Code no.44 牡牛座14度 模索している貝と遊んでいる子供たち


code.No44

牡牛座14度  「模索している貝と遊んでいる子供たち」

Shellfish groping and children playing.


身の丈にあった目標を次から次へと探す・意欲の人

🌟Keyword・エネルギー

「無理のない生活」「身の丈にあった」「新しい目標」「出現」「楽しみを探す」

「遊び」「好奇心」

img_8536

🌟14度 (固定宮)

*新しいシステムが安定する度数

13度でカリスマ的な力が発揮されたのですが

そのカリスマ的な力を日常生活の中に落とし込み安定させるのが14度の働きです。

🌟ドデカテモリー

・天秤座

天秤座の「視野の広さ」を利用して、牡牛座に行動力を与える

🌟牡牛座14度の可能性のある日付け

5月3日、4日、5日

🌟目指す方向性

・日常の身の回りにある小さな喜びを与えてくれるものを探していくこと。

・好奇心と広い視野で、いろんな情報に敏感になること。

・欲しいもの、やりたいことを明確にスケジューリングに落とし込むこと。

・日常に意欲をもたらす、やりたいこと、欲しいものを次から次へと、見つけていくこと。

・たくさんある情報の中から、自分だけのお宝を探し当てる喜びを楽しむこと。

・定期的に自然の中でリフレッシュすることで、目標を見つけるカンが冴えるようになる。

・経済的に無理のない範囲を理解すること。

・物欲の海に近づかないこと。

🌟この度数の人の特徴

・社交的で明るい人気者タイプ。

・無邪気で素直。日常を楽しむ術を知っている人。

・聡明で信頼される資質。

・視野が広く、好奇心旺盛。自分にとって心地よいもののを見つける力。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・名刺整理やアドレス帳の整理をしている時。

・気になる相手に「心の配線」を繋げるための作戦を決行している時。

・人を上手く動かして自分に利益をもたらしている時。

🌟シンボル考察

*13度の実現力を日常化する

子供を海に連れて行ったとして

海水浴をするのであれば、危険なので目は離せませんが

貝殻遊びなら

親も多少はリラックスして一緒に楽しめます。

海は綺麗だし心が安らぐし、みんな大好きですけれども

結構怖いんですよ。

海の中を歩いているだけでも

ナマコとか踏んでしまいそうだし

岩で足を切ったりもするし

波の高さも読めない!

予想外の高い強い波が来て

あっという間に転げてしまったり。

沖になんて泳いでいったら

潮の流れとかもありますからね。

その点、

砂浜遊びなら安心だしゆったり気分になれます。

綺麗な海を眺めれるし

波の音に癒されるし

綺麗で面白い形の貝殻を見つけたら

とても嬉しくなるし。

そうそう。

貝殻拾いって夢中になりますよね。

大人になっても夢中になるんだから

好奇心旺盛な子供なんてさらに夢中になるはず。

一つ見つけたら、また次の。

もっと綺麗な貝殻があるかもしれない。

もっと大きなものがあるかもしれない。

もっと珍しいものがあるかもしれない。

あの子よりもたくさん拾うんだ。

あの子よりも綺麗なのを見つけたい。

凄いのを見つけてお母さんをびっくりさせたい。

そんな心の呟きとともに

どんどん範囲を広めて、気づけば遠くまで来ていた

なんてこともよくあります。

牡牛座13度においては

牡牛座のカリスマパワーを発揮しました。

牡牛座14度はそのカリスマパワーを日常使いして定着させる度数です。

牡牛座のカリスマパワーは

目標を持って「勤勉に働くこと」です。

それを日常に定着させるために

貝殻遊びの子供たちのエネルギーを使用するんです。

牡牛座の「勤勉に働く」という労働は

学生の頃、

欲しいものを買うために

アルバイトでお金を貯めるために働く時の感じ。

「目標金額、6万円!

今月頑張って働けばiPadが買える!

よし、頑張ってたくさん働くぞー」

そんな感じ。

夢や目標があるので

真面目に頑張って働くことができるんです。

社会人になって就職すると

最初の方は

「あれも欲しい、これもやりたい。

たくさん働いて稼いでいろんなことをするんだ!」なんて息込んでいたとしても

ルーティンな日常の中、疲れ果て

だんだんと好奇心が薄れてきて何のために働いているのか判らなくなってしまったり

「お金を貯めて何かを買う」という目標を持つのを忘れ

日々の飲み代や生活費にただただ消費していくというパターンになったりしますが

そうなってしまうと

牡牛座の目的である「物質的に豊かな生活」が出来なくなってしまいます。

欲しいものは別にない。

今あるもので十分だ。

生活費で一杯一杯。

欲しいもの、やりたいことがあるから

勤勉さを発揮できる牡牛座に

欲しいものや、やりたいことがなくなってしまったら

勤勉さがなくなってしまう。

ということで

次から次へと

新しい貝殻を探す子供のように

次から次へと

自分の欲しいものを夢中になって探すこと。

「今月はこれを買ったから、来月はあれを買おう!」

そういう日々を続けていくことで

牡牛座的な勤勉さを失わずに

欲しいものを次から次へと手にすることができるのです。

*新しい貝殻を探していく

「もうないかなあ。。」

一通り砂浜を探索し、

見える範囲に貝殻が落ちていないとしても、

砂を掻き分けると

キレイな貝殻が埋まっていたりするものです。

それを見て、嬉しくなって

「もっと欲しい。もっと探そう!」と

また、ヤル気が出てきます。

一つの目標が終わったとしても

新しい可能性を次々と探すこと。

そうすることで「勤勉のモト」となる

労働意欲やコツコツとした生活態度がキープできます。

牡牛座14度のエネルギーは

新たに欲しいものや、やりたいことが現れて

それを獲得するために

新鮮なヤル気が湧いてくるエネルギー。

この作業を繰り返していけるのであれば

仕事をするのも

目的を叶えるための手段として

ワクワクしながら楽しんで行うことができます。

次から次へ。

新しい意欲を生み出していくのです。

*欲望の海

sea-1337565_960_720

貝殻を探す子供のような気持ちで

日常生活を見渡してみたとしたら

小さな喜びに目がいきやすくなるはずです。

「ここのお店のショートケーキは美味しい。次は違うケーキを食べよう」

「このバンドの曲はいい。ほかの曲も聴いてみたい」

好奇心と期待感を持って周囲を見渡せば

どんどん欲しいものが湧いてくるはずです。

たとえ一つの目標が叶ったとしても

また次の目標を見つけることで

牡牛座のカリスマ的資質である勤勉さが維持されます。

「よし。また頑張ろう」

というモチベーションをキープし

これを繰り返していくことで、自分の好きなものを蓄えていくのです。

心の砂浜という土壌には

モチベーションをキープするたくさんの宝物が埋もれていて

それに気づくかどうかは自分次第。

感情の海に飲み込まれないよう注意しながら

可能性の貝殻を探すのです。

感情の海は、欲望の海。

物欲や所有欲は強烈な力を持っていて

人を現実的に健全に、前進させる力にもなるし

身を破滅させ生活を破壊する力にもなる。

物欲や所有欲に溺れて身を破滅させるのは

生活の「安定」や「安心感」を欲する牡牛座にとっては恐ろしいこと。

自分の身の丈にあった

小さな可能性の貝殻を拾う慎重さが大事なんです。

物欲に溺れてしまい

方向性を見失ってしまうと

牡牛座の欲する「安定」と「安心感」は崩壊してしまいます。

過度に働いて身体を壊したり

法的にアウトなことに手を出したり

「楽して稼げる」が謳い文句の怪しい仕事に飛びついたり。

物欲の海の

手前の砂浜がちょうどいいんです。

安全領域の範囲内で、子供のように夢中になって遊ぶことで

たくさんのお気に入りの貝殻を溜め込んでいくのです。

*小さな喜びを探していく

この度数はドデカテモリーで言えば「天秤座」の要素が混ざります。

天秤座の「視野の広さ」を使用して

「勤勉のモト」を作り出してくれる新しい小さな可能性を探すんです。

今日という

いつも通りの1日だって、

「この世界には小さな喜びを与えてくれるものがたくさんあるんだ!」

という視点で眺めてみれば、気持ちが上がるはず。

砂浜で貝殻を拾うときの視野で、日常を見回せば新しい発見があるんです。

普段は見ない道路脇を眺めてみれば

アスファルトの隙間から気丈に咲き誇る野花を見つけて

その色合いの美しさ、生命力の強さに明るい気持ちになれるし

それで終わらせるのではなく

写真に収めて後で花の種類を調べたり

売っているようであれば

その花を買ってきて家に飾ったり。

日常を楽しむ工夫は

自分次第でいくらでも出来るはず。

この現実世界には

私たちの欲望を満たしてくれる商品や物事がたくさんあるわけですが、

その中には、自分の心の琴線に触れるものがいくらでもあるはずです。

広い砂浜で、

自分だけのお気に入りの貝殻を探すみたいに

広い社会で

自分だけのお気に入りを探していくのです。

*年間欲しいものリスト

例えば、

5月=夏用の帽子

6月=丈夫な傘

7月=リゾート風のワンピース

8月=バリに5泊6日の旅!

こんなふうに

自分の欲しいもの、やりたいことを明確にしておけば

働くモチベーションもキープされるはず。

自分のお給料の範囲内で無理せずに買えるものを考えて

一ヶ月にひとつ、それを買えば、

一年で12個の自分のお気に入りが手に入ります。

「目標を立てて計画して、実行すれば、それは叶う」という

とてもシンプルな方法が有効的であることを

牡牛座は知っています。

アンテナを張って

欲しいもの、やりたいことを常に明確にし、

目標に向かって

「努力を努力と思わぬ感じ」で勤勉さを発揮して

目標を達成することができるサインなんです。

物欲の海に溺れない範囲で

誠実に、欲しいものや、やりたいことを確実に手にしていくのです。

IMG_2409