心の欲求の声を叶えるために

知性を発揮して

理想を具現化していくのです。

綺麗な花を咲かすためには

種を植えて

水をやり育てていく必要があるように

心で思い描いたことを

具現化するには

目標を明確にして

努力して育てていく必要があります。

心の欲求は

すぐに流れては消えてしまうような

掴みどころのない曖昧なものだったりしますから

そのまま流してしまいがちなんだけど

それを

そのまま流してしまうのではなく

しっかりとキャッチして

現実に落とし込んでいく。

ワクワクするようなことを思いついたとしても

なんか面倒くさくなったりして

実際に行動に移すのを辞めてしまったりもするけど

蟹座17度は

躊躇することなく行動していくことで

いろんな可能性を育てていくんです。

ワクワクするような心の声を叶えるために

知性を発揮してあらゆる可能性を探り

計画を立て

現実的に行動して成果をあげるのです。

私たちの心や感情は

毎日、姿を変える月のように

移ろいやすいもの。

その移ろいやすい心の世界を

具現化することで

現実に落とし込んでいくことが出来ます。

心で描いたイメージが

目の前に出現したら嬉しいですよね。

例えば

「こんなんがあったらいいなー」なんて

脳内にイメージとして浮かんだ

素敵なマフラー。

市販じゃ売ってないし

じゃあ作ろうかなんて思って

イメージ通りの毛糸を買って

イメージ通りに作っていけば

心でイメージしていたものが目の前に現れます。

そんなことを繰り返しているうちに

自分の持っているポテンシャルが明確になり

自分が何に適しているのかということを理解できるようになります。

心の声を実際に行動に移していくことで

あらゆる可能性を試すことになり

自分だけの

美しく咲く花を見出すことができるようになるのです。

*適職を探す

蟹座の力がピークになる15度においては、

家族や仲間達と

身心共に満足できる環境を作り上げることに集中しました。

お金に糸目をつけない勢いで

心も身体も満足するような環境を作り上げ

幸福な気分を味わったのですが

そんな生活を維持するのであれば

金銭を稼ぐ必要があります。

ということで

蟹座16度から20度の領域は

「社会に出て仕事をする」という意味合いの度数が連なります。

私たちは

プライベートな自分と

公な自分で

生活を成り立たせていますが

蟹座は「プライベートな自分」の居場所を作るサインで

山羊座は「公な自分」として活躍するサイン。

会社で働いてる自分が山羊座的資質を使用しているのであれば

帰宅してのんびりリラックスしているのが蟹座的な体験ということ。

また

生活のために金銭を稼いでくる父親が山羊座であれば

豊かな生活のために家庭を守る主婦が蟹座。

なので

基本的には

社会で働くというのは

蟹座の範疇外のことなんですが

だからと言って

家庭のことだけしか知らないと

どんどん世間知らずな面が増えて

偏った視野が身についてしまいますよね。

遥か昔から

男たちは猟にでて

女たちは

家を守って暮らしてきました。

女たちの役目は

子育てや掃除や料理の他に

とても大事な役割があって

それは地域の人たちと円滑な関係性を築くことです。

現代でも井戸端会議として受け継がれてますが

ただ無駄なおしゃベりを楽しんでいるだけではなくて

ご近所さんとか地域住民と交流を図ることで

自分たち家族の暮らしの安全を守るという

本能的な働きがあるんです。

いろんな価値観を持っている人がいるから

どうしても好きになれない人もいるかもしれないけど

地域社会と

そこそこ上手にやっていくというスキルも必要です。

家の中の閉じられた世界は

居心地がいいものですが

外に出て

外交して家族の安全を図るのも大事な仕事。

安心できる仲間とだけで遊んでいたい蟹座ですけど

その仲間との生活を守るために

外の人たちと交流する必要があるのです。

16度からの体験は

山羊座の社会性を取り入れて

蟹座に外の世界に目を向けさせる領域です。

偏った視野を広げるため。

今よりももっと、豊かな生活のため。

仲間や家族の安全を図るため。

また

自立した自分を手に入れるためにも

社会の中に参加して

蟹座の土台を

より強固なものに仕上げていくことになります。

求人誌を見て

どんな仕事があるのかを探しているのが16度だとしたら

17度では

面接に行って

実際に働いてみる段階。

仕事面としては

覚えが早いので

どんな仕事もこなしていく力を持っていますが

あらゆる可能性や

あらゆる展開を探る度数なので

発展性がないと思ったら

すぐに辞めて新しい仕事を探したりと

転職を繰り返すことが多くなることもあります。

いろんなことに手を出しすぎて

収集がつかなくなることもあります。

でも

そうやって

心の声と知性のバランスをはかっていくのがこの度数。

心の声がやってみたいと思ったことを

とりあえずやってみて

知性で判断していくことで

自分だけが咲かせることのできる

美しい花を咲かすことができるようになるのです。