Code no.280 山羊座10度 手から餌をもらうアホウドリ


code.No 280

山羊座10度  「手から餌をもらうアホウドリ 」

An albatross feeding from the hand.


素直さを発揮してどんな人とでもコミュニケーションを楽しむ・交流する人 

🌟Keyword・エネルギー

「計画などを育む」「養育」「教育」「助長」「向上心」「好奇心」「対外交渉」「穏和」

img_4577

🌟10度 (活動宮)

*山羊座視野の土台が完成する度数

「現実的視野」で物事を捉え、判断していくという下地が出来上がり

それを積極的に試していくことで、さらなる「現実感覚」を磨きます。

🌟ドデカテモリー

・牡羊座

牡羊座の「勇気」を利用して山羊座の価値観(視野)を形成していく。

🌟山羊座10度の可能性のある日付け

12月30日、31日、1月1日

🌟目指す方向性

・好奇心と向上心を発揮してどんどん新しいものに飛び込んでいくこと。

・対外交渉などで力を発揮出来る。

・素直さと純真さで人と接していくことで道が開ける。

・外国などの異文化の国や、自分とは全く異なるジャンルの中に飛び込んでいくこと。

・困ったら一人で頑張ろうとせずに「誰かに頼む」「相談する」「外注する」。

・社会の中の弱いもの、保護されるべきものを守っていくこと。

・生き物や自然を大切にする心を持つこと。環境保護。

・協力し合うことで得られる成果を受け取ること。

・警戒心を取り除くことによりとても拡大された世界がひらける。

・高く飛ぶために「不安」を払いのけること。

・良き人脈を築いていくこと。

・素直になって人との交流を楽しむこと。

🌟この度数の人の特徴

・向上心と好奇心に溢れた人。

・ものおじしない堂々とした人。

・ジャーナリスト気質。

・温和で平和な気質の人。人懐っこい。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・異業種間パーティでいろんな人と接している時。

・自分の能力では補えないものを外注したり、誰かに頼んでいる時。

・人懐っこさ全快、警戒心ゼロで、初めての場に飛び込んでいく時。

🌟シンボル考察

*素直に順応する姿勢

6度から10度の体験領域は

山羊座の基本的な視野を身につける領域です。

人それぞれ、

いろんな視野で世界を捉えているわけですが

山羊座の場合は

「現実的で常識的な視野」で物事を判断していきます。

社会生活において必要なのは「順応」すること。

よく若いうちは

「社会の歯車になんてなりたくない!」

なんて思いを抱きがちですが、

この現実世界は

社会の中で

みんなが歯車となり調和的に回ることで

豊かさが生み出されていく仕組みになってます。

「社会」と「個人」が相互依存の関係で成り立っているわけだから、

社会のために歯車になるのは

自分の生活を豊かにすることでもあり

自分の生活を豊かにするためには

社会の歯車となって

順応して行動していくことが大事。

私たち人間なんてとても弱い生き物で、

一人で生きてきたわけじゃなくて

はるか昔から

自分が属する部族や村などの集団と力を合わせて

困難を乗り越えてきたんです。

寒い冬には

村のみんなで協力しあって

寒さ対策のために頑丈な家を建てたり

冬を越すための食べ物を貯蔵したり、

自然災害があれば

みんなで力を合わせて復興していく。

そうやって

仲間と協力して働くことで

安心して住める共同体を作り上げ、

文化や産業、科学が発展し

現代のような便利な暮らしが出来上がったわけですが、

そのような行為を

占星術においては「山羊座」と呼ぶんです。

なので

「私がー、」「自由がー、」という個人的な意思を脇に置き

集団の中に溶け込んで、一致団結して協力するという姿勢が大事になってきます。

そんな姿勢を身につけてきたのが

6度から9度の体験。

自分のいる場所や共同体や組織に

すっかり順応することができる素直さを身につけ、

10度は

その素直さを使用して

他の共同体や組織と仲良くなる。

自分の共同体に新しい刺激をもたらすために

他の共同体と手を組んでいくのです。

*トレード

例えば

昔の村社会だったとして

冬の準備として貯蔵しておきたいお米の収穫が少なかった時。

村長を囲み有力者たちが

この危機について話し合って、

「お米を少し分けてもらえるか?」ということを

近隣の村に尋ね歩くのではないでしょうか。

「うちの村では毛皮が十分すぎるほどあるから、

それと取り替えてくれないか?」

こんなトレードをすることで

足りないものを補うことが出来ます。

文明が崩壊した世界を描いたアメリカのドラマ

「ウオーキング・デッド」でも

あちこちで

小さな村やコミューンが出来上がり

互いに足りないものをトレードしたりするようになるんですが、

最初はお互い警戒するけども

取引が成立すれば

お互いにとって利益をもたらすことができますよね。

「そっちの村の作物をもらうかわりに、こっちは武器を提供する」

みたいな感じで

他の共同体と交流をしていくことで

自分たちの共同体に

安定をもたらすものが手に入るのです。

企業でも同じですよね。

自分たちの企業で賄えないものを外注したり

他の企業とコラボして新商品を作ったり。

自分たちの共同体の発展のために

他の共同体と関わっていく。

そのために必要なのは

ものおじすることないメンタル。

6度から9度までの体験で

素直さを身につけた山羊座10度は

本当に純粋で素直な気持ちで

他の共同体や、他の人と交流していくことが出来ます。

下心や猜疑心など持たず

まっすぐに自分たちの意向を伝えることが出来るし

向こうの提案もまっすぐに受け止めることが出来ます。

疑うことなく近づいていくので

時には騙されたり、悲しい思いをすることもあるかもしれないけど

騙す人よりも

山羊座10度の姿勢の方が明らかに正しい。

その正しさを

周囲の人はしっかりと見ていて評価してくれるはず。

素直に純真に。

恐れることなく

他と交流し、

まっすぐな思いを伝えていくのです。

*阿呆鳥

black-footed-albatross-86579_960_720

アホウドリは

人を恐れることなく

すぐに近寄ってくるので「阿呆鳥」と名付けられたそうです。

普通の野生の鳥であれば

人間や他の生き物を警戒して素早く逃げてしまいますが、

アホウドリは自ら近寄ってくるというのです。

好奇心旺盛で

自分達とは違う生き物を恐れずに交流を図ろうとする。

そんなアホウドリのように、

この度数は外界に心を開き

ハートを強く持って

恐れることなく飛び込んでいく勇気を示した度数です。

人見知りすることなく、怖じ気付くことなく。

積極的に

どんどん他の人たちと交流をしていく資質を磨くのです。

確かに

社会生活において成功するためには、

このような積極性はとても大事です。

人との繫がりが

成功をもたらすことも多い世の中。

「成功の鍵は人脈」

と謳っている本も何冊も出ているほど。

そして、

それは「普遍的な教え」が示されているサビアンシンボルにも

こうして示されていることから確かな事実。

人が人を呼び

思わぬ幸運をもたらしてくれるものです。

異業種交流のパーティなどに参加して、

自分の分野と違う人と触れ合えば、

他の業種の人の話を聞いて新しいヒラメキが浮かぶかもしれないし、

コラボレーションという形で

新しい展開が開かれる可能性が高まります。

新規開拓という名目で

今まで全く範疇に入れてなかったターゲットに目を向けることで

新しい商品開発に繋がる可能性が高まります。

また、仕事じゃなくても、

普段は交流することのないタイプの人たちと交流することで

刺激を得たりと面白い体験を経験できます。

傷つくこともあるかもしれないけれども、

新しい実りに繋がるきっかけが掴める可能性がある。

自分からまるでアウェイのような環境に飛び込んで

積極的に交流するのはとても勇気がいることで、

誰もができることではありません。

この誰でも出来そうなのに、

「誰もができることではない」ことをしているのが成功者たちで、

どんどん他人の懐に飛び込んでいきます。

山羊座10度は、

「ハートを強く持って、いろんな人と交流することでチャンスが掴める」

という事実を教えてくれています。

社会的に成功する人は皆、

このことを実践している人たちなのです。

*コミュニケーションを楽しむ

山羊座6度から10度までの体験において

山羊座が手に入れたのは

「社会適合者」としての資質です。

「社会適合者」とは

一般的に言う社会人のことで

社会にしっかり溶け込んで活躍している人達のこと。

山羊座9度までにおいては

しっかりと溶け込む資質を身につけましたからね。

すんなりと社会に適合できるようになったんです。

また

「社会適合者」の資質として必要なのは

コミュニケーション能力です。

社会人として働くことになれば

好き嫌い関係なく、

必然的に多くの人と関わることになるわけですから

人と交流するのを苦と感じることなく

むしろ「楽しい!」って思えるような視野が必要です。

人との交流が

「楽しい」って思えるようになるには

やはり

素直な姿勢が大事ってことで

山羊座10度は

「社会適合者」としての必須能力である

人との交流を楽しめる姿勢というものが身につくんです。

社会に出ると

いろんな人がいますからね。

苦手な人もいるし、嫌な人もいる。

でも、

そんな人とでも

上手に付き合っていかなければならないのが社会です。

例えば嫌いな上司がいたとして、

「嫌いだわー」って態度を取っていたのであれば

向こうもそれに勘付いて、

いつまでたっても関係性は良くならないかもしれませんが、

にっこりと「おはようございます!」なんて

毎日、元気に挨拶していたら

向こうも、だんだんとこっちに対する見方が変わって

優しくなるなんてことありますけれども、

山羊座10度は

そんなことをナチュラルに出来る資質を持っています。

苦手な人にも

可愛がられるような素直さと可愛げを持ってるんです。

社会にしっかりと溶け込んで

人とのコミュニケーションを楽しめる能力。

山羊座は

社会に適合するために必要な能力をしっかりと身につけ

この社会の中で活躍していくのです。

ロゴ