Code no.79 双子座19度 大きな古典書物


code.No79

双子座19度  「大きな古典書物 」

A large archaic volume.


根本的な知識の源(情報のソース)を携える・信頼のおける人

🌟Keyword・エネルギー

「責任感」「バックグラウンド」「提供する」「与える」「歩く辞書」「ソース」

img_8195

🌟19度 (柔軟宮)

*新しい視野のダウンロード完了度数

それまで、双子座が忘れていた価値観と対面し、それを受け入れ

自分の中に新しい視野をもたらすのが16度からの体験でした。

19度においては

その新しい価値観が、ダウンロードされて使用できるようになるかのように

新しい視野がもたらされます。

🌟ドデカテモリー

*山羊座

山羊座の「責任感」を利用して新しい視野を持つ双子座が出来上がります。

🌟双子座19度の可能性のある日付け

6月9日、10日、11日

🌟目指す方向性

・発信する情報の真偽を確かめて確実なものを自信を持って発信していくこと。

・自分の発する言葉や情報に責任を持つこと。

・情報のソースを提示していくこと。

・情報を確実なものにするソースを調べる力を身につけること。

・物事の根本的な基本をしっかりと学ぶこと。

・普遍的な役立つ知識をたくさん蓄えていくこと。

・専門的な知識を獲得してそれについて、なんでも答えられるような人になること。

・伝統的な事柄の中にある情報に目を向けてみること。

・昔から受け継がれてきている知識。おばあちゃんの知恵袋的な知識。

・本物の教養を磨いていくこと。

・真偽を確かめることができる識別眼を養うこと。

・知識や思想、流行など根源の部分に目を向けていくこと。

・実用的な役立つ知恵を身につけること。

🌟この度数の人の特徴

・歩く辞書的で博識な人。

・信頼のおける人。

・上昇志向の人。

・深い知恵を持っている人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・情報の信憑性を確かめるために、いろいろと調べている時。

・昔から伝わる知恵を使って実用的に生活に生かしている時。

・古典書物を読んでいる時。

・確固たる信頼のおける情報を持っている時。

🌟シンボル考察

*ソース

ネットの書き込みなんかにはよくある

「ソースは?」って言葉。

ある情報を発した人に対して

その情報源となった記事や根拠を示すものを提示しろってことで使用される

「ソースは?」ですが

それに対して、

元ネタの記事のホームページアドレスを貼り付けたりしますけど

そんな感じで私達って

情報の信憑性を確かめたりするものです。

特に

ネットでの発言や記事なんて

信頼性に欠けるもの、多いですもんね。

匿名で書き込みのできる2CHや知恵袋なんかには

嘘の体験談を書いて

人の反応を見て楽しむ「釣り師」なんて人達もいるわけで、

記事を真剣に読んでいた人が

あとで「釣り」だったなんてことを知って

がっかりみたいなことも多々あるようですし。

双子座5度という初期段階の度数においては

まさにこの「釣り師」的な体験が示されていて

「人の興味を引くために誇張して表現する」ということを通して

コミュニケーションを楽しむということを味わいました。

15度までは

そんな感じのスタイルで

コミュニケーション能力を磨いてきたんですが

16度から20度の体験領域では

コミュニケーション能力をさらに洗練させるために、

新しい視野を取り入れていく領域です。

「知恵袋」の仕組みとか、世間とかよく知らない中学生が

ネットの情報を見よう見真似で

「旦那が浮気をしました。どうしたらいいでしょうか?」

なんてスレッドを立てて、嘘の刺激的な体験談で人の興味を引いて

反応を楽しんでたらクセになり、

それ以降もありえないようなストーリー展開のスレッドを立てて楽しんでたところ、

IDで釣り師だとバレて

「またお前か。ソースを出せ!」

「お前のIDで身元なんて判るんだぞ。通報するぞ!」とか

言われるようになってはじめて

「これはマズイ」なんて震え上がって

正しい情報を発信しなきゃならないんだなー

なんて学んでいくのかもしれませんが、

発信するのであれば

正しい情報を発信するように心がけるのは当たり前ですよね。

双子座は「質より量」という感じで、たくさんの情報を集める能力を磨いてきたんですが

そうすると

やはり情報の質が劣るってことで

無責任になりがちです。

なので、

16度から20度において、

情報の質を上げて

責任を持って発信できるような姿勢を身につける。

19度は

そんな姿勢が完成して

ちゃんと自分なりのソースを持っている状態を示しています。

自信を持って発信できる情報を持っているのです。

*情報の真偽を確かめる姿勢

このシンボルのタイトルは

英語だと「アルカイック・ボリューム」ってことで、

ボリュームのある大きな古典書物って意味になりますよね。

ボリュームがあるっていうくらいですから

昔から伝わる叡智が余すことなくぎっしり書いてある辞書的なものかもしれないし、

専門的な内容に限定された書物かもしれません。

いずれにしても

双子座は、この古典書物を手に入れたことで

「責任感」と「自信」を手にします。

自分の持ってる情報に自信を持って、

発信する姿勢が身につくのです。

つまりは

「いつだって確実なソースを探すことができる力」

というものが身につく。

15度までの双子座であれば

友達から聞いたことをそのまんま、

真偽を確かめることもなく、伝えていくみたいな感じだったんですが、

16度からの体験において

探求力を発揮して「真偽を確かめる」という視野を手に入れました。

世間に対して「確実な情報」を発していく

責任感が身についたのです。

*知識の種

本やノートっていうのは

外付けハードディスクみたいなもんですよね。

人間の脳も、

パソコンと同じように容量ってものがありますから

全てのことを記憶することが難しいので

本を持参したり、ノートで記録に残したりして、

必要な時にいつでも見れるようにしたりします。

双子座は

知性が発達していく

子供〜学生時代の脳の成長段階を示していますから、

記憶力が高く知識も豊富で、またそれを伝える能力も持っています。

19度においては

その能力が冴え渡り

実用的な「歩く辞書」並みに博識になれるんです。

ドデカテモリーで言えば山羊座の資質が混ざりますからね。

19度は実用的な知性を発揮していくことができるんです。

友達が「風邪っぽいなー」なんて言ったのであれば、

「じゃあ、今夜はネギを沢山食べて早く寝るといいよー。

ネギの臭いのもとの「硫化アリル」が血行を良くしてくれるのよ」

なんて

かなり詳しい情報までも提供できるような知識を知ってるみたいな。

年齢を重ねると物覚えが悪くなるもんですから

「硫化アリル」が出てこなくて、

「ネギの臭いのもとのあれーなんだっけーー。あれーー」

みたいになりがちだけど、

双子座19度のエネルギーを使用すれば

スラスラと言葉が流れるように出てくる感じ。

いつの時代にも当てはまるような知識をたくさん蓄えて

必要な時に必要な人に提供することができる頭の良さが

この度数では発揮されます。

知識の種を惜しみなく分け与え

実生活に役立ててもらうという姿勢が出来上がるのです。

*スマホ

スマホのおかげで

本当に便利になりましたよねー。

私が学生の頃は

重い辞書や本を持ち歩いてましたけど

スマホやタプレットひとつあれば

辞書も本も必要ないし、

知りたい情報をすぐに引き出すことができます。

インターネットのおかげで

情報過多とも言えるほどのいろんな情報をすぐに見ることができるわけで、

こうなってしまうと、

双子座19度の「歩く辞書」的な醍醐味が

薄れてしまうんじゃないかなんて思ったりもするわけですが、

でも、

情報過多だからこそ、

その中で確実な情報を見抜くことができる能力は大切で、

双子座19度はその力を持っています。

知りたい情報を検索しても、

検索ワードが悪いのか、

なかなか知りたい情報に辿りつかないなんてこともある中、

双子座は要領よくカンを働かせて

的確な情報を探し出せるサーチ能力も持ってるし

得た情報を記憶する能力もあるので、

結果的に博識ぶりが際立つみたいな。

また、

嘘か誠か判別しにくい情報の真偽を

見抜く能力も発揮することが出来るはず。

こんな時代だからこそ

正しい情報を見抜く力って必要ですもんね。

賢さを発揮して

スルリスルリと情報を渡り歩く風となるのです。

ロゴ

自分で記憶出来るかどうか自信のないものを

携帯して持っているみたいな感じもありますよね。