Code.no 355 魚座25度  聖職の浄化


code.No 355

魚座25度  「聖職の浄化 」

The purging of the priesthood.


現実世界を堪能する自分に作り変える・生きる喜びに溢れた人

🌟Keyword・エネルギー

「リフォーメーション」「改革」「改善」「作り変え」「再構成」「浄化」「整理」

🌟25度 (柔軟宮)

*魚座の結晶を取り出す度数

魚座1度から築き上げてきた魚座の資質が完成したので

その資質をエッセンスのように凝縮して取り出します。

🌟ドデカテモリー

・射手座

射手座の「向上心」を利用して魚座を再構築する。

🌟魚座25度の可能性のある日付け

3月14日、15日、16日

🌟目指す方向性

・現実逃避しないこと。

・現実としっかり向き合って雑多な雑務をこなしていくこと。

・精神充実度をはかるメソッドなどにとらわれないで、現実の生活を楽しむこと。

・自分の内面に捉われずに外部で起こっていることに反応していくこと。

・定期的に心(魂)の穢れを祓い、曇りを取り除くこと。

・「水」に関連することで心を浄化できる。

・やるべきことを後回しにせずにきちんとやって準備すること。

・他人に対してフォローすること。

・問題が起きても困らないように、物事を明確に整理しておくこと。

・良心や良識に従った生活を心がけること。

・曇りのない心で、優しさや思いやりを発揮していくこと。

・見えない世界(宗教、スピルチュアル、心)の歪んで伝わっている濁った面を浄化する。

・自分の起こす言動がどのような結果に繋がるか真剣に考えていくこと。

・引き際を見計らって潔く撤収すること。

🌟この度数の人の特徴

・精神性が高く博愛精神に満ちている人

・精神的に潔癖な人。

・決断力が早く手際がいい。

・引き際は潔い。撤収する力がある

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・基準に満たないものや不必要なものを整理したり捨てたりしている時。

・水辺の近くに遊びに行って、「心が浄化されるわー」なんて思った時。

・現実逃避気味に引きこもってゲーム三昧だったのにその生活から抜け出して働き始めた時。

🌟シンボル考察

*魚座の結晶

25度は魚座の結晶を取り出す度数。

今まで培ってきた魚座の資質を結晶として取り出して、

それを携え

次の新しいサイクルの始まりの地点である牡羊座へと向います。

魚座エッセンスが凝縮した結晶が、この度数で完成するのです。

その魚座の結晶とは「ネプチューンの魂(心)」という結晶。

魚座を支配するネプチューン(海王星)が

今までキレイに磨き上げてきた光り輝く魂(心)を掬い上げ

肉体の器にそっと移してくれる。

そんな作業が

魚座25度で行われます。

今までの魚座は

境界線のない

自由な魂(心)の存在として過ごしていたけれど

25度からは

肉体に住まう魂(心)になるんです。

しっかりと肉体と結びついて

一人の個人となるんです。

というのも

魚座の領域というのは

母親の胎内にいた頃の成長段階を示す領域。

命の芽生えは

精子と卵子が出会って一つの細胞となり

魚から哺乳類へと姿を変え胎児になり

子宮の中で

地上に生まれても大丈夫なくらいに

肉体機能を成長させて生まれてくるわけですが

魚座25度は

成長して機能し始めた肉体に

魂(心)がしっかりと搭乗するみたいな。

地上で生きていくために必要な肉体の中に入り込むみたいな。

そんな段階を示しているんです。

なぜなら

あと5日もすれば

地上に生まれる「春分の日」が訪れるから。

占星術の新年でもあり

サビアンシンボルのスタート地点である「春分の日」は

牡羊座1度で

赤ちゃんとして地上に誕生する様子が描かれてます。

牡羊座の領域は

私たちが赤ちゃんとして過ごしていた頃の成長段階を示していて

魚座が魂(心)寄りで世界を眺めるのであれば

牡羊座は、本能や生命力で世界と対峙していきます。

肉体を持って生まれるということは

肉体に支配されるということ。

肉体があるから

地上に参加できるわけで

肉体がなくなってしまったら、地上を去らなければならないわけで

だからこそ、

生き残りをかけた本能的な力は必要だし

一人じゃ何もできない赤ちゃんは

生命力の塊として、命を燃やしていく必要があります。

牡羊座の領域に入った途端、

肉体の生存本能が優位になり

魚座時代に築いた「良心的な美しい心」は

奥へと押しやられてしまうことになりますが

でも

しっかりとそれを携え

「生まれながらにして善きもの」

「生まれながらにしてピュアで純粋な存在」として生まれるんです。

それを携えるために装着するのが魚座25度。

魚座時代に創り上げた

「良心的な美しい心」は

私たちの地球の旅のお守りとなります。

肉体を持つことで

私たちは

「悪魔の誘惑」に支配され

衝動や欲望や欲求や煩悩に惑わされることになるのですが

そんな時

魚座時代に築き、

奥に押しやられた良心の声が

「天使のささやき」として聴こえてくるはずです。

道を踏み外さないように。

人として愛のある対応ができるように。

利他的な思いやりを忘れないように。

胎内で

むき出しの魂(心)として過ごしていた魚座は

「神」や「宇宙」と呼べるような

大いなる力が働く場所にいました。

魚座の「善い心」は

「神」や「宇宙」に近い波動を持ち

調和や愛や思いやりをもとにできています。

生まれてしまうと

肉体に支配され

その「神」に近い波動を持つ心の声が

掻き消されてしまうこともありますが

それは

私たちの人生という旅を守ってくれる天使の声。

人として正しい生き方を指し示してくれる光。

魚座25度は

心(魂)が、

肉体に潜り込み

地上へ向かう準備をする度数。

地上へと生まれるために、

現実の方へ意識を向けて

その日が来るのを待つのです。

*洗礼

心(魂)が

肉体に搭乗する際に大事なことは

心(魂)を清めること。

「いついつまでも、美しく光り輝く魂でいますように」って

魂を浄化するんです。

新車で納車する車を

業者さんがピカピカに磨いて渡してくれるように

魚座25度も

魂をきれいな状態にして

肉体に搭乗させるんです。

魚座は「水」のエレメントのサインですが、

キリスト教だと

罪を洗い流して魂を清めたり

魂に保護を与える

洗礼の儀式っていうのがありますが

使用するのは水ですよね。

神社でも手水舎で

身を清めるし

古代から

宗教的にも水は、

魂の穢れを浄化する作用があると信じられてきました。

魚座で磨き上げて美しく輝く魂になったとしても、

地上で生活していれば

どんどん曇ってきますからね。

「天使の声」を届けてくれる魂を

何らかの方法で

定期的に浄化するっていうのは

私たちには必要なのかもしれません。

「魂」や「心」を浄化する時に必要な道具は「水」。

宗教的な洗礼もそうだけど、

海に行ったり

プールで泳いだり

水のそばで過ごしたり

水をたくさん飲むようにしたりすることで

魂はリフレッシュするはず。

魚座の水は

広大な海。

善いも悪いも飲み込んで

膨大な水に流し込んで

かき混ぜて薄めて浄化してしまうような

海の心を持つのが魚座。

鏡のような海面が

太陽や月や星や雲を映すように

魚座は

人々の波動や心や感情を

自分の心に映し出し

善いも悪いも呑み込んで

浄化する力を持っています。

魚座25度は

牡羊座に向かうために

この海のような心を水晶玉の中に閉じ込めるかのように凝縮させる。

地上での体験で曇った心の水晶玉を

時々浄化したり磨いたりしながら

胎児の頃に身につけた

純度の高い心を維持していくのです。

*現実を楽しむ

今までの魚座は

心(魂)の世界観にいましたが

肉体に搭乗した魚座25度は

精神性を大事にしながらも

現実世界に正面から向き合っていくことになります。

今までの魚座であれば

心の充足を重視するあまり

「今」の自分の心の満足度や、

精神性を高めるメソッドや方法論なんかに捉われてしまうところがあり

現実的にやらなければならない日常の雑務や作業が

手抜き気味になってしまう面がありました。

現実逃避気味に

面倒臭い作業を後回しにしたり

放ってしまったりするところがあったんです。

でも

もうそんなこと言って

現実逃避なんてしてらんない段階まで成長したんです。

だって

あと5日もすれば

現実に生まれ落ちて

現実の中に放り込まれることになるんですから

いやでも

現実に直面して

地に足をつける準備をしなくてはなりません。

だいたい

魚座25度は、

肉体の中に心が入り込んでしまった状態ですからね。

自分の肉体を使用して

現実的な作業をしていかなきゃならないんです。

臨月になると胎児は

子宮の下まで降りてきて

生まれる日に備えて

骨盤に頭を固定し

あごを胸につけ

ひざをお腹に引き寄せた状態で待機するそうです。

この頃の胎児が

自分の肉体を使用して

現実世界に生まれるための準備をするように

魚座25度も

自分の肉体を使って

現実世界でやるべきことを整理し

準備して、こなしていくんです。

胎児からしてみたら

生まれる日はもうすぐそこですからね。

現実逃避なんてしてる場合じゃない

後に引けない状態なんです。

それと同じように魚座25度も

瞬間瞬間に訪れる現実から逃げない。

明日も訪れるであろう

今日と同じような日常を大事にする。

地球でスタートした人生は

いつか終わりが訪れます。

いつか死ぬのに生まれる私たちにとって

現実の人生というのはとても貴重な時間です。

そこに突入していく魚座25度は

与えられた人生の時間を

寝る間も惜しむくらいに楽しもうとします。

前にしか進まない

人生というレールに乗って

現実的な事柄と直面し、

時間を駆け抜けていくのです。