Code no.281 山羊座11度 キジの大きな群


code.No 281

山羊座11度  「キジの大きな群 」

A large group of pheasants.


「立派な社会人」としての誇りを持って堂々と過ごす・エリートの人

🌟Keyword・エネルギー

「限りなさ」「独特」「エリート」「集中力」「無限」「少数精鋭」「誇り」

img_4590

🌟11度 (活動宮)

*山羊座的資質を思い切り積極的に使用していく度数。

10度までの体験において獲得した資質を

無茶をする勢いで積極的に打ち出していく度数です。

山羊座が10度までで獲得した資質とは「社会適合力」や「常識力」。

11度から15度の領域では、この山羊座独特の視野を使用して

いろんなことにチャレンジしていくことになります。

🌟ドデカテモリー

・牡牛座

牡牛座の「美的センス」を利用して山羊座の視野をさらに広げていく。

🌟山羊座11度の可能性のある日付け

12月31日、1月1日、2日

🌟目指す方向性

・「社会を支えている」という、社会人としての誇りを持つこと。

・責任感を持って信頼されるような態度を心がけることで能力を発揮できる。

・高貴さと誇りを持って堂々とした自分を演出していくこと。

・仕事もプライベートもファッションもハイレベルなものを目指していくこと。

・身だしなみに気をつかうこと。

・誇りになるような、自分だけの「特別な何か」を手に入れること。

・エリート軍団、スペシャリストチーム、会員制クラブなど特別な何かに関わること。

・少数精鋭の組織で効率的に成果を上げていく。

🌟この度数の人の特徴

・頭の回転の早い人。有能な人。品のいい人。

・高い集中力と素早く対処する瞬発力。

・エリート志向。ハイレベルな人。

・上昇意欲が高い。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・エリートコース、まっしぐらの時。

・「国の未来を担う社会人の僕を誇りに思う」なんて純粋に思っている時。

・特定の人しか入れないようなVIP席や、会員制のクラブなどに参加している時。

・貴族的な遊びをしている時。

🌟シンボル考察

*社会適合力

山羊座が11度までで獲得した資質は「現実的な視野」。

現実的な思考で

素直に、

社会に適合するための姿勢を磨いてきたのですが、

11度からは、

そんな「社会適合力」を

実際に試すかのように

積極的に活用していくことになります。

失敗を恐れずに,

どんどん新しいことにチャレンジして試していくんです。

山羊座に必要な姿勢は

「社会人に必要な能力」について記入してある

こちらのサイト(経済産業省のレポートを抜粋したPDF)

が参考になります。

要約させてもらいますと

「社会を作っていくぞー!」という意志である「社会力」をベースとして

社会に溶け込んで柔軟に対応できる「社会適応力」。

職場や地域社会で多様な人々と

仕事をしていくために必要な「社会人基礎力」。

前に踏み出す力に

考え抜く力。

チームで働く力を発揮することで

「社会力」というものを活かすことが出来るそうです。

山羊座は

10度までの体験において

このような資質を磨いてきました。

山羊座1度では

「みんなで社会を築くぞー」っていう

「社会力」を発揮し

2度から10度の体験においては

「社会人基礎力」や「社会適合力」を身につけたんです。

自分の属する社会を、素直に受け入れて

そこに溶け込み

人々と協調してやっていける姿勢が身についたんです。

11度から15度の領域では、

この資質を使用して、

企業や共同体の一員として

積極的に仕事をこなし、成果を上げていくことになります。

ちなみに、

「社会適合」の反対の言葉として

「社会不適合」という言葉がありますが、

これは、

社会の要求に応えて生活することが困難だったり、

社会でうまくやっていけない人のこと。

社会で働くには

他の大勢の人と関わることになるので

協調性やコミュニケーション能力が必要ですからね。

そのような事が苦手な人は

社会に参加するよりも

一人でネットビジネスとかを立ち上げたりする方が合ってますよね。

また、

日本の社会に馴染めないっていうのであれば、

自分の気質に合う国に移住してみたり。

「社会不適合」としての生き方は

次のサインの水瓶座の領域が示しています。

企業や集団に属するのではなく

個人で勝負するのが水瓶座の視野。

山羊座の場合は

「社会に適合して生きていく」ために

自分の能力を社会に注ぎこみます。

社会にしっかりと溶け込んで

組織のために、自分のために。

いろんな人と交流しながら

社会的な活動をしていくのに必要な資質を持っているのです。

*身だしなみ

pheasant-1617584_960_720

キジはとても美しく賢い鳥。

メタリックカラーの羽は、

光に当たると神々しいくらいの輝きを見せ、高貴さを感じてしまいます。

例えばですよ。

ラッシュ時の虎ノ門駅前を歩く

上質なスーツを着たビジネスマン達の様子を

ドローンを使用して上空から見下ろしたとしたら

このシンボルのタイトルの

「キジの大きな群れ」に見えなくもないかもしれません。

品のいいスーツって

多少光沢もあってシックで、

キジのような美しさや上品さがありますもんね。

特に

上記した写真のキジの

グレーの羽の部分なんてスーツの色みたい。

ドデカテモリーで言えば

山羊座11度は、オシャレで優雅な牡牛座の資質が混ざりまからね。

社会人としての

しっかりとした「身だしなみ」が提示されているんです。

社会人は身だしなみは大事ですからね。

仕事上、多くの人と接する仕事なんて

身だしなみで、

その人となりを判断されるわけですから

いつでもビシッと決めておきたいものです。

ビシッと決めておくと、

自信もつくし、胸も張れるってことで

「日本の将来を担うのは、我らがビジネスマン!」

ぐらいの誇らしげな気持ちで

仕事に挑むことも出来ます。

厳しい就職試験をくぐり抜けて

働き出して

初めてもらったお給料。

「社会人」としての実感を得られる瞬間です。

いっちょまえの社会人気分になって

背筋をピンと伸ばして

胸を張って歩きたくなりますが、

そんな姿も

まさにこのシンボル的。

「僕の労働がお金になった。僕ももう立派な社会人だ」

なんていう気持ちで

堂々と振る舞っている時。

「自分も、日本を支える社会人の一員になれた!」

なんて喜んで

先輩ビジネスマン達が歩く雑踏の中を胸を張って歩いている時。

誇り高きキジの大きな群れの仲間入り。

社会を支える

ハイグレードな一員になれたことに

喜びと誇りを感じているのです。

*エリート軍団

医療系のドラマでよく見ますけど

院長や教授らのお偉いさんが、

大名行列みたいに

医師たちを引き連れて病室を回るお馴染みの回診シーン。

ヤル気に溢れているドクターだったら

メンバーに指名されたら

誇らしげな気持ちになるかもしれませんね。

また、

新規プロジェクトのためのチームに選ばれたとき。

これも

「自分の能力を認めてもらえた。自分に期待してくれている!」

ってことで嬉しいですよね。

AKB48グループのように

たくさんいるアイドルの女の子の中から

選抜メンバーに選ばれたときっていうのも

これもまた誇らしくなりますよね。

こんなふうに

何か、特別な選抜メンバーに選ばれるという体験。

これも山羊座11度的な体験です。

キジの美しい羽が神に選ばれた特権だとしたら、

選出された

スーパー選抜チームも

「それに選ばれるだけに見合う能力」という特権を持っています。

選ばれた人たちは、

選ばれたことでモチベーションも上がり、

責任感も生まれ、

自分の時間を犠牲にしてでも夢中になって、

献身的に会社のために働いていくことでしょう。

利益をあげるには

目的別に絞ったチームを作ることが成果に繋がりますもんね。

選ばれたことに誇りを持って

自分たちの役割を

しっかりとこなしていくのです。

ロゴ