Code.no 300 山羊座30度  秘密のビジネス会議


code.No 300

山羊座30度  「秘密のビジネス会議 」

A secret business conference.

.


今後の正しい方針を自らの力で決定していく・支配者階級の人

🌟Keyword・エネルギー

「機会」「好機」「チャンス」「頂点」「頭脳明晰」「特権」「エグゼクティブ」

img_5347-2

🌟30度 (活動宮)

*土のエネルギーを吐き出す度数

例えば、

私たちを動かすために必要な動力が

「風力、地熱、火力、水力」というエネルギーだったとして

そのエネルギーを貯めておく充電池を身体のどこかに持っているとしたら

山羊座であれば「地熱発電」のような「土のエネルギー」を

自分の充電池に充電して動いていきます。

エレメント

山羊座最初の方の度数では、このマイ充電池に「土のエネルギー」を

勢いよく充電させていくのですが

山羊座最後の方の度数では

次のサインに向けて充電池を空にして明け渡すために

貯まっている「土のエネルギー」を吐き出す作業に入ります。

28度でエネルギーの流れを変換して吐き出す準備を始め

29度ではいよいよ

「土のエネルギー」を吐き出す作業に入り

30度では全部、放出して空にする。

残っている「土のエネルギー」を全部使い切って空っぽにするために

山羊座が培ってきた「土のエネルギー」全部を使い尽くすのです。

🌟ドデカテモリー

・射手座

射手座の「探求力」を利用して、山羊座を新しい方向へ向かわせる。

🌟山羊座30度の可能性のある日付け

1月19日、20日、21日

🌟目指す方向性

・いろんな識者の意見を取り入れて適切な方向性を見出すこと。

・リーダーシップと強い決断力を発揮していくこと。

・特権階級、エグセクティブ的な方向性を目指すこと。

・組織や集団の中で重要な枠割を担っていくこと。また、重要な役割を担えるだけの人格や能力を磨くこと。

・社会的な力を発揮していくこと。仕事に生きる的な。

・社会的責任を引き受ける度量を持つこと。

・自分の能力を仕事で表現していく。

・伝統的な価値観を大事にすることで安定する。

・裏も表も、いろんな情報に精通すること。

・決定権や支配力を正しい方向で使用していくこと。

・進歩的で革新的なアイデアや企画、計画を考えていくこと。

🌟この度数の人の特徴

・頭脳明晰で才能に溢れた人。卓越した丹力と行動力。

・物判りがよく、あらゆる情報に精通している立場になりやすい。

・重役や経営者などになれる資質を持つ。

・研究熱心。探求力がある。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・人に知られないように秘密裏に話しを進めている時。

・一般人が知り得るはずのない、世界の方向性を決める支配者階級の人々。

・機密情報やスパイ活動。

🌟シンボル考察

*リーダーシップ

30度は山羊座の最後を飾る度数です。

次の度数はもう水瓶座1度なので、

山羊座の体験はこれでもう本当に終わり。

ということで、

最後の最後に

今まで築き上げてきた山羊座の資質を引けらかすかのように

派手に振る舞うのが30度。

山羊座のエネルギーを全部吐き出すかのように

山羊座の持てる力をすべて出しきって次へと進んでいきます。

山羊座が今まで築きあげてきた資質とは

大人意識を発揮して社会に参加し

豊かな社会を築き上げること。

昔から大勢の人が力を合わせて協力することで

社会は発展してきたわけですが、

その伝統を受け継ぎ

次の世代にも繋げていくのが山羊座の役割り。

人間は一人では生きていけない非力な生き物。

みんなが豊かに暮らせるようにと

大勢で力を合わせ

自分の住んでいる地域を発展させてきたおかげで

今の私たちの生活があるのですが

もしも

誰もが自分の保身や自由ばかりを考える世の中になり

協力して発展させていくことを辞めてしまったとしたら。

非生産的になり経済も停滞し国力も弱くなり

最悪の事態としては他国に侵略されてしまうかもしれません。

近年はそれぞれの個性が大事という考えのもとに

「個人主義」がもてはやされてきましたが

山羊座は昔から引き継いできた

人類生存のための普遍的な法則に従ってそれを守っていく。

そんな大事な役割を引き受けているのが山羊座なのです。

山羊座30度は

それをするために必要な資質を全て持っています。

山羊座の始まりである1度では、

「みんなで協力して私たちが住む地域を発展させていこう!」

と進むべき方向性を提示し、

みんなをヤル気にさせるという強いリーダーシップを発揮して

スタートを切りましたが、

最後を締めくくる30度でも

強いリーダーシップを発揮します。

1度のリーダーシップが

市長や課長のリーダーシップであるならば

30度のリーダーシップは

国家や経営陣トップのリーダーシップ。

自分の部下を鼓舞して成果を上げるためではなくて

国や会社の今後の方針を決定していく際に発揮する力が示されています。

つまりは

山羊座は1度からの体験において

そこまでの座に

登りつめれるような活躍と資質を磨いてきたんです。

強い責任感を持つ信頼できる高潔な人柄。

自分の属する集団の発展を考えることができる献身的態度。

一歩一歩着実に仕事をこなして成果を上げる有能さ。

そんな資質を発揮して

トップの座に就いたのが

山羊座21度から25度までの体験だったのですが、

26度から30度までの体験は

次の世代へと事業を引き渡して時間に余裕ができた人が、

残りの余生をかけて

利他的な考えで社会貢献をしていく方向性を目指すという体験が描かれてました。

組織を引退することで

視野が広がり

今まで興味のなかったことに関心を向けれるようになったのが

山羊座28度。

例えば

引退した政治家が

時間に余裕ができたことでいろんな情報に目を向けれるようになり、

広がった視野で世界を眺めていたら

隣国の動きに不憫な動きを読み取った。

こんな先読みの力を発揮したのが山羊座29度。

「このままじゃいかん!我が国に危機が迫ってる!」

ってことで

現役トップに進言し

トップがそれについて検討した結果、

本当にやばそうってことで

緊急会議を開くのが山羊座30度ってことになりますね。

国家や組織の壮大なストーリーが

ここにはあるわけですが、

つまりは

圧倒的な権力を持っている度数。

大事な会議に呼ばれるような

見識と知恵と知識や実行力、

強い責任感と、信頼できる人格を持っているのです。

*特権階級

roundtable-828546_960_720

世界のトップが集まって会議をすることはありますが

そのような会議も

この度数の意味するところ。

一般的に報道されるので

秘密の会議ではないけど

国連会議やサミットなんかも

この度数のエネルギーです。

「秘密の会議」って言ったら

よく漫画や映画に出てくるけど、

裏で物事を操っている組織が今後の方針を決めるために

厳重に管理された室内で話し合っているみたいなイメージが浮かびますよね。

ここで決定された事柄が

各司令部に伝達されて実行されるって感じでしょうか。

陰謀論説によれば

ロスチャイルドやらイルミナリティやらが

陰で世界を操っているなんて言われたりしてますが、

「秘密の会議」をしている権力者たちは

いつの時代にもどんな場所にでもいて、

企業でも、

それどころか学校の仲間内でも

秘密の会議が行われたりするわけで。

でも山羊座30度は

誰それを貶めるためにという

そんな個人的な理由で秘密の会議をするわけではございません。

社会の発展を考え

少しでも良い方向へ向かえるようにと

29度で得た新たなビジョンをもとに

次なる壮大な計画を話し合っているのです。

大抵、

大きな方針は

上層部の限られた人間だけが集まって決めるものです。

その下に位置する人たちは

上層部が勝手に決めてしまう方針に不満を抱くものですが

上層部の立場からしてみたら

有能で地位のある人たちだけが

話し合って決めた方が方針もまとまりやすくなります。

大勢の意見を取り入れていたら

反対意見や不満の声とも対峙していく羽目になり、

時間がかかるばかりか、

対立や争いで組織が分裂するようなことにもなりかねません。

なので一番、合理的なのは、上層部が決めてしまうこと。

大事な方針は一部の識者だけで決めた方が良い。

ということを教えてくれているシンボルなのです。

もちろん、

ここで言っている一部の上層部の人とは、

責任感があり利他的で、

自分のことよりも「社会のために」「自国のために」と

考えることができる大人意識を持った人という設定です。

「ウシシシ。あいつらを排除すれば我々が儲かる。」

とかいうのは山羊座的資質ではありません。

山羊座は利他的で思いやり深いサイン。

社会のため、国のために

我が身を捧げようとばかりの尊厳を持って

身を粉にしても厭わない責任感を持っているのです。

*決断力

どこの企業でも組織でも

「会議をして物事を決定する」わけですが

これは健全な社会において大事なことです。

独裁者やワンマン社長の元で働いていると

鶴の一声で全てが決まってしまいますからね。

だいたい

ワンマンな人って言うのは

自分の気分や虫の居所で言うことがコロコロ変わったりするものです。

ワンマン=独裁者が

国のトップになんてなったらその国家の発展は望めないはず。

いろんな意見を戦わせて

最善の答えを導き出すのが

国家や社会、

また、

私たちの生活の発展のためになる方法だということを

山羊座30度は教えてくれています。

主体的な大人意識を持っている

いろんな見識や知識を持つ人が集まって

責任感を受け持って話し合いをしていけば

最善の答えを導き出すことができるはず。

そんな

民主主義的な教えが

山羊座には組み込まれているのですが

物事を決めるには

野党と与党みたいに、

いろんな意見をぶつけ合いながら判断することが大事。

自分の方針を決めていくにしても、

視野を広く持って

客観的に物事を考えることで

最善の方向性が見えてくるはずです。

そして

最終的には、決断力とカンの良さを発揮して

ズバリと方針を決めていく。

方針を決めたのであればあとは実行のみ。

山羊座30度は

自分の中で意見を戦わせ

適切な見解を見出す決断力を発揮して

自分の生活や社会の発展のために従事できる資質を持つ度数なのです。

ロゴ