Code.no 303 水瓶座3度  海軍からの脱走兵


code.No 303

水瓶座3度  「海軍からの脱走兵 」

A deserter from the navy.


既存の価値観や枠組みからの脱出・独立する人
🌟Keyword・エネルギー

「反抗的」「独立」「挑戦」「自由」「自力」「「常識に捉われない」「反社会性」

IMG_5509

🌟3度 (固定宮)

*基本的な行動原理が確立する度数

水瓶座は「思考」を使用して、自己実現していく「風のサイン」。

自分を動かすバッテリー(充電池)なるものがあるとして

そこに風のエネルギーを満タンにさせて動いていくのですが

水瓶座のスタートである1度では

「風のエネルギー」を一気に噴出させ、バッテリーを満タンにし

2度においては、満タンになったエネルギーを定着させるかのように

さらなる「風のエネルギー」を注ぎ込みました。

エレメント

準備のできた3度においては

満タンに充電された「風のエネルギー」を使用して

積極的に行動できるようになります。

風のエネルギーで動くための行動原理が確立するのです。

🌟ドデカテモリー

・水瓶座/魚座

水瓶座の「論理的思考」と魚座の「感情作用」を使用して水瓶座を動かす。

🌟水瓶座3度の可能性のある日付け

1月22日、23日、24日

🌟目指す方向性

・社会や常識の枠組みに捉われることなく自由な発想を持つこと。

・やりたいことや理想や夢を明確にすること。

・理想を叶えるために先を見越し、逆算して計算し準備をしていくこと。

・フリーランス、起業、独立などを目指すこと。

・あらゆる拘束や制限から、心だけでも自由になること。

・感情的なしがらみに縛られないで、自由でいること。

・一人でどこでも生きていけるような生活するための技術を身につけること。

・多くの人が当たり前と思っていることの逆を突く。

・自分を押し込めずに自由を満喫すること。

・先の未来をロジカルシンキングで冷静に客観的に考え計画すること。

🌟この度数の人の特徴

・自由人。集団の中にいても心の自由を守る人。

・個性的な人。

・反骨精神豊かな人。

・常識に囚われない人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・会社を辞めてフリーランスになるとき。

・起業するための一歩を踏み出したとき。

・海外留学をするとき。

・社会の規律から外れて自由人として生きているとき。

🌟シンボル考察

*踏み出す

3度は、

1度の動機と2度の反応を受けた結果を表す度数。

1度でスタートさせ

2度で生み出されたものを

積極的に動かしていく生産的な度数です。

とっても簡単に言ってしまえば

「1度で理想を明確にし

2度で計画をし

3度で行動に移す」

という流れになっています。

例えば、

「貧しい国の人達のために役立つ事業を展開したい!」

という夢を持ちつつ

普通の企業に就職した男性がいたとしましょう。

描いていた夢を

「いつの日か!」と思いながらも、

やがて結婚し子供が生まれたら

大抵の人は

生活の安定のために

描いていた夢を諦めてしまったりします。

そうやって

個人個人の夢は

心の奥底の倉庫に放り投げられることになるのですが、

もし、

自分が理想としていたようなことを行っている人に出会ったとしたら。

自分と同じで

妻も小さな子供もいるのに、

実際に起業して

国際貢献事業に携わっている人に会ったとしたら。

「僕のような状況でもやっている人がいる。

無理なことなんてないんだ!

社会や常識に捉われて、自分で無理だと決めつけていただけだ!」

そんな衝撃を受けたのが水瓶座2度。

「意識の変革」が起こったんです。

自分の脳を覆っていた

「常識」や「社会の枠組み」という殻が

打ち破られたんです。

つまりは

「どうせ無理だ!」っていう

思い込みの枠が外れたんです。

思い込みの枠が外れると

視野がとても広くなります。

「そんなの無理だ」「常識的じゃない!」

っていう思い込みは

そこで枠を作ってしまうので視野が狭くなりますからね。

「思い込みの枠」が壊れたことで

視野が広がり、発想が自由になったんです。

視野がグーンと広くなると

先のことを見据えることが出来るようになります。

先を見据えることができるようになると、

「理想を叶えるためには何をするべきか?」

「どんな準備が必要か?」という道筋が判るようになります。

水瓶座は賢いサインですからね。

ただ気合いやノリやポジティブシンキングだけで

前進するのではありませんん。

考えはシンプルで

とてもロジカルです。

達成するためには何が必要なのか?

と考えて

論理的に道筋を立てていくんです。

また、

私たちが

なかなか理想を叶えることのできない原因の一つとして

「先行きの判らない不安」というのもあげられます。

「そんなことをして大丈夫なのか?」

「失敗したら?」

「だいたい起業なんてどうやってやるんだろう。難しそうだ。。」

そんなマイナス思考も

「思い込みの枠」が外れると

「やってみなければ判らない。」

「ダメなら次の手を考えればいい。」

というポジティブ思考に変わり

さらに

「起業するのに必要なものを集めよう」と

ロジカルシンキングを用いて

計画を立てていくことが出来るようになります。

なんでも逆算して計算すれば

難しいと思っていたことでも簡単に踏み出すことが出来るんです。

水瓶座2度で

「思い込みの枠」が外れたことで、

先を見越し

逆算して計算できる広い視野を手に入れましたからね。

難しいと思っていたことに足を踏み出す。

それが

水瓶座3度の意味するところなんです。

*強い意志と行動力

シンボルにおいて「海」は

「集団無意識」や「集団感情」を意味しています。

いろんな個性を持つ人が暮らす

この社会をまとめるには

上層部の組織が

国民をコントロールすることが必要です。

「国民感情」という、

破壊や混乱を招きかねない大きなウネリを

マスメディアなどを使用して管理しておかないと、

統制が取れなくなって、政策が思ったように進まなくなるからです。

つまりは、

社会の仕組みや国家のあり方は、

「国民感情を上層部が仕切る」という意味において、

このシンボルの「海軍」のようなもの。

広い視野を持った水瓶座は、

そのような社会の枠組みを冷静に理解し、

管理された世界から自由になることを選びます。

管理された世界は、

動物園の檻の中に住む動物のように

寝床も食べ物も支給される居心地の良さがあります。

しかし、一回きりの人生。

檻に閉じ込められて

コントロールされて暮らすのではなく、

檻の外に無限に広がるといわれている世界で自分の可能性を賭けてみたい。

檻に囲まれた生活じゃなくて、

広い世界で暮らす新しい生き方を世の中にもたらしたい。

そんな思いで

このシンボルの兵士は

海軍から脱走します。

既存の社会から抜け出してしまったら、

待ち受けているのはイバラの道かもしれません。

一人になって

孤独を味わうかもしれません。

でも、

世界の大きさを体験するために、

独立することを選ぶ。

自分に与えられた「人生」という可能性に満ちた時間を

自分が心から望む理想を追求することに賭ける。

規律と秩序を重んじる暮らしをしていた「海軍」の兵士は

強い意志と行動力を発揮して

一人海から上がり、

広大な陸地へと進んでいくのです。

*フリーランスへの道

生きていくには「お金」が必要です。

食べるにも寝るにも

何をするにも「お金」が必要なわけで

中には

働かなくても生活に困らない状況の人もいますが

多くの場合は

働いて「お金」を得ないと

生活を維持していくことが困難になります。

人が会社を辞めるときには

いろんな理由があるかと思いますが、

水瓶座の場合は

自分の可能性を追求するためです。

夢や理想を持って

それを行うために会社のような組織から抜け出して

独立してやっていく方向を目指します。

安定したお給料はもらえなくなるけど

それよりも

自分の思った通りに物事を運べる自由を選びます。

なので

ただ「面倒くさいから会社、辞める」って言って

貯金を食いつぶしながら、

ダラダラと自由を謳歌するのとは違います。

ちゃんと理想とするワークスタイルで食べていけるように

あらかじめ

準備をして独立するんです。

理想とすることをするにしても

お金は稼がなければなりませんからね。

しかも

今までは

言われたことをただやってればお給料が貰えたのに

フリーになるってことは

自分で考えて

自分で積極的に行動しないと稼ぐことができません。

稼ぐことが出来ないと、

せっかく「理想」とすることを始めたのに

また、元の一般社会に逆戻りになってしまいます。

なので、

先を見据えて逆算して

必要なことを準備するんです。

理想を実現させるために

ちゃんとした下地を作っておくのです。

ロゴ